Top_1
Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
Uketuke_syuuryou
11月1日(日)開催 「 うつからの卒業!! 」 Part 4
今年の内にこれだけは押さえて新しい年に備えましょう!
H_taisho
薬を飲んで、休養もしているのに回復に時間が掛かっているうつご本人と、 ご本人の回復に時間がかかり、今のままでいいのか、どう対応したらいいのか、と不安やイライラを感じているご家族。
H_kitai
今年もあと3か月になりました。ご本人ご家族の皆さんに、まずこれだけは今知っておいて頂きたいことをお伝えします。 ご本人とご家族の来年が大きく変わる180分です!!
一人でも多くの方に1日も早くうつから回復し、幸福を体験して頂きたい!
Professional_s
 
 
うつの家族の会 みなと 共同代表
砂田康雄 ・ くにえ
一人でも多くの方に1日も早くうつから回復し、幸福を体験して頂きたい!
 
溝口メンタルセラピストスクール公認心理カウンセラー
大手鉄鋼会社、日新製鋼㈱を退職後、インテリアコーディネーターとして
ハウジングメーカーに勤めている時に、
父親がパーキンソン病になり、仕事を辞めて父親を介護をしていたが、
その父が亡くなったのがきっかけでうつになりました。
その後約6年以上通院服薬し、ようやく回復して来た時に砂田康雄と結婚。 

その夫が結婚して間もなく過労からうつになり、
その後約10年間の療養生活を送ることになってしまったが、
相談する人もいなくて、孤独感を感じていたことから、
同じ立場の家族と分かち合いたいと
「うつの家族の会 みなと」を立ち上げました。

その後2009年からは、うつから回復した夫と共に
「うつの家族の会 みなと」の運営に関わっています。

ちなみに「うつの家族の会 みなと」の「みなと」は、
「一人で悩まないで下さい。皆と励まし合って行きましょう。」の
意味から、withの「皆と」に掛けています。 

2017年春までに都内で開催したセミナーは、55回となりました。 

また2013年に立ち上げた会員制「うつ卒倶楽部」では、
夫砂田康雄が、ご本人のサポートを、
そしてくにえは、ご家族のサポートを、
うつから回復なさる日までとことん携わらせて頂いています。

現在は「うつ の家族の会 みなと」のセミナーに参加できない
遠方の方からも「うつ卒倶楽部」をご利用頂いています。
 

皆さまへ、

 

うつの家族の会 みなとの砂田くにえです。

 

 

11月 1日(日)には、

「うつからの卒業!」Part4=今年の内にこれだけは押さえて新しい年に備えましょう=を開催致します。

 

 

今回のセミナーでは、

 

ご本人の皆さんには、砂田康雄から、どうしてうつの症状がよくならないのか。

「うつから卒業」するには、今何から始めたらいいのか。について、

 

そして、

ご家族の皆さんには、砂田くにえから「ご本人の回復のために今覚えておきたい7つのポイント」をお伝えする予定です。

 

 

まずご家族の皆さんへ、

 

「みなと」のセミナーの中でも、

今年1月に出版となりました電子書籍「うつから卒業!家族が知っておきたい5つのポイント」の中でも、

アメリカの放射線腫瘍医・心理社会腫瘍医であるO・カール・サイモントン博士によって体系づけられ、米国の公衆衛生局長(医学の最高権威者)にも認定された「サイモントン療法」について、お話していますが、サイモントン療法は、現在日本では文部科学省の研究プログラムにも採用されており、多くの現役の医師が臨床に応用しています。

 

 

サイモントン博士は、既にお亡くなりになっていますが、2006年に私は伊豆での6日間のサイモントン療法に参加した際に、
直接サイモントン先生に、「今回教えて頂いた事は、全てうつの回復に活かせると思いますがいかがでしょう?」と質問したことがあります。

 

その時、サイモントン先生は、「もちろん、うつにもサイモントン療法は活かせます。そして、癌以外のあらゆる病気の快復に、このサイモントン療法は効果があります。」と答えて下さいました。 あの時私は横浜で家族会を立ち上げたばかりで、皆さんにとって有益な情報を得るのに一生懸命でした。

 

もちろんサイモントン先生は、英語で答えて下さったので、サイモントン療法の日本での第一人者である心理療法家・川畑のぶこさんが隣に座って通訳をして下さいました。

今思い返すと、あの時大勢の中で手を挙げて質問するのは、勇気が要りましたが、先生に直接答えて頂けたのは、今から考えると本当に貴重な機会でした。

 

それからは、幾度となく「サイモントン療法」の本を読み返しています。

 

そして、今年6月から、あの時通訳をして下さった川畑のぶこさんの1年にたった1回しかない「川畑のぶこ心理カウンセラー養成講座」に参加して、日本各地からみえている方たちと一緒にサイモントン療法を学んでいます。

現在それを自分の心身の健康のためだけでなく、うつのご家族の皆さんにどう活用したら一番効果が上がるかと、体中で吸収しています。

 

 

 

 

ご家族の中には、ご本人がうつから1日も早く回復できるように、とそればかりを願うばかりに、ご自分の健康のことは後回しにしている方は本当に多いように思います。

 

それでは、充分なサポートは難しいのです。

大切なご本人の回復に向けて全身全霊でサポートしながらも、同時にご家族ご自身も、「今日この日を自分の為に希望を持って生きる」ことがとても重要です。

 

これを外しては、真のサポートは難しい上、更に継続していいサポートをするのはもっと困難になります。

 

 

9月24日の日経新聞の夕刊に、取材して頂いた内容が掲載されました。取材を受けた時間は2時間以上にもなりましたが、
掲載された内容は紙面の都合で、そのごく1部でした。

そこで、私たち二人が講師を務めさせてさせて頂く「うつからの卒業」は今回が年内最後となりますので、
サイモントン療法をはじめ、2006年からお伝えして来た内容をまとめ、更にバージョンアップしたものを今回11月1日の「うつからの卒業Part4」でお伝えしたいと思います。

 

どうしたらご家族ご自身の健康を維持し、

ご自分の生活も大切にしながら、うつご本人のサポートをして行かれるのか?

それも、質の良いサポートをし続けられるか? 

今回は以下のとおり、そのために必要な7つのポイントをお伝えしたいと思います。

 

● 私がうつの家族だった時の反省からお伝えしたいこと

● うつご本人が回復する為に家族ができる一番大切なこと

● 家族自身が心身共に健康な状態でご本人をサポートし続けるために、家族が知っておきたい5つのポイント
● 更にサポートの効果を上げるために知っておきたいコツ

● 家族同士だからこそ、ミスコミュニケーションを防ぐために気をつけたいこと

● 重要!家族からご本人へ上手に依頼とNOを伝えるコツ

● ご本人の回復の為に、続けて頂きたい3つのポイント

 

 

ぜひこれらを日々の生活に取り入れて、ご家族自身が心身共に健康な状態で、

自信を持ってご本人のサポートをなさって下さい。

 

それが結局は、うつご本人が一日も早く「うつからの卒業」果たすことに繋がります。

 

もし、

えっどうして?

そんなの関係ないでしょ、と思われたら、迷わずにぜひ今回の「うつからの卒業Part4」に参加して学んでください。

 

遠回りせずに、悩まず、そして健康にその日からできる「 今年の内にぜひ押さえておきたい7つのポイント 」をお伝えします。

 

 

 

そして、うつご本人の皆さんに向けて、夫 砂田康雄からは以下をお伝えする予定です。



●いったい、うつとはどういった病気なのか。
 

●どうしてうつの症状がよくならないのか。
「うつから卒業」するには何から始めたらいいのか。
 

●薬と休養だけで本当に大丈夫?
どういった療法、方法が一番効果があるのか。
 

うつの症状は、皆さんそれぞれ症状が違います。
うつになった原因も皆さん様々です。
 

そういった中で、「今何から始めたら良いのか」についてお伝えする予定です。
 
これを知っていると知らないでは、改善、回復に大きな差ができます。
 
 
 
その上で、
「うつからの卒業」を果たす為に、これだけは必ず知って頂きたい、実践して頂きたい
以下の5つのポイントと、
今回は特に「薬との付き合い方」、「考え方 物の捉え方」について重点を置いてお伝えします。
 

☆ 睡眠
☆ 運動
☆ 食事
☆ 薬の影響
☆ 考え方 物の捉え方
 

もうそれは知っている!と言う方もいらっしゃると思います。
 



そこで、質問です。

実際に毎日できていらっしゃるでしょうか?
 
知っている、判っている、と出来ているとは全く異なります。
 
 

もし実践できていないとしたら、これらのポイントがなぜ「うつからの卒業」に必要なのか? 
その記憶が薄らいでいるからかも知れません。
 

だとしたら、とってももったいないことです。
 


ぜひ再受講なさって、なぜ必要なのかを再度確認して、毎日の生活に取り入れて下さい。
 
 

ご本人にとって一番やり易い、これならできるという事からで構わないので、すぐにでも実践していただきたいのです。
 

詳しくは、このセミナーでお伝えする予定です。
 
 


実際にこの5つのポイントを毎日の生活に取り入れている方の中には、もう「うつから卒業」なさって、
新たにご自分らしい人生をスタートしている方がいらっしゃいます。
 
 


もしかしたら、もっと楽に、早く治る方法はないのか?と探している方もいらっしゃるでしょう。
 
現在これ以外の方法で、再発することなく「うつからの卒業」を果たせる方法があったら、ぜひ教えて下さい。
 
 


当日は更に、私たちの苦い体験も隠さず、そして新しい情報、ご本人に合った療法の提案、
ブログやメルマガで文字には残せない重要な事などをお伝えします。
 


年内はこれで最後となる「うつからの卒業」Part4を、
皆さんのお一人お一人の「うつからの卒業」のきっかけにして下さい。


そして、一日も早く「うつからの卒業」を果たして下さい。



┏━━┓うつからの卒業Part4
┃\/┃今年の内にこれだけは押さえて新しい年に備えましょう!!
┗━━┛11月1日(日)開催致します!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
      
詳細とお申し込みは、⇒こちらをご覧ください。    
 

お申し込みの締め切りは、10月30日(金曜日)です。
 
※定員になり次第お申し込みは締め切りとさせて頂きます。
※お申込み頂いた後に、お振込先をこちらからご連絡を差し上げます。
※お振込完了後、正式なお申し込みとさせて頂きます。
 

では、どうぞこの機会を逃さずにご活用下さい。
 
ご参加、心からお待ちしています!!





開催日時
2015年11月 1日(日)
開場 13:30
開始 14:00
終了 17:00
場所 アカデミー茗台
東京都文京区千石1-25-3
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費お一人 3,500円
お二人以上でお申し込みの場合 お一人 2,500円となります。
支払方法 事前の銀行振り込みでお願いします。

定員 20 名
申込受付期間2015/10/ 1(木) 22:21 ~ 2015/10/30(金) 23:59まで
主催者砂田 康雄 
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
11月1日(日)開催 「 うつからの卒業!! 」 Part 4、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Professional_s
共同代表

砂田康雄 ・ くにえ

Mission
一人でも多くの方に1日も早くうつから回復し、幸福を体験して頂きたい!
Senmon

うつ 回復 当事者 家族 薬

溝口メンタルセラピストスクール公認心理カウンセラー 大手鉄鋼会社、日新製鋼㈱を退職後、インテリアコーディネーターとして
ハウジングメーカーに勤めている時に、
父親がパーキンソン病になり、仕事を辞めて父親を介護をしていたが、
その父が亡くなったのがきっかけでうつになりました。
その後約6年以上通院服薬し、ようやく回復して来た時に砂田康雄と結婚。 

その夫が結婚して間もなく過労からうつになり、
その後約10年間の療養生活を送ることになってしまったが、
相談する人もいなくて、孤独感を感じていたことから、
同じ立場の家族と分かち合いたいと
「うつの家族の会 みなと」を立ち上げました。

その後2009年からは、うつから回復した夫と共に
「うつの家族の会 みなと」の運営に関わっています。

ちなみに「うつの家族の会 みなと」の「みなと」は、
「一人で悩まないで下さい。皆と励まし合って行きましょう。」の
意味から、withの「皆と」に掛けています。 

2017年春までに都内で開催したセミナーは、55回となりました。 

また2013年に立ち上げた会員制「うつ卒倶楽部」では、
夫砂田康雄が、ご本人のサポートを、
そしてくにえは、ご家族のサポートを、
うつから回復なさる日までとことん携わらせて頂いています。

現在は「うつ の家族の会 みなと」のセミナーに参加できない
遠方の方からも「うつ卒倶楽部」をご利用頂いています。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock