受付は1月13日(土)13:30で終了しました。

877539_太占講座1
877539_太占講座2
877539_太占講座34
877539_太占講座1
877539_太占講座2
877539_太占講座34

占いの秘伝を今ここに開放します

このような方におすすめ

・古来の占いを知りたい人、・秘伝を掴みたい人、・日本の素晴らしさを感じたい人

期待できる効果

・ふとまにを取得できます、・占いのスキルが上がります、・日本の素晴らしさを感じることが出来ます

受付は1月13日(土)13:30 までです。

1/13(土)天真神霊太占(ふとまに)伝授会~日本古来の占いの秘法神占の秘儀~

古事記では神様も占いを大事にしていましたね。

日本では古来から占いを大切にしていました。

その古来の秘宝を開放します。

満員御礼必死、

気になる方は満員になる前にお申し込み下さいませ。




日本古来の占いの秘法


神占の秘儀


~天真神霊太占(ふとまに)伝授会~


【太占(ふとまに)とは】

我が国では、神代の昔より、天意、神命を 正しく読み解く秘法が存在していました。

(イザナギ・イザナミ両神は、良き子を授かる ため、占いによってその神意を問います)

鹿の肩甲骨を焼いて占う「鹿卜」が知られて いますが、亀の甲羅を使う「亀卜」など、その 地域で入手しやすいものを使ったものと思われ、

また、様々な方法が伝承されていきました。

いずれにしろ、天地経綸解読の秘法、神人感応 交流の秘儀を、太占(ふとまに)と呼びます。

神道霊学中興の祖、本田親徳は、「フトマニ」を、「霊交真根(フトマニ)」と独自の言霊的解釈を行っています。

神は、神意を直ちに人に告げ給わず、また、人は直に神意を伺い知ることは難しいものです。よってここに、神聖太占(ふとまに)の卜事 (うらごと)をお伝えさせていただき、神人交流が可能となることにより、惑事を 解いてうれし楽しの本道に帰し、より弥栄へと 向っていっていただければと思います。


【天真神霊太占(ふとまに)伝】

この天真神霊太占の法は、 御幣、神霊盤を用い、また、1(ひ),2(ふ),3(み)の数霊により神意を読み解いていきます。

いつでもどこでも、また誰にでもすぐに 実践に使える、神伝の占法です。


<主な内容>

・太占(ふとまに)具の謹製

神籬(ひもろぎ)・御幣の謹製

・神霊盤の謹製

・太占(ふとまに)次第伝授

   太占(ふとまに)祝詞伝授

   降神昇神秘言伝授

   太占(ふとまに)秘言伝授

   太占(ふとまに)占断法伝授

   占示集の伝授

・太占(ふとまに)の実習

・略伝 伝授      等々


<ご持参いただくもの>
●ハサミ、定規(短いもので可)、鉛筆(シャープペン可)
●黒の筆ペン(墨液使用のものに限ります、化学顔料使用のものは効力の面から使用できません)「呉竹筆ペン中字22号」540円 がお勧めです。※当日筆ペンがご用意出来ない方は、こちらでも用意してありますので、ご安心下さい。。


※講座の始めの説明が重要なので、くれぐれも遅刻されないようお願いします(再受講の方は除きます)。20分以上、遅刻される場合、講座への参加をお断りする場合があります。その際はキャンセルとさせていただきますのでご了承ください。


受付は1月13日(土)13:30 までです。

主催者

古神道

いにしえから続く日本の古神道行法を伝えていきたい
Professional_s

いにしえから続く日本の古神道行法を伝えていきたい

様々な古神道のワークを主宰しております。京都から矢加部先生に来て頂き、魂の美しさ、尊さを勉強中です。

開催要項

開催日時
2024年1月13日(土)
開始 13:30
終了 16:50
場所

参加者にお伝えします(新宿区、渋谷区、目黒区)

東京都

参加費

クレジットカード支払い(手数料込)  16,800 円

再受講料  10,500 円

キャンセルポリシー


【受講料】16,000円

【再受講料】10,000円

お支払方法

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

定員

9 名

申込受付期間

2023/11/10(金) 20:14  ~ 2024/1/13(土) 13:30まで

主催者

古神道 加藤

お問い合わせ先

古神道 加藤

お問い合わせ先電話番号

090-3549-2282(ショートメールでご連絡ください)

お問い合わせ先メールアドレス

iyasaka.kato@gmail.com

受付は1月13日(土)13:30 までです。
smtp06