21900_mjnhmzm0mjzkzdk4o

受付は2022年12月26日(月)09:50で終了しました。

768719_ハートを持つ男女
768719_ハートを持つ男女

このような方におすすめ

これから初潮を迎えるお子さんと、生理について話す機会を持ちたい方

期待できる効果

現代の生理事情について知り、改めて親子で話す機会を持つことで、今後も話しやすい親子関係を作ることができる

歳を重ねることをポジティブに♪
女性であることを楽しみ、自己実現する女性を応援したい


こんにちは♪



ママになってもキレイでいたい!
歳を重ねても自分を諦めない!


そんな女性の健康をサポートしています


トータルボディケアリスト・大森典子です。



10代の頃、こんなお悩み・不安ありませんでしたか?

・生理の時は憂鬱だった
・生理痛がひどかった
・経血が多くて大変だった
・部活の時、漏れがいつも不安だった
・毎回鎮痛剤なしでは過ごせなかった
・生理用品を持ってトイレに行くのが恥ずかしかった



10代というのは、
女性ホルモンの分泌が始まる頃で
女性として成熟していくための準備期間になります。


性成熟期を迎える20代までの間
これまでなかったような心身の変化を感じ、
戸惑う経験をする女の子も多いです。


また、美容や自分の容姿が気になり始める年代でもあり、
過度なダイエットをすることで
月経不順や無月経などにも陥りやすい時期でもあります。


長期間の無月経は、骨粗しょう症のリスクを高めることがわかっています。


高齢者の病気だと思われがちですが、
まれに若年齢でも起こることがあるんです。







女性として、自分の人生を楽しんでほしい


100年前、初潮の平均年齢は15歳でした。
それが、現代は12歳まで低年齢化しています。


早い子はなんと〇歳で初潮を迎えるそうです!
(講座の中でお話しますので、是非予想してみてくださいね♪)

これは、おそらく食の欧米化が進み、
日本人の体格が良くなってきたためだと思われます。


実際、私のお客様の中にも
「小4で初潮を迎えたけど、
 母親に何も聞いておらず、
 カラダがおかしくなってしまったのだ・・・と


 しばらく親に言えなかった」
とおっしゃっていた方がいました。


世界的に見ると、先進国において、
日本は10代の望まない妊娠が多いと言われています。


専門家の見解では、
これは性教育の遅れからくるものだと言われてます。


性にまつわる話をタブー視する風潮が
続いてきた弊害と言えます。


性教育を積極的に行っている国では、
早くて4歳から教育を始めています。


以前は
10代の望まない妊娠が多かったアメリカも
性教育に真剣に取り組むことで
ここ10年で減らすことができているそうです。


日本でも学校でで取り組まれているとは思いますが、
それだけではやはり不十分です。


家庭の中でも、
そういった話をしやすい環境作り
に努めるべきだと思うのです。


その積み重ねが、
お子さんに
「自分を大切にし、自分の望む人生を生きる」

それを伝えることにつながっていくと思いますので。



私が出会った全ての女性が
女性としての自分を楽しみながら、自分の望む人生を生きること

それが、私の願いです。

この講座を受けるとどうなる?

・お子さんと一緒に生理について学び、話す機会が持てる
・お子さんが生理になった時、慌てることなく対処できる
・困った時のために、相談しやすい親子関係を作っていける


ここで、改めて私の自己紹介をさせていただきます。



初めましての方へ ~大森典子の自己紹介~




【講師プロフィール】

2004年理学療法士取得。
以後、県内にある整形外科主体の病院で10年間リハビリに従事する。



2010年にヨガに出会い、自身の心身の不調が改善したことから、
インストラクターを目指す。
2012年にインストラクター取得。


以後、職場でのサークル活動を経て、
2014年の結婚を機にインストラクターとして活動開始。
生理痛や更年期の不調に悩む女性に子宮美人ヨガを伝える。


2019年4月、静岡県静岡市に
整体&ヨガサロンyuj-ユジュ-をオープン


3年間のサロン運営ののち、
2022年3月に拠点を神奈川県相模原市へ。


現在は7歳娘の子育てをしながら、
産前産後~更年期まで、
ライフステージごとに生じる女性の不調ケアにあたっています。


2022年8月 Femind(更年期ケア)スペシャリスト取得







私だから伝えられること


私自身、
10代~20代の頃には「極度の生理痛」に悩み、

・高校の部活の練習試合で倒れる
・痛みがひどくて大学に行けず引き返す
・社会人になっても変わらず夜中に痛みで目が覚める

などの経験をしています。



周期も不順だったため、
いつ生理になるかわからず、
なってしまうと、たちまち痛くなるので、
鎮痛剤を常に持ち歩いていました。


生理痛で寝込むたびに
「どうして女に生まれたんだろう・・・
 こんなにつらいなら、男性に生まれたかった・・・
 子宮を取れば楽になるのかな・・・」
とさえ思っていました。



母は私の生理の不調について知っていましたが、
自分自身が健康そのもので、
そういった不調を抱えたことがなかったためか、


「病院に行こう」とは言わず、
ただ、寝込む私を心配そうに見つめるだけでした。


今となっては、これも
生理にまつわる知識や情報が
一般の方に浸透していなかったからだと思っています。




こんな私が、
28歳の頃にヨガに出会ったのを機に
人生が大きく変わりました。






自らのココロとカラダを大事にすること




その大切さに気付くことができたからです。




そんな私だからこそ、
お伝えできることがあると思っています。




親子で生理について話す機会を持ち、
これから迎える生理をポジティブなものに!



そのお手伝いができたらと思います♡




親子で生理について話そう!
親子で知るイマドキ女子の生理



日時:2022年12月26日(月)
   10:00~11:00
※終了後、お時間のある方はご質問など受け付けます

内容:生理(せいり)ってなあに?
   昔と変わってきています!女の子の初潮
   生理用ナプキンに触れてみよう!
   生理の時、経血ってどのくらい出るの?






ママの生理を快適にするアイテム:布ナプ・月経カップのご紹介


会場:あおぞらのたね(相模原市認可外保育所,一時預かり施設)
住所:相模原市南区上鶴間(小田急線東林間駅徒歩5分,詳細はお申し込み後にお伝えします)

参加費:親子で1,500円(おみやげ付き)※お子さんが複数の場合は増えるごとに+100円となります。

支払い方法:当日現金

持ち物:筆記用具(配布資料に書き込みたい場合)



なお、今回の会場は、
「あおぞらのたね」さんです♪
(小田急江ノ島線東林間駅から徒歩5分)





相模原市認可外保育所であり、
一時預かりやママ向けのイベントなどを開催し、


地域のママのために精力的に活動されています!







あおぞらのたね・代表 あやさん

「思春期を迎える前の今だからこそ、親子で話す機会をもつことが大切だと思います」
とおっしゃってくれています。








それでは、
講座でお会いできるのをお待ちしています♡



おうちロースイーツの専門家

大森典子

女性が健やかに笑顔で過ごすため、心身を整える大切さを伝えたい
Professional

女性が健やかに笑顔で過ごすため、心身を整える大切さを伝えたい

♦理学療法士免許取得(2004年)
♦ヨガ講師(2013年RYT200取得)
♦月経血コントロールヨガ・乳がんリハビリヨガTT修了
♦産後ヨガ・マタニティヨガTT修了
♦ファスティングマイスター
♦ロースイーツクリエイター認定校(2022年1月~)
♦Femind更年期ケアスペシャリスト(2022年8月~) ~自己紹介~

1982年生まれ
2児の母


はじめまして、おうちロースイーツの専門家・大森典子です。


私は産前産後から更年期までの女性が、
不調に悩むことなく笑顔で過ごしていくためのサポートとして、
整体とヨガレッスン・料理教室の提供をしています。


過去には整形外科主体の病院にて10年間、
理学療法士として腰痛や肩こりの患者様の治療に携わりました。


2010年にヨガを始め、自身の不調が劇的に改善されたのをきっかけに、
インストラクターを目指します。


2011年よりインストラクターの養成講座に通い始め、2012年には当時の職場にてヨガサークルを立ち上げ、指導を始めます。

骨盤底筋にフォーカスした子宮美人ヨガの実践を始めてからは、それまで悩んでいた重い生理痛が半年で激減し、1年半後には生理周期が安定しました。

2014年に結婚後、半年で妊娠し、2015年の5月に娘を出産しました。
この時もヨガに助けられ、産前産後に身体を整えることの大切さを痛感。

2013年よりヨガの指導を始め、
2019年は静岡県静岡市に整体・ヨガサロンyuj-ユジュ-をオープン。

ママやプレママのためのヨガレッスンや整体の他、ダイエットの指導、内側からのキレイを目指すママ向けに、ローフードの試食付きレッスン・料理教室なども開催してきました。

2022年春、神奈川県相模原市に拠点を移し、自宅サロンの運営をスタート。

2023年4月に第2子を出産して以降は、
ロースイーツのレッスンを中心に
対面・オンラインで提供するほか、

ロースイーツクリエイターの講師養成にも
携わっています。


変わりゆく女性のライフスタイルに合わせた
食生活の指導が得意です。


私と関わる方々が、

”歳を重ねるたびに輝くわたし”

となれるよう、サポートさせていただきます♡

開催要項

開催日時
2022年12月26日(月)
開場 9:50
開始 10:00
終了 11:00
場所

あおぞらのたね

神奈川県

相模原市南区上鶴間(東林間徒歩5分,詳細はお申し込み後にお伝えします)

ホームページ

参加費

親子で生理について話そう! ~親子で知るイマドキ女子の生理~ 参加費  1,500 円

親子で生理について話そう! 参加費(お子様が2名の場合)  1,600 円

親子で生理について話そう! 参加費(お子様が3名の場合)  1,700 円

お支払方法

当日現金払い

定員

6 組

申込受付期間

2022/11/20(日) 10:51  ~ 2022/12/26(月) 09:50まで

主催者

大森典子

お問い合わせ先

大森典子

お問い合わせ先電話番号

07044900427

お問い合わせ先メールアドレス

sanzensango.yuj2019@gmail.com

受付は2022年12月26日(月)09:50 で終了しました。
smtp06