PR
PR
15484_mjjjmjq4yjblotg1o

10月からのキャリアップ助成金

正社員化コース変更点

受付は11月24日(木)09:55で終了しました。

~就業規則の記載と、処遇改善加算・ベースアップ加算との関連~

このような方におすすめ

助成金を活用したい福祉介護の担当者、経営者。

期待できる効果

費用がかからず改善できるポイントが理解できる。

10月からのキャリアップ助成金 正社員化コース変更点

10月から大きく変わったキャリアップ助成金!

キャリアアップ助成金制度の改定点
令和4年4月1日からの「正社員化コース」に関する主な改定点はこちらになります

(1)有期契約から無期契約への転換時の助成廃止

(2)「正社員」の定義変更

(3)「非正規雇用労働者」

特に正社員化コースの受給にあたって重要なのは、正社員の定義の変更になります。


「正社員の定義変更」について
「正社員の定義」についての変更点は、「賞与または退職金制度」かつ「昇給」のある正社員への転換が必要になりました。
就業規則に「賞与または退職金制度」と「昇給時期」の記載が必須です。
本改定は、令和4年10月1日以降の正社員転換から適用されます。



正社員、非正規雇用労働者ってどんな人?

正社員と非正規雇用を明確にする
今までのキャリアップ助成金では、賃金上昇率などが主な要件でした。
しかしこの10月以降は、大きくその定義が変わります。
非正規雇用と正社員の立ち位置を明確に区分することが求められます。

助成金の意義

なぜ助成金が存在するのか
助成金には、それぞれ意味があります。
それは、日本政府の施策を実現するための、企業への補助や動機付けになるように組まれています。
つまり、キャリアップ助成金でいえば、増えすぎた非正規雇用から、正社員に転換させることが、大きな目的です。
それを踏まえると、不支給になる恐れのあるケースなどが見えてくるのです。

助成金の趣旨にそって活用する
例えば、正規雇用で雇用した労働者を、助成金のためにわざわざ非正規雇用になってもらうということは、助成金の趣旨から大きく外れて、本末転倒になります。
非正規雇用の労働者を、助成金を活用して正規雇用にしていく道筋をたてましょう。

キャッシュフローに注意する
例えば、有期雇用6ヶ月の後、正社員として6ヶ月雇用し、助成金を申請しても、審査期間として6ヶ月~10ヶ月ほどはかかります。
そのため、助成金そのものを、キャッシュフローとしてあてにすることは、さけるべきです。



セミナーの内容
  • 1 助成金と補助金の違い
  • 2 キャリアップ助成金の変更点
  • 3 非正規雇用と正社員の定義
  • 4 就業規則の記載と、処遇改善加算・ベースアップ加算との関連
  • 4 よくある不支給事例
お気軽にご参加ください

講師 寺田達也の実績

保有資格:
 就業規則診断士 特定社会保険労務士 社会福祉士 精神保健福祉士

労務相談実績:
 労務相談 延べ2000件以上の相談案件に関わる
 採用審査 延べ1000人以上の採用に関わる 

講師:
 神奈川県社会福祉協議会をはじめ、登壇多数

運営サイト:
https://www.kisoku.pro/








よくある質問


  • ・なぜ無料でやるのですか?

 ⇒ 自分の知識を提供するだけなので、実際に費用がかからないからです

・それでもなぜ無料でやるのですか?

 ⇒ 会社や組織の価値観を言語化することを、ライフワークにしています

・収益がなくても大丈夫なのですか?

 ⇒ 社労士事務所を経営しているので大丈夫です


  • 就業規則診断士とは何ですか

⇒ 組織の価値観の言語化、それによる評価制度、キャッシュフロー視点を盛り込んだ
ビジョナリー就業規則を作成できる専門家のことです。


  • セミナーのあと営業されますか

 ⇒ 営業は一切いたしません。かわりにビジョナリー就業規則の案内をさせていただきます。


  • ・知り合いの事業所向けにお話しいただくことは可能ですおうか

 ⇒ 経営者を3人以上お集め頂ければ、お話しできます。

・他のお話しもお願いできますでしょうか

 ⇒ 人事労務、キャッシュフローのことであれば、無料でお話しいたします
(経営者3名以上が参加される場合)

・地方都市などに来てお話しいただくことは可能でしょう

 ⇒ 横浜からの交通費とビジネスホテル代を頂ければ、どこへでもお話しに行きます
(経営者3名以上が参加される場合)



開催要項

開催日時
2022年11月24日(木)
開場 19:55
開始 20:00
終了 21:00
場所

ホームページ

参加費

無料

定員

10 名

申込受付期間

2022/11/ 6(日) 15:42 ~ 2022/11/24(木) 09:55まで

主催者

(一社)日本就業規則規則診断士協会

お問い合わせ先

寺田達也

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

info@roumu.yokohama

就業規則をもっと身近に!

就業規則をもっと身近に!

就業規則診断士
特定社会保険労務士
精神保健福祉士
社会福祉士
1973年生まれ
文教大学国際学部国際学科卒業
神奈川県川崎市内の知的障害者施設の支援員を経て、2007年横浜の税理士事務所に入社。
2012年5月、税理士事務所内で所属しながら、社会保険労務士事務所を開業。
その後別の会計事務所にて社労士事務所を継続しつつ、現在は独立して事務所を構える。
2020年 日本就業規則診断士協会を設立