7698_ndvimtlmmdawmte5y

【12月5日(月)小田原・宗久寺】

大人のための

絵本セラピー

〜のこす〜

あと 2 名
758677_7cf68859-38ac-48c4-b374-2ddb85b96192
758677_7cf68859-38ac-48c4-b374-2ddb85b96192

えほん寺ピー #6

このような方におすすめ

おとなだけど絵本を楽しみたい方。お寺で絵本セラピーを体験したい方。

期待できる効果

絵本や人や感情に出逢えたり、再会できたりします

受付は12月 5日(月)09:45 までです。

【12月5日(月)小田原・宗久寺】 大人のための 絵本セラピー 〜のこす〜



お寺で大人が絵本?!



お寺で

絵本セラピーを開催します



小田原の板橋にあります

曹洞宗 宗久寺(そうきゅうじ)さんです。





おとなが絵本?!


「絵本は子どものためのものでしょう」
と一般的には思われています。

けれども、おとなにも「いい」んです。

実際、
我が子のために読み聞かせをしている(つもりの)
おとなであるわたしが
涙がボロボロ流れてきたり
どうしようもなく心揺さぶられたり
声を出して笑ってしまったり、

そんな体験を幾度となく、してきました。

なぜなんでしょう?

子どもは、自分が絵本の主人公になりきって
その絵本を「体験」するように楽しんでいるようです。

けれども、おとなは
これまでの人生経験や味わってきた感情などを
その絵本の中に映し出すようです。

そう
「鏡のように」

だから、絵本を読んでもらって
感じること、思うことは
みんな違います。

みんな違うんだということを絵本から知ることによって
気づかなかった、自分自身のことを
再発見できることもあります。

ただ、一方的に講師の話を聞くだけではない
ワークショップです。



絵本セラピーとは


テーマに沿って、大人が数冊の絵本を読んでもらい、簡単な質問に答え、参加者同士で分かち合うプログラムです。

短い「ことば」と「絵」でつづられる「物語」をその場で共有することで、自分の感性や価値観と丁寧に向き合う時間となるでしょう。

また、自分以外の人が感じたことを知ることにより、新たな気づきも生まれます。

感じたことに正解も間違いもありません。あなたがあなたらしくいられる場であることを大事にしています。

絵本セラピスト協会HPはこちら



ご感想


□無意識の下にあるものが浮上する時、それに抵抗するため胃が重くなります。

でも今日のえほん寺ピーでは穏やかに掬いあげられた気分です。

今日はとんちゃんに会って、2冊目の絵本を読んでもらって、私は私だと、良い子の”○○ちゃん皮”を1枚脱ぎました。

とんちゃんの前なら脱いでもいい(パンツではない)と今日はとても気に入っている特別の呼び名にしました。

宗久寺御本尊の観音様の御前、どんな自分をさらけ出しても受け入れてもらえると思いました。

場の力もさることながら、やはりとんちゃんの力のなせる技でしょう。

とんちゃんの力を表現するには、私の語彙力ではおぼつかないので、ぜひとんちゃんの寺ピーに参加して、うぅぅと身悶えるような感覚を味わってほしいです。

そして、終わった後の打ち水をしたような爽快感も感じてほしい。

とんちゃんはご自分が邪道だとおっしゃていましたが、邪道絵本セラピーを小躍りして喜ぶ絵本セラピストがここにもおります。

(バウムさん)



□今日は楽しく、また興味深い時間をありがとうございました

絵本の世界観の一コマを魅せて頂きました。

人間の持つ、暗闇にも光を与えてくれる一つは、絵本なのだと感じました。

人の暗闇は美しさでもあり、人の光は残酷でもあり得る。
そんなモノを感じました。

次回のテーマが楽しみです。

(りっちゃん)



□丸く椅子に座ったのが、皆さんの顔を見ながら話ができ良かったです。
子どもが小さい頃に読んだ絵本もあったけど、誰かに読んでもらうと心に入ってくる気がしました。子どもたちは、私の読みをどんな気持ちで聞いていたんだろう?と考えたりしました。

初対面の人ばかりなのに、初対面だからこそなのか自分の気持ちを素直に話せる雰囲気が、本堂のあの場所だからなのか、とんちゃんの絵本セラピーだからなのか、リラックスできた2時間でした。

(しゅがあさん)


□昨日のカンカン照りから、朝から雨模様。広域農道を原付バイクを走らせ、向かうは小田原板橋の宗久寺さん。
導入路でご住職と覚しき方の案内を乞う。有り難き幸せ。
午前の2時間で、しっかり6冊の絵本に出会いました。
寺ピ-に興味もあったけれど、いつもと同じ、とんちゃんがいたから違和感なくスンナリと進行したっけ。
ご住職ご夫婦も、参加された皆さんも忌憚なく思いをお話され、あっという間の時間経過でした。
ちょっとハマリそう⁉️また友人を誘い出掛けようか。宗久寺さんやまわりを循環しなくては。
皆さんありがとうございました。
生き長らえる目的が、ひとつ増えました。ありがとう❤️です。

(なべじい)



□今回はまさに
今日、この場所に引き寄せられた!!
と思うような不思議な寺ピーでした。

絵本から感じ取る自分の気持ちを
ひとりひとり口にするだけなのに、
住むところも年代も違う、初めましての
方々の話を聞き、共感し涙を流し、
自分の気持ちを吐いて涙を流す。
大人になって人前でこんなに泣くとは
思っていませんでした。

でも、全然恥ずかしくなく、むしろ
涙はふわっと心を軽くしてくれました。
過ぎたことだと、心に蓋をしていたものが一気に溢れ出た感じです。

いや~泣くのって凄くスッキリしますね。
子どもが泣きじゃくってケロッとする
気持ちが分かったような気がします。

あとは話を遮らず聞く、聞いてもらうのも
新鮮でした。いつも人と話すときは情報量が多かったり、「あーそうそう分かる!
そういえばさ…」と言葉を遮られたりして
意外と自分の言葉を最後まで伝えられる
ことは難しいなと思うこともあります。

2時間は短いか、長いかは分かりません。
でも、凄く貴重で大切な時間でした。

あとは、あれ実家ですか?と思うくらい
お寺の雰囲気がとても良くて
ご住職さん夫婦のあたたかい気持ちが
そのまま出ているお寺さんでした。
ご住職いぬぽんさんのお父様の盆栽や
ゴキブリの話、とても面白かったです(笑)

また、寺ピーに参加したいなと思います。
素敵なご縁を繋いでくれた、とんちゃんに
感謝です。ありがとうございました。

(あずちゃん)




□お寺という場所柄、落ち着いて静かに他のメンバーのお話に耳を傾けることもできたし、住職さんと奥様の柔らかい雰囲気にとてもリラックスして寺ピーに身を委ねることができました。

「命のつながり」というテーマで皆さんとお話しできたのも自分にとってグッドタイミングでした。

職場や友だちや家族にさえ、タイミングがなくて言い出せなかったりすることも初対面のメンバーの前でさらっと話せてしまうのは、とんちゃんの織りなす絵本セラピーの力に他ならないと、毎回本当に感心してしまいます。

人は、他人に秘密にしておきたいことよりもむしろ他人にさらけ出してしまいたいことの方がたくさんあるのじゃないかと思うのですが、さらけ出してこそ一歩前に進めるのでしょうね。

そういうことをいつもとんちゃんの絵本セラピーを通してうすうす実感しています。

話すことで想いを昇華できたら良いですねと住職さんもおっしゃっていましたが、自分はもちろん皆さんも爽快な気分に浸って帰られたのではないかしら。

また是非お邪魔させてくださいね。

(泉さん)



□奇跡のようだけど、きっと必然的なタイミングだったと思います。
父が他界した直後に、
お寺で「いのちのつながり」というテーマで
とんちゃんの絵本セラピーを受けることができた!!
やっぱり必然ですね。父の計らいだったことでしょう。
ありがとうお父さん!!

父のことで経験していなかったら他人事だったかもしれない絵本の内容でしたが、
リアルに体験していたので、自分自身のことと父とのことと、合わせて考える時間になりました。
このタイミングで絵本セラピーを受けられて、心が穏やかになりました。
参加の皆さんのお話もそれぞれいろいろなご経験をされて、
とても参考になりました。
宗久寺のご住職のいぬぽんのお話ももっとお伺いしたいと思いました。

隠れとんちゃんファンとしては、
また参加したいです。

(白川 ひとみさん)



□とんちゃんを始め、参加していた皆さんのあたたかい雰囲気にとても安心してお話をしたり、聞くことができました。

とんちゃんの読んでくれる絵本と投げかけによって、自分でも忘れていてようなことを思い出しました。帰宅してからも、祖母が作ってくれた肉じゃがを思い出したり、祖母に自転車で保育園の送り迎えをしてもらったことなど、いろいろ思い出しました。

みなさんのお話を聞いて、どの方もそれぞれにいろいろな経験をされ、いろいろな気持ち、考えがあるんだと言うことを、改めて実感しました。 初めてお会いした人ばかりなのに、もっとお話がしたいな、聞きたいなぁ、私もそうと共感したいなぁと思いました。

私はなかなか初対面は緊張してしまい、固くなってしまうのですが、とんちゃんが開催してくださる会に参加すると、世の中ステキな人、優しい人、いい人がいっぱいいるなぁと元気になります。そして、実生活でも、自分から声かけてみようと勇気が湧きます。






アクセスもよし


宗久寺さんは

箱根登山線箱根板橋駅から徒歩5分程度です

箱根板橋駅は新幹線こだまも停車する小田原駅から

1駅 5分程度です。

駐車場もあります。

周囲にはたくさんお寺があります。

(ちょっと迷ってしまうかも)






本堂は声が響きます。

椅子もあります。





気持ちのいいお庭もあります。




お申し込みお待ちしております







えほん寺ピー
のこす



日時 2022年12月5日(月)  10:00〜12:00

場所 宗久寺(神奈川県小田原市板橋766)(駐車場あり)

定員 大人6人

参加費 大人2,200円

  (事前にお振込かクレジットカード払いをお願いします)

持ち物 筆記用具、飲み物







【実施にあたっての免責事項】

参加は「自己責任」でお願いいたします。
新型コロナウイルスへの感染に関して、
絵本でほっこりの会が責任を負うことはできませんので、
参加者各自の責任において、感染予防に努めて頂きますようお願いいたします。











受付は12月 5日(月)09:45 までです。

開催要項

開催日時
2022年12月 5日(月)
開場 9:45
開始 10:00
終了 12:00
場所

宗久寺

神奈川県

小田原市板橋766

ホームページ

参加費

参加費  2,200 円

キャンセルポリシー

 

※お申し込みフォーム送信直後からキャンセル料が発生しますのでご注意ください。 

お申し込みから8日前までのキャンセルにつきましては、代金の10%を事務手数料 として頂戴します。

7~3日前まで50%、前々日、前日、当日および無断キャンセルは100%を事務手数料として頂戴します。

※返金の場合、振込手数料を差引いた額となります。

※キャンセル時点で未入金の場合も上記キャンセル料を頂戴します

 

お支払方法

Stripe_pay_solutions

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込

定員

6 名

【残 2 席】

申込受付期間

2022/10/19(水) 12:41 ~ 2022/12/ 5(月) 09:45まで

主催者

上甲知子

お問い合わせ先

上甲知子

お問い合わせ先電話番号

090 6511 4547

お問い合わせ先メールアドレス

osekkainaobasan@gmail.com

なんでもないようなことが幸せだと気づく「絵本で子育て」
Professional_s

なんでもないようなことが幸せだと気づく「絵本で子育て」

司書
NPO法人「絵本で子育て」センター 絵本講師
絵本セラピスト®
厚生労働省認定 こころサポーター
わらべうたベビーマッサージインストラクター
魔法の質問カードマスター
時間マネージメントアドバイザー


1972年生まれ。神奈川県南足柄市在住。清泉女子大学卒業 。

3人の子どもを育てながら、地方公務員(町役場職員)として21年間勤務。

長女がへそ曲がりでアトピーで寝ない子で、子育てに疲弊していました。(かわいいと思えませんでした)

心の余裕がなく、我が子に全く絵本を読んでいなかったわたしが
とある出会いによって、手のひらを返すように、我が子に絵本を意識して読むようになりました。


絵本の読み聞かせは、人としての土台の部分で
とても大切なものを育んでくれる一つの要素だと知りました。

それは、自分が目的に向かっていくときの力にもなることを確信しました。
子どもだけでなく、親自身も、「根っこ」が育ちます。

2012年 絵本講師(NPO法人「絵本で子育て」センター)の資格を取得。

絵本読み聞かせ講師として、年間約1000人の保護者、保育者などに絵本のある子育てについて伝授しています。

具体的にすぐ実践できる本音のアドバイスをすることによって、知らず知らずのうちに、ご自身で「根っこ」を育てることができるようになります。

それは5年後、10年後のあなたとあなたの身近な人の未来を確実に変えることになるでしょう。

また、おとな向けの絵本ワークショップも年間100人以上が参加。
保有絵本は1000冊以上。
受付は12月 5日(月)09:45 までです。