PR

PR

41500_m2qyy2i0ymm5otbln

受付は7月 9日(土)00:00で終了しました。

週末のスタートを充実させませんか?

このような方におすすめ

お仕事や人間関係、家事育児に普段から頑張りすぎなあなたへ。マインドフルネスとヨガで緊張した心と体ををリリースしていきます。

期待できる効果

「今」に意識を向ける練習はあなたが既に持っているものを気づかせてくれます。頑張りすぎなくても幸せになれる心と体を手に入れましょう。

無料DAY♪ 実践!マインドフルネス瞑想とヨガ



私たちはいくつの役割を担っているのだろう。

会社員としての顔、上司としての顔、
部下としての顔、
母親や父親としての顔、
妻や夫としての顔、
子供としての顔。

そしてそこには必ず、「良い」がついてまわります。
「良い母親」でいないと。
「良い夫」でいないと。
「良い子供」でいないと。


日頃から頑張りすぎていないですか?
至る所に「余分な力」が入っていないですか?

「あれもしないと」「これもしないと」
「頑張らないと社会に、周りにおいていかれてしまう」




https://image.reservestock.jp/pictures/41500_OTI2NzM0OGFkMTBmM.png

このイベントに参加してほしい方

1、日頃から頑張りすぎて疲れてしまう方。
2、悩みや心配ごとを手放せない方。
2、マインドフルネスを学んで見たい方。
3、力の抜き方を知りたい方。
4、ヨガでリフレッシュしたい方



マインドフルネスは、
「過去」や「未来」に思いを巡らせる
のではなく、「今、ここ」に
意識を集中させること。

私たちの悩みは過去や未来から
やってくると言われています。

戻れない過去を思うより、
誰にも知ることのできない「未来」に
意識を向けるより、
今生きている「この瞬間」に
意識を向けてみませんか?

あなたが欲しいと思っているものは
既に自分の手の中にあるかもしれません。

意識が過去や未来に向いていると
「今、この瞬間に起こっていること」を
見逃してしまいます。









持ち物 

  • 1、ヨガマットが引けるスペースをご用意ください。
  • 2、ヨガマットがなくても大丈夫ですが、滑らない場所で行ってください。
  • 3、クッション、ブランケットなど楽に座れるグッズがあればご用意ください。
  • 4、水分補給用の飲み物


マインドフルネスプチ講座 30分
ヨガレッスン 45分 
となります。

ヨガは難しい動きがしませんので、
初心者の方も安心してご参加ください。

みなさまにお会いできるのを
心より楽しみにしています。











開催要項

開催日時
2022年7月 9日(土)
開場 8:50
開始 9:00
終了 10:15
場所

ヨガノヒオンライン

参加費

無料

キャンセルポリシー

 

当日、体調不良等でご参加いただけなかった場合は、

録画したアーカイブVTRをお送りさせていただきます。

定員

10 名

【残 3 席】

申込受付期間

2022/6/21(火) 00:00 ~ 2022/7/ 9(土) 00:00まで

主催者

Katsura yoganohi

お問い合わせ先

Katsura yoganohi

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

kkmarorin0815@reservestock.jp

ヨガを通じて生きるを豊かにする乳がんサバイバー

ヨガを通じて生きるを豊かにする乳がんサバイバー

全米ヨガアライアンスRYT200
BESJ認定マットピラティス指導者資格
BCY認定乳がんヨガインストラクター
陰ヨガ指導者資格
アーユルヴェーダーマイスター
産婦人科医高尾美穂認定 マタニティ・産後ヨガ指導者資格
公認妊活マイスターBasic
日本肥満予防健康協会認定 ダイエットアドバイザー
小さいころは人見知りで引っ込み思案。
大勢のお友達と遊ぶことが苦手で、
授業中恥ずかしくて、手なんか挙げられない!そんな子でした。
でも何故か、小さいころからの私の夢は
「キャリアウーマンになること!」笑 でした。

そんな私が最初に飛び込んだのは広告の世界。
営業として土日も関係なく、ひたすら仕事に没頭。
約7年働いたところで、アパレル業界へ転身。
広報宣伝部のマネージャーとして働きまくりました。
働き始めて7年目くらいのときに身体に異変が・・・。
それは「睡眠障害」。
疲れているはずなのに全く眠れない・・・。
朝少しまどろんだだけで、すぐに仕事。
そして夜はまた眠れない・・・・。

今ならわかります。
それは自律神経がおかしくなっていたんだって。
でも当時の私は深く考えず、
複数の種類の睡眠薬を処方してもらいやり過ごしていました。
ある日出張先で睡眠薬をもってくるのを忘れてしまった私。
探しても探しても薬が見つからない。
そのまま結局、眠れないで朝を迎え、ふと、化粧ポーチを開けたら、
そこに探していたはずの薬が。
見つけた瞬間に目から涙がポロポロ。
「もうこの薬に支配されない生活を送ろう」、
そう思い、築いてきたキャリアをいったん手放す選択をしました。
その時37歳。


それからは、ずっと続けていたヨガをもっと深く学びたいと
指導者資格をとり、女性としての身体の勉強を続けてきました。

そんななか2021年7月に乳がんが発覚。
左胸の全摘&再建手術をし、今はホルモン治療を行っています。

絶望の中で、主治医が言ってくれた言葉が
私を救ってくれました。

「あなたみたいな健康に携わる仕事の人が、
癌になって、復活していく姿を周りに見せていくことは、
大変意義があることだと思う」

癌を告知されて不安に思っている方、
術後の身体の変化に戸惑っている方、
そしていつも頑張りすぎてしまう自分への
いたわり方をヨガを通じて、
また、癌経験者としてお伝えしていきたいと思います。