PR

自分と繋がり、魂の望みを叶え、豊かに生きるために

PR
15107_nmnlody3mwyyowi4m

”唄声は内側の宝石への通り道”

zoom

vol.3♡唄と話し♡

受付は終了しました
718130_daf028e9-d627-40a9-aa88-8cf279f905cf
718130_daf028e9-d627-40a9-aa88-8cf279f905cf

離れていてもあなたに何かが届きますように。

このような方におすすめ

家から出ずしてレイコのFlamencoの唄や話を聴いてみたい方。

期待できる効果

直接目の前に居ずともあなたの♡を刺激シマス♡

”唄声は内側の宝石への通り道” zoom vol.3♡唄と話し♡

レイコのオンラインでの唄とトークのライヴです。
離れていてもあなたに伝わる何か を信じて。

”唄声は内側の宝石への通り道 zoom vol.3”

レイコzoomでのこの催し、3回目です。


3度目の正直、と言いましょうか。

zoomでは初めて

伴奏してくださるギタリストとやります!

そして自宅ではなく

都内某所、これまでもよく練習させてもらった

場所から皆さまに繋がります❣️


「唄声は内側の宝石への通り道」。
この数年、このタイトルでひとりフラメンコを唄うライヴをやらせていただいて
皆さまからたくさんの滋養、栄養をいただいて育ってまいりました。

その成果を初めてのCDリリース、という形でお届けさせていただいてから

1年以上。

このCD制作はコロナ禍以前から決めていましたが、

結果としてコロナ禍の状況、とともに歩む形となりました。

昨年予定していたCD発売記念ライヴは伸びに伸びて

今年の2月に実施。


それまでの間、zoom上でのライヴを行うこと2回でした。

何と言ってもリアルが一番。

歌を聴いていただくにも、もちろんお会いするにも。


その考えは以前から変わりませんが、

双方向のやり取りが可能なzoomライヴは

思った以上にわたしに滋養をもたらしてくれました。


遠い場所に居ても繋がれる。

なんて素敵なことでしょう♡


このコロナ状況がすっかり終わっても

遠い場所にいる方々と繋がる方法を持ち続けたい、と思っています。


「一度も直接会ったことがない、すぐには会えない」

というのはもはやあんまり、誰かとつながれない理由にならない、とわかりました。


そんなふうに信頼できる様になったのは

長いコロナ状況で、今回の様なzoomでの会合が増えてそれに慣れた、ことも大きいです。

しかし一番の理由は、CD制作をきっかけに映像なども出したことで

お会いしたことがない方がわたしと繋がってくれるようになったからです。


特にフラメンコの現地、グラナダの方と交流が続き

わたしの唄を

応援してくれていることは何より励みになっています。


そして昨年秋、初めてzoomにトライした時の

こんなに皆さまの存在が感じられるんだ

こんな形で繋がれるのだ、という感動をずっと持ち続けています。


実際にはzoomの取り回しに翻弄されつつ、
皆さまにさまざまご協力いただいておかげさまでなんとか敢行。

2回目はさらにzoomの接続状況がわるく、皆さまにお聴き苦しい思いをさせてしまったこと

が申し訳なく、悔しく終了後は号泣。

それがこれまでの実態なのです。


今回はzoomの接続が良さそうな場所を選び

マイクなどの設備を整え

何より共に演奏してくれるギタリストがいます。


昨年来、この段階に来るまで半年以上かかりましたが

新たな形で皆さまにお届け致します。


いつものようにきっちりと決まった進行はなく、その場で起こるハナシ、唄です。

しかしそんなスペースが生まれるための準備は

たくさんたくさんしています。


フラメンコ、そしてその現地スペイン アンダルシアでの体験。

楽しいこと、ビックリ仰天なこと。
諸々皆さまにシェアしたいです。


Zoomは、ほぼクリックするだけの簡単なシステムです。

できればPC、なければスマホからお気軽にご参加くださいませ。
Zoomが初めての方はインストールが必要ですが、これもごく簡単です。

ご参加を心からお待ちしています♡


**************

オンラインライヴvol.1のご感想です。


🟣先日は素敵なライブをありがとうございました!

歌の迫力と裏腹に、お喋りの時の語り口は何というか独特な響きがあり

ついぞ眠くなってしまって途中からは目が塞がってきたのでビデオオフで失礼しました。

フラメンコは踊っている友人が数人いますが

歌う方に注目したことは無かったので新鮮でした。

そしてスペイン語がなのか、フラメンコのメロディーだからなのか

不思議なうねりがあり、聞き慣れた日本やアメリカのPOPSや、インド、中東、南米の方の音楽とも違った曲線を感じて、興味深かったです。

異国のおじさんの話も面白かった!

これからも世界にその素敵な歌声を響かせて行ってください。

ご活躍を応援しています。

(エジコ*グラフィティさん)


🟠昨夜は素敵なひとときをありがとうございました💕

東京で一度聴かせていただいた時に本当に衝撃を受けてよかったので、また再びzoomで聴けるんだと、心躍らせて参加させていただきました🎶

普段フラメンコやこういった表現の世界には縁がなく過ごしているのですが、

最近自分の中の元々の興味や関心の原点に戻りつつある中で、キリスト(教ではなく)や世界中の音楽や歴史に想いを馳せていたところだったので、なんとなくタイミング良く、そして昨日は「スペイン」でシンクロってたので、夜にレイコさんのスペインのお話や歌で締めくくれた素敵な一日となりました💕


わたしは歌が好きで声を出すことに昔から興味があり、少しずつ歌を習ったりカラオケに行ったり笑
楽しみつつも、まだまだ声を通して「自分」には出逢えてなくて、今もヨガ・オブ・ボイスに参加しつつ、深めようとしているところです。

そんな感じなので、レイコさんの声の出し方や歌い方がとても魅力的で美しく、こうしようとかああしようとかではなく、ありのまま、情感とともに自然に声が出てくるままに発声している様子がなんとも心地よかったです☺️


やはりレイコさんの歌い方在り方は瞑想に通じるものがあり、それもほんとに心地よかったです✨✨☺️

貴重な機会を過ごさせいただき、嬉しかった&楽しかったです💕

(匿名希望さん)




”唄声は内側の宝石への通り道” オンライン vol.3


日時:7月5日(火曜) 午後2時〜
(1時間半を予定)
内容:レイコの話と唄(ギター伴奏:山本智英)

参加費:ご自由金額 投げ銭スタイル。

もしよかったらお好きな金額を投げ銭していただけたら、とても励みになります。


形式:zoomを使ったオンライン形式。






ネット環境と、ご自宅などで音が出てもよい環境でご参加くださいませ。


(ご参加の方にzoomのU R Lをお送りします。初めての方はzoomのインストールが必要です。
ご不安な方は前日までに一緒にテストしてみましょう。レイコにご連絡くださいませ。)




ご参加を心からお待ちしてます♡


 



開催要項

開催日時
2022年7月 5日(火)
開場 13:50
開始 14:00
終了 15:40
場所

Zoom

参加費

無料

キャンセルポリシー

※定員がございますので、キャンセルはおはやめにお知らせくださいませ。

定員

15 名

【残 3 席】

申込受付期間

2022/6/19(日) 20:00 ~ 2022/7/ 5(火) 13:00まで

主催者

レイコ シミズ サンギット

お問い合わせ先

レイコ シミズ サンギット

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

reiko@jn4.so-net.ne.jp

あなたの光輝く本質を映し出し、本当の自分を生きるための通路となる

あなたの光輝く本質を映し出し、本当の自分を生きるための通路となる

スターサファイア エネルギーワーク セラピスト
サトルボディヒーリング プラクティショナー
カンタオーラ(Flamenco唄い手)
「本当の自分を生きたい」という思いから瞑想に出会い、それまでとまったく人生が変わりました。

スターサファイア、サトルボディヒーリング
2つの瞑想をベースとしたエネルギーワークを通じて
人生の変化、変容を促していくためのサポートをさせていただきます。

生きるのがつらい。
今の仕事がうまくいかない。パートナーとの関係がうまくいかない。
そういった問題と感じること。

あるいは問題ではないけれど、
これまでの生き方に疑問がある、もっと成長したい。変わりたい。
人生で何かを変えていきたい。そんな場面でお役に立ちます。


どちらのワークもその人に潜在している生きる資源、エネルギー状態をリーディングさせていただき、それに働きかけてゆきます。

セラピストがただお伝えするスタイルではありません。

体感していただくこと、「直接体験」することのお手伝い。
それを旨としています。

自分のエネルギーを自ら感じ、体験していただくトレーニングとなる、また瞑想をご存知ない方には、その入口と活用方法をお伝えするハート瞑想やチャクライベントなど、リラックスしたスペースで瞑想を紹介するイベントを常時開催しています。


今の現状を認識し、これからの生活への指針となる何らかのヒントを得られることでしょう。


またわたしは瞑想との出会い以前から、Flamencoの唄い手でもあります。
Flamencoとの出会い、特に唄うようになったことは
「自分と強烈に向き合うこと」をわたしに求めました。


Flamencoから始まった「本当の自分」の探求は、
サトルボディヒーリング、スターサファイアという
瞑想をベースとしたエナジーワークという道にも通じていました。
今では「その人の真実」を探すお手伝い、もさせていただく次第です。