18_nje3ymmynwiwm2rkn

夏至・ヒーリング瞑想会

受付は終了しました
716744_natural-2458371_1920 (1)
716744_natural-2458371_1920 (1)

心をほぐして自分に必要なメッセージを受け取りませんか?

このような方におすすめ

必要なメッセージを受け取りたい。リラックスしたい。力を抜きたい。自分にご褒美あげたい。

期待できる効果

必要なメッセージを受け取る。心地よくリラックスできる。よく眠れる。体の力が抜ける。

夏至・ヒーリング瞑想会



夏至の夜
祝福と自分に必要なメッセージを受け取りませんか?


自分にとって必要なこと 
必要ないこと

全部、心が知っています。

頭で考えすぎるのをやめて
少し感覚に身を委ねてみましょう。

そうすれば
どうしたらいいかがわかります。

この瞑想会では
少しゆるゆるとお話ししながら
インスピレーションに沿って
ヒーリング瞑想を行なっていきます。 
 
今回のテーマは
祝福を受け取る
です。 

今特に、私たちが取り巻く環境は不安定で

不安や恐れのエネルギーが増えています。

それでも
宇宙や神様、ご先祖様など
見えない世界からの祝福は
ずっとやってきています。

むしろ強くなっているかもしれません。

ひとりでいるとなかなか気づけない
見えない世界からの祝福のエネルギー。

今回は瞑想をしながら
それを感じるとともに

今自分に必要なメッセージを受け取っていきましょう。




日頃忙しく働いている頭を緩め
感覚の世界の心地よさを味わってください。

聞いているだけで
心と体と繋がってリラックスしていきます。

・必要なメッセージを受け取りたい
・最近よく不安になったり落ち込にだりする

・最近体が疲れているな〜と思う
・リラックスしてよく眠りたい
・心の声を聞いてみたい
・ヒーリング瞑想を体験してみたい

という方
ぜひ、ご参加くださいね。

一緒に癒しの時間を過ごしましょう。





日時:6月21日(火)21時〜22時
(延長の可能性あり・最大22時半)

方法:ZOOMによるオンラインイベント

参加費:3000円


みなさんとじっくりお話ししながら
丁寧に進めていきます。

ピンときた方のご参加をお待ちしております。



【いただいた感想】


初めて、このヒーリング瞑想会に参加しました。
ここにも、発する言葉の影響があるの!!!!!って目から鱗でした♪
常にいろんなことを考えてる脳は休みが必要だし、一日中PCと向き合って仕事して、
常にタブレット&スマホをみている目は酷使気味。
アレルギー性鼻炎で鼻も疲れてる...
というか、疲れやストレスがない部位の方が少なくて、休める時は何も考えず、のんびり過ごそうと思いました。
気づきの時間をありがとうございました❤︎

性別 : 女性  年齢 : 50代  職業 : 会社員


ヒーリング瞑想会に参加するのは2回目でした。陽妃さんのつくる空間が心地よく、静かに金曜日の夜をクローズすることができました。今回テーマは祝福。タイムリーで、いま一番わたしが必要としているものであることに驚きと、それは当然だ(必要なものを受け取る場になっているので)という気がしました。月曜日に届くメッセージからの、金曜の瞑想会の流れが好きです。また参加したいです。

性別 : 女性 年齢 : 40代  職業 : 個人事業主

開催要項

開催日時
2022年6月21日(火)
開場 20:55
開始 21:00
終了 22:00
場所

参加費

ヒーリング瞑想会 参加費  3,000 円

支払方法

Stripe_pay_solutions

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込

定員

6 名

申込受付期間

2022/6/13(月) 06:52 ~ 2022/6/21(火) 20:00まで

主催者

アマノテルヒ

お問い合わせ先

アマノテルヒ

お問い合わせ先電話番号

09017084643

お問い合わせ先メールアドレス

teruhi.amano@reservestock.jp

愛と情熱、好奇心を中心の毎日で生きる人を増やすこと
Professional_s

愛と情熱、好奇心を中心の毎日で生きる人を増やすこと

FHA認定心理セラピスト
FHA認定ヒプノセラピスト
本田健ライフワークスクールナビゲーター
本田健ライフワークカウンセラー
本田健人間関係マトリックススタディーグループファシリテーター
本田健お金のスタディーグループファシリテーター
【自分も人も大切に・・・対話トレーナー・カウンセラー天乃陽妃(てるひ)】

現在、夫と二人暮らし。
心理カウンセラーの夫と二人で「感情の学校」を主催し
自分の心を大切にして生きることを伝えている。

前職は、病院検査室で働く臨床検査技師。
超音波検査という画像で病気を見つける仕事を専門とする。
病気の発見率はなぜか高く、職場では信頼される。

四人姉弟の2番目。
妹が難病を抱えて生まれる。
父親の仕事は児童養護施設の職員でほとんど家に不在。
母と四人の子供という家庭の中で、空気を読んで動く調整役となる。

小さい頃から「いい子」であることを目指し、精神的に自立。
学校の先生には好かれるも、友達ができない真面目っ子タイプ。
大学卒業後は朝から晩まで仕事で、恋愛や交友関係は後回しの生活。

30歳の時、妹がガンで急逝。
自分が医療関係者でありながら発見や処置が遅れたこと
当時の医療体制の限界や闇を痛感。
同時に、人生があっけなく終わってしまうことも体感。
職場を離れ、自分の人生を見直すことを決意する。



★37歳の時、心理カウンセラーを目指す★

33歳で初めて男性とお付き合い。
その後、35歳でその男性と結婚する。

しかし結婚後、自分が男性を受け入れない体質であると気づき始める。
(肉体的にも精神的にも)
そのことが原因で、37歳の時、夫が離婚したいと言い、家を出る。
夫と別れたくない一心で、自分をなんとかしようと心理学を学ぶ。

自己啓発セミナー、コーチング、ヒーリング、セラピーなど
様々なセッションに自己投資した金額は500万円以上。

多様な角度で自分と向き合い、自分自身を深く知り
夫と分かち合う数年間を過ごす。

その後、夫と一緒に自分の感じていることを大事にする
「感情の学校」を立ち上げる。
「感情の学校」では自分らしく生きること、人と分かち合うことをテーマに
感情の知恵を伝えている。





★大切にしていること★

人と人が、お互い自然に思いやる世界をつくること