24232_owq5yzyzm2qyzjy3z
受付は終了しました

自分の身体を好きになり、モチベーションアップ⤴

このような方におすすめ

✅コロナ太り、体力低下を何とかしたい方✅年々、痩せにくくなった体をどうにかしたい方✅自分の体を鏡で見て、がっかりしちゃう方

期待できる効果

💖重い体を脱却し、軽やかに動ける体で辛いから幸せを感じる体になりたい方💖家にいながら簡単、手軽に引き締め効果を得て、外出を楽しみたい方💖自分の体に自信を持ち、お気に入りの洋服を着てウキウキしたい方

アラフィフ・アラカンでも今日から楽に始められる! 体力アップ・健幸美な身体で人生を楽しく歩む

年齢を言い訳にしない!
身体管理は自分でおこない
いつまでも健康的に美しくいる



コロナの影響。あなたの体は大丈夫?


コロナで外出制限が続き、
家の中でもちょっとしたことで、つまづく。
外出をするとすぐに息が上がる。
歩く速度が遅くなったような。。。

体の衰えを感じてはいませんか。

座っている時間が長くなり、運動不足から
股関節の痛み尿漏れ問題など、
人には言えない悩みを訴える人が、
増えてきました。


体が重たい。体力が落ちた。
隠れ肥満になっていませんか。



このまま放置すると


このような状態を放置してしまえば
筋力、体力が低下し、ますます歩くことすら辛くなる。

歩くと息切れ、動悸、めまい。
4、50代になればホルモンバランスも崩れ始め
あらゆる不調も現れてきます。

さらには血管年齢も上がれば、
生活習慣病など、病気の発症リスクが高まり、
治療院、病院へ通い、薬を飲み続ける生活に陥り、
生命を危険にさらしてしまいます。

かと言って、いきなり激しい運動をすれば
それはそれで、危険な行為ですよね。

10年以上前の話ですが、
芸人の〇村さんがいきなり走って、
心配停止状態となり、救急車で運ばれたことがありました。




健康のためには


長く続けられること。

当たり前のことではあるのですが、
意外と、この当たり前が出来なかったりしませんか。

運動をしなければいけないと思い
ハードな運動をして体重が減り、引き締まったけど、
止めたらリバウンド。

年々、筋力・体力が衰える中、
同じようにしていては効果が感じられなくなったり、
また、あの運動をしないといけないのかと辛くなる気持ち。

もしくはやり過ぎてしまい、
体を痛めて運動が出来なくなってしまいました。

そんなお声もよく聞きます。


本当にオススメしたいのは
正しく、美しく、歩くこと!

わざわざ、着替えて歩きに行く必要なんてありません。

日常の歩き方を変えてしまえば、
筋力アップし、引き締まり、
毎日、自然と身体をトレーニングできてしまいます!



なぜ、歩くだけでいい


TVの検証実験にて、一般の方と一緒に歩き、
サーモグラフィーで背中を撮影しました。

一般の方はほとんど色の変化はなく、
青や緑色のままだったのが、
私の背中は真っ赤に変わり、
その差が一目瞭然の結果に。

2人一緒に普通に歩いただけだったのですが、
私の背中は燃え上がったのです!



脂肪を燃焼すると言われる細胞が、
主に背中側にあり褐色脂肪細胞」と言われ、
これが活性化されることが、
代謝が上がり、ダイエット効果も高まります

ですから、
サプリメントや運動方法などありますが
歩くだけで、その効果を発揮しました。




年齢は関係ない


【生徒様のご感想】

☆下半身太りが気になるM様。

日頃は車での移動生活でありますが、
正しい歩き方を身に付けたら、
脚のむくみがスッキリされ、

「運動が苦手だけど、眠っていた筋肉が蘇り、
人生の中で一番、脚が引き締まっている!

お尻がグッと上がり、
ご本人様も「脚を触る感触が全く違う!!



☆歩き方を改善したいH様。

ガニ股を改善したいと受講したら、

「身体がいつの間にか引き締まっていた
やるって決めた自分を褒めてあげたい!
カーブスに行くより手軽♪

体重の変化がなく、
痩せたとは思われていなかったので、
レッスン中の動画をスクショし、お見せしたら、
引き締まった身体の変化に驚かれて、
とても喜ばれていました!


そして、
鏡に映る自分の姿にウキウキし、
お気に入りの洋服を着て、
歩けば周りから「綺麗ね」と褒められたら
ニヤニヤの笑顔が止まらなくなります笑


4,5,60代での身体つくりが今後の人生の勝負!
最期のときまで自分の足で歩き、
好きなところへ何処へでも歩いて行き、
もっと自分の人生を楽しみ謳歌していきませんか。




アラフィフ・アラカンでも今日から楽に始められる!
体力アップ・健幸美な身体で人生を楽しく歩む
体験講座を開催します。

【内容】
☆その概念、間違ってます!
☆なぜ、歩くだけで痩せれるのか。
☆自分の身体をどうみるといい?
☆今日からできるお家トレーニング

【開催日時】
月10日(金) 20:00~21:30
ZOOMオンライン

【参加費】
1980円(税込)

【定員】
 8 名


【追伸】

一般的に言われるウォーキングで痩せるには
歩幅を広げて、早く歩く。
距離や時間を〇〇歩くといい。

正直、これでは痩せる身体にならないどころか、
歩くことで、あちこち身体を痛める事になりかねません。


ウォーキングの指導を始めて20年が経ちますが、
健康のために歩いていたけど、

「足、膝、腰が痛い」

と訴えてくる人がほとんどです。

これには正しく歩く。
この知識がないからです。

正しい知識を身に付け、
正しく美しい歩き方になれば、
いつまでも若々しく、
あなたの内側から元気に活力が戻り、
身体は気付かぬうちに引き締まり、
洋服がスルっと着れてしまいますよ。



さぁ、あなたも
正しく美しい歩きを身に付け
これからの人生をさらに楽しく歩むために
第1歩を踏み出してみませんか。




美歩家☆真輝ヴェリテ

開催要項

開催日時
2022年6月10日(金)
開場 19:55
開始 20:00
終了 21:30
場所

ZOOM

参加費

参加費  1,980 円

キャンセルポリシー

参加費のお支払いはカード決算にてお願い致します。

支払方法

Stripe_pay_solutions

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

定員

8 名

【残 2 席】

申込受付期間

2022/5/24(火) 10:35 ~ 2022/6/10(金) 10:55まで

主催者

真輝ヴェリテ

お問い合わせ先

真輝ヴェリテ

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

maki.verite@reservestock.jp

ナチュラル健幸美「ヴェリテスタイル」人生を楽しく歩く♪
Professional

ナチュラル健幸美「ヴェリテスタイル」人生を楽しく歩く♪

ウォーキング講師として18年活動。

【著書】
2012年「美くびれダイエットウォーキング」徳間書店
2018年「健康は歩き方で作れる」ごきげんビジネス出版
2022年「最幸の健康習慣」ごきげんビジネス出版

【講演実績】

【企業・団体】
東京電力/京王電鉄/リクルート/ワコール/オムロン/ヤマハ/セントラルスポーツ/千葉興業銀行/大正製薬/ホテルオークラ/日新火災/ロート製薬/東芝/ダイエー/イオン/横浜建設業青年会/静岡県職員組合/愛媛県/新島村/小平市/千葉市スポーツ振興財団/さいたま商工会議所/日本女子体育大学/浦和ロータリークラブ/逗子体育協会/日本糖尿病教育・看護学会/埼玉県立小児医療センター/日本道経会/私立青陵高校父母の会/神奈川県学校共済/逗子体育協会/神奈川県栄区/北海道沼田町

【公開ウォーキングイベント】
京王百貨店新宿店/ 京王百貨店聖蹟桜ヶ丘店/ 伊勢丹浦和店/ 伊勢丹松戸店/ 伊勢丹立川店/ 伊勢丹新宿店/ 高島屋横浜店/ 高島屋港南台店/ 高島屋大宮店/ 三越池袋店/ 松屋銀座店/ 松屋上野店/ そごう大宮店/ そごう横浜店/ 東急百貨店渋谷店/ 東急百貨店宇都宮店/ OSHMAN'S/ 東京ハウジング川越店/ 東京マラソンエキスポ・アシックスブース/ 東京ウォーク/東京レインボーウォーク /川崎市・かわさき健康ワンデーチャレンジ/川越ハウジング

【テレビ出演】
日本テレビ ・汐留スタイル/ @サプリ 神奈川テレビ・ハマランチョ・ハマナビ /テレビ東京・日曜日はカラフル

【ラジオ出演】
J-WAVE RENDEZ-VOUS  レインボータウン

【新聞掲載】
日刊ゲンダイ

【雑誌掲載】
Body+ / psiko / 日経WOMAN / L25 / アシックスKireiサイト / STORY / 週刊女性 / Sho-comi

【WEB】
KIREI(アシックス)/ 日経WOMAN / ぶるぺん

【連載・執筆】
東京新聞ショッパー 「一筆献上」

【カルチャースクールにて講師活動】
NHK文化センター;さいたまアリーナ教室/青山教室/練馬光が丘教室
よみうりカルチャー(読売・日本テレビ文化センター);横浜/大宮/北千住/柏
東急セミナーBE;雪が谷校 美しく歩く専門家「美歩家」(びほか)真輝ヴェリテ。

20歳の頃、友人より「ドカドカ歩くよね」と指摘され、キレイに歩くってどうするの?

自力ではどうにも上手く歩けず、空前のウォーキングブーム前に
師匠デューク更家を出会い、18年間師事する。

姿勢・歩き方が改善すると共に体の不調からも解放され
この素晴らしさを伝えたいと書籍・DVDのモデル活動に
ウォーキング講師として企業、イベント、カルチャースクールと各地で指導する。

しかし
2011年4月に母親が脳梗塞・肺炎にて呼吸困難を起こし意識不明になる。
正しい歩き方が健康につながると活動してきたにも関わらず
一番大切な人を寝たきりとさせてしまい、情けなさと悔しさで自己嫌悪の日々。

介護に専念するため、活動を一時休止。
病院内で見てきたのは、ご自身の足で歩けなくなり、介助・介護が必要になり自尊心を失う人々を見て「最期まで自分の足で歩くことの大切さ」を心に強く刻む。

約8年間の介護生活の中で
介護の大変さや家族との関わり合い、自分自身と向き合い、心の在り方も学ぶ日々。
体の仕組み・知識をさらに深めていく中で
歩き方だけでなく、足の状態やケア方法、靴の選び方・履き方に
食・心の在り方も取り入れ、自然治癒力を高める包括的なウォーキングメゾット
「ヴェリテスタイル」を伝える使命として活動を再スタート。

いつまでも「若々しく、輝く、健幸美」になり、
ご自身の足で元気にどこへでも自由に好きなところへ行ける喜びを体感し
人生を楽しむ歩き方を伝える。