30194_ywrizddhyzk2ntq4z
参加受付中
あと 4 名

ポリヴェーガル理論 津田真人氏×ゲシュタルト療法 百武正嗣氏による自律神経から心理療法を解説するコラボワークショップ

このような方におすすめ

トラウマケアに関わるカウンセラーやセラピストの方/トラウマの当事者の方/人間関係でいつも同じような悩みを抱えている方/仕事がなかなか続かない、自分の好きなことが分からない、なんとなく生きづらさを感じている方

期待できる効果

トラウマのメカニズムが分かります/なぜ同じパターンの人間関係の悩みが起こるのか理解できます/カウンセリングセッションが深まります/生きづらさが解消されます

受付は10月20日(木)19:00 までです。

『トラウマセラピー コラボワークショップ』

セラピーでは何が起こっているのか?
自律神経から心理療法を解説する
本邦初公開のコラボワークショップ開催!

トラウマセラピーのアプローチが学べる

トラウマケアの最新理論が理解できる

社会交流システムと安全安心の意味が分かる

なぜ、トラウマセラピーは言葉でなく身体にアプローチするのか?

自律神経の視点から心理療法を解説する



★ポリヴェーガル理論★

米国の精神生理学の研究者スティーブン・ポージェス博士がポリヴェーガル理論を発表したのが1994年。

それから30年近くが経過し、海外だけでなく日本においても、トラウマの理解に重要な役割を果たす理論としてトラウマ治療の専門家達の間でポリヴェーガル理論がかなりホットです。

ポリヴェーガル理論以前、自律神経は交感神経と副交感神経の2種類で成り立っており、両者は二元論的対抗関係にあること、また自律神経の働きにより、外界からのストレッサーに対して闘うか逃げるか(Fight of Flight)反応で対処すると考えられていました。

けれども、特にトラウマ治療の現場でしばしば経験されるように、生命の危機を感じるような状況に直面した時、私たちは闘うことも逃げることもできずに、凍りついてしまったり(Freeze)、虚脱してしまう(shutdown)ことがあるという事実に対して、ストレス学説だけでは説明ができませんでした。


ポージェス博士は心拍変動を研究のフィールドに活動してきた研究者です。

副交感神経の8割を占める迷走神経は、心拍数を下げて健康的に働くこともあれば、致死的な徐脈をもたらすこともある、という事実から、ポージェス博士は、迷走神経には腹側迷走神経複合体と背側迷走神経複合体という進化のプロセスが異なる2系統あるということを発見し、ポリヴェーガル理論を打ち立てました。

ポリヴェーガルとはPoly(多重の)+Vagal(迷走神経の)という意味であり、ポリヴェーガル理論を日本語で現すと多重迷走神経理論と言えます。

ポリヴェーガル理論により、トラウマ反応でみられる凍りつきやシャットダウンの現象は腹側迷走神経複合体の低活性と背側迷走神経複合体の過活性により起こっていると説明できるようになり、特にレイプサバイバーなどのトラウマ当事者、トラウマ治療の専門家、ボディワーカーなどの間で一気に知られるようになりました。


★ゲシュタルト療法★

ゲシュタルト療法は、ユダヤ人精神科医フレデリック・パールズ、その妻ローラ・パールズ、精神科医ポール・グッドマンらによって1950年代に創始された心理療法です。

ゲシュタルト療法は、それまでの心理療法のように学問的にクライアントの主訴を分析や解釈をするのではなく、人間としての存在に重点を置いて、「今、ここ」での気づきに焦点を当てるところに特色があります。

有機体である私たち人間は「今ここ」で自分にとって必要な欲求に気づき、みずから欲求を充たしていける自己調節のメカニズムを持っています。

しかし、社会に生きる私たちは他者との関わりの中で自分の欲求を抑えざるを得なかったり、周囲や社会からの価値観を鵜呑みしてしまったり、他者との心理的境界がうまく確保できなかったりすることで、自己調節機能がうまくはたらかなくなり、自分にとって心地よい人生を送ることが難しくなっていきます。

私たちは必要なこと、自分の欲求に気づくことができれば、自分にとって心地よい人生を選択することができるようになります。

ゲシュタルトファシリテーターはクライアントが「今、ここ」での気づきにコンタクトしていくプロセスに伴走します。


★ゲシュタルト療法とポリヴェーガル理論★

ゲシュタルト療法は伝統的に「からだ」「ソマティック」にアプローチするので、ワークでもトラウマ体験を扱うことは珍しくなく、セッション中にクライアントに凍りつきやシャットダウンが起こることを経験することもしばしばあります。

ゲシュタルト療法はトラウマ体験を扱うためのいくつかのメソッドを持っていますが、ポリヴェーガル理論はそれらのメソッドの理論的支柱として、とてもフィット感があり、ゲシュタルト療法のファシリテーター(セラピストのこと)がこれまでにパールズの考えをもとに経験的に行っていたことを科学的に説明できるようになりました。

今回、初めての試みとして、ゲシュタルト療法のレジェンド 百武正嗣氏(ももちゃん)がファシリテーターとしてゲシュタルトのワークを行い、そのワークをポリヴェーガル理論の第一人者 津田真人氏がポリヴェーガル理論の立場から解説する、というワークショップを開催することになりました。

臨床的にも学問的にも好奇心が刺激される豊かな時間になることでしょう。

ご縁のある皆さまとご一緒できるのを楽しみにしています!



こちらもご覧ください
↓ ↓ ↓
ゲシュタルト療法とは?


↑ ↑ ↑

2021年10月に開催した「ソマティック」をテーマにしたももちゃんワークショップ♪


↑ ↑ ↑

2021年7月に開催した「拡大ポリヴェーガル理論と脳科学」にて津田真人さん&会場参加メンバー♪


【よくある質問】
●1日のみの参加もOKですか?
はい、1日のみの参加もOKです。

●ゲシュタルト療法のトレーニングを受けていませんが参加できますか?
はい、ゲシュタルト以外の学びをされている方でもゲシュタルト療法に興味のある方なら参加できます。

●ポリヴェーガル理論について学んだことがないのですが参加できますか?
はい、ワークショップ中に津田さんによるミニレクチャーを行いますので参加していただけます。

●ゲシュタルトのレジェンドなのに参加者が「ももちゃん」と呼ぶのはなぜですか?
ゲシュタルト療法では、「教える人」と「教えを請う人」という上下関係を作らず、対等の関係を作るために、「百武先生」などと呼ばず、「百武さん」「ももちゃん」と呼ぶようにお願いしています。



【開催日時】

 ◆1日目 10月22日(土) 10時~17時半(途中、1時間程度のランチタイムをはさみます)
 ◆2日目 10月23日(日) 10時~17時半(途中、1時間程度のランチタイムをはさみます)
 ※ワークの進行によって、時間が延長になる場合があります。

【会場】
 ●住所:東京都中央区築地4-1-17 銀座大野ビルB1セミナールーム
 ●交通
  (1)東京メトロ日比谷線&都営地下鉄浅草線「東銀座駅」6番出口より徒歩2分
       万年橋東を左へ
  (2)都営地下鉄大江戸線「築地 市場駅」より徒歩7分
  (3)JR新橋駅 より徒歩17分

 ●地図: https://is.gd/TefBQ9
 ●ビル画像: https://image.reservestock.jp/pictures/30194_NDI3ZGZiNzNmYmJiZ.jpg

【受講料】
 ◆(早割8月31日まで)2日とも参加 100,000円 / 1日のみ参加 60,000円となります。
 ◆(9月1日以降)2日とも参加 140,000円 / 1日のみ参加 80,000円となります。

【定員】
 ◆会場20名

【録画について】
 このワークショップは学術目的で動画制作を行い、後日、ゲシュタルト療法の学習者に限定公開される予定です。
 ワークをご希望される方は撮影可能な方に限ります。
 ご了承くださいますよう、どうぞよろしくお願い致します。
 


◆百武正嗣氏略歴◆

日本のゲシュタルト療法普及の草分け的存在にして第一人者
・日本ゲシュタルト療法学会創立者 
・NPO法人 ゲシュタルトネットワークジャパン理事長
・日本フェルデンクライス協会理事

1945年、新潟生まれ。中央大学理工学部卒。1979年、カリフォルニア州立大学大学院心理学部卒。
帰国後、(財)神奈川県予防医学協会で健康教育にヨーガ、心理学を取り入れる。
日本ゲシュタルト療法学会の創設に尽力。設立より2期6年にわたり理事長を務め、現在は同学会ファシリテーター審査委員長。
NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン(GNJ)理事長。日本フェルデンクライス協会理事。
ゲシュタルト、フェルデンクライス・メソッド、ヨーガ、心理学を取り入れた「気づきのセミナー」を全国各地で開催。またリラクゼーションの指導にもあたっている。フェルデンクライス国際ライセンス取得。

日本で指導を続けて20年以上、全国各地で通算9000人以上にワークを提供。
ギリシャ、サンフランシスコ、シドニーからも招待を受け、ワークショップを実施している。


※参加を希望される方は事前に下記著書のいずれかをお読みの上、ご参加ください。



◆津田真人氏略歴◆
日本におけるポリヴェーガル理論の第一人者

1959年東京都生まれ。「心身社会研究所 自然堂(じねんどう)治療室・相談室」主宰。
90年代初めより、東京・多摩の国立(くにたち)市を中心に、地域で1人1人の<からだ・こころ・社会>を大切にしながら、さまざまの「障害」・疾病・悩み事・困りごとに、当事者と共に取り組む。
一橋大学大学院社会学研究科校規博士課程単位取得退学。東洋鍼灸専門学校卒業。公認心理師。精神保健福祉士。鍼灸師。あんま・マッサージ・指圧師。ゲシュタルト・セラピスト。ソマティック・エクスペリエンシングⓇ認定プラクティショナー。首都圏の大学等で非常勤講師も務めるほか、近年はポリヴェーガル理論のセミナーも全国各地で開催中。


※参加を希望される方は事前に下記著書のいずれかをお読みの上、ご参加ください。




受付は10月20日(木)19:00 までです。

開催要項

開催日時
2022年10月22日(土) ~ 10月23日(日)
開場 9:45
開始 10:00
場所

東京都

中央区

参加費

ワークショップ参加費(2日間)早割8/31まで  100,000 円

ワークショップ参加費(1日間)早割8/31まで  60,000 円

支払方法

銀行振込

定員

20 名

【残 4 席】

申込受付期間

2022/5/19(木) 18:00 ~ 2022/10/20(木) 19:00まで

主催者

ヒューマンハピネス 上谷実礼

お問い合わせ先

ヒューマンハピネス 上谷実礼

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

lesson@humanhappiness.co.jp

自分のままにつながりの中で生きていけるようにサポートすること
Expert

自分のままにつながりの中で生きていけるようにサポートすること

産業医/公認心理師/研修講師

・医学博士
・労働衛生コンサルタント(保健衛生)
・日本産業衛生学会正会員
・日本ゲシュタルト療法学会正会員


2000年千葉大学医学部医学科卒業。 千葉大学医学部附属病院などで臨床研修後、千葉大学大学院医学研究院社会医学系研究室にて8年間研究と教育、産業医の実務に従事。2011年、産業保健サービスを提供するヒューマンハピネス(株)設立。代表取締役就任。産業医として企業ではたらく社員の心と身体の健康サポートに携わるとともに、一人ひとりの人が「自分のままにつながりの中で生きていける世界を創りたい」という思いのもと、執筆、講演、企業研修、心理カウンセリングなどの活動も展開。
2021年からは自然の中でのワークショップ主宰をスタート。フィールドの幅を拡げている。2人の男の母であり、子ども達が通う小学校ではPTA会長をつとめ、地域に根差した活動にも力を入れている。
受付は10月20日(木)19:00 までです。