Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
【0期生】サロンオーナーのための協会ビジネス入門講座「年商1000万円の認定講座ビジネス構築」
年商1億円を視野に入れた協会ビジネスを構築するための入門講座
H_taisho
●これから協会ビジネスを始めたい方 ●協会を作りたいけど、何から手をつけて良いかわからない方 ●スクールビジネスを基礎から学びたい方  ●一気に業界ナンバー1になりたい方
H_kitai
◆年商1億円を目指す協会ビジネスの基礎がわかります ◆サロン経営に協会ビジネスの導入の仕方がわかります ◆あなたの技術やサービスを全国に広めてくれるビジネスパートナーができます
69290_新・家元制度
あなたのコンテンツを、世界中に届けよう!
Award47
Award52
Expert_s
 
 
株式会社ブランドワーク 一般社団法人キレイデザイン協会_理事長
大沢清文
あなたのコンテンツを、世界中に届けよう!
 
●キレイデザイン学グランドマスター
●協会ビジネス®コンサル

大沢清文プロフィール

一般社団法人キレイデザイン協会代表理事
株式会社ブランドワーク代表取締役社長


サロンにて、
男性エステティシャン&
メイクアップアーティストとして活動し

その後、
エステティシャンのマネージメント業務に携わる

日本で初めてとなる私立女子校にエステ
・メイク・ネイル・カラーなどの
トータルビューティーの学校プロデュースで
本格的に教育事業へ


一般社団法人キレイデザイン協会代表理事

誕生日から自分の個性と才能を研究した
「ISDロジック」、女性を輝かせる「色彩論」、
自分の心を読み解く「深層心理」を融合した

【キレイデザイン学】は、
1年で1000名の受講生が誕生
初年度1億円を達成
女性が、結婚・出産・育児などの
ステージでも働ける教育ビジネスを展開


12,000名以上の女性起業家の
ノウハウを元に起業美人オンラインサロンの運営や
自分の「ファン」を作り「自由」を
手に入れるオンラインマーケティングを提唱


おうちから、全国・世界に配信できる
オンラインセミナーは、3ヶ月で1,350名以上が参加


著書に
●起業美人のすすめ 稼ぐ女性は、美しい
〜遊んでいるように仕事をこなす女性たち〜

●年商1000万円のサロンの作り方
〜ファンに愛されながら理想の
ライフスタイルを叶える、小さなサロン成功術〜
https://www.amazon.co.jp/-/e/B01HWU1SJC
 

これから協会ビジネスを始めたい人へ

 

 

協会を作りたいけど、

何から手をつけて良いか、分からない

基本からきちんと学びたい

 

そんなサロンオーナーさんのための協会ビジネス入門講座0期生です。

 

本気で、年商1億円の協会を3年で設立したい人だけお越しください 


キャンセル待ち 

 

 

こんにちは、大沢清文です。

 

私は、22年間のエステ経営と

12,000人以上のサロンオーナーや女性起業家さんの独立起業の支援をしてきました。

 

 

2012年には、一般社団法人日本アイブランディング協会の代表理事となり

現在、1000名近くの先生を育成しています。

 

 

しかし、そんな私も3年前までは、

 

サロン業務に追われ

新規集客に追われ

スタッフ教育に追われ

 

 

今の集客方法じゃダメだ!

 

何か新しい仕組みをつくらないと・・・

 

でも具体的に何をすればいいのかわからない・・・

  

と思って日々過ごしていました(^_^;)

 

 

そんな時に

新・家元制度の著者でもある前田出先生との出逢いがありました。

 

新家元制度

 

新・家元制度のビジネスモデルを前田出先生から直接学び

 

一般社団法人日本アイブランディング協会設立を設立して

開講直後 3ヶ月で200名の先生を集め3000万の売上を上げることができました。

 

 

一般社団法人 ISD個性心理学協会

一般社団法人子育てカウンセラー協会の立ち上げに参画し、

営業担当理事として1年で1億8千万の協会売上を達成することができました。

 

 

今では、サロン経営をしながら

全国に約1,000名の先生たちと一緒に、同じ理念を分かち合いながらビジネスを拡大しています。

 

 

今では、この新・家元制度のビジネスモデルを使って

協会ビジネスのコンサルもできる立場にもなりました。

 

 

 

この新・家元制度をサロン経営に取り入れることで

 

1,お客様がスクール(講座)に通うので意識が上がり物販のリピートが安定する

2,技術者から先生になることでブランド化ができ外部の仕事も増える

3,幹部社員が先生になることで新たな道ができ、キャリア組の人材の定着ができる

4,スクールの卒業生から優秀な生徒を入社させることで人材確保できる

5,新規顧客の獲得コストが限りなく0になる

6,顧客単価が3倍になって売り上げが上がる

7,高単価な商品ができ、しかも現金売り上で経営が安定する

8,オーナーが先生になることで、自分ブランドができ次のステージへ

9,スクール経営をすることで、粗利率が3倍に上がる

10,教育を経営に取り入れることで、同業他社がビジネスパートナーとなる

11,低資本で全国展開ができる

 


小さく生んで、大きく育てることができる教育ビジネスです。

 

いかがでししょうか?

 

 

私もこの新・家元制度を導入してから売り上げが毎年3倍近くの売り上げになり

全国に同じ理念を掲げる認定講師の方と一緒に社会を良くしながらビジネスができ

楽しくてしかたがありません。

 

 

◯前田出先生へのインタビュー動画

 

 


 

 

講座内容の中心となるのが、前田出先生が提唱しています。

「新・家元制度」ビジネスモデル

 


*新・家元制度とは、

あなたのコンテンツ(知識や技術・サービス、あなた独自のノウハウ)を認定講座にして、

あなた以外の人でも教えられるようにカリキュラム化して、先生(認定講師)を作り出すスクールビジネスです。

 

あなたがセミナーをして生徒を集めるのでなく先生(認定講師)をつくり、
その先生があなたに変わって、講座をパッケージとして提供して教える仕組みです。

教育のフランチャイズシステムです。


その仕組を発展させると年商1億円の協会ビジスになります。

 

先生(認定講師)、つまり「コンテンツを広めてくれるビジネス・パートナー」を育てて

事業を拡大していくモデルです。

 

 

 

今回の講座は0期生のための少人数制

*1期生からは、20名以上の開催となりますので、希少価値が高い講座となります。 

 

 

前田出先生と私、大沢清文だからできる

講義・ワークショップ、二人でのグループコンサルティングによって

協会ビジネス構築のための実践力を身に付けることができます。

 

受講生一人ひとりの状況に合わせて直接フィードバックをいたします。

 


 

 

具体的な指導を受けることが可能なグループコンサル形式の講座です。

 

 

2週間に1回、4時間30分の講座を5回受講してもらいます。

 

年商1000万円の認定講座の作り方を基礎からビッシリ学び、

ステップを踏んで自分の協会設立のためにカスタマイズしていくプログラムになっています。

 

毎回、様々な課題をこなして、認定講座ビジネス構築のための計画を練り上げます。

 

宿題もたっぷり出ますよ(*^^)v

 

 

ひとつの階段を上ると、違った景色が見えてきます。

 

協会設立を目指す理事長と言う素晴らしい仲間たちと一緒に作り上げていきます。

 

 

公益財団法人 日本生涯学習協議会(所管:内閣府)監修・認定で13年間で47,000名の認定講師を育成し

年商4,000万円のカリスマ認定講師、年商1億円以上の協会理事長を12名育成した

協会ビジネスの第一人者 前田出先生

 

サロン経営プロデューサー 

一般社団法人キレイデザイン協会 代表理事の大沢清文の

ダブル講師で少人数でのグループコンサル形式で直接指導します。

 

 

今回の0期生

前田先生のオフィスで開催することが決定!

 

全面ガラス張りで東京都内が一望できるオフィスですので

学ぶ吸収率もグンとアップしますよ。

 

ぜひお待ちしています(^o^)丿

 

大沢清文_前田出_新家元制度_協会ビジネス_認定講座

 

この講座の対象となるのは。

 

1,年商300万円以上のセミナー講師

2,すでに協会を設立しているが、仕組みができていない理事長

3,サロンオーナーで、協会設立を視野に入れた認定講座ビジネスを考えている方

4,あなたの技術やサービスを全国に広げてくれるビジネスパートナーを作りたい方

5,一気に業界No1になりたいサロンオーナー、セミナー講師

 

 

この講座への参加費用は、全5回で324,000円(税込)

前田出先生と私のグループコンサルティングとしては、破格の料金設定となっています。

*前田出先生は、個別コンサル1時間10万円です 

 

 

講師と仲間から、フィードバックをもらい、協会ビジネスの計画を練り上げていくことができる

グループコンサルティング形式の講座。

 

協会設立に向けて、行動できる人にとっては、こんなに費用対効果の高い講座はないでしょう。

 

そして、ここで出会い、共に学んだ仲間たちは、一生の財産になるに違いありません。

 


 

 特 典

 

1,未来デザイン講座 動画プレゼント

 

成功する脳をつくる 「未来デザイン学」動画12万相当(約186分)を無料プレゼントします。

講座開講前にこちらをご覧いただき、ワクワクしながらご準備ください。

 

 

2,メンバー限定Facebookグループ招待

 

メンバー同士情報交換、交流ができる限定のFacebookグループに招待します。

こちらで質問をすることもできます。

 

 

3,毎回動画による復習ができます。

 

毎回セミナーは動画撮影があります。

欠席した場合も動画で学習できます。

 

 

4,講座終了後にフォローアップのためのグループコンサル

 

講座終了後にフォローアップのグループコンサル5万円相当を開催します。

 

日程等の詳細は、 講座中に決定します。

 


 

 

講座ビジネスと協会ビジネスの違い

 

100キロマラソンに挑戦する人たちは「以前は、42,195キロを完走するのは、

ものすごくきつかったのに、100キロマラソンに挑戦するようになったら、

42,195キロは通過点でしかなく、全然きつくなかったですね。」と、

全員が口を揃えて言います。

 

 

これは、マインドが変わったからでしょうか?

 

 

それもあるかもしれませんが、マラソンをやってみようという軽い気持ちでは

100キロを走ることはできません。

 

ゴールを明確に決めて、達成するためにどれだけの準備をしたかが大きなポイントです。

 

走り方、水分補給の仕方、筋肉の付け方

 

いろんな分野で、情報を収集し、先輩たちの意見を聞き、

練習をたくさん積んだから、 100キロが走れます。

 

そして、42,195キロが通過点と感じるのです。

 

セミナー講師の目標は年商1,000万円という人がたくさんいます。

 

マラソンに例えると、出ることに意義があり、完走を目指すランナーです。

 

「セミナー講師にでもなろう」と思っている人では、

絶対に年商1,000万円にはいけません。

 

目標と言ってるけど、どんな事業計画を立てているのでしょう。

 

ほとんどのセミナー講師は、1,000万円を目指すために「集客を頑張ります。」といいます。

 

そして、その集客のために、Facebookに毎日たくさん投函して、無料か3,000円のセミナーを開催し

名簿を集め、メルマガを一生懸命出します。

 

 

売り上げを上げる=集客と言うマインドになっているので、

セミナー講師の仕事が集客することだと思い込んでいます。

 

売り上げ=客単価×人数です。

 

 

1,000万円の年商を目指すなら、人数に注目する前に客単価に注目することです。

1万円の客単価で年間1,000人を集める事は不可能です。

 

ましてや、無料で講座をたくさん集客しても何の効果もありません。

 

年商1,000万円に到達するためにする事は、客単価を上げることです。

 

 

年商1,000万円=客単価20万円×50名です。

 

 

百歩譲っても、客単価10万円の講座で年間100人を集める事を考える事です。

 

 

そうです。 

 

お客様が20万円払ってでも受講したいと思う講座を作り出せるかどうかが、

一番大切なポイントです。

 

 

1,価値ある講座を作り上げる事ができるかどうか?

 

2,受講生が、20万円を払ってでも受けたい講座かどうか?

  すなわち、受講生に、20万円を払ってでも解決したい悩み、

  課題があるかどうかです。

 

3,そして、20万円を払って、

  どんなベネフィットを得る事ができるのか?

  20万円を回収できるビジネスモデルを提示できるかです。

 

 

あなたが、受講生に価値のあるゴールを示せるかどうかです。

 

42,195キロが年商1,000万円だとすれば、

年商3,000万円は100キロマラソンに挑戦する事です。

 

これは、仕組みを構築しないと実現できません。

 

 

1,商品を作る

受講生の「不」(不安・不満・不便など)を解消できるプログラムをつくる

 

 

2,お客様を作る

ターゲット客を見込み客に変え、信頼関係を築き、目の前に連れてくる仕組みをつくる

 

 

3,売り場を作る

お金を払い講座と言う商品を買ってもらうための顧客導線を設計します。

 

エイヤー! ではできない世界です。

 

 

始める前に、事業計画を作り販促費、経費を計算して「どのように売り上げを作り上げるか?」

を幾度も幾度もシュミレーションして

それを実行に移した後、修正をかけなければできません。

 

協会ビジネスは教育で起業を目指す人たちのプログラムです。

 

あなたが協会を設立し、自らが理事長になり、認定講師を育成して6つの報酬(お金・ポジション・

やりがい・仲間・スキルアップ・人間力)を与える仕組みをつくります。

 

 

年商1000万円を目指していては、見えない世界を実感する事ができます。

 

セミナー講師が自立できないのは家業だからです。

 

セミナー講師をビジネスとして捉えてください。

 

ビジネスとして、セミナー講師業を見ていくと今まで見えなかった世界が見えてきます。

 

ビジネスと言える年商3000万円を目指すことです。

そして、3年で年商1億円の協会を設立することを目指してください。

 


 

 

今回、学ぶ協会ビジネスの5つのステージ

 

 

【ステージ1】

年商1000万円の認定講座ビジネスモデルを設計する

 

1,「理念」と「収益」が両立する仕組みをつくる

2,明確なUSP(unique Sellingu Proposition 独自の売り)を作る

3,8つの質問で、ビジネスモデルを決める

 

 

【ステージ2】

それを受講しないではいられない講座を作る方法

 

1,明確なターゲットは誰か?

2,そのターゲットの「不」は何か?

3,圧倒的なベネフィットとは何か?

4,あなたは受講生にどんなゴールを与えるか?

 

 【ステージ3】

集客の仕組みを作る

 

1,毎月コンスタントに顧客を獲得する仕組み

2,お客を作る

3,商品(講座)を作る

4,売り場を作り、顧客を誘導してくる

 

 

【ステージ4】

年商1000万円の認定講座をカスタマイズする

 

1,年商300万円の講座ビジネスを確立させる

2,「冠」を作る 自分ブランドと講座ブランドを作る

3,「標準化」する コンテンツをカリキュラムに

4,「結果」を出す 6つの報酬の仕組みを作る

 

 

【ステージ5】

1,事業モデルを評価する

2,プレゼンテーション

 

 


 

 

 プログラム概要

 

【0期生】協会ビジネス入門講座

 

サロンオーナーのための

年商1000万円の認定講座ビジネス構築

 

 

場所:東京港区芝浦オフィス(お申込者に詳細の住所はお伝えします)

 

日時:8月  6日(木)13時〜17時30分 懇親会あり

   8月20日(木)13時〜17時30分

   9月  3日(木)13時〜17時30分 懇親会あり

   9月17日(木)13時〜17時30分

   10月  1日(木)13時〜17時30分 懇親会あり

 

講師:前田出 大沢清文

 

定員:6名

 

費用:324,000円(税込) 懇親会費の参加費は別途

 

同じ目標を持つ仲間と1から学び、計画を練り

行動とつなげていくことができる費用対効果の高い講座となっています。

 

ここで出会った仲間たちは、一生の財産になるに違いありません。

 

協会ビジネスの第一人者から直接学ぶことができるこの機会にぜひご利用ください。

 

お申し込みはこちら

 

 

キャンセル待ち 

 


 

 ダイジェストムービー

 

 

 


 

 

前田出先生からのメッセージ

 

前田出_大沢清文

 

 

高度成長期に、成功者に求められたものは、 早く、正確に、正解を出す力でした。 
「1+1=2」と明確に答えられる問題を解く能力のある人が活躍できました。

 

しかし、 
これからの時代は、誰も正解を判断できない時代です。 


正解があるのか無いのかもわかりません。

 

正解は自分たちで作り出さなければいけない時代です。 


そんな時代に求められる力は何でしょうか?

 

2002年。 


ドラッカーは「ネクストソサエティ」の中で、 
NPOが社会の中心になると予言しました。

 

 

当時、 
社会性と収益性はビジネスの世界では両立しないと考えられていました。

 

ましてや、寄付文化やボランタリーの精神が育成されていない日本においては、 
経済界のリーダーたちには受け入れられない考えだと思われていました。

 

しかし、 
3.11の震災を経験した私たちの意識は大きく変わりました。

 

時代が大きく変わるうねりを感じ始めた感性の高いオピニオンリーダーたちは、 
新たな時代の武器を模索始めました。

 

私は、教育をすべてのビジネスの中に取り入れていくことが、 
日本の未来を作ると確信しています。

 


 

社会に良いこ事をしながら、儲かる仕組みを作る

 

 

すべての業界で「社会性と収益性」を両立させる仕組みを作り出した組織が 
こらからの時代をリードします。

 

その組織は、日本では一般法人(一般社団、財団法人)が担うようになります。

 

一般法人は、現在3万法人、昨年は新たに9500法人が設立されました。

 

そして、協会を作り、認定講座を開講し、認定講師を育成して、 
全国展開を図る人たちがたくさん生まれました。

 

私が直接、設立にかかわった協会だけでも70団体を超えました。 

 

その中には、認定会員数が1000名を超え、 
年商1億円の協会が12協会出来ました。

 

 

私は、協会ビジネスが新たな生涯学習の 
「教える・学ぶ」仕組みを大きく変えると確信しています。

 

しかし、新・家元制度の仕組みは 
2,3回のコンサルティングで分かるものではありません。 

 

そして、簡単に1億円の年商を作り出せるわけでもありません。

 

その代わりに、仕組みが出来てしまえば、 
簡単に売り上げが無くなることもありません。

 

 

パラダイムシフトが起きる時に必要なものは、お金ではありません。 

 

豊かになる、成功すると言う価値観自体がこれからの15年で変わります。 

 

1000年に1度の変革期に私たちは生きています。 

 

農業革命、産業革命、第3の波、情報革命の真っただ中に私たちは生きてきます。

 

その時に、一番必要なのは、能力+人柄のよい仲間です。 

 

仲良しクラブを作るつもりはありません。 

 

切磋琢磨する、教え合う、共感できる「場」を作り出します。

 

今までは、どれだけ効率的にお金を稼ぐことが出来るかが、成功の基準でした。

 

 

しかし、 
これからの時代は、どれだけ影響力を与えることが出来るかが、成功の基準に変わります。

 

お金ではなく、影響を与える力です。

 

 

2020年に年商1億円の協会を200団体作りたい

 

それが私の目標です。 

 

そうすれば、日本の生涯学習のスタンダードが変わります。 

 

「学ぶ事」が楽しい、「教える事」が楽しい社会を生み出すことが出来ます。

 

30年後の子供たちの笑顔を作り出すのは、教育に携わる私たちの使命です。

 

一緒に、素晴らしい日本を作りましょう。 
参加をお待ちしています。

 

お申し込みはこちら

 


 

特別動画提供中

 

 


 

前田出先生から学んだ受講生たちの声

 

 


栗原まみ

一般社団法人 日本ペーパーアート協会 代表理事   
http://paper-art.jp/

 

 

どうして協会ビジネスアカデミーを受講しようと思いましたか? 


私は、中国山東省青島大学の講師・青島日本人補習授業校の校長職そして

国内では周産期の看護師として大きな組織の中でしか仕事をしたことがありませんでした。


「クラフトワークによる癒しの力の普及」をしている団体を探しましたが見つけることができず、

それなら自分たちで組織化すればいいのではないかと上司から助言をもらい、

今となってはお恥ずかしい話ですがあまり深く考えずに協会ビジネスアカデミーの受講を決めました。

 


協会ビジネスアカデミーで学んで、何が良かったですか?

 

組織を作ろうとするものの信念の強さなど、 自分には全くなかった現状を肌で感じることができ、

甘えや生ぬるい考えでは成功しないこと そして、理念の大切さ・協会組織の仕組み化等ハードな部分もわかりやすく理解できました。


なによりも、前田先生からのストレートなフィードバックで 自分自身が考えを改め気持ちを整えることができました。
また、同じ志を持つ者同士が交流できたことはとてもよかったです。

協会ビジネスアカデミーを卒業後、どのような行動を起こしましたか?
まず、一緒に立ち上げていくメンバーと共に理念について気持ちを一つにしました。


そして受講を決めてくれた方々が輝き続けるには何をしていけば良いかを考え、

まず、ペーパーデコレーション講師認定講座のカリキュラムを作り上げました。

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。


2013年2月14日に設立し、1年足らずで130名の受講生がペーパーデコレーション認定講師になりました。
また、マスター講師が40名、日本各地で教室や認定講座の開催をしています。


私立高校の授業にも『クラフトワークセラピストR認定講座』が取り入れられることが決まったり、

新大阪から徒歩圏内に事務所とセミナールームを構えることができたりと驚く程順調に進んでおり、

講師も東日本・中部・西日本地区の3つの支部制度を導入しひとりひとりの顔が見える組織化を勧めております。

これから協会ビジネスアカデミーを受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。


組織に所属していて独立とか経営とか考えたことのない私でも、順調に協会を設立できて運営できているのは、
協会ビジネスアカデミーに参加して、新家元制度を活用したからだと思います。


大きな協会の代表理事の方々にも気軽に質問ができ、またあたたかく助言してくださる環境などの人間関係から得るものも大きく、

協会母体がボランティアでなく『所属している誰もが笑顔で、社会のために良いことをする』

には実は一番の近道でムダもなく合理的な方法だったように思います。


実際あまり深く考えずに参加した私でも自分がやりたいことを現実化することができたので協会ビジネスアカデミーに参加してよかったです。

 


 

 

松乃わなり
一般社団法人 姿勢マネジメント協会 
http://www.condition.co.jp

 

  

どうして協会ビジネスアカデミーを受講しようと思いましたか? 

 

骨盤力認定講座を主催し、美しい姿勢を次世代につなぐ人材を育てています。

 

子どもの姿勢が悪い。これは日本の異常事態。

 

今こそ、美しい姿勢を次世代につなぐ事が大切と感じ

 

効果的に伝える術を持つために受講を決意しました。

 

 

協会ビジネスアカデミーで学んで、何が良かったですか?

 

協会とはその名の通り、協力し合う会。

 

 

理念で結びついた仲間が実際に活動してくれてこそ成り立ちます。

 

しかしそれが難しい。

 

そこで大いに助けられたのが、すでに活躍されている諸先輩方の事例発表です。

 

現場の声は何よりも貴重です。

 

 

 


協会ビジネスアカデミーを卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

表面的な理解だけで、本質を理解していない事に嫌という程気がつかされました。

 

・ビジネスモデルの総点検。

・協会員の意識調査。

・WebSiteの全面リニュ-アルなど多岐にわたります。

 

協会ビジネスアカデミーを受講してなかったらと思うとゾッとします。

 

 

現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

・第1回、骨盤力フェスタを開催(参加費無料)130名の動員数。

・第2回、骨盤力フェスタ開催 2,000円の入場料を戴くも110名の動員数

・骨盤力グランプリを東京国際フォーラムで開催など

 

特筆すべき点は、これらのイベントが協会メンバーが自発的に動いてくれている事です。

 

まさに協会って感じです。

 

今後も「ここに所属してて良かった!」と 

協会メンバーに実感できるようなイベントを行っています。

 

 

これから協会ビジネスアカデミーを受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

講座ビジネスの素晴らしさは、 

受講してくれた方の満足度がそのまま営業になる事です。

 

これは主催者としても本当に嬉しいです。

 

手塩にかけて作り上げた講座が一人歩きをし、 

各地でそれを用いて活躍してくれる講師がいる。

 

 報告が上がって来る。

その原点には受講生の高い満足度があります。

 

そのためには多くの事を学び実践しなければなりませんが、それをかなえるのが協会ビジネスアカデミーでの学びです。

 

協会ビジネスアカデミー。

自信を持っておすすめできます。

 


 

 

協会ビジネスアカデミー1期生 青山克子
一般財団法人 国際花と緑のセラピー協議会 代表理事
http://www.flower.or.jp/

 

 

どうして協会ビジネスアカデミーを受講しようと思いましたか? 


心理カウンセラーとして、花をツールに人の心を癒す1つの手法である「フラワーサイコセラピー」という

ワークショップや養成講座を開催していました。

 

最初は自分の身近な人にお伝えするのみでしたが、次第にフラワーアレンジメントの先生や花屋さんからも、

「自分も学んでみたい」というお問い合わせをいただくようになり、

このコンテンツをもっと幅広い層の方々に知っていただきたいと思うようになりました。

 

自殺者が年間3万人を超えていた日本において、自分セラピストとして人を癒すより、

自分と同じことができる先生を育成することで、より癒しが広がり苦しんでいる人の助けに少しでもなれればと思っていたところ、

協会ビジネスアカデミー第1期生の募集がありました。

 

花の心への効果の価値を高め、広く認知していただくために、

「一気に業界No1になる」という新・家元制度の仕組みを取り入れたいと思い、

ぜひ前田先生に直接教えていただきたいと思いました。

 


協会ビジネスアカデミーで学んで、何が良かったですか?


毎回、宿題や課題が出たことです。

仕組みを作るにあたり、色々な考えやアイデアは思い浮かんでも、

「何から考えたらいいのか?」「何を整理すべきか?」「ポイントは何か?」が何もわからず足踏み状態でした。

 

前田先生からの課題は、ビジネスの仕組みを作る最初の一歩から考えるべきものとなっていました。

 

時に、今までにない発想をもって考え方をひねり出さないと提出できないような宿題もありましたが、

講座が終わって活動するにあたり役に立つものばかりで、「あの時に苦労して取り組んでよかった!」と後から何度も思いました。

 

今でも自分の原点や軸を思い出したい時に、あの時の宿題を見返してやる気を思い出しています。

 

また、学ぶ期間が5か月間という講座の頻度も私にとってはよかったです。

 

講座を学び課題をクリアしながらも、今までの仕事もありましたので、

日々のことと新しい流れの両方を考えながら進むことができたことも良かったことでした。

 


協会ビジネスアカデミーを卒業後、どのような行動を起こしましたか?


まず「理念」について、考えて、考えて、考え抜きました。前田先生が「理念は大事。理念に共感した人々が集まり、

その人たちでグループを作るから良いムーブメントが起きる。」という教えが心に響きました。

 

「集まる人々が同じ方向を見て動きだす力」がないと、その後の広がりはないと思ったからです。

 

最初は自分だけのこだわりの世界に浸りすぎて、独りよがりの理念を考えてしまい、

なかなか伝わらないこともありましたが、今は「花と緑で日本を元気に!そして、世界へ発信!」という理念のもと、

たくさんの方々のご支援をいただき充実しながら仕事が出来ています。

 

あと1つは魅力的なカリキュラムと標準化したテキスト作りです。

花関連の資格や講座はとても多いので、他との差別化を図り、

花が好きな方々が「受けてみたい!」と思う内容の構築は手を抜かず作りました。

 

まずは花セラピストインストラクターコース開催に向けて具体的な準備をしました。

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。


2015年4月現在、インストラクターが80名。

2級、1級を合わせると約200名の花セラピストが東北から九州まで誕生しました。

 

東北から九州まで花セラピストが誕生しました。

 

集客に成功したインストラクターの実例をみんなで共有して学ぶ「インストラクタービジネス勉強会」を開催して、

それぞれが自力で活動できるような体制を作りはじめました。

 

花セラピストとして積極的に活動しようという会「花活(はなかつ)」を開催し、本部がサポート。

 

東日本と西日本に分かれてインストラクターがグループを作り、資格を取得した後の孤立感を回避し、

お互いに助け合いながら、また刺激を与えあいながら花セラピストの先生として一歩踏みだす、

前に進む場を作っています。また、半年に1回会報誌「花夢門(かもん)」を発行し、

1級や2級の方々ともゆっくりと繋がりを育ててゆくことも大切にしています。

 


これから協会ビジネスアカデミーを受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。


協議会を立ち上げて4年になろうとしています。

「新・家元制度」の考え方に出逢って、私の人生は大きく変わりました。

 

前田先生の「単なるお金儲けではなく、まず社会に良いことを。

その先にビジネスの可能性がある。」というお話が心に響き今に至ります。

 

ほとんど直感で「この仕組みを作れば、人のためになることをやり続ける人生が送れそう…もしそれができたら、

私もきっと幸せな生き方ができる!」と思って飛び込んだ協会ビジネスアカデミーでした。

 

そして、その直感は間違っていなかったと日々実感しています。

 

ぜひ、一歩踏み出してあなたの夢を実現させてください。

 


  

小松裕次朗
一般社団法人コアデザイン協会 代表理事
http://core-design.org/

 

 

 

どうして受講しようと思いましたか? 

 

私は、自分のコア(好き・強み・語る資格が交わるエリアにあるテーマや能力──

じつは本人のトラウマの周辺に宿る)を社会のニーズに紐づけて富を築く起業家のコンサルをしています。

 

“いないことにされた自分” を取り戻してもらい、コアビジネスプレイヤーとして輝いてもらうには、

自然栽培の野菜を育てるように継続した愛情を投げかけていく必要があります。

 

そうすると自ずと指導できるキャパに制限がかかり、事業を発展させていく上でのネックになっていました。

 

そんなとき、「生徒に教える」のではなく、「先生をつくる」仕組みを明確に打ち出した

前田先生の『新・家元制度』を知り「これだ!」と思い、2秒で受講を決断しました。

 


講座を学んで、何が良かったですか?

 

前田先生や他の受講者の前での発表が一番辛いところでしたが、

また、一番成長できた点です。視座の高い先生や先輩理事長に指摘いただくことで、

自分の弱みや盲点──つまり “残念な自分” を回避することができます。

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

私がコンサルを提供してきたクライアントの有志たちに、

コアデザインコンサルタント認定講座の0期生を募集、約30名を育成しました。

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

まだまだ、駆け出しの1年生でしたが、

前田先生ほか、先輩理事長たちのアドバイスによって、

「コアデザインアワード2014」を日比谷コンベンションホールで開催することができました。

これから本格的な講座を仲間たちと共に展開していく予定です。

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

だれにとっても人生で一番価値の高いものは「時間」だと思います。

自分の視座で過ごす3年間と、理想のビジネスを構築している先輩理事長たち、

そして彼らを導いてきた前田先生の視座で過ごす3年間で、その後の『時間の質』が大きく変わると感じています。

 

“残念な時間” を回避するために、ぜひ、一歩踏み出すことをお勧めします。

私もあなたと一緒に、「理念」と「収益」のバランス感覚に富んだ事業を一緒に発展させていきたいと思っています。

 


 

 

みもりひろ子
一般社団法人日本介護アロマ協会  代表理事
http://www.jcaa-net.or.jp/

 

 

 

どうして受講しようと思いましたか? 

 

社会の役に立ちたい!と、すでに(社)日本介護アロマ協会は設立していました。

 

講座を開講し、熱い想いの受講者と出逢いながらも、なかなか思うように進みませんでした。

 

試行錯誤を繰り返しながら、進んできましたが「社会に良いことをし、設けるしくみを作る。」という前田先生の言葉が響きました。

 

「一気に業界NO.1になる!」を読み、同時期に友人から誘いを受けました。

 

自分が目指しているところを明確に、しかも具体的に実現できるしくみはこれだ!と目から鱗でした。 

 

 


講座を学んで、何が良かったですか?

 

社会を良くしたいと!という志を持つ同期の皆さんとの出逢いが一番うれしいです。

 

そして、自分に足りない部分があまりにも明確にわかりすぎ帰りの新幹線でひとりニヤニヤしていました。

 

そして大きな協会の理事長の方が、気さくにあたたかく助言くださったことも、

講座をはじめていた私にとってとても学び多い時間でした。

 

なにより、改めて理念だけではなく仕組みの大切さを感じました。

 

もともと、理念だけで「社会をみんなと一緒に笑顔いっぱいにしたい!」と猪のような動き方をしていたので(笑) 

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

0期生講座開講準備と並行して、すでに開講している講座に関わる様々な課題を書き出し、

足りない部分をひとつずつ創っていきました。特に大切な部分が抜け落ちていたことに気づくことができたので、

とても時間がかかりました。(というか、現在進行形です) 

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

介護アロマアドバイザーという、介護する人を支援するためのアロマアドバイザーを育成するために設立しました。

すでに開講している講座とは別に、夏から0期生認定講師養成講座をスタートします。 

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

まだ、わたしは結果が出せていません。しかし、社会に良いことをしながら、

多くの人のために役立つことをボランティア母体ではないフィールドで実践し結果を出すことが受講した本当の意味での成果だと思っています。

「いいセミナーだった」で終わることなく、組織化へ向けて進めていきます。

 


 

中山匡(なかやまただし)

一般社団法人シェア・ブレイン・ビジネス・スクール 代表理事

ビジネスモデル・デザイナー認定講座 主宰

http://www.sbbs.or.jp/member/bmd/

 

 

 

どうして受講しようと思いましたか? 

 

競合ゼロのビジネスモデル設計する手法について、これまで10年間で6,000名以上に伝えてきました。

 

そのための講師を養成するために、協会を設立して10名の認定講師も誕生していたのですが、

自分が実施してきたことをそのまま全て伝えても、講師はそう簡単には開講できないものなのかもしれない…、

 

という壁にぶちあたっているところでした。

 

そのような中で、今回の講座を知り、講座の構成をもう一度ゼロから再構築し直すきっかけにしたいと考えて参加しました。 

 


講座を学んで、何が良かったですか?

 

2級講座やマスター講座の最も理想の顧客は誰かを考え直すことによって、

講座の中で最も必要な箇所はどこなのかが明確になりました。

 

それまでは、いかにコンテンツを増やすか、ということばかりに目を向けていたのが、認定講座の場合には、

いかに減らすのかという削ぎ落としていくことが大切だということが理解できたのは大きかったです。

 

その結果、講座の合計開催時間も約半分となり、認定講師が自分も自分もと次々と開講するようになるきっかけを作ることができました。

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

認定講座の構成を変更した上で、マスター講座の募集を開始しました。

 

今回の講座のワークを通じて、ターゲットコピーやヘッドコピー、ボディーコピーといった、

募集のためのセールスレターを作る上で必要なことが全て明確になりましたので、

それらをホームページに全て反映させたところ、受講申込率もこれまでの2倍以上になりました。 

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

開講したいという認定講師の数が突然増えるようになったため、

品質の維持・向上のため、インストラクター用の講座開催マニュアルの整備も、ゼロ・ベースで構築し直しているところです。

 

日本には514箇所に商工会議所がありますが、その商工会議所1つに対して、

1人の認定講師(認定ビジネスモデル・デザイナー)を養成していく計画を組んでいます。

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

以上のようなことを自力でもできただろうかと思い返してみると、やはり難しかっただろうと思います。

 

会場で前田先生の解説をお聞きし、その場で、大量のワークを実施し、

他の受講生とのシェアをするということが、いかに有効だったかと実感しています。

 

知識を学ぶのではなく、受講することがそのまま、成果をあげられる講座ですので、

こだわりのようなものは全て捨て、講座内容をしっかりと活用されると、

今想像されている以上のものが手に入るのではないかと想像しています!

 


 

あらき かずゆき

フラックス株式会社 代表取締役

 

  

どうして受講しようと思いましたか? 

 

協会設立することは決めていましたが、どのような順序で作ればよいかわからず、不安がありました。

 

また、どこに聞けばよいかもわかりませんでした。

 

ですので、構想のみで実行がともないませんでした。

 

ベストタイミングで、年商1,000万円の認定講座ビジネス構築セミナー【東京0期】の開講のお知らせがありました。

 

協会の核となる認定講座。この構築をしっかりしたものにしないと弱い協会になってしまうと思いました。

 

他の協会のモデルを参考に、自分の構想があっているのかも確認したかったですし

他の協会の良いところを取り入れ、どのような運用を行なっているのかも知りたかったです。

 

何よりも短期間で、より確実に構築したかったからです。

 


講座を学んで、何が良かったですか?

 

セミナーと協会ビジネスの違いがはっきりとわかりました。

 

はじめは、セミナー事業を、法人(器)を協会にしただけのものを作ろうとしていました。

 

マスターと2級の受講生が全く違うということ。

 

2級から順番に受講してもらいマスターになってもらうと考えていました。

 

それぞれの、受講生(2級・マスター)の「不」(悩み)を明確にしてゴール設定、ベネフィットを決める。

 

これらは、考えていませんでした。

 

2級受講生とマスター受講生の「不」(悩み)も違うことがわかりました。

 

このゴールで得られるベネフィットの「have」「be」も混同していたように思います。

 

6つの報酬が継続するために必要であること。これらの優先順位を決めることができました。

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

講座での作業フローがしっかりしているので、このフローに合わせて自分のコンテンツを当てはめていきました。

 

講座のプログラム設計・キャッチコピー・出口戦略などなど

やりたいことは、どんどん出てきます。あとは、整理し余分なものをそぎ落としていき、スリム化単純化しました。

 

そして優先順位をつけていきました。

 

最後は、成功のイメージです。5年後・10年後の協会のあり方。社会に絶対に必要な協会になっています。

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

設立日が決定しましたので、そこに向けて事務作業

テキスト製作中。

ホームページ製作中

商標登録

認定者が使用できるアプリケーション作成中。

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

まずは、フローに従って進めてみてください。

 

あっという間に気付いたら構築できています。あとは、実行あるのみです。

 

実際に運用している人・関わっている人の生の話を聞いてみてください。

 

得るものがたくさんあります。成功者の原理原則に触れて下さい。

 

せっかく一生懸命やっているのに、うまくいかない。

やり方を間違っていませんか?

 

同じ努力をしても効率よく・・・・

例えば、100mを速く走るためのトレーニングに、一生懸命に倒れるぐらい腕立て伏せをしても、速く走るためには、あまり関係ないですよね。

 

努力は、正しく行わないと無駄に終わってしまいます。

社会に必要な協会を作りましょう。

 


 

レノンリー

一般社団法人 国際徳育協会 顧問

http://tci.wp-x.jp/blog/

 

 

 

どうして受講しようと思いましたか? 

 

新家元制度を知る前は協会を設立して具体的にどうすればいいのかが、わからない状態で2年ほどは収益もほとんどありませんでした。

 

知人の紹介で新家元制度の本を読んで衝撃を受けました。

 

先生が先生を創りながら、「社会に良いことをしながら儲かる仕組み」ができるこのモデルは我々がずっと求めていたものであり、

実際に前田先生にお会いしてそう確信しました。

 

しかし、進めていく中で数々の問題にぶち当たることが多くありましたので、受講を希望しました。

 


講座を学んで、何が良かったですか?

 

前田先生が本で書かれていること、そして話されていることを何度も何度もお聞きすることで、

あーっ!前田先生が言ってたことはこういうことだったのか!というのが見えてきました。

 

そして行動を移していく中で見えてきた課題、

それらを改善しながら前田先生から直接質問しアドバイスしていただくことで協会の成長も加速しました。

 

その結果、新家元制度を導入する前と比較しても年商も6倍に成長しました。

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

認定講座に参加している方には新家元制度を自習してプレゼンすることを必須とし、

認定講師の学びをより学びを深めていく形にしました。

 

また合宿形式で行う認定講座ではカリキュラムの中に新家元制度のお話を含み、

講師になった方がそれらを話せるようにトレーニングシステムにしました。

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

現在スクール事業として、関西・関東で月6日。

年間432スクールを開催しています。

 

7つの認定講座を行っています。

 

2014年はバリ、インド、北朝鮮、台湾でも国際徳育事業として認定講座を実施しました。

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

認定ビジネス構築講座は、「社会に良いことをしながら儲かる仕組み」が体現できるこれからのビジネスモデルだと確信しています。

 

前田先生が本に書かれていること、おっしゃっていることをいかに知る、

わかるではなく、実践しながらトライアンドエラーし体現し続けることで見えてきます。

 

単品で稼ぐのではなく、仕組みとして次に継承していく。

 

公益性と収益性の両立した事業がしたい方には、これ以上のモデルはないのではないかと思います。

 


 

 

川本 達也

一般社団法人 日本ヘルシーライフ協会 代表理事

 

 

 

どうして受講しようと思いましたか? 

 

今迄、スクールビジネスは行なっていましたが、

受講生に満足いく技術や知識の提供に重きを置き常に新規生徒の募集のみに頭を悩ましていました。

 

受講生には習得後満足して頂けるものにはなっていますが、

受講生との関係はそこで終了してしまいます。そこで、是非自分が伝えているコンテンツを世の中に広めて見たいと思ったからです。

 


講座を学んで、何が良かったですか?

 

一体自分は何を伝えたいのかが具体的になった事

受講生や認定講師のターゲットがはっきりした事

協会は、誰を募集しないとダメなのか理解できた事

 

スクールビジネスを始めた頃の信念を思い出す事ができたこと、少し忘れかけていました。

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

一般社団法人を新たに設立し、講座ビジネスを開始しました。

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

協会としての0期生としての位置づけで、弊社スタッフで希望者を募り、

現在講座内容のチェックを行っています。

 

5月には全国で1期生を開催する上での説明会準備を進めるためプロモーションチームを立ち上げ今後リスト回収を行う予定です。

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

今迄のご自分の実績や是非世の中に広めて見たいと思うコンテンツがありましたら、

その思いを形にすることをお勧めします。同じ様な過ちや失敗も受講することで解決へと導いて頂けます。

 


 

 

澁川真希

一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所 代表理事

http://oyako-katazuke-edu.jp/

 

 

 

どうして受講しようと思いましたか? 

 

数年からやりたいと思っていたことをどう形にしていけばよいか、どう広めて行ったらよいか考えていたところ、

知人から前田先生の新・家元制度の本をすすめられ“「学び」を仕組み」に変わる 新・家元制度”の本に出会いました。

 

その後、協会の器を作るためのセミナーに参加し新たに協会を立ち上げると決め、

認定講座の内容もこれから決めていかなければと思っていたときに、

ちょうど前田先生のこの講座が開催されるのを知りました。

 

内容がまさに今、知りたい!と思っていたことばかりだったので

「これは、私のためにある講座!」と思ってすぐに受講の申し込みをしました。

 

 


講座を学んで、何が良かったですか?]

 

良かったことが3つあります!

 

まず一つ目は自分の頭にあるものを絞りだすことで、考えが明確になっていくことです。

 

毎回、頭を使う課題が出されて、講座の日は終わると頭から湯気が出そうなほどでしたが、

そこで考えること、持ち帰って考えること、

そして一緒に学ぶ仲間とシェアすることで自分の頭の中にあった考えが回を追うごとに明確になりました。

 

自分一人ではここまで、何度も考えられなかったと思います。

 

二つ目に良かったことは、講座を受けて課題をクリアしていく中で

認定講座を作る上で不足していることや必要なことがわかったことです。

 

そして三つ目は世の中に役立つことで何かを成そうと学び実践する仲間ができることです。

 

今まで自分がいたコミュニティーとは違う新たな出会いがあり、そこからさまざまな刺激を受けることができました。

 

 


講座卒業後、どのような行動を起こしましたか?

 

講座受講中に協会を設立し、

卒業後は0期生の募集を行うために説明会を5回実施すると同時に認定講座の内容を講座について不足していることを追加したり、

誰に向けての講座なのかを明確にしたりしてブラッシュアップしていきました。

 

0期生募集に関しては講座の中で「先生になって欲しい人はだれか?」を考えたこと募集の内容を考え、

チラシを作成する際に、とても役立ちました。

 

おかげさまで説明会には30名を超す方にご参加いただき、応募は20名弱の方からいただきました。

 

 


現状の協会活動、実績を教えて下さい。

 

2014年11月に一般社団法人 親・子の片づけ教育研究所を立ち上げ

2015年1月から2月で0期生説明会を実施、0期生養成講座募集開始

2015年3月に応募いただいた方の中から0期生14名選考しました。

 

2015年4月から親・子の片づけインストラクター マスター養成講座(0期生)が開始されます。

 

6月からは全国7か所で一般向けに親・子の片づけインストラクター2級認定講座を開講予定。

 

秋にはマスター養成講座(1期生)を開始します。

 

そして今年中には0期生が全国で認定講座を開催するようになります。

 

ようやく表舞台で第一歩を踏み出したばかりなので、受講生の実績はまだありませんが「片づけを通じて親と子の人間力を磨く」理念のもと

片づく「仕組み」×家族の関係性「家族力」で問題を解決していく親・子の片づけを広めていきます。

 


これから受講しようと考えている人たちにメッセージをお願いします。

 

知っていることと出来ることは違うと良くいわれます。

 

前田先生の本を読んだけれど、まだ動けていない人には、まさにこの講座は知っていることを出来ることに変える講座だと思います。

 

毎回の講座で課題をクリアしていくことで自分の思いに気づけ、足りないことに気づけます。

 

そしてクリアすることで動くことができます。

 

自分だけで考え、やるよりもずっとずっと早い時間で問題が解決していきます。

 

ここで学ぶことで多くの方と出会え、実践することで、確実に一段も二段もステージが上がっていくことを感じました。

 

でも、受講するなら、受け身でなく主体的に「考える!動く!」と決めてから受講することをおすすめします!

 


 

 

よくあるご質問

 

Q:参加できない回があるのですが、欠席したときのフォローはありますか?

A:講義は毎回、音声と動画を撮っています。

  協会ビジネスアカデミー1期生限定のFacebookグループで共有しますので、

      欠席された回はもちろん、出席された講義の復習もできます。

 

 

Q:協会ビジネス入門講座では講座ビジネスだけでなく、協会ビジネスについても学べるのですか?

A:はい。まずは年商1,000万円の認定講座ビジネスを作ります。

     年商3,000万円の協会ビジネスの作り方は、協会ビジネスアカデミーベーシックコースで、学んでください。

 

 

Q:まだ年商300万円に届いていませんが、参加できますか? 

A:講座ビジネスで年商300万円以上の人が対象です。 セミナー講師を始めたばかりの人は難しいです。

 


 

 講師プロフィール

 

 大沢清文

 

大沢清文(大沢清文)

1965年7月5日 佐賀県生まれ

 

エステサロンにてエステティシャン・メイクアップアーティストの男性美容家として活動スタート

 

その経験を活かして20年以上にわたり、エステサロン経営にスクールビジネスを導入

女性がキレイになるための美容スクールを開校 卒業生30,000人以上を輩出

 

日本で初めてとなる私立女子校にエステ・メイク・ネイル・カラーなどの

キレイになるためのスクールビジネスを導入

初年度募集 20名に対し700名の応募 

 

一般社団法人⽇本アイブランディング協会設⽴ 代表理事 就任し

女性がキレイになるためのスクールが、開講直後 3ヶ⽉で 200名の⽣徒を集め3000万の売上を上げる。

 

一般社団法人ISD個性⼼理学協会・一般社団法人⼦育てカウンセラー協会のスクールの⽴ち上げに参画し、

営業担当理事として1年で1億8千万の協会売上を達成する。

 

エステティックグランプリ理事就任

全国の理事と力を合わせ 横浜パシフィコにて5000名のエステティシャンを集める大会となる

 

2014年には、福岡含め九州各県 東京・名古屋・大阪にて

「売り込まずに売上を上げる美ジネスのつくり方」

としてスクールビジネスをやっているサロンオーナー(女性経営者) 

約1200名(30開催)の方々にセミナーを開催しました。

 

2015年には、

サロン経営に誕生「色」を取り入れた認定講座ビジネス「カラービューティー学」をスタート

 

誕生日で女性の起業家「才能」を開花するバースデーマーケティングを提唱して認定講師の育成をしています。 

 

 


 

 

前田 出(マエダ イズル)

 

前田出_新家元制度 

 

1954年1月5日 和歌山市生まれ

一般社団法人 生涯学習認定機構代表理事

 

女性起業支援として、「好きを仕事に!」をテーマに公益財団法人

日本生涯学習協議会(所管:内閣府)の監修・認定で「認定講師」を作る講座を開講。 

 

楽習フォーラム(http://www.gakusyu-forum.net/index.php

 

2007年よりビジネス業界に「新・家元制度」を提唱。 

ダイヤモンド社より、一気に業界NO1になる「新・家元制度」顧客獲得の仕組みを出版。

http://amzn.to/HhB5iM) 

 

神田昌典氏と開催した「インストラクター事業構築セミナー」は63万円の高額なセミナーにも関わらず210社の応募。

 

神田昌典氏をして「今までの優良ビジネスが、幼稚に思えてしまう。」と言わしめるビジネスモデルを構築。

 

著名な著者達がインストラクター事業に参入し、教育事業を自社のビジネスに導入。

5年間で70協会の設立に関わる。 

 

2020年度中に 年商1億円の協会を200協会設立をめざす。

 

小椋佳氏から曲をもらい、アマチュア劇団ヤングゼネレーションのプロデュース&キャストとして、

日本で初めてアマチュアミュージカル全国講演を行い、10万人を動員。

 

サントリー地域文化賞を受賞。 

 

その動員力と企画力を見込まれ、知事、市長、町長、衆参議院選挙等15選挙をプロデュース。

マニフェスト選挙のさきがけを作る。 

 

20年間、毎週月曜日に、和歌山から東京へ飛行機通勤。

 

2地域居住の利点を生かそうと和歌山の海、山、川でヨット、農業、カヌー等を実践する「元気なオヤジ倶楽部」を立ち上げ、

地方の活性化プランとして団塊世代のオジサンたちを「先生」にするプロジェクトを構築。 

 

経済産業省サービス産業創出支援事業(観光・集客交流サービス分野)に採択される。

 

東京FM傘下のミュージックバードで全国63のコミュニティーFMで「0から1を生む力」のパーソナリティーとして、毎週日曜日に放送。(http://0kara1.net/index.html

 


 

【0期生】協会ビジネス入門講座

 

サロンオーナーのための

年商1000万円の認定講座ビジネス構築

 

 

場所:東京港区芝浦(お申込者に詳細の住所はお伝えします)

 

日時:8月  6日(木)13時〜17時30分 懇親会あり

   8月20日(木)13時〜17時30分

   9月  3日(木)13時〜17時30分 懇親会あり

   9月17日(木)13時〜17時30分

   10月  1日(木)13時〜17時30分 懇親会あり

 

講師:前田出 大沢清文

 

定員:6名  →増席8名

 

費用:324,000円(税込) 懇親会費の参加費は別途


 キャンセル待ちはこちら

開催日時
2015年8月 6日(木)
開場 12:50
開始 13:00
終了 17:00
場所 東京芝浦オフィス
東京都港区芝浦<参加者には別途お知らせします>
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費
支払方法 ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB 現金orクレジット
定員 8  名 【満員御礼】
申込受付期間2015/5/ 7(木) 00:00 ~ 2015/8/ 6(木) 00:00まで
主催者大沢清文
Releaf_touroku
こちらのイベントもオススメです
【0期生】サロンオーナーのための協会ビジネス入門講座「年商1000万円の認定講座ビジネス構築」、参加する方もできない方もメッセージをどうぞ!
投稿にはfacebookにログインしている必要があります。
 
 
 
 
Profile
Expert_s
一般社団法人キレイデザイン協会_理事長

大沢清文

Award52
2018年 年間ファン増加数ベスト100
Award47
2014年 リザーブストック伝道賞
Mission
あなたのコンテンツを、世界中に届けよう!
Senmon
女性起業家コミュニティ_サロン経営_協会ビジネス

●キレイデザイン学グランドマスター
●協会ビジネス®コンサル

大沢清文プロフィール

一般社団法人キレイデザイン協会代表理事
株式会社ブランドワーク代表取締役社長


サロンにて、
男性エステティシャン&
メイクアップアーティストとして活動し

その後、
エステティシャンのマネージメント業務に携わる

日本で初めてとなる私立女子校にエステ
・メイク・ネイル・カラーなどの
トータルビューティーの学校プロデュースで
本格的に教育事業へ


一般社団法人キレイデザイン協会代表理事

誕生日から自分の個性と才能を研究した
「ISDロジック」、女性を輝かせる「色彩論」、
自分の心を読み解く「深層心理」を融合した

【キレイデザイン学】は、
1年で1000名の受講生が誕生
初年度1億円を達成
女性が、結婚・出産・育児などの
ステージでも働ける教育ビジネスを展開


12,000名以上の女性起業家の
ノウハウを元に起業美人オンラインサロンの運営や
自分の「ファン」を作り「自由」を
手に入れるオンラインマーケティングを提唱


おうちから、全国・世界に配信できる
オンラインセミナーは、3ヶ月で1,350名以上が参加


著書に
●起業美人のすすめ 稼ぐ女性は、美しい
〜遊んでいるように仕事をこなす女性たち〜

●年商1000万円のサロンの作り方
〜ファンに愛されながら理想の
ラ..

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Kiyofumi-Osawa, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock