18_n2vlzji0ogi3ytu0n

5/22保育・教育・医療関係者のための食事講座(離乳食~食事を学ぶ)

受付は終了しました
690507_辻直美プロフィール写真01
690507_301127_img_4050
690507_辻直美プロフィール写真01
690507_301127_img_4050

~プロフェッショナル講座~

このような方におすすめ

医師・看護師・助産師・保健師・保育士など有資格者様。ベビーマッサージやベビーサインなど、民間の発行する資格保持者様。子どもに関わるお仕事をしている方。

期待できる効果

噛む・味わう・飲み込むことを解剖生理や辻直美の理論をもとに理解し、伝わる説明の仕方を学びます。

5/22保育・教育・医療関係者のための食事講座(離乳食~食事を学ぶ)

<<育母塾主催 オンライン講座>>

インターネットに接続できる環境と端末をご準備いただければ、
世界中どこからでも受講可能(開催日時は日本時間です)。

この講座は、保育・教育・医療関係者など、
子どもに関わるお仕事をしているプロフェッショナルの方を対象とした食事講座です。
赤ちゃんの離乳食から、児童の食事までを学びます。

プロフェッショナル講座につきましては、お子様と一緒のご参加はお控えください。

当日、どうしてもお子さんの預け先が確保できない方は、必ずミュート(消音)でご参加ください。場合によっては、カメラオフもお願いすることがありますがご了承ください。

*****

【育母塾主催講座にお申し込みされる前に、ご一読ください】
★お申し込みの流れとキャンセルポリシー★
https://ikubojuku.org/cancel_policy/

オンライン講座 受講ガイドhttps://ikubojuku.org/online/

講座のご感想(体験者の声)https://ikubojuku.org/voice/

よくあるご質問(FAQ)https://ikubojuku.org/faq/

*******

【オンラインセミナー】

保育・教育・医療関係者のための食事講座

(離乳食~食事を学ぶ)


食べることは生きることです。

噛まなくても、味わわなくても、食べることは出来ます。
しかし、「自分で食べる喜び」を知らないままではもったいない。
噛む・味わう・飲み込むことを、解剖生理や辻直美の理論をもとに学びましょう。

「自分で飲む授乳」は食べることへの第一歩。
そこから食べることへとつながっています。
その解剖生理と機序を学び、実際に体験することで理解ができ、
本当に伝わる説明ができるようになります。

プロフェッショナル講座につきましては、お子様と一緒のご参加はお控えください。

当日、どうしてもお子さんの預け先が確保できない方は、必ずミュート(消音)でご参加ください。場合によっては、カメラオフもお願いすることがありますがご了承ください。

【ご用意いただくもの】

(1)ペットボトルのお茶(500ml程度) 1本
(2)ストロー 1本
(3)フェイスタオル 3枚
(4)バスタオル 1枚
(5)ヨーグルト 1個
(6)豆腐 小さいもの1パック(納豆のパックくらいの大きさのもの。5cm四方以上あればOK)
(7)おにぎり 1個
(8)乳ボーロ 適量(「たまごボーロ」など地域によって名前が異なりますが、口に入れると溶ける赤ちゃん用のボーロです)
(9)おせんべい1枚(赤ちゃんせんべいでも普通のお煎餅でもOK)
(10)お箸 1膳
(11)スプーン(ティースプーン1本、カレースプーン1本)
(12)お持ちの方は、赤ちゃん人形

※動きやすい服装でご参加ください。パンツスタイルがオススメです。

講座はライブですので、ご参加の皆様に合わせて進行させていただきます。
ご準備いただいた物をすべて使わない場合もございますが、ご了承ください。

【内容】(予定)

1:食べるとは? 辻直美が考える食事の定義
2:いま、母親たちが抱えている食事の悩みと現実
3:赤ちゃんが「生きるために持っている機能」
4:授乳から食べるはつながっている
5:食事がうまくいかないのは「体の使い方を知らないから」
6:姿勢と食べることの関係
7:実際に体験してみよう
8:話す、伝える、伝わるの違い
9:みんなでシェアする
10:まとめ

【講師】辻 直美
国際災害レスキューナース
まぁるい抱っこマイスター
一般社団法人育母塾 代表理事 

<プロフィール> https://ikubojuku.org/profile/

※辻直美の「辻」は「二点しんにょう」です

*******

当日は「Zoom」というアプリを使います。
PC、Mac、Linux、iOS、またはAndroidからご参加ください。
スマートフォンからご参加の方は、事前に「ZOOM Cloud Meetings」のダウンロードをお願いいたします。

参加方法などの詳細は、お申し込み完了後にご案内いたします。

*****

【お申し込みの前にメールの設定をご確認ください!】

ikubo.pr@gmail.com からのメールが受信できるよう、メールの設定をご確認の上、お申込みください。
携帯電話からお申し込みの方より、たびたび「メールが届かない」とのご連絡がございます。

@icloud.comと携帯キャリアメールNGとさせていただきます。

icloud.com、ezweb、au.com、docomo、i.softbank のメールアドレスでお申し込みの方には、こちらからお送りする自動配信メールが高確率で届きません。それ以外のメールアドレスをご登録ください。

事務局からは、通常、計5通のメールを参加者の皆さまへお送りしています。
(1)お申し込み完了時(お申込みに関しての注意事項)
(2)お支払い完了時(領収証のダウンロード方法、参加者用URLとパス等)
(3)講座開催日時の24時間前(参加方法、参加者用URLとパス等)
(4)講座終了予定時刻の1時間後(参加御礼、アンケートのお願い等)
(5)講座終了後24時間以内(録画視聴用URLのお知らせ)

そのうち(2)お支払い完了時と(3)講座開催日時の24時間前の2回、zoomの参加者用URL/パスコードをお知らせしております。

メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダや他のフォルダに入っていないかお確かめの上、申し込みができているかどうか、事務局(ikubo.pr@gmail.com)までお問い合わせください。講座の前日までにお願いいたします。

講座当日、開始時刻が迫ってから、あるいは開始時刻になってからお問い合わせをいただいても、すぐにご回答できず、講座に間に合わない場合がありますのでご注意ください。

お申し込み後に、メールアドレスの変更や携帯電話の機種変更をされた方は、ikubo.pr@gmail.com からのメールが受信できるようにお手続きください。

その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお尋ねくださいませ。
お問い合わせの際は、必ず、お名前をフルネームで明記してくださいますようお願いいたします。
いつ・どこで開催される・どの講座についてのご質問かがわからないと、スムースにお答えできない場合がございます。

<よくあるご質問>
メールが届きません

開催要項

開催日時
2022年5月22日(日)
開場 9:55
開始 10:00
終了 12:00
場所

zoom

Zoom

参加費

5/22保育・教育・医療関係者のための食事講座 参加費(税込)  18,000 円

キャンセルポリシー

ただ今、参加費はクレジットカード払いのみご利用いただけます。

paypalのご案内画面に従ってお支払い手続きを完了してください。

銀行振込みをご希望の方は、お手数ですが事務局にお問い合わせください。

 

【キャンセルポリシー】

やむを得ず、キャンセルされる場合は、必ずご連絡をお願いします。

仮申し込みの状態でも、お席の確保をしております。

参加費のお支払い前でも、キャンセルポリシーに則ったキャンセル料が発生しますので、ご承知おきください。

7日前までのキャンセルは、参加費より振込手数料を除いた金額を返金いたします。

キャンセル料は6日前より半額負担、前日および当日のキャンセルは全額負担になります。

ご返金は、振込み手数料を差し引いた金額となりますのでご了承ください。

支払方法

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

定員

10 名

申込受付期間

2022/4/ 2(土) 18:00 ~ 2022/5/22(日) 08:00まで

主催者

一般社団法人育母塾

お問い合わせ先

一般社団法人育母塾

お問い合わせ先電話番号

090-8126-4343

お問い合わせ先メールアドレス

ikubo.pr@gmail.com

「まぁるい抱っこ®」で、世界中の子どもたち・ママたちを笑顔に!
Professional

「まぁるい抱っこ®」で、世界中の子どもたち・ママたちを笑顔に!

◆辻直美 保有資格◆

看護師
ISD個性心理学マスターインストラクター
子育てカウンセラー協会認定 マスターインストラクター
仮面心理学ファシリテーター
仮面心理学@kidsインストラクター など多数

詳しいプロフィールは<<こちらからご覧いただけます>>←クリック!

※辻直美の「辻」は「二点しんにょう」です ◆全国の講座情報◆←クリック!

◆よくあるご質問(FAQ)◆←クリック!

◆辻直美◆略歴◆

国際災害レスキューナース
まぁるい抱っこマイスター
一般社団法人育母塾 代表理事

国境なき医師団の活動で上海に赴任し、医療支援を実施。帰国後、看護師として活動中に阪神・淡路大震災を経験。
その後、赴任先の聖路加国際病院で地下鉄サリン事件の対応に従事し、災害医療に目覚める。
【1995年(平成7年)1月17日の阪神・淡路大震災、2016年(平成28年)4月16日の熊本地震・本震、2018年(平成30年)6月18日の大阪府北部地震で、被災体験あり】

看護師歴31年、災害レスキューナース歴27年。被災地派遣は国外2ヶ所、国内29ヶ所。

現在はフリーランスのナースとして、学校・行政・企業等の依頼で防災セミナーを開催。要請があれば被災地で活動を行っているほか、企業の防災コンサルタントも担当。

2021年4月より、国際災害レスキューナースとして中学校保健体育教科書に掲載中(2021年度~2026年度/学研)。

また、レスキューナースの活動と並行して、「たった3分で赤ちゃんが泣き止む」と話題のスキンコミュニケーション「まぁるい抱っこ®」を提唱。子育てに悩む母親たちから絶大な支持を得て、全国で講座を精力的に行っているほか、保育・教育・医療関係者の研修、大学や専門学校等での講師も務める。

著書『どんなに泣いている子でも 3秒で泣き止み3分で寝る まぁるい抱っこ』(講談社)、『レスキューナースが教える プチプラ防災』(扶桑社)、『レスキューナースが教える 新型コロナ×防災マニュアル』(扶桑社)、『防災クエスト』(著者:辻直美/絵:エイイチ/小学館)、『保存版 防災ハンドメイド 100均グッズで作れちゃう!』(KADOKAWA)が好評発売中。

※辻直美の「辻」は「二点しんにょう」です