18_nzkwnzg4nzzkymzmo

家庭円満のために 知っていて損はない!男性更年期と薬膳

ありがとう


満員御礼

パートナーにもある更年期。特徴と対策を知って円満に過ごそう

31332_2020-09-101

このような方におすすめ

ご主人、パートナーの不調の原因と対策が知りたい方

期待できる効果

不機嫌さや不調のメカニズムがわかり食事や生活でどのように対応するかがわかる

家庭円満のために 知っていて損はない!男性更年期と薬膳

更年期は女性だけのものではありません
ひょっとしたら、ご主人・パートナーはこれを知らずに
一人で悩んでいるかも!?

日本では、男子は強くあれ!屈強こそが美徳。
体力気力が充実し手こそ男子。弱音を吐いたり病弱は悪みたいな風潮がありませんか?


この影響で、体が辛くても家族にも言えず悩み、ご主人・パートナーはイライラしたり気難しくなっているかもしれません。


女性に更年期があるように男性にも更年期があることはご存じでしょうか?
女性の更年期は最近少しずつ理解されるようになって来ていますが、男性更年期はまだそこまで知られてはいません。

それは、男子は強くあれ!という子どもの頃から植え付けられた教育の影響もあると思いますが、男性が更年期を知らないせいもあるのです。
そして、若い頃と比べて体力が落ちたり、できていたことができなくなったことを認めたくないと言う男性心理も関係します。




近くにいるパートナーが知識を持つことで
悩みの解決になる
こんな方におすすめです
  • ✅ 最近、ご主人・パートナーの不調が多い方
  • ✅ ご主人・パートナーが若い頃と性格が変わったと感じる方
  • ✅ ご自身の体調やメンタルを整えたい男性の方
  • ✅ 老後も夫婦仲良く暮らして行きたいアラフィフ女性
  • ✅ 男性更年期のための食生活が知りたい方
  • ✅ ご主人・パートナーとの年齢差がある方


男性更年期は泌尿器科で血液検査をしてみればわかるものですが、最初に書いたように認めたくない男性も多くいらっしゃいます。つまり、受診したがらないのです。


また、多くの男性が更年期の知識がないために、女性の更年期症状と同様にメンタル面に現れた場合、企業のストレスチェックで高ストレスと判断され鬱症状と診断される可能性があります。

男性更年期は、生活習慣病とも関連が深いと言われ、いわゆるメタボリックシンドロームとも関係します。

人の健康を左右するのは、食事・良質の睡眠・適度な運動の3つだと言われますね?
ですが、現代社会でどれも完璧にすることは難しいです。

そんな中でも、家庭でできることは食事や睡眠。
ご主人・パートナーが更年期を少しでも快適に過ごすための食事を知りたくないですか?
男性更年期は近くにいる妻、女性のパートナーにも降りかかるものだからです。



男性更年期と女性更年期の違い


女性の更年期には、閉経という目印があります。


閉経前5年と閉経後5年の合計10年間を更年期と呼び、人によって違いはありますが、ここを過ぎると、更年期真っただ中より元気になって来ます。

※元気になっても閉経前と同様に戻ると言う意味ではありません。


ところが、男性の場合は閉経のような目安になるものが無いため、いつからが更年期なのか、いつ終わるのかがわかりにくく、そのまま老化による心身の不調となって行くケースがあるのです。


ご主人・パートナーもご自身の体に起こっている変化がなぜなのかかわからないため、以前できたことができなくなることに苛立ったり、それを誰かに言えず一人落ち込む場合もあります。


年齢的には働き盛りでも更年期に突入している人もいます。


表から見ると、若い頃はもっと寛大だったのに最近気が短くてすぐに怒るとか、怒っていたかと思ったら、今度はなんだか元気がない。


家族や身近な人にとっては、性格が変わったと感じてしまいますね。

どう接すれば良いのかわからなくて、腫れ物に触るようだとか、家族みんなから嫌がられて孤立すると言う話も聞きます。




仕組みを理解して対策を考える


ご主人・パートナーが自ら「更年期かも?」と調べたり、誰かに相談することは珍しいことだと思います。


それは、最初に書いた男性特有の「弱いことは恥ずかしいこと」という擦り込みの影響もあるのではないでしょうか?


「男の沽券にかかわる」という言い方もあるくらいで、本人が女性より更年期を認めたくないものなのでしょう。


それなら、近くにいる奥様やパートナーが仕組みを知って対策を考えませんか?


女性である私達がパートナーの体の状態を知ることは、老後の良好な関係性にも影響します。

中医学で男性更年期と女性更年期の違いを知り、食事や生活習慣で対策を考える。


チェックシートを使って夫婦やパートナーと一緒に取り組んでいただけるようにしました。




環境の変化がある前に受講して欲しい


日本の春は、終わりと始まりの季節です。

卒業して新社会人になる若い人もいれば、転勤やそれに伴う引っ越し、単身赴任を始める方もいらっしゃいますね。


嬉しい変化であっても、人にとっては今までと違う環境は少なからずストレスになり、それが更年期の症状をすすめる引き金になるケースもあります。


そのため、この講座は環境の変化のある前に受講していただけるよう3月上旬に開講します。


もし、少しその気配があるご主人・パートナーが転勤やそれに伴う単身赴任になったとしても、慌てないようこの機会の受講をお勧めします。



男性更年期と薬膳
パートナーにもある更年期 特徴と対策を知って円満に過ごそう

日時: 2022年3月8日(火)10:00~12:00

場所: オンライン(zoom)
    zoomURLはお申込み後にお知らせします。

定員: 6名様

参加費: 6,600円(税込)
お支払いは、カード、Paypal、銀行振込
※ 銀行振込の場合は、お申込み後1週間以内のお振込みをお願いいたします。

※ オンラインですので、やむを得ず当日受講ができない場合は録画受講も可能です。録画のご視聴期間は、講座終了後にお送りしてから10日間とさせていただきます。




受講すると得られること
  •  ✅ 男性更年期の症状が分かる

  •  ✅ 男性更年期と女性更年期の違いが分かる

  •  ✅ 男性更年期の中医学の視点からの見方が分かる

  •  ✅ 男性更年期のための薬膳が分かる

  •  ✅ 男性更年期の時に気をつける生活のしかたが分かる

  •  ✅ ご主人・パートナーの性格の変化に対する戸惑いが減る

     ✅ お互いに理解し合えることで老後の円満な生活に繋げることができる



     


    今後の流れ
    • 1 お申込みフォームよりお申込みください
    • 2 銀行振込の方はお申込み後1週間以内に受講料をお振込みいただきます
    • 3 お振込みの確認が取れますと開催前日にzoomURLをメールで送ります
    • 4 当日は、開始10分前からzoomミーティングルームにお入りいただけます


※ お申込み時にご登録いただくメールアドレスにこの講座に関するご連絡をお送りします。
プロモーション、迷惑メールに入ってしまう場合がありますので、必ずチェックしてください。

※ iCloudメールは届かないケースが多いため、Gmailなどのメールアドレスをご登録ください。




よくあるご質問



Q: 料理が苦手ですが大丈夫ですか?
A: 料理に関する講座ではないので大丈夫です。実習はありません。

Q: 当日参加できないのですが?
A:  zoomによるオンライン講座ですので開催後に録画で受講いただけます。
  ご視聴期間は10日間となります。

Q: リアルタイムに受ける予定ですが急に録画受講に変えられますか?
A:

開催当日の2時間前までにご連絡いただけましたら録画受講に変えさせていただきます。
  それ以降は申し訳ありませんが欠席となります。

Q:

zoomが初めてなのですか大丈夫ですか?
A:

こちらをご覧ください。パソコンの場合はお送りするURLをクリックするだけでご参加いただけます。お使いのパソコンのカメラ、音声は事前にチェックをお願いします。
https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/





キャンセルの際は以下のキャンセル代を頂戴いたします。


開催8日前以前のキャンセルは無料

開催7日~3日前のキャンセルは参加費の50%

開催2日~当日のキャンセルは参加費の100%


お振込頂いた参加費より上記のキャンセル代と振込手数料を差し引きご指定口座へお振込させていただきます。


※この講座では万一、途中でWi-Fiが切れた場合のために録画を撮らせていただきます。



開催要項

開催日時
2022年3月 8日(火)
開場 9:50
開始 10:00
終了 12:00
場所

zoomミーティングルーム

参加費

受講料  6,600 円

キャンセルポリシー

6,600円(税込)

クレジットカード、Paypal、銀行振込のいずれかにてお支払い下さい。

支払方法

Stripe_pay_solutions

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

銀行振込

定員

6 名

【満員御礼】

申込受付期間

2022/2/16(水) 20:00 ~ 2022/3/ 3(木) 00:00まで

主催者

森澤孝美

お問い合わせ先

森澤孝美

お問い合わせ先電話番号

08014294082

お問い合わせ先メールアドレス

takami.morisawa@gmail.com

簡単エイジングケア薬膳でアラフィフからのカラダを整え美と健康のサポートをする
Professional

簡単エイジングケア薬膳でアラフィフからのカラダを整え美と健康のサポートをする

■和学薬膳®博士
■薬膳食療法専門指導士
■予防医学食養生士
■食品衛生責任者(大阪府)
■健康経営アドバイザー(東京商工会議所)
■朝日カルチャーセンタ―講師


 簡単エイジングケア薬膳でアラフィフからのカラダを整える、簡単エイジングケア薬膳講師。お料理苦手さんや時間のない方の味方。普段のごはんに取り入れられる、外食やコンビニ弁当でも自分にの体質や体調に合った食べ物が選べるようになる簡単エイジングケア薬膳講座を開催。

 自己流の食事で体調をくずさないように、時間とお金を無駄にしない一生使える簡単エイジングケアをお伝えしています。

 食べないほうが良いものを食べてしまっても「なかったことにする薬膳」や、お惣菜を買う時の「コンビニ薬膳」も人気。

ミッションは世間で良いと言われるものを求めてさまよう「健康食品迷子を無くすこと」。
天候や体調に合う食べ物が自分で選べる人を増やします。