28269_owiwogm2nmrknmflz
受付は終了しました

28269_プロフィールロゴ

このような方におすすめ

人が辞めない会社を創りたい方、より成果が上がるチーム作りをしたい方

期待できる効果

会社全体がチームになり、思いやりを持って生き生き働くことができるチームや会社になる。やりがいと夢を持って働くことができ、あり方とやり方両方が整っていく。社長やリーダーの想いが伝わりチームワークが強い組織になる。疑問や迷いが生じたときにスタッフ全員で読み返すバイブルができる。スタッフが「会社を盛り上げてくれるチームメンバー」へと育つ。無理にスタッフの気持ちを向けようとしなくても、皆が同じ気持ちで働き現場が安心した場所になる。同じ想いを持った人が会社に集まるようになり、離職率を下げるきっかけになる。

電子書籍特典キャンペーン


\2月14日電子書籍発売!/






 著者メッセージ 



「集団では、なかなか一人ひとりの
ポテンシャルを発揮させられない」

「チームワークが生まれない」

「スタッフ 一人ひとりはとてもいい人なのに、
なぜか仕事になると、生産性を上がらない…」

こういった悩みを持つ中小企業のリーダーは多く、
わたしもさまざまなご相談を受けてきました。

どうしてチームで意思疎通がうまくいかず、
チームワークが育たないのでしょうか?

それは、もしかしたら、
「共通言語」がないからかもしれません。

ありがたいことに、
ビューティアトリエは、皆さんからよく
「チームワークがいい会社だね」
と言っていただきますが、
そうなる前は、チームワークを高め、
一人ひとりのポテンシャルを引き出す
難しさを感じたこともありました。

そのときに、力を入れて取り組んできたものが、
本書で紹介する経営方針書=『魔法の書』です。

疑問や迷いが生じたときに、
どう行動したらいいのか、
社長もスタッフもこれを読み返すことで、
会社の目指す方向を確認できるので
『魔法の書』と呼んでいます。

わたしたちは毎年スタッフ全員で
内容をブラッシュアップし、
一冊の経営方針書をつくりあげています。

一人ひとりが携わることで、
スタッフ全員が成長できるような内容を
盛り込めるのです。

そうすることで、一人ひとりの可能性を
広げるような方針書になるでしょう。

成長し、永く続いている会社は、
脈々と続いている「共通言語」を持っています。

わたしたちも、この経営方針書作成を通じて、
「共通言語」をつくることを、
とても大切にしています。

経営方針書が「共通言語」になると、
無理矢理スタッフの気持ちを向けようとしなくても、
皆が同じような気持ちで働いてくれているのを
実感できるようになりました。

そして気づけば、同じような想いを持った人たちが、
会社に入ってきてくれるようにもなったのです。

こうした実体験から、
「経営方針書の持つ力を、
悩めるリーダーの皆さんにお伝えしたい」
と思い、本書を執筆いたしました。

皆さんも、経営方針書を『魔法の書』に変えて、
スタッフの可能性を
引き出せる会社にしていきませんか?

この『魔法の書』があれば、
スタッフが
「会社を盛り上げてくれるチームメンバー」
へと育っていくでしょう。

そうして、日本中に
活き活きとスタッフが働く会社が、
増えていくことを願っています。


2022年2月 郡司成江







会社とチームが伸びる
経営方針書のつくり方
世界でひとつの魔法の書

 もくじ 



第1章
経営方針書で会社が整う


●「想い」を言語化することで、
「人」の問題は解消していく
●「必要なもの・不要なもの」が明確になり、
経費の削減にもつながる
●経営書の見直しで、広告宣伝費の削減も成功する
●人件費を見直す
●節約とケチは別のもの
●「スタッフのために売上が必要」と、
言葉で伝えられていますか?
●雇用に新しいしくみを取り入れていく
●毎年ブラッシュアップさせて、活きた経営方針書にする
●仲間がいるからこそ、自由に動けるようになる
●自分ひとりでは、できる仕事にも限界がある
●スタッフがいるから「社長」という役割ができる
●疑問や迷いを解決し、成功に導くツールをつくる
●『魔法の書』はスタッフ全員で毎年新しく作成する
●『魔法の書』は経営者とスタッフの通訳にもなる
●皆が同じ方向を向くと、会社はどんどん成長する
●共通言語があると、現場も安定する
●リーダーは経営方針書と同じ言葉を使う
●指針に沿って、スタッフ自身が考えて動けるようにする
●指針があると、お客様へのおもてなしも整う
●個人・店舗・会社それぞれの方針は、つなげて考える
●経営方針書は、一つひとつの言葉にまでこだわる
●会社の理念に沿ったスタッフが集まってくる
●採用の指針が定まる
●社風をしっかり打ち出すことで、ミスマッチを防げる
●社内で意識が統一されるため、問題を最小限にできる
●共有できる方向性があると、チームワークも生まれる




第2章
経営方針書の項目をつくる


●「家族」として、スタッフの人生を応援する
●会社の考え方を浸透させる
●誰が読んでもわかる言葉でまとめる
●スタッフの心がほぐれる言葉も盛り込む
●1年先、5年、10年先の会社のイメージも共有する
●理念は想いのこもった志のある言葉であらわす
●「なぜそれをするのか?」があると行動しやすくなる
●クレドは、会社のベクトルと成長に合わせて変えていく
●何に取り組めばいいか、
誰にでもわかるように明確にする
●将来の計画を明記する
●お客様、社会、スタッフ、そして未来に対する
「四方よし」のビジョンを立てる
●社長の想いを知ることでメンバーの理解も深まる
●3年後の理想を自由に思い描く
●社長もメンバーも原点に立ち返ることのできる
Happyストーリー
●未来のために習慣化したいものを10個挙げる
●ビューティアトリエの「10の行動指針」の一例
●経営方針書は銀行のためではなく
メンバーのためにつくるもの
●スタッフがやる気と安心を得られるページにする
●スタッフのために考えることで、
社長のイメージもクリアになっていく
●メンバーの理解度に合わせて言葉を考える
●今年1年間のテーマを決めよう
●テーマに合わせて、
「行動してほしいこと」まで明記する
●誰もが同じ言葉で伝えられるところまで落とし込む
●個々が目標を書き込むことで、はじめて経営方針書づくりが完結する
●内容は毎年ブラッシュアップさせていく
●つくっただけで終わりにしない
●理念の復唱を習慣化して、スタッフに浸透させる
●内容は毎年ブラッシュアップさせていく
●つくっただけで終わりにしない
●理念の復唱を習慣化して、スタッフに浸透させる








著書プロフィール




郡司 成江
ビューティアトリエグループ 代表取締役社長

栃木県生まれ。
大学卒業後、英ヴィダル・サスーンアカデミーに留学し、現地サロンでも経験を積む。 帰国後、母の経営するビューティアトリエグループに入社。サロンワークや外部でのヘアメイクなどキャリアを重ね、マネージャーを経て2010年より現職。会社経営と共にマネージャー時代から毎年スタッフ130名一人一人との面談を続け、スタッフの個性や夢と共に歩む人財育成に重きをおく。理美容業界はもちろん、異業種に向けてのブランディングやスタッフ育成、マネジメント、ヘアメイクの講師活動にも取り組む。NLP実践心理学マスターカウンセラー、サクセスナビゲーター、骨格診断ファッションアナリスト、の資格も持つ。プライベートでは二児の母。


<企業プロフィール>
宇都宮市市内に美容室8店舗、理容室4店舗、カラー専門店やマツエクサロン、変身写真館、カフェ、快眠ドライヘッドスパ専門店などを運営し、外面(教養)、内面(栄養)、精神面(休養)の三面美養を提案。お客様お一人お一人のライフビューティを重視している。技術とともに、他店にはない「心からのおもてなし」を提供することを理念に、“スタッフは家族”と想い全員経営の会社作りをしている。

創業の代から社員の9割は新卒採用、さらに県外出身者が7割という構成で、仕事に対する考え方、会社の理念など共通のベクトルで取り組んでいけるよう人財育成に取り組んでいる。さらに技術とおもてなしに関しては、早期育成を目指し認定職業訓練としてアカデミーを開校し実施。一昨年11月、認定職業訓練実施優良事業所として知事表彰を受賞。

2019年3月にはベトナム・ダナンに直営店をオープン。ビューティアトリエの技術とおもてなしを広めると共に、技術・感性・対応力などスタッフの育成の場としても活用し、さらにビューティアトリエのお客様の満足度を上げるための取り組みを行っている。2021年に体に良い米粉のバームクーヘン店の展開を始める。

開催要項

開催日時
2022年3月12日(土)
開始 0:00
終了 0:00
場所

特典キャンペーン

参加費

無料

定員

500 名

【残 199 席】

申込受付期間

2022/2/ 6(日) 10:00 ~ 2022/3/11(金) 15:00まで

お問い合わせ先

ビューティアトリエセミナー事務局

お問い合わせ先電話番号

0286580747

お問い合わせ先メールアドレス

beautyatelier.seminar@gmail.com

美しく健康に歳を重ねたい人たちのために、日々の暮らしを豊かにするカルチャースクールを開催し、新たなコミュニティを創造する
Expert

美しく健康に歳を重ねたい人たちのために、日々の暮らしを豊かにするカルチャースクールを開催し、新たなコミュニティを創造する