PR

PR

【沖縄県国頭郡大宜味村】1/23(日)坊主森<ボウジムイ>・黄金岳<クガニ岳> ヒーリングガイドツアー

受付は終了しました

自然の中でヒーリング

33002_img_e6946

このような方におすすめ

やんばるの大自然を感じて、自分自身を癒し、本来の自分に繋がっていきたい方。

期待できる効果

大自然の中で五感を研ぎ澄ませ、ニュートラルの自分を探っていきます。心地よさを感じ、本来の自分の在り方を探っていきましょう。

【沖縄県国頭郡大宜味村】1/23(日)坊主森<ボウジムイ>・黄金岳<クガニ岳> ヒーリングガイドツアー

坊主森(ボウジムイ)・黄金岳(クガニ岳) ヒーリングガイドツアー
坊主森・クガニ岳の地のエネルギーを感じながら、ゆったりと自然を感じ、自分自身をヒーリングしていきましょう。
五感を研ぎ澄ませて、ご自身のブロックとなっている物を外していきます。
自然の中で、本来の自分を取り戻していきましょう。

持ち物

・登山靴(ミッドカット以上の物をおすすめします)又はスニーカー

・長袖、長ズボン

・防寒着(ジャケットなど)

・軍手

・リュックサック

・雨具(簡易的なカッパでも大丈夫です)

・水(500ml以上)

・行動食(おやつ)

・昼食(おにぎりなど)

【当日の流れ】
10:00  
イギミハキンゾー 集合
10:05~ 
コース説明・準備体操など
10:20~ 
登山開始
     
坊主森・クガニ岳
14:00~


下山開始
15:00頃


イギミハキンゾー

到着
15:00頃 
終了

<※参加者様のペースにより多少前後します。>

注意事項

尖った石灰岩や浮いた石でバランスが取りづらくなります。
 安全確保をして慎重に登山を行いますが、体力の自信がない方はご相談ください。

※怪我をされた場合、責任は負いかねますのでご了承の上ご参加ください。

※歩行距離は往復で3キロ程度になります。

※雨天の場合は中止します。

***************************************************************************************

ケガなど万が一のために1日限りの山岳保険に加入して頂く事を推奨します。

やまきふ共済会|楽しく安全な登山を支援する新しい山岳保険制度 | やまきふ共済会 ワンタイム会員 詳細 (yamakifu.or.jp)

やまきふ共済会では日帰り山岳保険が660円で加入できます。

会員登録が必要になります。

雨天により中止になる可能性がありますので、1/23の2日前(開催決定後)申込みよろしくお願いします。

※↓入山日は2022/1/23です。

申し込みを進めていくと、上記の様に入山日、入山口、経由地、下山口を記入する箇所が出てきます。

それぞれご入力お願いします。

***************************************************************************************

集合場所の【イギミハキンゾー】はGoogle Map検索して頂くと迷わずに到着することができます。

国道58号線を辺戸岬方面へ向かいます。

右側に道の駅おおぎみを通過して、左側の塩屋港を通過します。

左側にローソン(大宜味塩屋店)が出てきます。その手前を右折して下さい。坂道を登って10分程走ると【イギミハキンゾー】の看板が出てきます。右折すると左側に駐車場があります。

※現在イギミハキンゾーのトイレが故障しています。コンビニや道の駅でトイレを済ませてから集合してください。






開催要項

開催日時
2022年1月23日(日)
開場 9:50
開始 10:00
終了 15:00
場所

イギミハキンゾー

沖縄県

国頭郡大宜味村大宜味

参加費

無料

キャンセルポリシー

【参加費】

モニター価格

参加者が1名様の場合

5,000円(初回 4,500円)

参加者が2名様以上の場合

お1人様 4,000円(初回 3,500円)

※参加費は参加者の人数によって異なります。ご了承ください。

※参加費は当日お支払い下さい。

※保険料は別になります。

【ご参加後、アンケートにお答えして頂きます。】

定員

5 名

【残 1 席】

申込受付期間

2022/1/ 8(土) 15:08 ~ 2022/1/23(日) 09:50まで

主催者

片岡紳一郎

お問い合わせ先

片岡紳一郎

お問い合わせ先電話番号

お問い合わせ先メールアドレス

katashin0725@gmail.com

公益社団法人 日本山岳ガイド協会 自然ガイドステージ1
フラーレン製作認定講師
フラーレンプロテクション講師
私は幼少期の頃は小児喘息、18歳から重度のアトピー性皮膚炎に悩まされてきました。
アトピー性皮膚炎と向き合って沢山の気づきを得ることができました。
その一つに【身体は常に良い方向へ働き、一定の状態を保とうとしてくれている】という事です。
薬(ステロイド剤)からの離脱で自然治癒力、ホメオスタシス(恒常性)の存在を身を持って体験しました。

そして【自然は人を癒す力がある】という気づきです。
全身アトピー症状が出ていて、心も身体もボロボロの状態の時に、長野県の美ケ原を歩いた事があります。
そこの自然は私を献身的に癒してくれました。
その後、故郷の南アルプスの山々、富士山周辺の山々に登る度に本来の自分を取り戻していく感覚を得ました。

また本来の生き方を偽っていると必ず私のアトピー症状は酷くなります。
心と体はとても正直で私のアトピー性皮膚炎は高機能センサーの役割を担ってくれている様に感じます。

ストレスに晒されすぎると人間の感覚はどんどん鈍くなり、安らぎや心地よさを忘れてしまいます。
私の経験から健康のありがたみ、本来の自分を生きる喜び、自然の偉大さをお伝え出来たら嬉しいです。