Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
病態シリーズ【目のトラブル】病態と原因別対処法
オンライン講座
薬を適切に選ぶために知っておきたい病態知識
このような方にオススメ
店頭で症状を訴えられても、すぐに対処方法が浮かばない。人体のしくみや病気の知識に自信がない。
期待できる効果
店頭で相談の多い症状について、そのメカニズムを理解することで、薬を適切に選ぶことができるようになります。
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Expert_s
 
 
一般社団法人 くすりと漢方のスペシャリスト協会 代表理事
仲宗根 恵
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
 
●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 第二版(2020年)

平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。
 
点眼薬を選ぶために
知っておきたい目のトラブルの病態知識

 

 

疲れ目や充血、かすみ目などの目の不調の多くは、

目の使いすぎなどにより一時的に生じます。

 

コロナ禍においては、

スマホやパソコンの画面を見る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。

 

眼精疲労という言葉もあるように、

目の疲れは肩こりや頭痛などを引き起こすこともありますね。

 

昨今は、メディカル系の高額な点眼薬の商品も増えています。

 

また、花粉症などのアレルギー性疾患でも、

点眼薬のニーズは高まりますし、

 

市販の点眼薬は種類が非常に多いですから、

成分や商品に関する知識も重要です。

 

 

 

 

 

 

●加齢にともなう目の病気

 

加齢とともに視力の低下や目に関する疾患も増えていきます。

市販の点眼薬ではもちろん対処できませんが、

これらの疾患の治療を受けている方が来店され、

市販の点眼薬の使用について相談をされることはありますね。

 

●白内障

●緑内障

●ドライアイ

●加齢黄斑変性

●糖尿病網膜症

 

 

目の疾患はこれらの他にもたくさんありますが、

店頭で相談されることが多いのは、

白内障・緑内障ではないでしょうか。

 

 




目の疾患の病態と対処法
暗記から、「理解」へ
  • 1 症状の聞き取りが難しく、何を質問したらいいのか分からない
  • 2 緑内障などの目の病気、病態の理解が難しい
  • 3 症状ごとの商品の選び分けができない


 

 

どんな時に症状が出ているのか?

こちらから適切に質問を投げかけながら、

一緒に「原因」や「つらい症状」を考えていくことで、

商品が絞られてきたり、時には受診勧奨に至ることもあります。

 

店頭で相談されることが多い病態について、

症状や対処法などを理解しながら、

眼科を受診していただくのか、

市販の点眼薬を使用していただくか、

その都度判断していきます。

 

 

 

●「緑内障」は「使用上の注意」でもよく記載される疾患

 

緑内障は、市販の風邪薬や鼻炎薬、咳止め薬など、

多くの商品の「使用上の注意」に記載される疾患ですね。

 

抗ヒスタミン成分やアドレナリン作動成分が含まれる商品では、

お売りできないこともあります。

 

緑内障は、眼圧の上昇などによって視神経に障害が起こり、

視野が狭くなっていく病気ですが、

 

日本における中途失明原因の第1位となっており、

2020年現在の患者数は400万人、

40歳以上の20人に1人の割合で発症していると言われています。

 

そういう意味では、誰もがかかる可能性があり、

身近が病気でもありますから、

病態について理解していくと、

市販薬を提案する際にも役立ちますね。

 

 

 

店頭で相談の多い目の不調

  • ◎目がかわく(かわき目、ドライアイ)。
  • ◎目の痒み(アレルギー性結膜炎など)。
  • ◎充血、疲れ目、かすみ目。
  • ◎目のゴロゴロ感、チクチクする痛みなど。
  • ◎なみだ目。
  • ◎目ヤニ、ものもらい、細菌性結膜炎など。





●アウトプットすることで学びが深まる

 

症状の聞き取りのしかたや商品の選び方など、

ほかの登録販売者の視点や経験を共有できることも、

この講座のメリットの一つです。

 

実際の接客をもとに、実践的な事例共有を行いながら、

学びを深めていきませんか?

 

 

 

 

 

販売時の不安を解消するには、兎にも角にも病態について深く理解するしかありません。

資格者としては、必ず押さえておかなかればならない基礎知識で、

避けては通れない部分なのですが、登録販売者試験では学ばない部分ですから、

店頭に立って初めて直面する登録販売者は多いと思います。

 

 

この機会に深く学びませんか?

この機会に、目の疾患について深く学んでみませんか?

今回は、zoomアプリを使用したオンライン講座といたします。

スマホやiPad、パソコンがあれば、自宅に居ながら受講できますので、外出自粛が要請されている今でも、効率的に学習ができます。

オンラインセミナーではリアルとほぼ同じやり取りが可能ですので、この場を借りて他社の登録販売者さんや、全国各地の方々との交流・情報交換をしませんか?

ドラッグストアやスーパーは、緊急事態宣言下にあっても営業を続けていく業種ですし、医薬品販売業で働く登録販売者は医療従事者でもありますから、こんな時こそ専門知識を身につけるチャンスではないかと思います。



zoomオンライン講座とは
  • 1 スマホ、iPad、パソコンからご参加可能です。
     (スマホ、iPadでは、事前にzoomアプリのインストールをお願い致します)
  • 2 ご自宅などWi-Fi環境のあるところなら、どこからでも参加できます。
  • 3 対面とほぼ変わらない、リアルな情報交換ができます。
  • 4 zoomについて⇒ https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/




講座でお話しする内容

1 知っておくと役立つ病態について
  ・緑内障
  ・白内障
  ・糖尿病網膜症
  ・加齢黄斑変性

2 店頭で相談の多い目の不調について
  ・目のかわき(ドライアイ)
  ・疲れ目、充血、かすみ目
  ・目ヤニ、ものもらい、結膜炎
  ・アレルギー性結膜炎
  
3 症状別の成分や商品の選び分けについて
  ・症状別の対処法
  ・成分の作用と特徴

4 点眼薬を販売する時の注意点
  ・店頭で情報提供する時のポイント

 



●講座の流れ

講座前日に、講座で使用する資料をメールにてお送りいたします。

ご自身でプリントアウトするなどしてご利用ください。

その際に、zoom講座のURLをメール内に記載いたします。
当日、午前10時になりましたら、そのURLをクリックするだけでOKです!


10時から13時まで、途中トイレ休憩・質疑応答を含む、約3時間の講座となります。


最後に

  市販薬の専門家として、消費者に貢献できるスキルを身につけましょう!

  そして、リモートワークやオンラインが一般的なツールになりつつある現在、

  デジタルツールを使いこなすトレーニングにもなると思いますので、

  オンライン初心者の方のご参加もお待ちしております!

 

 

 

 

開催日時
2021年12月14日(火)
開場 9:55
開始 10:00
終了 13:00
場所 Wi-Fi環境があるところならどこでも。

参加費
病態【目のトラブル】オンライン講座【一般参加者さま】
11,000円
病態【目のトラブル】オンライン講座【有料メルマガ継続会員さま】
9,350円
病態【目のトラブル】オンライン講座【B会員さま】
7,700円
病態【目のトラブル】オンライン講座【A会員さま】
5,500円
定員 10  名 【残 1 席】
申込受付期間2021/11/16(火) 12:10 ~ 2021/12/14(火) 09:55まで
主催者仲宗根 恵
 
 
 
 
Profile_flower
Expert_s
代表理事

仲宗根 恵

Mission
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Senmon
医薬品登録販売者(旧薬種商) 登録販売者、OTC(一般用医薬品)

●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 第二版(2020年)

平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock