Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
11/23(火祝) 太陽美術展作品解説&お茶会
太陽美術展出品作品の解説&お茶会
このような方にオススメ
佐瑠女まきアート作品を直接見たい方、作品解説を聞きたい方、佐瑠女まきと話したい方
期待できる効果
作品を描くにいたった背景、絵に込めた思いなどがわかります
「一人ひとりが、自分を輝かせて生きる世界の創造」
Professional_s
 
 
ID-アイディー パーソナルジュエリスト
佐瑠女 まき
「一人ひとりが、自分を輝かせて生きる世界の創造」
 
幼い頃から星を見るのが大好きで、何億光年も離れた星の輝きを見ていくうちに、自分は何のために生まれてきたのか?人生の意味、宇宙の真理を知りたくなり、占星術、心理、スピリチュアルを学ぶ。27歳の時、地球のかけらである宝石と出合う。ダイヤにはダイヤの、ルビーにはルビーの、比べようのない美しさ、輝きに触れ、自分も、自分の良さを発揮して輝けばいいと教えてもらう。お気に入りのジュエリーが心の支えとなり、自信と勇気を与えてくれたことから、人生の相棒のようなジュエリーを創りたい!と思い、彫金を始める。地球が何億年もかけて、地中深くで生み出した宝石と出合う奇跡、宝石を手にすると、色が変わったり、輝きを増したり、意図して身に着けると、持ち主の意識を変えるトリガーとなり、人生の流れが変わることから、人と宝石が共鳴し、相互作用することを確信。人と宝石のエネルギー調整、マッチングを行う。一方で、一人ひとりが本来持っている、個性を活かす実践型コーチングやコンサルも行う。クライアント実績には、33歳バツ2女性が理想のパートナーと出会い再々婚、出産、起業し、念願の田舎暮らしを実現、IT系会社員が、リーダーの自分がいなくても動くチームを育成、1日1時間働く「みなし勤務」となり、在宅勤務制度を提案し実現化する等、望む生活を実現、世界の学会で発表しながら海外旅行を楽しむ医学博士、経営者から主婦迄、幅広くサポート。16年で延約4,000人。自身もまた「自分を輝かせて生きる実践者」として、2012年より画家として活動、日本とフランスを中心に作品を発表。他、表現者として、パリ・ジャパンエキスポ、ウユニ塩湖でのパフォーマンスを行う。「一人ひとりが、自分を輝かせて生きる世界の創造」を目指す。著書電子書籍「42歳のシンデレラ」
 
第47回太陽美術展出品作品解説 & お茶会




佐瑠女まきが直接、作品解説します!
●こんなあなたに
  • 1 作品を直接見たい方
  • 2 作品を制作にあたって、様々なことを聞きたい、質問したい方
  • 3 佐瑠女まきと直接会って話したい方
  • 4  アクリル画を描いてみたい、興味があるので、いろいろ聞いてみたい方
  •   …etc
  •  










作品解説は無料。2回行います。


 ・1部
  13時〜 (解説後、希望者はラウンジにてお茶)
 
 
 ・2部
  15時半〜(解説後、希望者は上野駅近くでお茶)    
  → からのご飯も可能

 ☆お茶会参加希望の方は、各自、お茶代実費となります。
 
 
 


   








 

●今回の出品作品(2作品)



●花の凱旋門(F30号)






●矢車草とエッフェル塔(F30号)

 

 

 

    ※展示は、本名 松浦 麻希 にて展示しています。

 

 

 

佐瑠女まきから あなたへ

 

 

 2013年にアクリル画を始め
 
 なんとなく
 そのうちパリで作品展示したいな〜と
 漠然とイメージしてたら
 
 その翌年に
 ひょんな出会いから
 太陽美術展(公募展)のことを知り
 
 
 太陽美術協会が
 フランスのル・サロン(※1)と
 つながりがあると聞き
 
 
 速攻で資料取り寄せて
 作品を応募し、入選。
 
 
 会友推挙され、
 2015年に会友になり
 
 2018年に会友優賞をいただき、
 会員推挙、
 

  2018年会友優賞受賞作品「花のある窓辺」
 
 
 
 
 2019年から会員として作品発表していて
 2020年には、会員優賞をいただきました。
 

  2020年会員優賞受賞作品「赤い巡礼者」
 
 
 
 また、
 2018年
 太陽美術協会経由で
 2020年2月に開催された
 パリ・アンデパンダン展(※2)に出品し
 
 パリでの作品展示も
 果たしました😊
 

パリ グラン・パ・レ(国立ギャラリー)
 
 
 

(招待国日本 DELEGATION JAPONの一員として参加)
 
 
 
 
 
 
 
 本来なら、2020年6月に、
 パリでの個展開催する予定でしたが
 まさかの?コロナ騒動で、やむを得ず延期。
 
 その代わり?ではないですが、
 そのうち「銀座で個展を開催しよう」と
 思っていた望みの方が、先に叶っちゃいました。笑
 
 
 
 
 
 
 それ以外は、
 
 おかげさまで
 絵に関しては
 なんだかんだで
 順調にイメージが実現しています。
 
 …というか、銀座の個展は叶っているので
 順調といえば、順調なのかもしれません。
 



そうそう、余談ですが、
2021年12月6日~12日
フランス・コンピエーニュ市(Compiegne)にて開催する
アート・サクレ展にも出品してます。

(フランス語)

 


  アートサクレ 出品作品「Be Proud.」

 

 来年こそは、パリ個展開催できるといいんですが。。。


 アート活動の今後や、これから描いていきたいテーマ
 なども、お話しできればいいなと思っています。

 

 

 そんな感じで、
 いろいろと実現していっている
 私なので、

 何かを実現したいんだけど、
 どうすればいいのか?的な
 自己実現的なこと、
 人生創造的なアドバイスなんかも
 できるかと思いますので、
 そうした方もぜひ。

 

 

 もちろん、
 たんに私に会って話したい!という方もぜひ。

 

 

 
  2020.2月、フランス パリ ヴァンドーム広場にて

 

(※1)ル・サロン
ル・サロンと は、1667年、
ルイ14世の提言により創設された世界最古の公募展。
フランスの官展。
マネ『オランピア』、ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』、
アングル『グランド・オダ リスク』、ミレー『種をまく人』、
ジェリコー『メデューズ号の筏』、
ルノワール『シャルパンティエ夫人と子どもたち』、
モネ『緑衣の女』、セザンヌ『画家の父』など、
誰もがどこかで一度は目にしたことのある名作が出展された
由緒正しい美術展。
現在は、規模は小さくなり、
昔ほどの権威は薄れてしましたが、
それでもル・サロンは、やはり「ル・サロン」だったりします。





(※2)パリ・アンデパンダン展
1884年にフランスの官展であるル・サロンと一線を画し、
ル・サロンでは評価されにくい
前衛芸術家たちが組織した美術展。
無審査で、賞が無い、だれでも自由に出品できる展覧会。
誰でも自由とはいえ、
ゴッホ、ルソー、セザンヌ、ロートレックなども
出品したことがある大規模な展覧会。

 

 

 

会場であなたにお会いできること、楽しみにしています。



 

佐瑠女 まき

 

 

開催日時
2021年11月23日(火)
開始 13:00
終了 18:00
場所 東京都美術館 1階 第4展示室
台東区上野公園8-36
ホームページ
参加費
無料

無料(お茶代各自別途)

定員 10  名
申込受付期間2021/11/ 4(木) 00:00 ~ 2021/11/23(火) 00:00まで
主催者佐瑠女 まき
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional_s
パーソナルジュエリスト

佐瑠女 まき

Mission
「一人ひとりが、自分を輝かせて生きる世界の創造」
Senmon
パーソナルジュエリー制作 個性を引き出す コーチ コンサル マインドセット

幼い頃から星を見るのが大好きで、何億光年も離れた星の輝きを見ていくうちに、自分は何のために生まれてきたのか?人生の意味、宇宙の真理を知りたくなり、占星術、心理、スピリチュアルを学ぶ。27歳の時、地球のかけらである宝石と出合う。ダイヤにはダイヤの、ルビーにはルビーの、比べようのない美しさ、輝きに触れ、自分も、自分の良さを発揮して輝けばいいと教えてもらう。お気に入りのジュエリーが心の支えとなり、自信と勇気を与えてくれたことから、人生の相棒のようなジュエリーを創りたい!と思い、彫金を始める。地球が何億年もかけて、地中深くで生み出した宝石と出合う奇跡、宝石を手にすると、色が変わったり、輝きを増したり、意図して身に着けると、持ち主の意識を変えるトリガーとなり、人生の流れが変わることから、人と宝石が共鳴し、相互作用することを確信。人と宝石のエネルギー調整、マッチングを行う。一方で、一人ひとりが本来持っている、個性を活かす実践型コーチングやコンサルも行う。クライアント実績には、33歳バツ2女性が理想のパートナーと出会い再々婚、出産、起業し、念願の田舎暮らしを実現、IT系会社員が、リーダーの自分がいなくても動くチームを育成、1日1時間働く「みなし勤務」となり、在宅勤務制度を提案し実現化する等、望む生活を実現、世界の学会で発表しながら海外旅行を楽しむ医学博士、経営者から主婦迄、幅広くサポート。16年で延約4,000人。自身もまた「自分を輝かせて生きる実践者」として、2012年より画家として活動、日本とフランスを中心に作品を発表。他、表現者として、パリ・ジャパンエキスポ、ウユニ塩湖でのパフォーマンスを行う。「一人ひとりが、自分を輝かせて生きる世界の創造」を目指す。著書電子書籍「42歳のシンデレラ」

  pohllymaki
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock