Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
説教21「一なる神について」①
エックハルトを読む会
このような方にオススメ
哲学と神学を知りたい、知覚を広げたい、人間の存在について考えたい、レジリエンスを高めたい
期待できる効果
マイスター・エックハルトの神学に触れられる、形而上学的ものの見方を知る
630123_img_e4845
630123_m_e382a4e382b3e383b320e382ade383aae382b9e38388e381afe381bee38193e381a8e381aee381b5e38299e381a8e38299e38186e381aee69ca8
 

マイスター・エックハルトの世界へようこそ

 

今のところ説教集の順番通りに進んでいるので、
説教17の次は説教21になります。


巷でスピリチュアルと呼ばれる考え方の源泉は
実はここにある、
と言われるマイスター・エックハルト。
ワンネスとか
わたし達一人一人が神とか
みんな繋がっているとか。

しかも
あなたが今まで聞いていたより
もっと深くて大きい意味かもしれない。

キリスト教でしょ、宗教でしょ、
と切り捨ててはもったいない。


今ここで生きることを
底上げしてくれます。

 

 

 

 

21を2021年の〆にするというのはどうだろう?
というてっぺいしゃんの発案で
説教21に12月中にとりかかることになりました。

 

 

 

 

注意事項など
  • 1 『説教1ー①』を受講している方が対象です。
      動画で受講することも可能です。➡ 詳細・申し込み

  • 2 マイスター・エックハルトの「説教集」を使用します。

      

     各自でご用意の上、必ずお持ちください。

  • 3 当日は説教21を音読します。
     事前に目を通しておいてください。
     


  • 4 事前課題が出る場合があります。
     お申し込み頂いた方にお知らせいたします。


  • 5 講座の終了時間は30分ぐらい前後する場合があります。
     お含みおきください。
 

 

『決して外には現れない言葉であるが、

 それは語るもののうちに永遠にとどまるのである。

 それは語る父の内にあり、絶えず誰かに受け取られ、

 そしてなおうちに在り続ける。

 私たちがいつでも、その言葉の傍らでひとつの「bîwort」として

 在り続けられますように。』



開催日時
2021年12月13日(月)
開場 13:00
開始 13:15
終了 16:30
場所 波止場会館
横浜市中区海岸通1-1
ホームページ
参加費
無料

参加費:3,000円

当日現金にてお支払いください。

 

 ▼原則的なキャンセルポリシー

 ◎前日~当日キャンセル
   キャンセル料として参加費全額を申し受けます。

定員 7  名
申込受付期間2021/10/31(日) 11:17 ~ 2021/12/13(月) 13:00まで
主催者宮下久美
 
 
 
 
Profile
Professional_s
Time is Artナビゲーター

宮下久美

Mission
傍らに黒猫 心に花束 唇に愛の詩 人生は冒険だ。心の羅針盤に従おう。
Senmon
銀河のマヤ暦/時間を心で感じる/複数の視点を持つ/見える世界と見えない世界

【提供しているもの】
銀河のマヤ暦講座
こよみとき


【プロフィール】
自分が思うように生きた
子供時代。
高校3年の失恋をきっかけに自分が大嫌いになる。
 
自分ではない人になろう
と選んだ舞台俳優の道。
そこで、自分を含めた人への愛がなければ
演じられないことを知る。
 
自分を大切に思うことが
できないまま結婚、出産。
「わたしは奴隷です」と
100回言わされたことを
きっかけに、
結婚生活に終止符を打つ。
 
そこから
自分を探す旅に出た。
2008年銀河のマヤ暦と出合い
自分を取り戻す。
”自然と調和し
自分の時間を取り戻す
ことができる”マヤ暦に
魅了され 、学びを深める。
 
現在はそれぞれの人が
自分の人生を有意義に
過ごすために役立つことを
伝える活動をしている。

  kumi98
B_facebook
B_ameba
B_twitter
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock