Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
1522_ntmwzdnkndizotrin
参加受付中
このような方にオススメ
・出版した本を重版に繋げたい著者
・出版を控えている著者
・もっと販促したい著者
期待できる効果
・重版するために必要なことが分かります!
・出版する前にやるべきことが知れます!
・販促のコツが学べます!
 

レジェンドセミナー

プロデューサーの

とうはし たつやです。

 

著者にとって重要なことは、

 

「重版できるかどうか?」

 

ではないでしょうか?

私自身、2020年9月8日に

著書を出版しましたが、

 ↓↓↓

発売してからは1冊でも多く、

売るためにはどうしたら良いか?

日々考えています。

 

確かに出版することそのもの

にも大きな意味があり、周り

からは「凄いね!」と一目

置かれるようにもなりましたが、

出版をする目的は、

 

「周りからチヤホヤされること」

 

ではないはずです。

もちろん私もそうです。

 

著者であるあなたもそう

ではないですか?

 

あなたが書いた本は、誰かに

読まれてこそ価値があるのです。

 

つまり、1冊でも多くあなたが

知らない誰かに本を届ける必要

があるのです。

 

ただ、実際に著者はどんな

販促をしたらいいのか?

 

書店にはどのようにアプローチ

したら良いのか?

 

分からない著者も多いと感じた

ので、今回私はこのような

セミナーを企画することに

しました!

 

【こんな方にオススメです!】

・出版した本が重版に繋がって

 いない著者

・出版を控えている著者

・出版したばかりの著者

・もっと販促したい著者

・書店員をあなたの応援団に

 したい著者

・将来出版し、ベストセラー

 叩き出したいと思っている方

 

【セミナー内容】

・出版業界の動向と現状

・なぜ販促が必要なのか?

・それぞれの販促方法のメリット、デメリット

・著者がやるべき販促方法

・重版につなげるために必要なこと

 

 
【講師プロフィール】
 
 

山本 豊(やまもと ゆたか)

出版販促プロデューサー

株式会社 出版SPプラス 代表取締役

 

平成2年4月に三省堂書店に入社。

外商統括部東京営業所にて小、中、

高校、企業、官庁へのルートセールス

を担当。新人時代は同期会、出版関係者

と懇親会などの幹事を率先しておこなう

ことで人との出会いと関係性の重要性

を身を持って感じる。

 

平成4年10月より中央書院で小冊子

よろずやニューズ(書店向け情報誌)

の編集長を務め、書店営業と編集業務

の基礎を学ぶ。

 

平成10年8月よりエクスメディアへ。

営業部中日本ブロックリーダーとして

部下の育成とノルマに苦しむ。

販売コンテストで1位を2回受賞。

2泊3日名古屋・岐阜・三重への出張

にて3,000冊以上受注。ほぼ毎日終電

のため体調を崩し、病院で点滴後出社

もあった。営業の本質を知る。

 

平成13年11月より中堅出版社へ。

しかし3カ月で倒産。人の機微を知る。

「人は、こんなに変れるものか」と人間の

心理を学ぶ。

 

平成14年4月より総合出版社徳間書店へ。

最終役職営業部長。

社長賞2回。初版8,000部のビジネス書

(プロ論。)を40万部以上のベストセラー

を牽引。

 

営業と兼務で企画編集室(プロジェクトチーム)

に参画し、企画段階から編集およぶ営業

までの製販に携わる。

 

仕掛け(販促方法)、組織販売、取次(問屋)

との連携販売、書店の会(会員組織)における

運営方法を学ぶ。

 

そんな経験を積むうちに、1冊を本気で販売を

するためには企画段階からサポートをしない

といけないと気づき、平成24年4月に

出版SPプラスを設立。

 

企画段階から販売にわたるまで出版に関する

一連の流れを出版段階別(新刊・重版・既刊)

にサポートを開始する。

 

販促案件は300件以上あり、出版した著者

の本が7万部突破、11万部突破するという

実績を持つ。

 

1冊でも多く販売をすることをモットーとし、

「読者と本との出会いの場を創造し1冊

でも多く販売する方法」を追求。

 

本か売れれば、著者、出版社(編集者・営業マン)、

書店員が「笑顔」になる。人を喜ばすことが大好き。

 

趣味は、野球(敗戦処理投手および捕手)と

テニス。今ではもっぱら観戦が、中心。

 

【販促実績】

 

開催日時
2021年10月27日(水)
開場 14:15
開始 14:30
終了 16:30
場所 オンラインにて全世界どこからでも参加可能(PC・スマホ対応)
Zoom
参加費
【一般】
3,000 円
【2週間前までの申込・入金で早割】
2,000 円
支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
銀行振込
定員 6  名
申込受付期間2021/9/10(金) 11:40 ~ 2021/10/27(水) 14:15まで
主催者株式会社 LEGEND PROJECT 
お問い合わせ先東橋 達矢(とうはし たつや)
お問い合わせ先電話番号090-6464-3905
お問い合わせ先メールアドレスlegend.project.seminar@gmail.com
 
 
 
 
Profile
Expert_s
代表取締役CEO / レジェンドセミナープロデュー..

東橋 達矢

Mission
『全ての悩みをセミナーでゼロにする』
Senmon
セミナー、イベント企画・運営、コミュニティの企画・運営、セミナー講師

上場企業メーカーで営業力を武器に最年少で所長になった父親の「仕事は楽しくない」という一言がきっかけで10歳から会社員という生き方に疑問を持ち、大学生の時には「起業」することを決意。

起業マインドを肌で感じるために就職したベンチャー系の不動産会社では、入社2年目にして全国3000人中7位の営業成績を残し、最年少部長となる。その後、営業の中でも「最も売るのが難しい」と言われる生命保険の業界にヘッドハンティングされ、完全歩合制の世界で更に営業力を磨く。

生命保険の業界で磨いた営業力と人脈構築力を武器に2012年5月には株式会社 LEGEND PROJECTを設立し、代表取締役CEOに就任。約2年間はビジネスモデルが固まらず、廃業寸前まで追い込まれるも、あるセミナーに出会ったことで劇的に状況が好転する。2015年には年間100件以上のセミナーを主催し、1,000名以上の集客をできるまでになり、「セミナープロデュース専門会社」としての地位を確立する。

その後、120名以上の講師とコラボすることで1,200件以上のリアル&オンラインセミナー・イベントを主催し、その集客数は8,400名以上を誇る。

2020年には、コロナウイルスの影響によりリアルセミナーが全てキャンセルになり、大ピンチを迎えるもオンラインセミナーを徹底的に研究し、独自のノウハウを構築することに成功する。

8年前からスタートしたメルマガをきっかけに中部経済新聞でのコラム執筆、約20年間発行されている業界紙に取材されるなどメディアからも注目を浴びている。2020年9月8日には自身初となる著書「セミナー開催の教科書」を発売。丸善 名古屋本店、ジュンク堂書店 名古屋店にてビジネス書の週間ランキング1位
を獲得するなど好評を得ている。

現在、「全ての悩みをセミナーでゼロにする」という壮大なビジョンを掲げ、日々奮闘中。

旅行好きの妻と、好奇心旺盛な9歳の息子と世界遺産を全て訪れることがプライベートでの夢。

  tohashi2
B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock