Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
公開講座 高齢者マーケットに参入して成功する方法
母親の認知症介護のために離職せざるを得なかった状況から、どのように高齢者をサポートするビジネスを立ち上げ、大きな事業に育てたのか?活動内容とノウハウをご本人に語っていただきます。
このような方にオススメ
起業のテーマとして高齢者対象のビジネスに興味を持っている方、白紙から新しい事業を立ち上げた事例に興味を持っている方
期待できる効果
起業1年目から年商3,300万円の事業を立ち上げた具体的な事例と、高齢者対象ビジネスの可能性と参入方法を知ることができます。
50代・60代のシニアが、本来の自分を活かしたライフワークで起業し、老後の経済的不安から解放され社会に貢献していく第二の人生を送ることができるよう支援していく。
Professional
 
 
合同会社 環り愛 ライフワーク起業ナビゲーター
大場保男
50代・60代のシニアが、本来の自分を活かしたライフワークで起業し、老後の経済的不安から解放され社会に貢献していく第二の人生を送ることができるよう支援していく。
 
起業支援、地域活性化支援を専門とする中小企業診断士
 
 早稲田大学第一文学部心理学科卒業後、化粧品会社、マーケティング企画会社を経て、46歳の時に中小企業診断士として独立起業。

 神奈川県を中心に首都圏の約60ヵ所の商店街診断や中心市街地活性化、50業種、約300の店舗や事業所のコンサルティングに取組む。
 
 「かながわ朝市ネットワーク」を立上げ、シャッター通りと呼ばれるような商店街に6,000人の来場者を集め「商店街の奇跡」としてテレビの特集でも取上げられる。

 神奈川県葉山町の地域商業者共同店舗「ハヤマステーション」のプロジェクトメンバーとして開設のプロデュース。全国の商工会関係者の注目を集める。

 一方、商工会議所や行政の創業相談員として13年間で600人以上の創業相談を担当。この経験の中から、本来の自分を活かした起業法である「CoBAメソッド」を開発。この手法をもとに創業融資のための経営計画作成の指導を行い、多くの相談者が金融機関の厳しい審査をクリアして開業に至る。
 
お話しいただく一般社団法人シニアライフサポート協会代表理事の小番一弘さんのご紹介
 
 
 
   東京でのサラリーマンを経て、49歳のときに認知症の母と叔母の介護のため、介護離職し単身札幌に戻る。介護の経験もなく、ヘルパー2級の資格を取得し、高齢者住宅での当直などを経験。介護離職による社会からの隔絶と男性が認知症の人を介護するという厳しい現実に直面する。
 
 高齢者住宅で勤務する中で、高齢者住宅を探す本人、家族、施設経営者、働く人のミスマッチを強く感じ、「4方良し」を実現すべく法人を立ち上げ、弁護士をはじめ各専門家とも連携し、高齢者やその家族の無料相談支援を始める。
 
 高齢者の住まい問題だけでなく、老後資金、健康、医療、介護問題、不用品処分、空き家問題、不動産処分、身元保証、遺言・相続、葬儀・お墓の困りごと相談にも応じることができる「ワンストップ相談サービス」を提供。
 
 高齢者の困りごとの相談員を育成するためのシニアライフカウンセラー養成講座も全国で展開し、相談員を束ねながら、相談サロン事業に取り組む新聞社3社、テレビ局2社、地元企業、個人事業主も支援中。2014年1月法人設立。グループ年商約1億円、スタッフ数3名(2021年7月末現在)
 
 1959年(昭和34年)札幌生まれ  現在62歳
 





開催日時
2021年9月20日(月)
開場 19:50
開始 20:00
終了 22:00
場所 Zoom

参加費

参加費無料

定員 5  名 【残 3 席】
申込受付期間2021/9/ 6(月) 13:00 ~ 2021/9/20(月) 19:00まで
主催者講師 一般社団法人シニアライフサポート協会代表理事 小番一弘
 
 
 
 
Profile
Professional
ライフワーク起業ナビゲーター

大場保男

Mission
50代・60代のシニアが、本来の自分を活かしたライフワークで起業し、老後の経済的不安から解放され社会に貢献していく第二の人生を送ることができるよう支援していく。
Senmon
50代・60代のライフワーク起業支援

起業支援、地域活性化支援を専門とする中小企業診断士
 
 早稲田大学第一文学部心理学科卒業後、化粧品会社、マーケティング企画会社を経て、46歳の時に中小企業診断士として独立起業。

 神奈川県を中心に首都圏の約60ヵ所の商店街診断や中心市街地活性化、50業種、約300の店舗や事業所のコンサルティングに取組む。
 
 「かながわ朝市ネットワーク」を立上げ、シャッター通りと呼ばれるような商店街に6,000人の来場者を集め「商店街の奇跡」としてテレビの特集でも取上げられる。

 神奈川県葉山町の地域商業者共同店舗「ハヤマステーション」のプロジェクトメンバーとして開設のプロデュース。全国の商工会関係者の注目を集める。

 一方、商工会議所や行政の創業相談員として13年間で600人以上の創業相談を担当。この経験の中から、本来の自分を活かした起業法である「CoBAメソッド」を開発。この手法をもとに創業融資のための経営計画作成の指導を行い、多くの相談者が金融機関の厳しい審査をクリアして開業に至る。

B_facebook
B_twitter
イベントカレンダー
2010-2020Cloudlink.inc
Powered by reservestock