Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
【エイジング断捨離講座】
若返りスイッチをONにする
11月スタート!!
南前ひとみx古澤貴子
このような方にオススメ
・本気で若返りたいと思っている人
・すっかり老けて昔の面影がほぼない人
・やたら太りやすくなってきた人
・生活習慣病が気になる人
・老いることへ不安がある人
・アンチエイジング情報に振り回されている人
・鬱々として何となく不機嫌な人
・心と身体の免疫力を強化したい人
期待できる効果
・年齢を重ねることが楽しみになる
・心と身体の免疫力がアップする
・実年齢よりも若返る
・若さを保つための食生活や思考の習慣が身に着く
・老化のスピードが変化する
・断捨離マインドが培われる
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Professional
 
 
古澤貴子 やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー
古澤貴子
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
 
人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が..
 
「自分を好きでいられる人」を増やし、本来の自分を活かして達成に導くメンタルサポーター
Award51
Expert
 
 
LO-C企画 やましたひでこ公認 断捨離®︎トップトレーナー
南前ひとみ
「自分を好きでいられる人」を増やし、本来の自分を活かして達成に導くメンタルサポーター
 
・やましたひでこ公認断捨離®︎トレーナー
・尾崎里美公認イメージトレーナー
・キャメスのボトルカラーセラピスト
・やる気のスイッチパーソナルコーチ
・方眼ノートトレーナー
・ビリ読インストラクター
やましたひでこ公認
断捨離トップトレーナーの南前ひとみです。

双子の子育て奮闘中、断捨離に出会いました。

断捨離する前は、
お仕事も、主婦業も、PTAまでも
「お役に立つなら・・・」と力いっぱい頑張っていた私。

だけど、いつも疲れて、ため息ばかり。
沢山のモノも、コトも、ヒトも抱え込んで一人であくせくし
小さな不機嫌を溜め込んでいた。

同時に溜め込んだ沢山のモノを
整理収納術を駆使して、
可愛く飾ったり、隠しておくことに終始。
いつも徒労に終わって疲れてた。

「家がいつもピカピカだったら、人生変わるだろうな」
「時間管理が上手にできたら・・・」
そんなことを思って暮らしていた。


モノもコトもヒトも捉え方は同じ。

断捨離でモノと自分の関係性を問い直したら見えてきた。
大切なモノはそんなに沢山はない!!
抱え込んで頑張らなくていいんだ!!と思えてホッとした。

「もっと自分らしく生きていこうって決めた。」

断捨離を通してごきげんな自分との付き合い方。
今より10倍しあわせを感じる生き方の提案をしています。

トレーナー南前ひとみと一緒に
あなたの未来をもっと愉しんでいきましょ。
 
11月スタート 全5回
本気で若返りたい人のための
【エイジング/断捨離講座】
 
「年を重ねると老化する」は本当ですか?
90歳でフィットネス・インストラクターをする人
80歳でフルマラソンを完走する人

50歳代で駅の階段が上がれない人

40歳代でシミ・シワがひどい人

事実は

「年齢に関係
なく老化する」人もいますが

「年を重ねても若返る」人もいます!


 
【11月スタート 全5回】
断捨離トレーナー
南前ひとみ/古澤貴子

過去はどうあれ、ここからは変えられる!!
本気で若返りたい人のための
【エイジング/断捨離 講座】
心と身体の免疫力を強化する 

 

人生100年時代!』

今、100年時代を生き抜くための書籍は、飛ぶように売れています。

ところで水を差すようですが・・・

誰もが100歳まで生きる時代が来るのでしょうか。

 

確かに元気で長生きしている人が増えているのは事実です。

元気で生き抜くためのツールもたくさん提供されています。

その一方、寝たきり老人の数も増え、癌でなくなる人の数も増加している現実があります。

 

予想は『二極化』 

病気の主な原因は、食生活とストレスです。

特にこの50年、日本人の食生活は激変しました。

コンビニも、電子レンジも、ファーストフードも、カップヌードルも・・・

私が子どもの頃には、ありませんでした。(田舎育ち)

この50年間、約3500種類もの人工物質が食品に添加されてきました。

これほど食生活が著しく変化した国は、地球上に例がないそうです。



私が子どもの頃、アトピーという病名もありませんでした。

癌になることは、事故にでもあったような数少ない不幸な出来事でした。

それが今では2人に1人が癌で亡くなります。

発達障害は、村に1人か2人。

今は1クラスに1人か2人。



食生活や思考について、意識的に取り組んで若々しく生き抜く人。

酷い食生活や思考からくるストレスですっかり老け込み、気づいた時はあの世。

恐らく、どちらかです。

 

いつまでもハツラツと生き抜くために

身体と心をの免疫力を強化する

これがエイジング断捨離の目的です。

 

 

古澤貴子
【引き算と足し算の食事療法】
断捨離  X  栄養学
1960年生まれ
分子栄養学を基礎とした栄養学を伝えて約30年になります。
29歳の時、末期癌の父の食事療法のために一緒に渡米しましした。
滞在中、クリニックの本棚から、偶然手にした本がロジャー・ウイリアムス博士の分子栄養学の書籍でした。

そこには、栄養素がどのように身体の機能を回復させるか、これまで教科書にも書かれていない内容が書かれていました。
実際に、目の前には、食事療法だけで変化してゆく末期癌の患者さんたち。
同じ食事をしていた自分自身の体調も驚くほど変化していました。
「身体は食べたものから作られる」・・・疑う余地はありませんでした。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
病気(老化)は「原因」があっての「結果」です。
その最大の原因の一つが、食生活。
ゴミやガラクタに匹敵するような有害な食べ物。
この50年間で、約3500種類もの人工物質が食品に添加されてきました。
更にカロリー過多。

身体という空間が、ゴミ屋敷になっていないでしょうか。
これらが老化を促進し病気の原因になることは言うまでもありません。


私たちの脳と身体は、食べものが姿を変えたものです。
何を食べるか、何を食べないか。
それがエイジング(老化)を左右し、人生の質を左右します。
 
まず、不必要なものを極力入れない!
そして出す!
それから、要・適・快な食事(栄養)を摂る!
これが「からだの断捨離」です。
 
心身のエイジングを本気で考えてみませんか。
南前ひとみ
【老化も若さもイメージが創り出す】
断捨離 ✖ イメージトレーニング
 
1960年生まれ
60歳を迎える時、過去の暮らしをあれこれ振り返りました。
小さい頃から、偏食で、ご飯よりジャンクなお菓子が大好き、
菓子パンでお腹を膨らませせ、味覚の満足感を優先していた私の暮らし。
24歳で結婚と同時に、メニエル氏病を発症。
自律神経出張障害で、体調が悪く、8年間の不妊経験を経て
ある日、あまりの不調を心配した親友から、栄養学の話を聞く。
それから、繰り返し分子栄養学を学び、毎日の水、空気、栄養にこだわって
暮らしを変えたことにより、15年苦しんだ体調不良が改善。
5年の体質改善で、メニエル氏病は完治した。
その他、未病と呼ばれる・頭痛・肩こり・腰痛・冷え性
・髪の毛が抜けやすい・むくみ・梅雨時や雨の日に体調を崩しやすい
というような症状も、改善された。
栄養学を学び、サプリメンタ管理士の資格取得。
同時に、イメージトレーニングを通して自分のメンタルが
整ってきたことは、外せません。
毎日のちょっとした心がけで、行動が大きく変わりました。
 
今では、365日、活動的に楽しんでいます。
全国、断捨離を伝えるツアーは40県近く制覇。
体が資本です!!
 
毎日、やりたいことに集中するために、
体調管理が重要な事を体で体得した南前が、体験をもとにお伝えします。

 

講座日程
  • ●昼のコース (13:00~16:00)
  • ●夜のコース (19:30~22:30)

    日程  ①11月4日 ②11月18日 ③12月2日 ④12月16日 ⑤1月6日
  •    ※都合が悪い場合は、振替可能です。
  •     どうしても参加できない場合は、期間限定で録画配信をします。
受講料金

  • 受講料:¥150,000→¥120,000

     個人セッション 60分(又は、30分X2回)

     資料付き

 

小さなことの積み重ねが大きい流れを変える
【講座概要】
1.「身体」という空間を俯瞰する
  ・身体がゴミ屋敷になっていませんか
    ・自然治癒力のメカニズム
  ・早期老化の原因を知る
    ・心と免疫力との関係を知る

2.引き算が心と身体をきれいにする
   ・早期老化を促進する有害物質について
   ・身体を汚すモノをキッパリ断つ
   ・溜まった毒素をサッパリ捨てる
   ・老化を促進する「思考のクセ」を断つ

3.  身体の内側から健康を作る
  ・腸を整える(解毒力をつける(捨/離)
  ・免疫を高めるストレス、下げるストレス
  ・思考を加点法に替える

4.人生を左右する食べ物について
  ・脳と身体は毎日食べたものが作る
  ・酵素を働かせるビタミン&ミネラル
    ・食べ物も要・適・快を選ぶ

5.自分の身は自分で守る 
  ・内在智を磨いてゆく
  ・ゆるやかな制限をかける
  ・「ごきげん」に生きるというこ




開催日時
2021年12月 2日(木)
開場 12:55
開始 13:00
終了 16:00
場所 ①11月4日 ②11月18日 ③12月2日 ④12月16日 ⑤1月6日

参加費
無料

受講料:¥150,000→¥120,000

 個人セッション 60分(又は、30分X2回)

 資料付き

定員 10  名
申込受付期間2021/10/ 8(金) 00:00 ~ 2021/11/ 3(水) 05:00まで
主催者南前ひとみ 古澤貴子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー

古澤貴子

Mission
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Senmon
断捨離 チーフトレーナー 自閉症 発達障害 分子栄養学 古澤貴子

人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が掴めませんでした。
やっと理解し、断捨離トレーナーになることを決心した2013年、いきなり人生が大きく変わりました。なんとまぁ、夫が私の友人と恋仲になり家出。つまり断捨離されました(笑)子供と犬と患者さんとスタッフ、おまけに彼の多額の借金まで背負う羽目に。

ところが、悲劇にも思えたこの強制大断捨離が、私の人生を大きく変えました。
今、自分軸を生き始めた私が伝えたいことは「からだの断捨離」。生きる希望を見出す力になりたいと思います。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright(c)2020-2021Kanalabo,inc.All Rights Reserved.
Powered by reservestock