Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
乾物防災食
講師養成講座
(2回連続講座)
2021年9月開催 乾物防災食 講師養成講座
このような方にオススメ
乾物を使っていつもももしもも美味しい料理が作れる知識と技術を広めたいと思う方/地域の防災活動に携わっている方/自治体の防災を担当する方など
期待できる効果
備蓄に乾物を加えることで、もしもの時に役立つ調理法や知識を広める講師として認定します
14146_zwiynti1nzm5m_1?1629165708
14146_zwiynti1nzm5m_2?1629165708
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
Professional
 
 
サカイ優佳子 サステナブル料理研究家/未来を創る料理教室クリエイター
サカイ優佳子
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
 
食育、米粉料理、乾物活用法などに関する書籍多数。
近著に「超簡単!ドライマンゴーをヨーグルトでもどすだけ」(主婦の友社)。
乾物関連の書籍総発行部数は8万部ごえ。
「あさイチ」「ごごナマ」「世界不思議発見」などメディア出演多数。
乾物を使ったカレーを食べることを内モンゴルの緑化に繋げる「乾物カレーの日」で
2018年第13回ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。
国際セルフコーチング協会セルコーチングメソッド認定講師講座修了。

<こんな想いでこの仕事をしています>
東大法学部卒業後、外資系金融機関等に勤務するが、娘が生後4ヶ月で重度のアトピーを発症し、長期母乳育児と食餌療法のため専業主婦に。

旅行好きで世界を食べ歩いた経験、娘と二人で海外ホームステイしながら各地の家庭料理を学んだ体験から、食のバックグラウンドなしから料理教室をスタート。多くの受講生を得て、全国各地で講座を開催することに。

2019年「食べることを通じて未来の社会は変えられる」、「何歳からでも挑戦できる」という2つの信念のもと、料理を教える女性を育てたいと、未来を変える料理教室クリエイト塾を立ち上げる。

料理を作ることで食について考える機会が増えるはずという思いから、料理を作る人を増やす活動を続けている。
 


2022年2月20日(日)13:00~15:30 講義
2022年3月5日(土)9:30~12:30 筆記&実技試験
オンラインで開催します

(参加人数によって若干時間が延長される可能性があります)
 
乾物を備蓄に加えることのメリットを
もっと多くの人に伝えたい!

毎年のように日本のどこかで起きる天災、そしてまさかここまで長引くとは予想しなかったコロナ。

 

やはり、家庭備蓄は大切と思った方も多いのではないでしょうか。

でも、

「何からはじめたらいいの?」

「本当に役に立つ備蓄って?」

「非常食は食べる気にならない」

など、備蓄について考えてはみても、その先に進めない人も少なくありません。

 

乾物を備蓄に加えることで、家庭備蓄に関わる課題の多くが解消できます。

それを、より多くの人に伝えるために、講師として活躍できる人を増やしていきたいのです。


 

乾物を備蓄に加えるメリットとは?

◆常温で長期保存できる◆

乾物は常温で半年以上はもつので、もしもの時の備蓄にも十分使えます。

 

◆普段の食事に使える◆

普段の食事に使って、使った分だけまた買い足すこと(ローリングストック)がしやすいので、いざという時に非常食の賞味期限が切れていた!ということもなくなります。

そして、レシピを増やすことで、美味しくローリングストックを実現することができます。

 

◆食材の種類が豊富◆

野菜、果物、ナッツ、海藻、魚介、豆など、乾物は種類も豊富です。

食材の種類が豊富ということは、栄養のバリエーションも豊かということになります。

非常食に野菜が欲しかったという声もよく聞きます。

食物繊維が多く、旨みも強い乾物は、もしもの時の強い味方になるのです。

 

◆生ゴミが出ない◆

皮を剥いたり、切ったりしてあるものが多い乾物。

だから、調理の時に生ゴミが出ないんです。

例えば地震が発生したら、夏場でもゴミ収集車は来ないかもしれません。

そんな時、生ゴミが出ないことは大きなメリットになります。

 

缶詰やレトルト、市販の非常食などに加えて乾物を常備することが、もしもの時に余裕を与えてくれます。



乾物を備蓄に加えるメリットを
伝えてくれる人を増やしたい!
対象者 この講座に参加してほしい方
<乾物防災食講座(*)を受講済みの方限定の講座です>
  • 地域で防災活動を進めたい方、している方
  • 保育園や幼稚園、高齢者施設などで防災に興味のある方
  • 企業や自治体の防災担当者
  • 料理教室の先生、食関連企業の方

 

*乾物防災食講座については、こちらをご覧ください。

 

講座の概要

第一回 2022年2月20日(日)13:00~15:30(オンライン)
講師として必要な知識や技術の解説をします。
乾物防災食講座でお伝えするもの以外の料理レシピや、乾物に関する知識をたっぷりお伝えします。
講座は録画しますので、どうしても出席が叶わない場合は、ビデオ受講が可能です。
また、録画は試験のための復習にもご利用いただけます。

第二回までに課題あり。

第二回 2022年3月5日(土)9:30~12:30(オンライン)
(参加人数によって終了時間若干延長の可能性あり)

筆記試験&実技試験
試験の方法など詳細については、参加お申し込みの方にお知らせします。
試験なので、リアルタイムでの参加が必須です。ご注意ください。

後日、採点講評をお送りします。
合格者には修了証を発行します。
不合格の場合は、補講(有料)をご案内させていただきます。

2021年9月に開催した講師養成講座には、北海道、宮城、山形、東京、神奈川、愛知、兵庫、大阪からご参加いただきました。

 



  • 講師として活躍中の方の一部をご紹介します
成田奈苗さん(カルチャーセンター講師) 30代

東海地方で活躍中の成田奈苗さん。

料理講師経験はありませんでしたが、今では、岐阜県、愛知県を中心に、
カフェやカルチャーセンターで乾物の魅力を伝えています。




河原みきさん(カフェ経営) 50代
川崎市でカフェ&弁当店を経営する河原みきさん。
地域での防災活動の普及にも熱心です。
防災活動に乾物は役に立つ!と確信して講座に参加してくれました。
東京新聞でもその活動が取り上げられています。(記事はこちら




注意事項
  • 1 講座は全てオンラインでZOOM開催します。
  • 2 資料は事前にお送りするので、お手元にご用意の上ご参加ください。
  • 3 顔出しなしの参加は原則認められません。ご了承ください。

 

講師紹介

DRYandPEACE サカイ優佳子+田平恵美

2011年から乾物の研究、発信をスタート。

乾物カレーを食べることを内モンゴルの砂漠緑化に結びつけるプロジェクト「乾物カレーの日」で、2018年ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。

乾物を防災に生かす知恵の普及活動に対して、キューピーみらいたまご財団、SHINJOプロジェクトからの助成実績がある。


「社名はDRYなFOOD乾物で、世界をもっとPEACEに!」という思いからきている。




「乾物マジックレシピ(山と渓谷社)ほか、乾物に関する著書多数。

農水省が作成した「災害時に備えた食品ストックガイド」(2020年3月)では、乾物の部分の執筆を担当。

NHK「あさイチ」ほかメディア出演多数。

朝日、日経、読売、毎日、産経、東京各紙でも、その活動が紹介されている。

乾物を、いつもももしもも手軽に美味しく食べる考え方とワザを、あなたも伝える側になってみませんか?




14146_zwiynti1nzm5m_3?1629165708
14146_zwiynti1nzm5m_4?1629165708
開催日時
2021年9月13日(月)
開場 12:55
開始 13:00
終了 15:30
場所

参加費
参加費
25,000円

25,000円(税込)9月13日、27日二日分の料金です。

当日ご都合が悪くなった場合は、9月13日の分については録画でご受講いただきます。

クレジットカード、Paypal、銀行振り込みをご利用いただけます。

前日の午前中までにお振り込みを確認できない場合、ご受講いただけない場合がありますことを、ご了承ください。

定員
 10  名
満員御礼
申込受付期間2021/8/17(火) 00:00 ~ 2021/9/11(土) 23:59まで
主催者サカイ優佳子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
サステナブル料理研究家/未来を創る料理教室クリエイ..

サカイ優佳子

Mission
美味しく楽しく食べ続けていける未来を創る
Senmon
料理研究家 乾物 料理教室 料理教室コンサル レシピ開発

食育、米粉料理、乾物活用法などに関する書籍多数。
近著に「超簡単!ドライマンゴーをヨーグルトでもどすだけ」(主婦の友社)。
乾物関連の書籍総発行部数は8万部ごえ。
「あさイチ」「ごごナマ」「世界不思議発見」などメディア出演多数。
乾物を使ったカレーを食べることを内モンゴルの緑化に繋げる「乾物カレーの日」で
2018年第13回ロハスデザイン大賞コト部門大賞受賞。
国際セルフコーチング協会セルコーチングメソッド認定講師講座修了。

<こんな想いでこの仕事をしています>
東大法学部卒業後、外資系金融機関等に勤務するが、娘が生後4ヶ月で重度のアトピーを発症し、長期母乳育児と食餌療法のため専業主婦に。

旅行好きで世界を食べ歩いた経験、娘と二人で海外ホームステイしながら各地の家庭料理を学んだ体験から、食のバックグラウンドなしから料理教室をスタート。多くの受講生を得て、全国各地で講座を開催することに。

2019年「食べることを通じて未来の社会は変えられる」、「何歳からでも挑戦できる」という2つの信念のもと、料理を教える女性を育てたいと、未来を変える料理教室クリエイト塾を立ち上げる。

料理を作ることで食について考える機会が増えるはずという思いから、料理を作る人を増やす活動を続けている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
©️サカイ優佳子
Powered by reservestock