Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
<ホーミー・ホーメイ・倍音唱法>体験クラス
日本人による日本人のための
このような方にオススメ
ホーミー・ホーメイをやってみたい人、練習してるけど成果が出ない人
期待できる効果
短期間で、日本人が本場っぽく、人に伝わるホーミー・ホーメイのやり方を知ることが出来ます
ホーミー・ホーメイをちゃんと学びたい人に、人からお金を取れるレベルまで寄り添いながら育てること
Expert
 
 
コエダイ ボイストレーナー
徳久ウィリアム
ホーミー・ホーメイをちゃんと学びたい人に、人からお金を取れるレベルまで寄り添いながら育てること
 
【動画】自分のプロフィールを解説してみた
https://www.youtube.com/watch?v=LxdX39r25iA

・20年以上のキャリアを持つ倍音系ボイスパフォーマー・ボイストレーナー。「よくわからないけど面白かった!、涙が出た」という感想をよく貰う。

・ホーミー・ホーメイ歴20年以上。ホーメイの本場「トゥバ共和国」の国際ホーメイフェスティバルグループ部門で2位入賞(「倍音S」として)。江波戸昭明治大学名誉教授、トランカンハイ氏といった、国内外の民俗学者などから高い評価を得ている。

・ホーミーホーメイに限らず、古今東西の特殊発声のスペシャリスト。1000の声を持つと異名をもつ。

・指導人数は述べ1000人以上。倍音系ボイスパフォーマーをプロレベルにまで育てた人数は日本一。指導大好き&評価が高い

・講演・レクチャー実せき:慶応大学、静岡県芸術劇場、明治大学、ミューズ音楽院、舞台芸術の学校(文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」)など

・日本で唯一(もしかしたら世界でも)のレパートリーを持つ倍音合唱団「コエダイr.合唱団」を主宰。レパートリーの一つである「テノーレス」の本場のイタリア・サルディーニャ島公演を成功させ、現在、おそらく島で一番有名な日本人(現地で撮影された動画が73万回再生!)

・演奏:バンド「TaikuhJikang」メンバーとして、細野晴臣(YMO)、KenIshii、Afraと共演、国際交流基金の助成を得てバリ・マレーシアツアー参加。「SuaraSana」としてフジロック、a-nationといったフェスに出演、

・映画出演:カンヌ受賞監督の依頼でディーンフジオカにホーメイを直接指導。その縁でディーン主演の同監督作品(「海を駆ける」)にて、ディーンの「声の代役」で出演、..
 

21年のキャリアを持つ専門家から、
ホーミー・ホーメイ・倍音唱法を”正しく”知り、
”安全に”試してみて、直接アドバイスが貰える!
レクチャー&体験セミナー!

◆ネット上の、日本人によるホーミー解説のほとんどは誤解に基づいています・・・

現在(2021年2月現在)、GoogleやYoutubeで「ホーミー やり方」で検索すると、日本人よる色々な解説の動画やブログが表示されます。

しかし、残念ながら、ほとんどの解説が「ある誤解」に基づいているのです・・・

その誤解とは、
「ホーミー」と「欧米式の倍音唱法=overtone singing」と混同している
事です。

ホーミーとはモンゴルの伝統的な、”特殊な発声法”をベースにした、歌唱法です。

それに対し、欧米式の倍音唱法は、”普通の声”をベースにした歌唱法なのです。

つまり、似ているはいるけれど、「別ジャンル」なのです。

なので、モンゴルで、欧米式の倍音唱法をやっても「それはホーミーではありません」と言われてしまいます。

実際、私が現地で行われたフェスティバルに参加したとき、得意気に欧米式の倍音唱法を披露して、現地のミュージシャンから「上手ですが、ホーミーではありません」と言われている外国人を見たことがあります。

下の写真は、私がトゥバ共和国のフェスティバルのコンテストに参加した時の様子

画像1

◆でも別に日本人なんだから、モンゴルのホーミーでも欧米式倍音唱法のどっちをやってもいいんじゃないの?

その通りです!

私自身、表現者・パフォーマーとしては、ご自身がピンと来たものをやったら良いと思います。

ただ、ホーミーの本場モンゴルを実際に訪れ、現地に友人や知人がいる身としては、違うものは違うと言わざるを得ません。

また、発声指導家としても、
せっかく倍音唱法に興味を持ったなら、伝統的なホーミーもチャレンジしないのは勿体無い!
と思ってしまいます。

◆ホーミーを勧める2つの理由

私が”伝統的なホーミーもチャレンジしないのは勿体無い”と書いたのには二つの理由があります。

1.ホーミーでしか出来ない表現がある

ホーミーという芸能は、モンゴルの厳しくも美しい風の音を、畏敬の念でもって、声で表現しています。

それは、自然には精霊が宿っており、その精霊の音を真似することで、その精霊のパワーの恩恵を預かることができる、というシャーマンの伝統に則っているそうです。

なので、一口にホーミーと言っても、様々な声色の表現があり、それは「音楽」と「自然音の模写」の絶妙な融合の芸術なのです。

ホーミーの参考動画
https://youtu.be/oh162HB5UzA?t=304

そして、その多様な音の表現は、欧米式の倍音唱法、主にクラシック的な曲を演奏する・瞑想的な演奏するスタイルが主流、には無いのです。

欧米式の倍音唱法の参考動画
https://youtu.be/UHTF1-IhuC0?t=23

2.ホーミーの”仮声帯発声”が、普通の発声にも良い影響を与える!

ホーミーを科学者が調べたところ、声帯のすぐ上に存在する「仮声帯(かせいたい)」が、声帯と同時に震えることで、あの独特の音色を出すことを突き止めました。

そこで、学者の間ではホーミーの発声のことを「仮声帯発声」と呼ぶようになっています。

この仮声帯発声を練習すると、普通の発声にも良い影響があることが分かっており、プロのクラシックの声楽家がこの発声法を取り入れています。

プロの声楽家の佐藤拓さんが、仮声帯発声を取り入れた10種発声の解説動画
※この動画の中で「カルグラ」「喉詰め」と言っているのが仮声帯発声のことです
https://youtu.be/cVgOsx4BJTY?t=300

彼以外にも、同じクラシックの声楽家である櫻井元希さんも、ご自身の合唱団の練習として、仮声帯発声を取り入れています。
https://twitter.com/g_sakurai1031/status/1281938340804046848

◆もう一つ、多くの人が陥っている点 

ここで、もう一つ、多くのホーミーに興味を持った人が陥りがちなポイントについてお伝えします。

20年以上前に私が、手探りでホーミーの情報を集め、1人で試行錯誤していた時に比べ、最近はネット上に「ホーミーのやり方」情報が沢山あり、ホーミーに興味を持ち、気軽に試す方が増えました。それはとても嬉しいことです。

ただそういった記事を読んで、1〜2回声を出してみてすぐに「あ、私には無理だ」「ホーミーは難しい」と結論付けてしまう方が多くいらっしゃいます。

流石に1、2回声を出しただけで(時間にして1分未満ぐらい?)、すぐ出るほど、ホーミーは簡単ではありません。

ただし、ポイントを抑えて集中的に練習すれば、早い人では1度のレッスンであの高い音が出るようになります。

またそもそも、上記の通り、その解説情報が誤解に基づいていたり、間違っていた場合はどうでしょうか?

◆と言うわけで、一度じっくりやってみませんか?

この機会に、ちゃんとしたホーミーを知って、それを練習してみるのは如何でしょうか?

最近は日本に移住したモンゴル人ホーミー歌手の教室もいくつか見受けられます。

伝統的なホーミーを、伝統的な形でやりたい!と言う場合は、そういった教室が断然オススメです。

でも、
・いきなりモンゴル人のホーミー歌手に習うのはハードルが高そう
・とりあえずハードル低く試してみたい
・まずはホーミーについて日本語で分かりやすく、正しく知りたい
・それに類似する歌唱法も(ホーメイ、欧米式の倍音唱法など)も正しく知って、そこからどの歌唱法を練習するか決めたい

と言う場合は私のやっている「ホーミー入門セミナー」がお役に立てると思います。

◆ホーミー入門セミナーについて

まずは、このセミナーに参加すると、どのような事が得られるのかについて書きます。

・キャリア22年の専門家が直接実演&指導
・ホーミーを正しく教えてもらうことが出来る
・やり方に関して、個人個人に合わせたアドバイスをもらえる
・ホーミーを表現や仕事の中で使う上での、ほとんどの人が知らないポイントを教えてもらえる
・ホーミーと類似する、他の歌唱法(ホーメイ、倍音唱法など)についても正しく教えてもらえ、あなたのやりたいことに合った歌唱法をオススメしてもらえる

この講座は、日本で唯一の「日本人による日本人のためのホーミー入門講座」なのです

●この講座の価値

入門というと、ワンコインだったり、無料のセミナーもありますよね。

無料情報に関しては、私は自分のyoutubeチャンネルにホーミーに関するたくさんの動画をあげているので、そちらをご覧になるだけでも、大分勉強になると思います。

なので、この入門セミナーは、その先を学んでみたい方向けの内容です。

現地に行って習うとなると、往復の交通費、滞在費、先生や関係者への謝礼などで、なんだかんだで30万円ぐらいかかります。しかも、今はコロナ騒ぎで、しばらくは行くのもハードルが非常に高い状態です。

そして、私のセミナーは、ありがたいことに、違うジャンルの声のプロの方もお金を払って学びに来ます。

そして私自身、この活動を、趣味ではなく仕事としてやっています。

なので、本音を言えば、出来れば本気の人に来てもらった方が嬉しいです。なぜなら本気の人は、謙虚にレッスンを受け、素直に指摘されたことをちゃんと練習して、成果を出すのも早いからです。

だからワンコインや無料では出来ません。

とは言え、同時に、気軽に試して欲しい気持ちもあります。それは私自身もホーミーを知ったときに、「なんだこれ?すげー!やってみたい!!」と気軽に始めたからです。

そして、私の常連の生徒さんも、バックグラウンドは様々なれど、ホーミーを始めた動機は皆同じだからです。

と言う訳で、下記の価格にしました。

⚫️開催概要

日時:
いろんな日時で開催しています!詳しくはお申込みページの日程をご覧ください。
※仕事や家の都合でどうしても日時が合わない場合はご相談ください

内容:
・レクチャー
・体験
・3ヶ月コースの説明
合計3時間のセミナーです。

場所:
オンライン(ZOOM)
※リアルでの開催をご希望の場合は気軽にご相談ください

お値段:
5000円

講師:
徳久ウィリアム

画像2

ホーミー・ホーメイ歴22年。ホーメイの本場「トゥバ共和国」の国際ホーメイフェスティバルグループ部門で2位入賞(「倍音S」として)。江波戸昭明治大学名誉教授、トランカンハイ氏といった、国内外の民俗学者などから高い評価を得ている。

ホーミーホーメイに限らず、古今東西の特殊発声のスペシャリスト。1000の声を持つと異名をもつ。

指導人数は述べ1000人以上。倍音系ボイスパフォーマーをプロレベルにまで育てた人数は日本一。指導大好き&評価が高い

講演・レクチャー実せき:慶応大学静岡県芸術劇場明治大学ミューズ音楽院舞台芸術の学校(文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」)など

日本で唯一(もしかしたら世界でも)のレパートリーを持つ倍音合唱団「コエダイr.合唱団」を主宰。レパートリーの一つである「テノーレス」の本場のイタリア・サルディーニャ島公演を成功させ、現在、おそらく島で一番有名な日本人(現地で撮影された動画が73万回再生!)

倍音系Youtuberとして、登録者数が1600人突破!動画「ホーミー入門」が6万回再生(2021年)

その他プロフィール
https://note.com/voiz/n/nbdb5e2b14b10

●お申込みは

下記の「開催予定一覧」をクリックし、ご都合の良い日時からお申込みください。

https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/4640?#

 

●日時や開催場所に関するご相談、その他のお問い合わせはこちら

https://t-william.net/np/usf/75rzh0dk1Z22ig.html

◆FAQ

1.女性は出来ない?

確かに、ネットをみても、女性よりも男性のホーミー歌手の方が多いですよね。

それは、文化的な理由(女性がやるのは、はしたない)で、現地での女性歌手は少ないためです。とはいえ、女性のプロのホーミー歌手は何人もいます。また、私自身、日本でたくさんの女性を教えてきたし、できるようになっています

澤田香緒里さんによる演奏動画
https://youtu.be/LTpXFe0zyYY?t=130

2.時間が合わない

合う日時が無い場合は、下記お問い合わせフォームより、気軽にご相談ください。空いていれば、早朝から深夜まで喜んで対応させて頂きますよ。

お問い合わせフォームこちら
https://t-william.net/np/usf/75rzh0dk1Z22ig.html

3.オンラインだと不安

オンラインセミナーが増えたとはいえ、初めてオンラインセミナーに参加する方は結構多いです。

当セミナーでは、zoomを使います。

このzoomを使ったオンラインセミナーはスマホでも簡単に参加できるため、今までも、ほとんどの方が問題なく参加されています。

画像3

もちろん、事前にテストしてみたい、という場合はご協力させて頂きます。

また、オンラインではなく、ぜひリアルで生で体験したい、という場合も気軽にご相談ください。下記お問い合わせフォームよりどうぞ。

お問い合わせフォームこちら
https://t-william.net/np/usf/75rzh0dk1Z22ig.html

4.できる気がしない

確かに、日本には馴染みのない発声法ですので、私も初めてホーミーを知った時には、とても出来る気がしませんでした。そして、この入門セミナーに参加する方のほとんどこそう仰います。

が、私を含め、沢山の日本人ができるようになっています。いますし、世界中に、ホーミー愛好家がいることからも分かるように、誰でもできる、と今は考えています。

5.興味はあるけど、、、ホーミーやって意味あるの?

上記にも書きましたが、ホーミーの発声は、普段の発声にも良い影響を与えることが分かっています。

また、それ以前に、ホーミー自体がとても素敵な表現方法です。それを習得して、人前で披露すると、色々な人から驚きとともに、喜ばれますよ!

まとめると

この入門セミナーに参加すると、以下の情報や体験を得ることができます

1.ホーミーや、ホーミーに類する情報の、最新版の正しい知識を得ることができます

2.安全に、ホーミーを体験して、さらには今後のアドバイスを貰うことが出来ます。

3.普通の発声も良くなります

 

私がこのセミナーをやる理由

最後に、私がこのセミナーをやる理由について少し書きます。

1.ホーミーの入り口としての役割

私は、2002年にホーミーの本場モンゴルや、1999年にホーメイの本場トゥバに行き、現地のプロの歌手や関係者と交流し、その素晴らしさを体感しました。

お大げさでなく、ホーミーやホーメイなどは、人類の無形文化遺産だと思います。

なので、それを正しく伝えたい。その魅力も含めて。

でも残念ながら、ネットに上がっている日本語の情報で、ちゃんとした分かりやすい解説・情報は非常に少ないので、私の活動の一環として、積極的に情報発信し始め、ありがたいことに好評を頂いているので、今でも続けています。

ただし、私の専門は色んな声をだすボイスパフォーマンスであって、ホーミーだけではありません。

なので、より専門的に伝統的なホーミーを習いたい、という人には、その道の専門家をご紹介していますし、そちらを勧めています。

つまり、橋渡し役になりたいのです。

2.ホーミーを通じて、声の可能性を広げて欲しいと思っています。

私自身、ホーミーを知ることで、まず「声」の概念が書き換わりました。

そして練習し、習得していくことで、自分の声の可能性が広がりました。

それで人に喜ばれるようになると、もともと、とても低かった自己肯定感が少しずつ上がって行きました。

昔は、私は自分の声や自分のことが好きではありませんでしたが、今では、自分の声も、自分自身のことも好きです。

なので、ホーミーに興味を持ってもらった人には、ホーミーを通じて、自分の声、ひいては自分自身の面白さに気づいて欲しい、と願っています。

また、色んな方を指導してきて感じるのは、日本人全体の、世界的に見ても低い、自己肯定感の低さです。それを、私の声の活動を通じて、1人でも、人生を活き活きと生きるキッカケになればと思って活動しています。

開催日時
2021年8月 9日(月)
開始 19:00
終了 21:00
場所 zoom

参加費
<TEN-RAI>体験クラス 参加費
5,000円

カード(Visa/Master/JCB/Amex/Diners)

※Paypal

or 

銀行振込

 

当日のキャンセル料は100%

定員 5  名
申込受付期間2021/7/30(金) 16:27 ~ 2021/8/ 9(月) 19:00まで
主催者徳久ウィリアム
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert
ボイストレーナー

徳久ウィリアム

Mission
ホーミー・ホーメイをちゃんと学びたい人に、人からお金を取れるレベルまで寄り添いながら育てること
Senmon
ボイトレ 倍音 ホーミー ホーメイ

【動画】自分のプロフィールを解説してみた
https://www.youtube.com/watch?v=LxdX39r25iA

・20年以上のキャリアを持つ倍音系ボイスパフォーマー・ボイストレーナー。「よくわからないけど面白かった!、涙が出た」という感想をよく貰う。

・ホーミー・ホーメイ歴20年以上。ホーメイの本場「トゥバ共和国」の国際ホーメイフェスティバルグループ部門で2位入賞(「倍音S」として)。江波戸昭明治大学名誉教授、トランカンハイ氏といった、国内外の民俗学者などから高い評価を得ている。

・ホーミーホーメイに限らず、古今東西の特殊発声のスペシャリスト。1000の声を持つと異名をもつ。

・指導人数は述べ1000人以上。倍音系ボイスパフォーマーをプロレベルにまで育てた人数は日本一。指導大好き&評価が高い

・講演・レクチャー実せき:慶応大学、静岡県芸術劇場、明治大学、ミューズ音楽院、舞台芸術の学校(文化庁委託事業「平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」)など

・日本で唯一(もしかしたら世界でも)のレパートリーを持つ倍音合唱団「コエダイr.合唱団」を主宰。レパートリーの一つである「テノーレス」の本場のイタリア・サルディーニャ島公演を成功させ、現在、おそらく島で一番有名な日本人(現地で撮影された動画が73万回再生!)

・演奏:バンド「TaikuhJikang」メンバーとして、細野晴臣(YMO)、KenIshii、Afraと共演、国際交流基金の助成を得てバリ・マレーシアツアー参加。「SuaraSana」としてフジロック、a-nationといったフェスに出演、

・映画出演:カンヌ受賞監督の依頼でディーンフジオカにホーメイを直接指導。その縁でディーン主演の同監督作品(「海を駆ける」)にて、ディーンの「声の代役」で出演、映画「モヒカン故郷に帰る」主演の松田龍平の声の代役として録音に参加、映画「小名木川物語」主演

・録音実績:ゲーム音楽○the last story○SIREN〇モンハン、ベネッセ TLC

・メディア出演:和田アキ子・原田龍二のラジオ番組出演、進め電波少年(CS)に出演、共同通信発信にて「口琴」に関する連載記事を執筆。多数の地方新聞に掲載される、ドイツ国営ラジオ放送のラジオドラマに出演

・倍音系Youtuberとして、登録者数が1900人突破!「ホーメイ入門」が7万回再生(2021年7月時点)

B_facebook
B_twitter
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock