Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
子どもの食は“足し算より引き算”の
お話と相談会
このような方にオススメ
子どもとのごはん時間を楽しみたい方
期待できる効果
子どもの体と心が丈夫になる!毎日の子どもごはん作りが楽になる!
13454__1?1626740851
13454__2?1626740851
日本中の乳幼児の体と心を丈夫にし、子どもたちに明るい未来を与えたい!
Professional
 
 
森川恵美 乳幼児専門栄養コンサルタント
森川恵美
日本中の乳幼児の体と心を丈夫にし、子どもたちに明るい未来を与えたい!
 
管理栄養士、食育指導士
小児食生活アドバイザー
ほめ達 3級
森川 恵美(もりかわ めぐみ) 奈良県出身
乳幼児の食事に悩むご家族へ、保育現場11年の経験を活かし、わかりやすく丁寧にシンプルな食事作りからしっかりサポートする専門家です。

幼少から虚弱体質。ぜんそく・アトピーに苦しみ、良いと言われるあらゆる健康食品や薬を試した経験を持つ。しかし、どうしても健康になれない現実にショックを受ける。大学卒業後、病院で臨床経験を積む。25歳で結婚退職、26歳で出産。と同時期、夫の長い単身赴任がスタート。28歳で次女出産。2人の育児や食事の悩みを相談する相手もおらず不安で孤独な日々を過ごしているうちに自律神経失調症に。32歳の時、保育所栄養士として再スタート。そこで数字ばかりの栄養学が乳幼児には意味のない事を知る。それは、自分がずっと抱えてきた日本の栄養教育の疑問の答えが見つかった瞬間でもあった。本当に健康になれる食とは何か?
あらゆる情報を集めた結果“ご飯・みそ汁・旬食材のおかず”という形に行きつく。まずは、自分・家族から見直した結果、アトピーも喘息も自律神経失調症も劇的に緩解。次に保育所でも従来の給食を、“ご飯・みそ汁・旬食材のおかず”の基本へ変え、おやつは4番目の食事として提供を開始。その結果、保育所の子どもたちはいつも笑顔で元気になっていき、みるみる身体も丈夫になっていく。
今のおかしな乳幼児の食事では逆に子どもたちの未来の健康が危ない!情報が多すぎて、何を食べさせたら良いのか思い悩むママたちの力になりたい!と考えるようになり情報発信を開始。
“子どものごはんは足し算より引き算” 暖シャリ(断捨離ごはん)をお伝えしてます♪
 

「お子さんとの食事、楽しめてますか?」
 
 
 “もりもり、好き嫌いなく栄養バランスよく
残さずなんでも食べてくれること”
 
これ、子どもごはんの理想!
ですよね。
 
 
でも現実は…
 
理想通りにうまくいかない。
食事のたびにイライライライラ…
 
 
「楽しむどころか、叱ってばかり…」
 
 
 
 
好き嫌いが激しくて
何を食べさせていいのか分からなかったり、
 
ウロウロして立ち歩くから
ご飯を口に入れようと
追いかけまわしていたり、
 
小食で困っていたり、
 
逆に食べ過ぎで困っていたり、
 
ふりかけご飯ばっかりで
栄養バランスが気になったり、
 
お菓子やジュースばかりを欲しがって
やめさせられなかったり、
 
子どもが食べるメニューを
考えるのがしんどかったり…。
 
 
 
…悩みは尽きませんよね。
 
 
 
 
 
実は、私も
同じように悩んでいたことがあるんです。
 
 
 
 
 
学校で学んだ栄養素やカロリー計算。 
“学んできたことが絶対に正しい”
思い込んでいた私。
 
 
 
だから、
 
牛乳を飲ませなきゃ
 
野菜を食べさせなきゃ
 
肉も魚も豆もまんべんなく
毎日きちんと食べさせなきゃ
 
おやつも手作りで頑張らなきゃ
 
って。
 
 
 
いろんな知識を
自分の子どもたちに
当てはめようとして
がむしゃらに頑張った。
 
 
 
でも。
 
 
そんな親の思いは
わが子たちには伝わらず。
 
遊び食べや、ばっかり食べが続く日々。
 
 
“栄養バランスの取れた食事”からは
ほど遠いものでした。
 
 
 
それでも根気よく
食べさせるうちに
学校で学んだ
“栄養バランスの取れたメニュー”
残さず食べられるようになってくれた!
 
 
 
なのに…
 
なのに…
 
 
 
すぐに風邪をひくし、なかなか治らないし…。
病気がちで、保育所を
お休みする回数も増えていく一方…。
 
私自身も健康からほど遠い、心と体。
 
 
 
 
 
どうして?
 
 
“栄養バランス”ばっちりなはずなのに?
 
なぜ?
 
 
健康になるはずなのに?
 
なぜ?
 
 
 
 
 
“…あれ? なにかがおかしい?!”
 
自分が今までにやってきたことに
違和感を感じ
あれもこれも知識ばかりを
子どもたちに当てはめようとするのをやめ
食の断捨離をしたんです。
 
 
例えば、
“カルシウムを取るために
牛乳を1日にコップ一杯はかならず
飲ませないといけない”
 
これをやめてしまう、とか。
 
 
それはそれは栄養士として、
どれほどの勇気がいる行動だったか…。
 
 
でもその結果
病気知らずの健康な体と心が
手に入ったんですよね。
(保険証を使うこともなくなった。)
 
 
 
情報があふれるこの時代。
どの情報が正しいのか
分からなくなっています。
 
 
 
あふれかえった情報を整理し、
不要なものはサヨナラする。
 
そうするとシンプルに
大事なものだけが残ります。
 
 
「どうして好き嫌いがあるのか」
「どうしてあと一口を残すのか」
 
 
食の断捨離をすると
イライラしていた理由が分かり
子どもの食事作りがうーんと楽になります。
子どものと食事が楽しくなります♪
 
 
 
今までの常識を断捨離し
これからは
“暖シャリ”
ご飯時間を楽しみましょう!



子どもの食のこと、
もう悩まなくて大丈夫!
 

良い習慣を身につければ
病気知らず♪

 

子どもの食は
“足し算より引き算”の
お話と相談会


オンライン(zoom)講座

8月5日(木)
10:00~11:30
または
8月24日(火)
10:00~11:30


【金額】
1,000円
(子育て研究所tocotoco価格に
なります)

 

注意事項 など
  • *お振込みは開催日、前日までにお願いいたします
    *お振込みしていただいた受講料の返金はできませんのでご了承ください

    *開催日前日にzoom入室のURLを送ります
    *動画受講はありません

 

 

*今回の
『子どもの食は“足し算より引き算”の
お話と相談会』は
子育て研究所tocotoco
“おとなのおべんきょう部”のイベントとして
行います。

 

お待ちしております♪



 

13454__3?1626740851
開催日時
2021年8月 5日(木)
開場 10:25
開始 10:30
終了 12:00
場所

参加費
参加費
1,000円

*お振込みしていただいた
受講料の返金は
できませんのでご了承ください

定員 5  名
申込受付期間2021/7/20(火) 00:00 ~ 2021/8/ 4(水) 00:00まで
主催者森川恵美
 
 
 
 
Profile
Professional
乳幼児専門栄養コンサルタント

森川恵美

Mission
日本中の乳幼児の体と心を丈夫にし、子どもたちに明るい未来を与えたい!
Senmon
乳幼児の食事 乳幼児の食生活

管理栄養士、食育指導士
小児食生活アドバイザー
ほめ達 3級 森川 恵美(もりかわ めぐみ) 奈良県出身
乳幼児の食事に悩むご家族へ、保育現場11年の経験を活かし、わかりやすく丁寧にシンプルな食事作りからしっかりサポートする専門家です。

幼少から虚弱体質。ぜんそく・アトピーに苦しみ、良いと言われるあらゆる健康食品や薬を試した経験を持つ。しかし、どうしても健康になれない現実にショックを受ける。大学卒業後、病院で臨床経験を積む。25歳で結婚退職、26歳で出産。と同時期、夫の長い単身赴任がスタート。28歳で次女出産。2人の育児や食事の悩みを相談する相手もおらず不安で孤独な日々を過ごしているうちに自律神経失調症に。32歳の時、保育所栄養士として再スタート。そこで数字ばかりの栄養学が乳幼児には意味のない事を知る。それは、自分がずっと抱えてきた日本の栄養教育の疑問の答えが見つかった瞬間でもあった。本当に健康になれる食とは何か?
あらゆる情報を集めた結果“ご飯・みそ汁・旬食材のおかず”という形に行きつく。まずは、自分・家族から見直した結果、アトピーも喘息も自律神経失調症も劇的に緩解。次に保育所でも従来の給食を、“ご飯・みそ汁・旬食材のおかず”の基本へ変え、おやつは4番目の食事として提供を開始。その結果、保育所の子どもたちはいつも笑顔で元気になっていき、みるみる身体も丈夫になっていく。
今のおかしな乳幼児の食事では逆に子どもたちの未来の健康が危ない!情報が多すぎて、何を食べさせたら良いのか思い悩むママたちの力になりたい!と考えるようになり情報発信を開始。
“子どものごはんは足し算より引き算” 暖シャリ(断捨離ごはん)をお伝えしてます♪

B_ameba
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock