Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
10960_mge4mthkztfkzjkzn
参加受付中
このような方にオススメ
家族で楽しみながら、防災の知識を学び体験できるイベントです
期待できる効果
家族で防災を考える機会にしませんか?
 
 

あべの親子防災部は、「いざという時子どもを守れますか?」をキーワードに、
乳幼児を抱える家庭向けに防災啓発活動を行っています。
その中でも家族で楽しみながら、防災の知識を学び体験できるイベントとして
『防災ミニキャンプ』を実施します。
 
--------------------------------------------------------------------------
 
あべの親子防災部は
小さなお子さんをお持ちのママ向けに
防災啓発や防災活動を行っています。
 
---------------------------------------------------------------------------

2017年から、乳幼児を抱えるご家庭向けに防災の勉強、
そして講座を主宰してきました。
 
東日本大震災の時、「知らない」 「備えていない」ことで、
誰よりも怖くて大変な思いをしたのは子どもたちでした。

「私は大丈夫」という根拠のない自信
あるいは防災に対する無関心によって、
大切な我が子を失ってしまった家族の悔やみきれない後悔の念。

東日本、熊本、大阪北部・・・
被災地の方たちが教えてくれたことは、防災対策を講じていれば守れた命がいっぱいあったということ。
いざという時に我が子を守ることができるのは、日中、我が子のそばにいる乳幼児を抱えた親世代であること。
 
 

私たち母親一人ひとりに我が子の命がかかっているということです。

2018年度は三田市と協働事業として「さんだ女子防災部」の活動がスタート
それと並行し「ほくせつ親子防災部」での活動も行ってきました。
 
 
 
2019年からは自主事業として活動をスタートし、イベントの中で、たくさんの方に災害に対する備えについてお話しさせていただきました。
 
 
 
そして、自分たちが主宰するイベントの中でも講演会を行い
防災の意識を参加者や来場者さんに高めてもらおうと心掛けました。


2019年秋には「あべの親子防災部」が立ち上がり阿倍野区での活動もスタートしました。
 
 
2020年コロナの影響で、リアルでの防災啓発ができない時期も
インスタライブ
→防災クッキングやトイレの備蓄について配信
オンライン
→防災講座
→他エリアで活動する防災啓発団体さんと交流会
 
と、活動を続けました!
 

実際にどんなものを備蓄したらいいのか、
何から備えたらいいのか、
どういう風な心構えで子どもを守っていけばいいのか…など

イベント内で防災部メンバーがいろいろお話させていただきます。
 
皆さんのご参加お待ちしています。
 



ワークショップの内容はこちら
  • 日時:2021年11月13日(土)
    ①10:00〜11:30
    ②12:00〜13:30
    ③14:30〜16:00
    場所:ATC 館内 インフォメーション横
    内容:
    テントを立てる
  • ポリ袋クッキングで親子丼をつくる・食べる
    簡易トイレを組み立てる
  • テントをたたむ
  • 以上のプログラムを
  • 1回90分で行います。

 

簡易トイレ(1500円相当)は

お持ち帰りいただけ
お家での備蓄に使っていただくことができます。

参加費:3300円(税込)

参加費に含まれるもの
簡易トイレ・ポリ袋クッキングの材料

定員:1回90分5組 ×3回
対象:幼児〜小学生親子

 

 

他にも予約なしで、防災ポーチのワークショップや

  • 防災グッズの展示など
  • も行います。
  •  








開催日時
2021年11月13日(土)
開始 10:00
終了 16:00
場所 ATC
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
ホームページ
参加費
【ATCイベント】親子で防災ミニキャンプ 参加費
3,300 円

体験代として 1組3300円(税込み)
当日現金でいただきます。

支払方法
定員 15  名
申込受付期間2021/10/ 1(金) 00:00 ~ 2021/11/10(水) 00:00まで
主催者あべの親子防災部
お問い合わせ先あべの親子防災部
お問い合わせ先電話番号
お問い合わせ先メールアドレスmwish2014@yahoo.co.jp
子育て中のママのあったらいいなを現実化する活動をしています。
Professional_s
 
 
特定非営利活動法人ミラクルウィッシュ 
特定非営利活動法人ミラクルウィッシュ
子育て中のママのあったらいいなを現実化する活動をしています。
 
2014年1月 兵庫県三田市を中心に乳幼児を育てるママがあつまり子育てしやすい街を目指して活動を開始しました。
地域での活動を楽しみながら、小さなミラクルを起こしたいとの思いで活動を続けてきました。
以来、ママの「あったらいいな」をキーワードにして活動を続けています。
2015年には、大阪市内での活動を開始し、以後神戸市、吹田市、篠山市、大阪市など
活動エリアを広げ、それぞれの地域のママたちと協力しながらママの応援事業をスタートさせています。
ママの子育ての不安を共有しながら、ママ自体が「ママが私らしく」を目指して、
こどもとの共育として働く楽しさを学ぶ「こども店長」、
ママの「何かやってみたい」を応援する事業として「ママの応援事業」
乳幼児を育てる親子を中心に防災啓発などを行う「防災部」などを進めています。
 
ママが私らしく、子どもが子どもらしくを応援しています。
Professional_s
 
 
 
益田紗希子
ママが私らしく、子どもが子どもらしくを応援しています。
 
ママサークル「ミラクルウィッシュ」代表
ISD個性心理学インストラクター
時間マネージメントコーチ
「ママがママらしく 子どもが子どもらしくを応援する」を
モットーに日々活動しています。

転勤族のオットと小学生娘の3人家族です。
転勤が2~3年に一度のオットと和歌山・三田・大阪と点々と生活しております。

その中で、子育てをしながら、ママサークルを立ち上げたくさんのママと出会うと、
ママの子育てに対する不安や、育休について、子どものイヤイヤ期、トイレトレーニングについてなど子どもさんへの悩みなどをお伺いする機会がたくさんあり、

ママがママらしく、子どもが子どもらしくを応援する活動をしようとおもい、
日々活動しています。
ISD個性心理学
時間管理術
働く×育てるcafe@三田
子育ておしゃべり会、
イベント主催  個人コンサル、
ママのやりたい!を応援する活動をしています!
 
 
 
 
 
Profile
Professional_s

特定非営利活動法人ミラクルウィッシュ

Mission
子育て中のママのあったらいいなを現実化する活動をしています。
Senmon
子育て 講座 おしゃべり会 イベント 防災

2014年1月 兵庫県三田市を中心に乳幼児を育てるママがあつまり子育てしやすい街を目指して活動を開始しました。
地域での活動を楽しみながら、小さなミラクルを起こしたいとの思いで活動を続けてきました。
以来、ママの「あったらいいな」をキーワードにして活動を続けています。
2015年には、大阪市内での活動を開始し、以後神戸市、吹田市、篠山市、大阪市など
活動エリアを広げ、それぞれの地域のママたちと協力しながらママの応援事業をスタートさせています。
ママの子育ての不安を共有しながら、ママ自体が「ママが私らしく」を目指して、
こどもとの共育として働く楽しさを学ぶ「こども店長」、
ママの「何かやってみたい」を応援する事業として「ママの応援事業」
乳幼児を育てる親子を中心に防災啓発などを行う「防災部」などを進めています。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock