Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
【打ち拓きの会】
リスペクト&支援企画
2期トレーナー7人の生き残り祭り
第2弾
いろいろあるのよ、7人の生き残りをかけた激動の1年を語ります
このような方にオススメ
打ち拓きの会に協賛してくださる方/7人の生き抜き方に関心のある方
期待できる効果
打ち拓きの会への貢献になる/生き抜く力がわいてきます
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Professional
 
 
古澤貴子 やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー
古澤貴子
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
 
人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が..
 
すべての人が希望の道を歩ける社会を創る
Trainer
Expert
 
 
株式会社ポジティブストローク研究所 断捨離®トレーナー/女性向けコンテンツプロデューサー
原田千里
すべての人が希望の道を歩ける社会を創る
 
◆やましたひでこ公認チーフ断捨離®トレーナー
◆自分リードコーチング・マスタートレーナー
◆リザストオフィシャルトレーナー
◆アンガーマネジメントトレーナー・叱り方トレーナー
◆交流分析インストラクター
◆日本産業カウンセラー協会: 産業カウンセラー
株式会社ポジティブストローク研究所 代表

社会に必要とされる人間でなければ生きていけない、と信じて夢中で働いてきた20代、30代。責任を果たすこと、期待に応えることが生きがいでした。
自分の未来に不安はありませんでした。
40代になると、自分のやる気とチームメンバーの温度差、自分が思う貢献度と評価ギャップが大きくなり、ストレスから様々な病気になり、思い通りに動けなくなりました。深い絶望から、自分を見つめなおす機会を得ました。
自分を救うために様々な心理学、自己啓発を学び、自分や人をジャッジし、傷つけてきた人生から、自分自身を信頼し、人との出会いを大切にする人生へ移行しましました。そして、なんとなく独立をイメージし始めてから10年後、2014年に独立起業しました。
この独立には、コーチングと断捨離が大きく影響しています。

目の前の不要なモノを捨てていく過程で、それまでの自分のキャリアに自信を持つ一方で、実は固執している部分があり、変化を求めながら変化を恐れる自分がいることに気づきました。病気になったことも、転換期を知らせてくれたのだと思えるようになりました。
不要なモノと一緒に、執着や不安、恐れを手放し、汚部屋からも脱出しました。

2014年、やましたひでこ公認断捨離®トレーナーになりました。
断捨離マインドで混沌とした人生から脱出した経験を活かして、「すべての人が希望の道を歩ける社会を創る」ために貢献します。
 
人生に行き詰まりを感じている女性に 「大切なことはすべて日常のなかにある」あなたの人生哲学を断捨離で創るサポート
Expert
 
 
 断捨離®️チーフトレーナー&月よみ師®
小林理恵
人生に行き詰まりを感じている女性に 「大切なことはすべて日常のなかにある」あなたの人生哲学を断捨離で創るサポート
 
◆断捨離提唱者やましたひでこ公認 断捨離®チーフトレーナー

◆一般社団法人自然治癒力学校公認 月よみ師®
「私の仕事はあなたにモノを捨てさせること」
こう公言しているのは
私自身の経験「捨てられない」「片付けられない」
悶々としていた日常が断捨離に出逢い、
断捨離を学び、モノを捨て始めることで
住まいが変わることにとどまらず
私自身が抱えていた問題も解決していく力が身についていく、
実体験からの私の宣言です。

断捨離に出逢ったのは今から10年前。
仕事をやめ専業主婦でした。
楽勝と思っていた主婦業は想像以上に大変。
いつも家の中は雑然として安らぎはなく。
地方地域になじめず、人との関わりも薄く。
ママ母という社会に溶け込めず、
いつもイライラ悶々としていました。

スープの覚めない距離には夫の実家。
母は根っからのキレイ好き。
家庭に踏み込むことは決してしない義母ですが
「訪問されたら・・・・」
いつも一人ハラハラしていました。

そのような暮らしぶりの中で
「ゴミ袋14袋も捨てたよ!」
たまたま耳にした断捨離という言葉。
スマホでメモして、帰宅後即検索したのが
私と断捨離の出逢いです。

その後、本を読み、でも行動には及ばず。
やましたひでこのセミナーがあることを知り
人生初のセミナー参加。
目から鱗の「捨てる効用」に鳥肌がたち
その日から断捨離実践がスタート。
「自分軸」という言葉を胸に
「もったいない」との闘いの日々。

捨てれば捨てるほど 住まいのスッキリと同時に
自信と明るさが出てきたことを自他ともに実感。
人の話しに耳を傾けるゆとりができました。
生まれ変わっていく感覚。
社会で働くことが家事よりも勝ると思い込んでいたこと、
家事は奥が深く、思考力・判断力・選択力・決断力・表現力・・
色々な生きていく上で大切な要素を培うことができる
人生創りのベースとだと気付かされました。
..
 
妻、母、嫁の自縛から解放し、自分の人生を果敢に生きたい方を徹底サポート!
Expert_s
 
 
東京北多摩断捨離会 やましたひでこ公認チーフ断捨離®トレーナー
鎌田記規子
妻、母、嫁の自縛から解放し、自分の人生を果敢に生きたい方を徹底サポート!
 
やましたひでこ公認断捨離®トレーナー(H14.1~)
やましたひでこ公認チーフ断捨離®トレーナー(2020.12.24~)

2014.1月からやましたひでこ公認断捨離®トレーナーとして活動中。
2020.12月やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナーに昇格。

今までは、代々続く旧家の嫁として、また母として、妻として、
また家業を手伝い、いつも縁の下の力持ちで、前に出ることなく、
目立たないようにという生活が身についていました。

断捨離と出会い、妻、母、嫁という自縛から解放されました。
これからは、30年培った、縁の下の力持ち的な、
強靭な精神力で、自分のように、様々な自縛からの解放を
徹底的にサポートします。

3人の息子が巣立った今、95歳の義母と同居しながら、
子育て真っ盛り、介護中、フルタイムでお仕事している、
自営で家を空けることが難しい方々に向けて、

自宅にいながら受講できる、断捨離®講座をzoomにて開講。
1時間のサポートを6回受講できるチケットは、
お話ししながら、思考の整理をしながら、手を動かしていただき、
実践を徹底的にサポートします。


また日々の小さな実践を後押しする個別、グループのライングループも4年以上途切れることなく続けています。

ご自宅に伺って一緒に断捨離をする「断捨離ご自宅訪問サポート」もお受けしています。

事前にお悩みや、お困りことを伺い、その方のライフスタイルにあった最短最適最善のサービスをご提案いたします。
 
断捨離®で人生が変化していくことを実感してもらうためのサポート
Expert
 
 
やましたひでこ公認 断捨離®チーフトレーナー宮本美智代 やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナー
宮本美智代
断捨離®で人生が変化していくことを実感してもらうためのサポート
 
やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナー
(断捨離®はやましたひでこ個人の登録商標のため
認定された公認トレーナーしか断捨離をお伝えすることはできません。)
初めまして。

断捨離提唱者やましたひでこ公認
断捨離®チーフトレーナー宮本美智代です。


元々、片付けは好きだったけれど、
片付けても片付けても思うような部屋にならず、
それでも楽しい毎日を送っているつもりでした。

しかし、ある人間関係のもつれから毎日イライラし、
心を鎮めるような本を何冊も読み漁りました。

しかし、どの本もイライラした心を持っている時には
なんの参考にもなりませんでした。

しかし、その中の一冊に心を癒されたのです。

それが”断捨離”

それを書いた人に会いに行きたい!

と、2011年に初めてセミナーに参加しました。


「家の中を片付けると心が整い、頭の中が整理できる。」

その時に一番響いた言葉です。


それなら、やるしかないじゃないか。

と思い、独学でであらゆるものを捨てました。


一つ捨てる度に心が軽くなり、
一つ処分する度に習慣が変わり、
一つ手放す度に思考が変わる。

それを続けていくと、自分にも変化があり、
29年在籍した会社を退職する決断をし、断捨離®トレーナーを目指しました。

2013年にトレーナー講習を受け、
2014年から約2年間、断捨離×重ね煮コラボランチセミナーを開催し、
述べ200名以上の方にお越しいただき、断捨離空間を実感していただきました。

その後、2015年より正式に「やましたひでこ公認断捨離®トレーナー」
としての活動を開始しました。

断捨離された空間とはどういうものかを見てもらい、知ってもらうために
自宅を開放し、セミナーやお茶会を開催し、300人ほどの方に断捨離を
お伝えしてきました。

そして、一人では進まないという方に寄り添い、
自宅訪問をし、実践サポートさせていただいています。
 
「片づけられない」からの卒業を応援します。本当にやりたいことをするために。
Professional_s
 
 
小林ふみこ 断捨離®チーフトレーナー
小林ふみこ
「片づけられない」からの卒業を応援します。本当にやりたいことをするために。
 
やましたひでこ公認断捨離®チーフトレーナー
多くのダンシャリアン(断捨離する人)がそうであるように、私も「片づけられない」人でした。
明日やろう、週末やろう、夏休みには、新学期までには・・・と何年繰り返してきたことでしょう。

50代で小学生と中学生の母でもあった私は、子どもとの時間も大切にしたいけれど自分の残り時間も考え始めていました。このままで人生終わりたくない!と思っていた時…

2012年末に「新片づけ術・断捨離」の本に出会い、これならできそう!これしかない!と思い立ち、2013年2月から断捨離に取り組むと同時に4月からトレーナー講習生となりました。

ひとつひとつ不要なモノを捨てて、捨てたいのになかなか捨てられなかったモノを手放せた時、ああ、断捨離ってココロの片づけ術だった!と実感しました。

早く、正しく、きちんと、世間並みに、「~しなければ!」という思いから貯め込んだモノがい~っぱいあったわが家。
不要なモノを捨ててみたら、そこにくっついていた「~しなければ」の気持ちもいつの間にか手放せていて…なんて軽やか!とってもラクチンです。

不安でいっぱいだったこの先の人生にも、笑顔とわくわくした気持ちで歩み出せそうです。

2014年1月に断捨離トレーナーの認定を受け、これからはこのごきげんを皆さんにお伝えしていこうと思い、活動を始めました。

さあ、皆さんも断捨離はじめてみませんか?
そしてサポートが必要な時には私たちトレーナーがお手伝いできます。
どうぞお声かけください。

「片づけられない」からの卒業を応援する
断捨離チーフトレーナー 小林ふみこ
 
家族・地域が元気で明るく楽しく暮らせる社会をつくりたい
Professional
 
 
 やましたひでこ公認断捨離トレーナー
田中富士美
家族・地域が元気で明るく楽しく暮らせる社会をつくりたい
 
実の両親と同居(長女の私)。夫・20歳娘・18歳息子の5人家族。

長女というのはしっかりしていて当たり前。
大人になったら、家を守らなければならない。親への機体へのプレッシャー。
長女だから仕方ない。長女とはそんなものだと思っていました。

特に親戚軸・他人軸・世間体軸な母とは最悪な関係。

怒られたくないから、言わないで、我慢してきた人生。
うまくいかないコミュニケーションを見つめ直す機会を断捨離で得ました。2009年。

断捨離とやましたひでことの出会いは衝撃的でした。

家と心と身体が同じだということ
身体に要らないものがたまると病気になるということ
気持ちも溜め込んでいたら不満がたまるということ


『時間軸は今、重要軸は私』というものさしで見ていくと、要らないものばかり、時間のズレが悩みを作っていることを知りました。
母とのバトルを通して、反抗期を終えたと感じました。
認めて欲しかった・あなたが悪いそして自分が悪いと被害者意識・依存心・それらがものと一緒に出て行きました。


2014年断捨離®︎トレーナーとなりました。
現在、母との関係はとて良好で、一緒に畑を楽しむまでになりました。
ものを通して家族との関係性が変わり、本当に大切なものに気づいています。
子供たちともいい距離感でいられます。

最近の話ですが、成人した娘が言いました。『お母さん、怒らなくなったね』『前は怒ってばっかりだったもんね。』
断捨離メソッドを取り入れなければ、このしあわせはなかったと思います。

長女として関わり、地域への関わりを通して母とのバトルを脱皮した経験を活かして、『自分らしく生きる』をサポートします。
 

【打ち拓きの会リスペクト&支援企画】


2期トレーナー7人の生き残り祭り 第2弾

 

~生き残りをかけた激動の1年を赤裸々に語ります~




皆さんはこの1年

どのように過ごされてきましたか?

 

 

2020年年明けからジワリ押し寄せたコロナ。

春には自粛暮らしを強いられることになりました。




このコロナ禍で失ったモノは確かにあるけれど

意外にも得ているモノも多いものです。

流した涙は 感動や喜びの涙の方が

多かったように思います。

 


とはいえ 
仕事については激変で

失った、去って行った仕事は数知れず。

思い返せば

「結構 頑張ったんじゃない?」

そう思えたりするのですが

その時は

死にもの狂い

なりふり構わず

背に腹は代えられない

なんて時もあったような・・・

 

 

前回好評いただいた

断捨離®トレーナー2期 7人生き残り祭り

あれから1年経ちました。

山あり谷あり 孤軍奮闘あり

救い救われあり得ない経験も。

 

 

きっとご覧の皆さんも

人生の記憶に残る1年を過ごされたはず。

ご一緒に振り返ってみませんか?

そして 笑いましょう、ご一緒に。

 

 

 

 

2期トレーナー7人の生き残り祭り 第2弾

開催にあたって




6月21日は、断捨離の日(断捨離やましたひでこがそう決めた日)

その日、断捨離®︎指宿リトリートリヒトで開催される

「コロナ禍平癒 現状打破打開 能楽師「大倉正之助」大鼓 祈念祈願祭」

 

やましたひでこの思いはこちら→★★




やましたひでこの思いを、
2
期トレーナー7人、一丸となって

リスペクト、応援します

 

このトークイベントへの参加費は無料です



お願い

  • ①以下から、「打ち拓きの会」への1口1000円以上の応援をお願いします。
    すでに支援済みの方は、もう1口、お願いします。

  • https://www.reservestock.jp/shared_projects/index/315


    ②このイベントを知らない方、お友達に是非このことを拡散してください。
     多くの方に6月21日の「打ち拓きの会」のことを知っていただきたいのです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    (ご注意!)「打ち拓きの会」のみにご支援いただいても、
    このイベントの案内は届きませんので、必ず

    【打ち拓きの会協賛企画】
  • 2期トレーナー7人の生き残り祭り第2弾
  •  
  • にお申し込みください。
    (このページの下からどうぞ)




 
断捨離®トレーナー2期メンバー

 

どんな展開になるか、私たちにもわかりません。

が!

私たち7人の共通点はこれかなと。

 

不安や心配、恐怖で未来を曇らせない
かかった雲は吹き飛ばす

【現状打破打開】

 

面白がってご参加ください。

ご参加を心よりお待ちしています。


開催日時
2021年6月19日(土)
開場 20:55
開始 21:00
終了 22:30
場所

参加費
定員 230  名 【残 20 席】
申込受付期間2021/5/28(金) 00:00 ~ 2021/6/19(土) 21:00まで
主催者原田千里
 
 
 
 
Profile
Professional
やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー

古澤貴子

Mission
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Senmon
断捨離 チーフトレーナー 自閉症 発達障害 分子栄養学 古澤貴子

人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が掴めませんでした。
やっと理解し、断捨離トレーナーになることを決心した2013年、いきなり人生が大きく変わりました。なんとまぁ、夫が私の友人と恋仲になり家出。つまり断捨離されました(笑)子供と犬と患者さんとスタッフ、おまけに彼の多額の借金まで背負う羽目に。

ところが、悲劇にも思えたこの強制大断捨離が、私の人生を大きく変えました。
今、自分軸を生き始めた私が伝えたいことは「からだの断捨離」。生きる希望を見出す力になりたいと思います。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright(c)2020-2021Kanalabo,inc.All Rights Reserved.
Powered by reservestock