Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1association Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
26517_mznjotyzmzhkyti5o

ニューヨークライフバランス研究所 無料相談会

研究所の講座や、オンラインサロンについて質問できる、無料の相談会です
参加受付中
あと 3 名
このような方にオススメ
研究所の講座に興味がある方。講座の対象や進め方について聞いてみたい方。オンラインサロンの中身について知りたい方。
期待できる効果
講座やサロンの雰囲気をお伝えしながら、個別の質問にお答えします。
 
ニューヨークライフバランス研究所について、
気軽に質問できる「無料相談会」を開催します!

 

▶︎研究所の理念や活動領域、講座については公式HPをご覧ください。
 
 
相談会は、どんな内容ですか?

 

 この会は、研究所の講座やオンラインサロンに興味を持ってくださった方を対象とした、無料の相談会です。 研究所メンバーに個別で質問をしていただけます。

 

  □ どの講座を受けようか迷っている

  □ 自分のライフスタイルやキャリアにあった講座を知りたい

  □ 講座の進め方について知りたい(講座、反転学習、録画コースの違いなど)

  □ オンラインサロンの活動について知りたい

  □ 研究所や講師の雰囲気が知りたい

 

  といった、具体的なご相談にお答えする形で進めていきます。

  ホームページだけではお伝えしにくいニュアンスや、
  個別の事情に即したご案内ができればと思っています。

 

 
誰でも参加できますか?

 

  はい。研究所に興味を持ってくださった方なら、どなたでも参加できます。

 

 
いつ、どんな形で開催されますか?

 

  6月の開催予定は下記のとおりです。

  日程:日本時間6月22日(火)
  時間:10:00〜10:45(45分間)

  概要:研究所の活動のご説明、講座などに関する個別の質疑応答
  開催:オンライン会議システムZoomを使った説明会です。
             お申し込みの方にZoomリンクをご案内します。

  *無料相談会は研究所スタッフによる運営です。
  松村本人は参加しませんのでご了承ください。

 
参加にあたってのお願い
  • 1 ズームを使ったオンラインでの説明会です。初めてズームを使われる方は事前に接続方法のご確認をお願いします。
  • 2 同業他社の方のご参加はお断りします。
  • 3 他の参加者の迷惑になる行為をされた場合、ホストが退室操作をさせていただくこともありますのでご了承ください。
 

 

▶︎研究所で開催している講座 
一覧はこちらから
 
▶︎研究所のオンラインサロン
 
▶︎松村亜里著書・監修書籍
 
 
 
 
研究所代表・松村亜里について

 

*無料相談会は研究所スタッフによる運営です。
松村本人は参加しませんのでご了承ください。

母子家庭で育ち中卒で大検をとり、朝晩働いて貯金をしてニューヨーク市立大学入学。首席で卒業後、コロンビア大学大学院修士課程(臨床心理学)、秋田大学大学院医学系研究科博士課程(公衆衛生学)修了。

ニューヨーク市立大学、国際教養大学でカウンセリングと心理学講義を10年以上担当し、2013年からニューヨークで始めた異文化子育て心理学講座が好評で州各地に拡大。「ニューヨークライフバランス研究所」を設立してポジティブ心理学を広めている。幸せを自分でつくり出す人を増やすために、エビデンスに基づいた理論とスキルを紹介し、実践に落とし込む講座を展開。

『世界に通用する子どもの育て方』『お母さんの自己肯定感を高める本』『子どもの自己効力感を高める本』など、出す本全て重版がかかる気鋭の心理学者。

ポジティブ心理学を人生に活かす「Ari's Academia」ビジネスや仕事に活かす「Ari's Academia for Professionals」、二つのオンラインサロンも開催中。



開催日時
2021年6月22日(火)
開始 10:00
終了 10:45
場所 申し込み後に当日のリンクをお知らせしています。

ホームページ
参加費
定員 10  名 【残 3 席】
申込受付期間2021/4/28(水) 00:00 ~ 2021/6/22(火) 15:00まで
主催者ニューヨークライフバランス研究所
お問い合わせ先ニューヨークライフバランス研究所/ならはらあい
お問い合わせ先電話番号
お問い合わせ先メールアドレスinfo@lifebalanceny.org
幸せを自分で作り出せる人が増える
Expert
 
 
ニューヨークライフバランス研究所 
松村亜里
幸せを自分で作り出せる人が増える
 
臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー
1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教..
 
【ウェルビーイングな生き方】あなたらしさで、毎日が楽しく、もっと面白くなる!
Professional
 
 
 一緒に学ぶ⇨幸せが増える!
Ai Narahara
【ウェルビーイングな生き方】あなたらしさで、毎日が楽しく、もっと面白くなる!
 
■NYライフバランス研究所
・認定講師
・オンラインサロンAri's Academia
 コミュニティオーガナイザー

■NPO法人マザーズコーチジャパン
・認定コーチ/体験講座講師

■ハワイ発大人女子のための学びのコミュニティ
「Hale Aloha(ハレアロハ)」主宰⠀

■VIA-IS(強み診断ツール)トップ5
好奇心・熱意・ユーモア・向学心・感謝

■こんな人です■
福岡出身。大学卒業後は商社で投資や入札プロジェクトに関わっていました。商社の仕事には向いてなかったのですが、独身寮の寮長として寮生のお世話を楽しみました。人が好きで、あたたかい交流に喜びを感じるタイプです。好きなお笑い芸人はサンドウィッチマンと博多華丸大吉。⠀

【人生の転機1】
商社の仕事は規模が大きく、自分の活路を見出せずに過ごしました(議事録づくりと飲み屋手配はかなり上達)。
転機は入社4年目、投資先へ出向となり、経営・営業の現場に出たことです。
一言でいうと、「自分の考え」が問われる場でした。人生経験豊富な上司、同僚にも恵まれ、働く喜びを味わいました。

【転機2】
第2子の育休中に夫の転勤でNYに引越し、0歳2歳を連れての海外生活を開始しました。はじめてづくしで不安が大きかった頃、「コーチング」と出会い、視界が広がる経験をしました。「家庭が明るく、子育てが楽しくなる」を掲げるマザーズコーチジャパンでママが使えるコーチングの技術を学び、認定コーチとなりました。

【転機3】
2016年、夫婦の夢であったハワイ転居が叶いました。が、「まさか」が起こります。私自身がハワイに全く適応できず、不安・落ち込み・パニックで普通の生活ができなくなってしまい、母子で日本へ帰国しました(夫はハワイに残して)。1年弱の療養を経てハワイに戻ったのが2018年です。

【つまり】
人生で引越12回!国内外7箇所での子育てと、自身の不適応の経験を通じ、異文化生活の大変さや「自分をいい状態に保つこと」の大切さを痛感しました。その中で、「自分でしあわせを創り出す」というポジティブ心理学の考え方に心から共感するようになり、学びと実践を継続しています。
 
 
 
 
 
Profile
Expert

松村亜里

Mission
幸せを自分で作り出せる人が増える
Senmon
ポジティブ心理学、ウェルビーイング、ニューヨーク、支援的な子育て、ストレングスベースド

臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー 1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミーを設立。ウェルビーイングとは、心理的にも、身体的にも、社会的にも健やかな状態を指し、自身の経験からこのバランスの大切さを実感している。幸せを自分で創造できる人たちを増やすことをミッションとし、エビデンスに基づいた理論とスキルを紹介し、実践まで落とし込める講座を数々開催中。それを伝えられる人も増えている。

2018年からは、ニューヨークの活動は、子育て中で家から出にくいが学びたいという人たちに多く届くように、世界中どこからでも受講できるオンライン講座にも力を入れている。子育ての合間に、リアルタイムでも録画でも受講できる「世界に通用する子供の育て方」オンライン講座は、世界中から最新の子育てを学びたい親が参加している。同時に、世界中の親が月に一度オンランで集まる「グローバルペアレンティングサークル」を開催中。

2019年8月、ウェルビーイング心理教育アカデミーを辞任し、NYからオンラインをベースに講座を開催している。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock