Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
こどもの「なぜか食べない」を解決するヒントに!偏食と食事療法
発達凸凹アカデミー子どもの発達支援講座
このような方にオススメ
偏食や好き嫌いで栄養の偏りが心配な方、難しいことは抜きにして食事のことを学びたい方
期待できる効果
家庭でできる簡単な食事療法を学ぶことができ、偏食の対応についても知識が増える
隠された魅力を文章の力で引き出したい
Professional
 
 
 書けて話せて手話もできるオンライン講師
わたまること
隠された魅力を文章の力で引き出したい
 
1989年5月1日生まれ。東京都出身。
2017年12月生まれの長女と、2020年2月生まれの次女、二人姉妹の母。

難聴児ママ
魅力引き出しライター
子どもの発達インストラクター

●経歴
こどもが楽しむ施設に8年間勤務。
入社後1年で社内のベストスタッフ賞を受賞し、
入社後4年で、スタッフの中で1%しかいない、接客最高ランクに属する。

2017年5月に妊娠が発覚。
壮絶なつわりを経て、12月末に、長女を帝王切開で出産。
運動発達がゆっくりで、体重の増えも悪く、周りと比べては落ち込む日々。
仕事で毎日100組以上の親子を見ていた経験から、
「ママが笑顔ならきっと大丈夫!」と、がむしゃらに育児をする。

長女が2歳になる頃。
言葉が一言も出ないこと、声に反応しないことがあることから、
半ば強引に大学病院へ検査を依頼。
周囲からは「聞こえてると思う」と言われていた中、
2020年2月、長女に難聴が発覚。
その一週間後に、次女を出産。

長女の難聴が発覚したことで、
今までの私の常識が根本から覆ることになり、
「私も変わらなければ!」と一念発起。
自分自身のたくさんの経験を活かしたいと、2020年に起業し、
本格的に活動をスタート。

幼少期から培われた国語力
役者時代を経て身につけたトーク力
そして、難聴児ママになったことで手に入れた手話

この3つを活かして、人の隠された魅力を引き出すサポートをしている。

2歳差姉妹の子育てに奮闘しながら、オンラインメインで活動中。


●所持スキル
★発達凸凹アカデミー公認 子どもの発達インストラクター
★親子で楽しくハッピートイトレ講座 認定講師
★こどもを守るネットマナー講座 講師
★ZOOM使いこなし講座 認定講師
★スマホで簡単!動画編集講..
 
 

 

発達凸凹アカデミー 子どもの発達支援講座

偏食と食事療法

 

 

「食事は大切」ってわかってるのに、どうして食べないの?

 

多くのママさんが悩む、こどもの食事問題。

 

★全く食べてくれない

★同じものしか食べない

★好き嫌いが多い

★以前は食べていたのに、突然食べなくなった

 

食事についての悩みを挙げるとキリがありませんよね。

 

食べないことにイライラしてしまったり、

せっかく作ったご飯を捨てることになって悲しかったり、

 

ママ自身の心も辛くなってしまうと思います。

 

私たち親世代がこどもの頃は、給食は食べ終わるまで席で食べるのが当たり前。

残すなんてとんでもないという時代でした。

 

だからこそ、我が子がきちんと食べないことに理解ができず、

「自分の教育が悪いんじゃないのか」「甘やかしすぎなんじゃないのか」

と、悩んでしまうママさんはとても多いんです。

 

 

発達障害の偏食は、普通の好き嫌いとは全く違います。

実は、偏食対応がうまくいかないのは、発達に凸凹のある子どもならではの「特性」を知らないだけなんです。

 

例えば、

「醤油やマヨネーズなど、調味料をやめたら食べた」

など、

私たちにとっては当たり前で良かれと思ってやっていることが、子どもにとっては「食べられなくなる原因」になっていることがあります。

 

発達凸凹の子どもが持つ「感覚」や「特性」を理解することで、偏食の悩みはあっさり解決することもあるのです。

 

 

食事療法って難しい?

 

この講座では、食事療法と偏食、二つの観点からお話をしていきます。

「食事療法」と聞くと、なんだか難しそうなイメージがありますよね。

 

発達障害の食事療法とは、

「発達障害の症状としてでているものを軽減するために、食事による栄養素の増減からアプローチしていく改善方法

です。

 

 

発達凸凹アカデミーが提唱している食事療法は、

「家庭で無理なく続けることができ、ちゃんと効果がある食事療法」

 

実は私、料理が大の苦手。

楽しさが見いだせず、毎日の食事作りはとても憂鬱です。

「食事療法」に難しそうなイメージを持っていた私は、

インストラクター養成講座で実際に2週間食事療法をやると聞き、

「この講座だけは受けるのやめようかな……」と考えてしまったほど(笑)

 

ですが、そんな私でも実際にやってみたら、本当に簡単に取り入れることができ、

2020年10月に受けたインストラクター養成講座の時から、今も続いています。

 

我が家には発達凸凹の子はいないのですが、

そうでなくても、家族に変化が見られました!

 

・朝ご飯だけはあまり食べなかった長女がしっかり食べるようになった

・私自身の便秘に改善傾向がみられた

・主人の体調が良くなった

 

ゆる~い食事療法なので劇的に何かが改善するわけではないのですが、

2週間続けただけでこんな効果が得られました。

 

本当に少しのことを意識するだけで、毎日の食事が楽しくなりますよ♪

 

 

偏食って好き嫌いのこと?

 

「偏食と食事療法」を学ぶ前の私は、好き嫌いと偏食は全く同じものだと考えていました。

私はこども関係の仕事を9年しているので、こどものことには自信があったのですが、

偏食について学んだあと、自分の無知を恥じました。

 

偏食のあるお子さんにとって、「一口だけ食べてごらん」と言ったり、無理やり食べさせようとするのは、

最適な方法ではないことを知ったからです。

(今までやってしまっていました……)

 

 

「食べない」という悩みは、ママにとって本当に深刻な悩み。

特に偏食のお子さんをお持ちのママは、どうしたらいいのかわからなくなっていると思います。

 

そんなママと一緒に、お子さんの特性を見ていき、

一緒に対策を考えていくのがこの講座の「偏食」パートです。

 

モニターさんに受けていただいた時、

「なんだかだんだん楽しくなってきました」

とおっしゃっていただいたのですが、

まさに!偏食対応は楽しむことが大切。

 

どうして楽しめるのかは講座の中でお話しています。

 

深刻な悩みを、「悩むことが楽しい」に変えちゃいましょう!

 

 

こんな方におすすめ

★いつも同じものしか食べない

★好き嫌いが多くて栄養面が心配
★本やネットの情報を試したけど、うまくいかない
★給食だと食べるけど家では食べてくれない
★つい「食べなさい!」と言ってしまう
★発達にいいものを食べさせたいが、何がいいのかわからない
★医者に薬を勧められたが、気が進まないでいる
★支援者としての知識を深めたい

 

 

 

この講座の流れ

 

①発達障害の食事療法とは?
なかなかおさまらない癇癪、落ち着きがない、気分の浮き沈みが激しい・・など、
発達障害の症状としてでているものを、体の中から変えていく改善方法について学びます。


②発達障害の子どもに必要な栄養素とは?
脳の働きをスムーズにする、疲れにくくなる、気持ちが安定する・・・
お薬や高価なサプリメントを使わなくても、毎日の食事をちょっと見直す方法をお伝えします。


③ゆるく長く続ける食事療法のコツ
発達凸凹アカデミーの開発講師陣は全員「発達障害の子どもを育てたママ」の専門家たち。
すべての講座のベースは「ママが無理なくできること」。
効果を実感しながら継続させていくコツを説明します。

 

④子どもの「食べない」「偏った食事」の原因とは?
実は偏食の原因は、発達に凸凹のある子ども特有の感覚の違いにあります。
本人にしかわからない特有の感覚を1つ1つ紐解いていくことで、「食べない原因」がわかります。

 

⑤意外なアイデアがきっかけになることも!偏食対応の工夫
原因がわかれば、これまでの対応がなぜうまくいかなかったのかが、手にとるようにわかります。
常識にとらわれない対応事例で「なんだ、それでいいんだ!」と毎日のイライラが激減します。

 

 

受講者様のご感想

 

4歳男の子(グレーゾーン)のママ
思ったよりもゆるい食事療法で本当に安心しました(笑)。まさか〇〇〇がこんなにいいものだったなんて……。
また「これだけでいいんだ!」とぐっとハードルが下がりましたし、今までより献立に悩まなくなりました。
手際は悪いが料理は割と好きな私がこんな風に感じたので、
お料理苦手な方にも頑張れるんじゃないかなぁと思いました。
これから子供がどんな風に育っていくのかは分かりませんがこの講座の内容をちょっとした心のお守りにして、
家族みんなで頑張っていこうと思います。

 

 

 

私が伝えます!

 

わたまること

1989年5月1日生まれ 東京都板橋区在住 長女3歳(難聴児)次女1歳(健聴児)
難聴児ママであり、子どもの発達インストラクターでもある
二つの経験を活かし、ママと先生の支援をしたいと、
視覚支援の専門家として、2020年より本格的に活動を開始。
こどもを楽しませる施設に勤務して9年目となり、
全体の1%しかいない接客最高ランクを保持。
飲食系の部署に所属していたが、長女がなんでも食べる子だった為、偏食とは無縁の生活を送る。
発達凸凹アカデミーの講座で「偏食」について知り衝撃を受け、
自分自身も講師として「偏食と食事療法」の講座を開講できるようになるまで勉強する。

 

開催日時
2021年6月 4日(金) ~ 6月 5日(土)
開場 21:50
開始 22:00
場所 オンライン(zoom)
板橋区
参加費
偏食と食事療法 参加費
8,800円

8800円(税込み、テキスト代・送料込み)

定員 5  名
申込受付期間2021/4/24(土) 22:07 ~ 2021/6/ 2(水) 23:59まで
主催者わたまること
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
書けて話せて手話もできるオンライン講師

わたまること

Mission
隠された魅力を文章の力で引き出したい
Senmon
発達障害 ママ 障害児 育児

1989年5月1日生まれ。東京都出身。
2017年12月生まれの長女と、2020年2月生まれの次女、二人姉妹の母。

難聴児ママ
魅力引き出しライター
子どもの発達インストラクター

●経歴
こどもが楽しむ施設に8年間勤務。
入社後1年で社内のベストスタッフ賞を受賞し、
入社後4年で、スタッフの中で1%しかいない、接客最高ランクに属する。

2017年5月に妊娠が発覚。
壮絶なつわりを経て、12月末に、長女を帝王切開で出産。
運動発達がゆっくりで、体重の増えも悪く、周りと比べては落ち込む日々。
仕事で毎日100組以上の親子を見ていた経験から、
「ママが笑顔ならきっと大丈夫!」と、がむしゃらに育児をする。

長女が2歳になる頃。
言葉が一言も出ないこと、声に反応しないことがあることから、
半ば強引に大学病院へ検査を依頼。
周囲からは「聞こえてると思う」と言われていた中、
2020年2月、長女に難聴が発覚。
その一週間後に、次女を出産。

長女の難聴が発覚したことで、
今までの私の常識が根本から覆ることになり、
「私も変わらなければ!」と一念発起。
自分自身のたくさんの経験を活かしたいと、2020年に起業し、
本格的に活動をスタート。

幼少期から培われた国語力
役者時代を経て身につけたトーク力
そして、難聴児ママになったことで手に入れた手話

この3つを活かして、人の隠された魅力を引き出すサポートをしている。

2歳差姉妹の子育てに奮闘しながら、オンラインメインで活動中。


●所持スキル
★発達凸凹アカデミー公認 子どもの発達インストラクター
★親子で楽しくハッピートイトレ講座 認定講師
★こどもを守るネットマナー講座 講師
★ZOOM使いこなし講座 認定講師
★スマホで簡単!動画編集講座 認定講師
★図書館司書資格 保持

【その他】
子どものこころのコーチング初級講座 受講
家族のこころのコーチング中級講座 受講

B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock