Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
30038_ndc4otu3mmzlmjlhm
科学的に裏付けられた子どもが伸び幸せになる関わり方を学ぶ
参加受付中
このような方にオススメ
思春期を迎えた子どもとの関わりについて知りたい方
期待できる効果
思春期でも子どもに伝わる声のかけ方を学び、実践できるようになる。
 
 思春期の体験講座、開催します
 
思春期って、どんな時期?
いつから?いつまで?いつ終わるの?
 
嵐のようだと思ったり、
とにかく、早く終わってほしいと願ったり。
 
この
思春期って、いったい何なのでしょう。
 
NYLB体験講座 
思春期の子どもに伝わる声のかけ方
 
みなさんは、ご自分の思春期のことを覚えていますか?
もちろん、思春期の頃に色々と思い悩んで過ごした日々のことは覚えていらっしゃることでしょう。
しかしながら、我が子が思春期を迎えると、自分自身もたどってきた道ですが、
今一つ、子どもの思考や態度が理解できないことがあるかもしれません。
 
思春期を過ごす子どもたちにはある特徴があることが、様々な研究から少しづつ解明されてきました。
 
ニューヨークライフバランス研究所では、最新の科学的根拠に基づいた、親子の信頼関係を強め、子どもも親も幸せになるスキルを学べる講座を開催しています。
 
 今回の講座では、なかなか意思の疎通が難しくなった思春期の子どもに伝わる声のかけ方を学びます。

1.子どもが幸せになる子育てスタイルについて知る。

2.思春期の脳の特徴について知る。

 3.   効果的な声のかけ方を一つ練習してみる。

講座は、少人数で理論とシェアを交えて進めます。そして、頭で考えるだけではなく、”今、すぐ使えるスキル”を目指して、ワークで実践して体得します。

科学的なエビデンスにもとづく子どもとの関わり方、思春期の脳の特徴について学び、思春期の子どもに伝わる声のかけ方を実践できる講座です。

 ・・・・・

 

私は、長男の思春期にどうしたらいいの?いつまでこんななの?とモヤモヤした気持ちで、ポジティブ心理学の扉をたたくことになりました。今思えば、まるで自分そのものが思春期でした。
 
「昔はかわいかったのに」なんて思うことはしょっちゅうで
なんでもない話に突然雷が落ちてきて、せっかくの夕食の時間までも最初は穏やかに始まったのに、口喧嘩みたいになって、売り言葉に買い言葉、
まるで同じレベルで競うようにしていた頃さえあって、その都度すごく自分で落ち込んだりしていました。
 
自分だって経験したはずのこの時期ですが、不思議なもので、忘れてしまうものですね。
やり場のない感情で苦しい子どもをわかってあげたいと思いつつ、親として自分がどうしたらいいのか、私もモヤモヤ悩んでしまう時期。
 
そんな中、亜里さんのもとで思春期ってどんな時期なのか、仕組みを知り、
その理由をしり、その不思議さを知り、価値をしり、
親としてどう関わっていけばいいのか、学んでいきました。
 
面白いことが沢山わかりました。悩んでいるのが自分だけでないこともわかりました。
 
自分空間が大事な時なので、部屋にこもりがちな子どもと話せる時間は限られています。
 
もうだいぶダメダメな対応をしてきてしまいましたが、それでも、この短時間の学びのおかげで、その後ずっと、そっか、こんな風に思ってるんだね、だからこうなるのか!と理解できたことは、私の何よりの支えになりました。
 
今は、その時期から数年経過、思春期を抜けた(であろう)長男と、今まさにその最中の次男がいます。
 
2人の思春期がそれぞれこんなにも違うんだということも頭が痛くもあり、面白くもある現在進行形の私、
 
この時期特融のこと、
どうやったらこの時期に声をかけていったらいいのか、
ご一緒にみていきませんか?
「思春期の子どもに伝わる声のかけ方」 体験講座

<日程>  
月11日(火)
NY時間     9:00-10:45
日本時間  22:00-23:45

<所要時間>
約1時間45分

<ZOOM>
お申込みいただいた方にリンクをおしらせいたします。

<お支払い詳細>
こちらも、お申込み後ご連絡いたします。

<持ち物>
・PC(スマホやタブレットでも可能ですがPCがおすすめ)とマイク付きイヤフォン(携帯のものでOK)
・筆記用具
・ドリンク(約2時間ほどのお時間、ドリンク片手に語り合いましょう)

<最少開催人数> 
3名

 

開催日時
2021年5月11日(火)
開場 21:55
開始 22:00
終了 23:45
場所 ZOOMオンライン

参加費

3,520円

または

32ドル(税込み)

支払方法

日本円で銀行振込,

ドルでZelle, Venmo, Payalまたはチェック送付

お選びいただけます

定員 3  名
申込受付期間2021/4/12(月) 08:00 ~ 2021/5/10(月) 23:00まで
主催者高橋あいこ
お問い合わせ先高橋あいこ
お問い合わせ先電話番号
お問い合わせ先メールアドレスatthekitchentable.ct@gmail.com
一人でも多くの方に笑顔を
 
 
 ニューヨークライフバランス(NYLB)研究所 認定講師
高橋あいこ
一人でも多くの方に笑顔を
 
ニューヨークライフバランス研究所 ファシリテーター
‘00年’06年生まれの男子二人の母。アレルギー体質で、幼少からの花粉症、出産後の咳喘息を、たとえ効かなくても薬に頼るしかない生活から、食事と生活習慣を変え、身体のゆがみをとることを意識して薬なしで抑えることに成功中。食に関すること、手を動かすこと、ゴスペルを皆と一緒に歌うことが好き。
なんにでも興味をもって手を出しては時間が無くなる次男に頭をかかえていましたが、実はその好奇心はこの自分に似たんだとVIAの強みをやって最近やっと気づいた主婦。夫と息子二人の四人家族、アメリカ在住。

次男の出産・成長過程において辛い経験をへて、生命の尊さに感動し感謝しているのにも関わらず、6歳違いの子育ての中で、うれしいことも沢山だけれども、どうしても自分に余裕がなくて、イライラしてしまう、大声を出し、あとから後悔がとまらない、眠った子ども達にごめんねという日が何年も続いていました。幸い、周りの方々に支えられ、助けられて今日まで来ることができましたが、その靄がかかったような時期、自分が何をしたいかわからない、周りはみんないいお母さんで、自分はそうなりたくてもどうしてもなれない、ともがいていました。
子育て10年目に渡米し、初めての海外生活で、日々の生活もままならぬうちに子どもたちがの現地の学校へ。恐れ多くも、当時、親として子どもに教えるつもりでいた立場が逆転し、英語に、文化にどんどん慣れ親しんでいく子どもたちを頼りにする、教えられるようになると、自分というものが本当に情けなくなりました。また、兄弟には公平に同じ機会を与えたいと思っていたのですが、性格の違いによっても、それが困難になっていきました。家族の中は日本語ですが、一歩外に出るとそこはアメリカ。自分の苦手をいやおうなしに見せつけられる毎日。文化の違い、人とのコミュニケーション、「できない」悩みと靄はつきませんでした。
子ども達が..
 
 
 
 
 
Profile
ニューヨークライフバランス(NYLB)研究所 認定..

高橋あいこ

Mission
一人でも多くの方に笑顔を
Senmon
ポジティブ心理学 ティーン デトックスと体調 クッキング

ニューヨークライフバランス研究所 ファシリテーター
‘00年’06年生まれの男子二人の母。アレルギー体質で、幼少からの花粉症、出産後の咳喘息を、たとえ効かなくても薬に頼るしかない生活から、食事と生活習慣を変え、身体のゆがみをとることを意識して薬なしで抑えることに成功中。食に関すること、手を動かすこと、ゴスペルを皆と一緒に歌うことが好き。
なんにでも興味をもって手を出しては時間が無くなる次男に頭をかかえていましたが、実はその好奇心はこの自分に似たんだとVIAの強みをやって最近やっと気づいた主婦。夫と息子二人の四人家族、アメリカ在住。

次男の出産・成長過程において辛い経験をへて、生命の尊さに感動し感謝しているのにも関わらず、6歳違いの子育ての中で、うれしいことも沢山だけれども、どうしても自分に余裕がなくて、イライラしてしまう、大声を出し、あとから後悔がとまらない、眠った子ども達にごめんねという日が何年も続いていました。幸い、周りの方々に支えられ、助けられて今日まで来ることができましたが、その靄がかかったような時期、自分が何をしたいかわからない、周りはみんないいお母さんで、自分はそうなりたくてもどうしてもなれない、ともがいていました。
子育て10年目に渡米し、初めての海外生活で、日々の生活もままならぬうちに子どもたちがの現地の学校へ。恐れ多くも、当時、親として子どもに教えるつもりでいた立場が逆転し、英語に、文化にどんどん慣れ親しんでいく子どもたちを頼りにする、教えられるようになると、自分というものが本当に情けなくなりました。また、兄弟には公平に同じ機会を与えたいと思っていたのですが、性格の違いによっても、それが困難になっていきました。家族の中は日本語ですが、一歩外に出るとそこはアメリカ。自分の苦手をいやおうなしに見せつけられる毎日。文化の違い、人とのコミュニケーション、「できない」悩みと靄はつきませんでした。
子ども達が思春期になってから、松村亜里さん、そして認定講師の方たちの講座を受講。学びと工夫で今までの子育てスタイルを変える事はいつからでも可能だということ、安心安全な繋がりの中で成長できる自分に気づくことができました。トライ&エラーを繰り返しながら、自分がほんの少しでも変わっていく事に気づけるようになると、家族の関係性が変わっていきました。自分が楽になりました。

また、長女の特性でしょうか、いつもちゃんとできないといけないという気持ちが常にありました。それが、苦手なこと、出来ないことは仕方ないこと、でも、私にだってできる事はあるんだという風に考えられるようになりました。靄の先がみえるようになりました。完璧でなくてはいけないと思うことをやめることが出来るようになって、そんな不完全な私でも、失敗ばかりの私でも、何かできる事があればいいなと思っています。

一人でも多くの方がウェルビーイングに、笑顔で過ごせますように。

今は、これからの子育て後半、大人になっていく子ども達との、夫婦としての、そして大切な方たちと、また、これから出会うであろう方たちとの、これからも築いていく進行形の関係性が楽しみです。

VIA強み:①審美眼②チームワーク③愛情④スピリチュアリティ⑤親切心
好きな事:食べる事、作ること、手を動かすこと、人と話すこと。料理、お菓づくり(最近ではグルテンフリー、精白されたシュガーフリーをこころがけて)、パン講師資格あり(アンデルセン風クルミパンが家族は大好きなのに、最近全然つくってなかった)、写真、デトックス(子供達が地獄と呼ぶ朝のグリーンジュースつくりが得意)、ゴスペル、カリグラフィ、ジュエリー作成、ネイルアート、アロマ、茶道を習い始めました、ウォーキング、ヨガ、ゴルフ、パーツ痩せエクササイズ(続かなかったとしてもひとまずとびつく)、ドライブ、読書、ミュージカルオペラ映画ドラマ鑑賞、旅行、美術館、アンティーキング。友人に着物の世界の魅了をおしえてもらった。チェロを習いたい。食品ラベルは見ないと気が済まない原材料表示オタク。最近は15分だけお掃除と、発酵食品づくりがマイブーム。
原田マハさんの本にでてくる絵画を見て周ることが夢。
グレイヘアプロジェクト19年秋より進行中。

B_ameba
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock