Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
心も体も喜ぶおやつの試食つき☆親子食育講座「そのおやつ、食べ続けて大丈夫?!」
このような方にオススメ
お子さんに与えるおやつについて悩んでいる方、今後入園などを控え、周りとの関りを含めておやつの扱いをどうするか悩んでいる方
期待できる効果
親子でおやつについて学び、少しでもカラダに良いおやつに替えていくきっかけをつかめる
537869_スナック
ママが健やかに笑顔で過ごすため、心身を整える大切さを伝えたい
Professional
 
 
産前産後整体&ヨガサロンyuj-ユジュ- 産後ボディケアの専門家
大森典子
ママが健やかに笑顔で過ごすため、心身を整える大切さを伝えたい
 
♦理学療法士免許取得(2004年)
♦RYT200取得(アンダーザライトヨガスクール)
♦月経血コントロールヨガTT修了
♦リストラティブヨガTT修了
♦ブリスベイビーヨガによるマタニティヨガTT修了
♦産後美人になるためのメンテナンスヨガTT修了
♦ルナワークスTT修了
 ・マタニティヨガ
 ・シニアヨガ
 ・乳がんリハビリヨガ
♦ファスティングマイスター
♦リビングフードトレーニングコース受講(アンダーザライトヨガスクール)
~自己紹介~

1982年生まれ
一児の母


はじめまして、整体師・ヨガインストラクターの大森典子です。
私は産前産後の女性が、不調に悩むことなく笑顔で過ごしていくためのサポートとして、ヨガレッスン・整体の提供をしています。

過去には整形外科主体の病院にて10年間、理学療法士として腰痛や肩こりの患者様の治療に携わりました。

2010年にヨガを始め、自身の不調(特に生理痛)が劇的に改善されたのをきっかけに、インストラクターを目指します。

2011年よりインストラクターの養成講座に通い始め、2012年には当時の職場にてヨガサークルを立ち上げ、指導を始めます。

骨盤底筋にフォーカスした子宮美人ヨガの実践を始めてからは、それまで悩んでいた重い生理痛が半年で激減し、1年半後には生理周期が安定しました。

2014年に結婚後、半年で妊娠し、2015年の5月に娘を出産しました。
この時もヨガに助けられ、産前産後に身体を整えることの大切さを痛感。

現在はママやプレママのためのヨガレッスンや整体の他、内側からのキレイを目指すママ向けに、ローフードの試食付きレッスン・料理教室なども開催しています。

ヨガを始めてから食に関する探究心が強まり、日々、自分のカラダで実験している最中です。そのあたりも皆さんにシェアしたいと思っています。
 
 
春休み特別企画☆親子食育講座
 

こどもに食べさせているおやつ
本当にこのままでいい?
そんなママへ

 
 
 
 
 
 
皆さんは、お子さんに
どんなおやつを食べさせていますか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
離乳食や幼児食の本には、
 
「おやつと言っても、
 いわゆる市販のお菓子をたべさせる
 必要はなく、
 おにぎりやふかしいもなどがいいでしょう」
 
などと書いてあった気がしませんか?
 
 
 
それが、いつの間にか、
親が食べているようなスナック菓子や
キャンディなどを、こどもが「ほしい」と
言うようになったりして。
 
 
 
小さい頃は寝ている隙に
こっそり食べていたのが、
こどもの成長とともに、
難しくなってきたり。
 
 
 
 
自分が食べてしまっている手前、
少しだけなら・・・と、
食べさせてしまうこともあるかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもがアレルギーなどを持っている
場合は、気を付けるのでしょうが、
 
そうでなければ、少しずつ、
大人が食べているモノを「ほしい」と
言うようになるでしょう。
 
 
 
 
 
保育園や幼稚園に入園することも
新しいおやつの味を覚えるきっかけになります。
 
 
預けている以上は、園で出されている
おやつを食べさせないわけにもいきません。
 
 
年少、年中、年長へと学年が進めば、
子どもたち同士の付き合いもでてきます。
 
 
 
 
 
 
そうなった時に、親として
どう対応していったらよいでしょうか。
 
改めて、考えてみませんか?
 
 
これは、
簡単なことではありませんが、
 
こどもに食べさせたくないのならば、
「親も極力食べない」
というもの大切です。
 
 
 
こどもは親の影響を強く受けており、
無意識のうちに親のマネをしています。
 
 
 
 
実際、これまでに
料理教室や食事指導などを
受けてくださったお客様からは、
 
ご自身のカラダの変化だけでなく、
こんな声もいただいています!

 
 
 
【お客様の声】

「便秘解消のためにスムージーを飲んでいたら、息子も飲むようになりました!」


「2歳の息子も雑穀米を食べてくれました!」


「今まで作ったことのない副菜でしたが、子どもも食べてくれました!」


「ダイエット目的で生野菜を食べる習慣をつけたら、息子も生野菜を食べるようになりました!
 
 
 
 
 
ご覧いただいたように、
親が食べているものであれば、
子どもは食べるようになるのです。
 
 
「どうせたべないだろう」と
思い込んでしまっていませんか?
 
 
 
親子というのは生物学的な遺伝だけでなく、
習慣も似ていくものです。
 
 
 
 
ただし、
食べるようになるタイミングは、
こどもによってさまざまだと思います。
 
 
 
うちの5歳の娘は、
離乳食時代から3歳くらいまで、
偏食がひどく、本当に苦労しました。
 
 
 
私自身、子どもが食べないとしても
自分の食べたいものは食べる、
と決めていたので、
 
完全に別のものを食べている期間も
長かったです。。
 
 
 
それでも、私は、
自分が好きな野菜を食べている姿を
娘に見せ続けました。
 
 
 
野菜とナッツのみで
サラダ~メイン・デザートまでつくる
ローフードの料理教室にも同伴させ、
食べないまでも、作るのを手伝わせたり、
とにかく目にする機会を作りました。
 
 
 
 
 
 
 
すると、3歳を過ぎた頃から、
少しずつ食べられるものが増え、
 
4歳からは生野菜も食べられるようになり、
5歳になった今は、副菜なども含めて
親と同じものが食べられるようになったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
普段のおやつは、手作りクッキーなど、
できるだけ砂糖控えめのものや、
フルーツなどにすることが多いですが、
 
 
  
 
 
 
 
時々は外食でケーキなどを家族で
食べることもあります。
 
 
 
 
 
 
そして、もちろん、
こども園では市販のおやつを食べる機会もあります。
 
遠足などでは、お友達からおやつをもらう
機会もあります。
 
 
 
そういう機会に新しいおやつを知って、
「今度買ってほしい」と言ってくる
こともあります。
 
 
 
そういう時に、
親としてどう対応していくべきか?
 
 
私も試行錯誤真っ最中ですが、
本当はあまり食べさせたくない
市販のおやつを食べさせる時、
ルールを決めています。
 
 
そして、
食べさせたくない理由についても、
こどもにきちんと伝えるように
しています。
 
 
 
 
今回は、
ママが本当は食べさせたくないであろう
 
 
「甘いもの」や「スナック菓子」が
なぜ体に良くないのか、
 
 
お子さんにもわかるように
説明した上で、
 
 
それぞれが納得いくような
おやつへの向き合い方を
見つけてもらえたらいいなと♡
 
 
 
皆で一緒に考えませんか?
 
 
 
当日は、
ナッツやドライフルーツなどで作る、
ブリスボールのご試食もご用意しています♪
 
 
(今回はチョココーティングタイプではないものをご用意しております)
 
 
 
こちらのブリスボール、
良質な脂質を含んでおり、
一粒でも満足度が高いんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前、
料理教室にご参加いただいた
ママさんには、
 
 
「クッキーなどのように、
 焼き加減を気にしなくてもいいし、
 
 子どもに呼ばれたりして
 作業を中断しても問題がないから、
 家で作るのも気軽にできました!!」
 
 
 
とご好評いただきました♪
 
 
 
 
 
 
是非、お子さんと一緒にご参加ください!
 
 
「もうすでに、いろんなお菓子食べさせちゃってる。。」
 
という方も、遅くはありません!
 
 
 
 
急にすべて変えるのは難しくても、
少しずつ変えていくことは能です。
 
 
 
 
 
ご参加、お待ちしております💛
 
 
 
 
 
【日時】2021年3月29日(月)
9:45  ドアオープン
 
10:00~   自己紹介&なぜ参加しようと思ったか
 
10:15~ 食育講座「このおやつ、食べ続けて大丈夫?!」
 ・カラダに良い油と良くない油
 ・良くない油が使われている市販品
 ・
 
10:45~ シェアリング&ナチュラルおやつの試食
 
11:15  終了予定
 
 
 
 
【会場】整体・ヨガサロンyuj-ユジュ-
(静岡市葵区昭和町5-6 プチリヴェール昭和町203)
 
【対象】お子さんのおやつについて考え、それをこどもに伝えたいママ(子連れOK)
 
 
【定員】5組様   ※感染予防のため、窓を開け常時換気をした状態で行います
(お子様連れの場合は、お子さんの人数と年齢を教えてください)
 
【参加費】親子で1,000円
(お子さん2人以上の場合、一人増えるごとに+100円)
 
 
【支払方法】当日現金
 
 
【持ち物】特になし(参加者全員、マスク着用でお願いします)
 

 

☆こんな方にオススメです☆
□こどものおやつについて悩んでいる
□こどもにやめさせたいおやつがある
□少しでもカラダによいおやつを食べさせたい
□第3者からこどもにおやつについて話をしてほしい
□なぜ体に良くないか、こどもに説明できるようになりたい
 
 
 
《注意事項》
※お子様連れは歓迎致しますが、アレルギーなどがある場合、試食はご遠慮いただく可能性があります。
 事前にご相談ください。
 
 
 
 
 
開催日時
2021年3月29日(月)
開場 9:45
開始 10:00
終了 11:30
場所 産前産後整体・ヨガサロンyuj-ユジュ-
静岡市葵区昭和町5-6 プチリヴェール昭和町203
ホームページ
参加費
支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員 5  組
申込受付期間2021/2/28(日) 23:47 ~ 2021/3/29(月) 09:45まで
主催者大森典子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional

産前産後整体&ヨガサロンyuj-ユジュ-

産後ボディケアの専門家

大森典子

Mission
ママが健やかに笑顔で過ごすため、心身を整える大切さを伝えたい
Senmon
子宮美人ヨガ 産後ヨガ 産後ダイエット マタニティヨガ

♦理学療法士免許取得(2004年)
♦RYT200取得(アンダーザライトヨガスクール)
♦月経血コントロールヨガTT修了
♦リストラティブヨガTT修了
♦ブリスベイビーヨガによるマタニティヨガTT修了
♦産後美人になるためのメンテナンスヨガTT修了
♦ルナワークスTT修了
 ・マタニティヨガ
 ・シニアヨガ
 ・乳がんリハビリヨガ
♦ファスティングマイスター
♦リビングフードトレーニングコース受講(アンダーザライトヨガスクール) ~自己紹介~

1982年生まれ
一児の母


はじめまして、整体師・ヨガインストラクターの大森典子です。
私は産前産後の女性が、不調に悩むことなく笑顔で過ごしていくためのサポートとして、ヨガレッスン・整体の提供をしています。

過去には整形外科主体の病院にて10年間、理学療法士として腰痛や肩こりの患者様の治療に携わりました。

2010年にヨガを始め、自身の不調(特に生理痛)が劇的に改善されたのをきっかけに、インストラクターを目指します。

2011年よりインストラクターの養成講座に通い始め、2012年には当時の職場にてヨガサークルを立ち上げ、指導を始めます。

骨盤底筋にフォーカスした子宮美人ヨガの実践を始めてからは、それまで悩んでいた重い生理痛が半年で激減し、1年半後には生理周期が安定しました。

2014年に結婚後、半年で妊娠し、2015年の5月に娘を出産しました。
この時もヨガに助けられ、産前産後に身体を整えることの大切さを痛感。

現在はママやプレママのためのヨガレッスンや整体の他、内側からのキレイを目指すママ向けに、ローフードの試食付きレッスン・料理教室なども開催しています。

ヨガを始めてから食に関する探究心が強まり、日々、自分のカラダで実験している最中です。そのあたりも皆さんにシェアしたいと思っています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock