4792_odrimzgxzti2zdfim

伊藤マナのワークショップ

3Days

in

Aichi(合宿)

ありがとう


満員御礼

536706_sea-1836480_1920
536706_beach-1867271_1920
536706_img_6138
536706_cliff-1839392_1920 (1)
536706_sea-1836480_1920
536706_beach-1867271_1920
536706_img_6138
536706_cliff-1839392_1920 (1)

自分にOKを出し、軽やかに生きる

このような方におすすめ

大きな気づきをもたらしたい方

期待できる効果

大きなターニングポイントより新しい人生のステージに一歩踏み出すことができる

伊藤マナのワークショップ 3Days in Aichi(合宿)

200年以上続いた「地」の時代が終わり、
新しい「風」の時代が始まりました。
400年前から続いた「地」の時代は
「物質的なところに価値基準がおかれ、
権威、権力がある人が力を持つ」
という時代でした。

でも、これから始まる「風」の時代は、
「多様性への尊重と自由、平等」
といった世界へと変わります。
「風のように自由に」
それが、風の時代の特徴です。
”目に見えるもの”から”目に見えないもの”へと
時代が大きくシフトし流れに乗るためにも、
ネガティブな思考パターン、
観念は脱ぎ捨てていく必要があるのです。

風の時代に乗っていく最大のポイントは 心も、
身体も状況もすべて「軽やか」でいること。

風の時代に加え 今、地球の次元は、
どんどん上昇しています。

どんどん軽やかな時代になっていくのに
あなたがいつまでも重たい思考でいると
時代に取り残されていくのは明らかです。

今はまさに 重たい足枷になっているエネルギーは捨てて
軽ろやなフラットなマインドでレジリエンス力を高め
新しい時代へ乗っていく時なのです。

人生でも何かをしようとすることが
無理を生むことがあります。  
しようとするのをやめたときに起こる創造の世界。
それは、自己信頼がベース。

スピリチュアルな生き方とは
常に前向きな
”立派な人間になること”
とは違います。

どんな自分にもOKであること。
ありのままの自分にOKだして
ごくごくあたりまえを生きること
風の時代に乗っていく
最大のポイントは
心も、身体も、状況もすべて
「軽やか」でいること。


潜在意識という海にダイビングして、
海の底の方にある鍵付きの宝箱の中に、
身体を動かしながら解放することで
重たい波動が自分から抜けて、
軽やかになっていきます。
ネガティブ・ポジティブを統合し、
新しい時代に乗っていきましょう。
発起人の黒田貴子さんからのメッセージ

はじめまして。発起人の黒田貴子です。
みなさんのこれからが120%気持ち良い過ごし方に
変化変容していくサポートをしていく事に喜びを感じています。
もっと笑顔を心から感じてほしい!


伊藤マナさんの3Days長野合宿に参加させて頂き、
自分が感じた事は、
このワークショップを
みんなに知って幸せになってほしい!
そう思います。

なんせ様々な苦境と悲しみの

自分の人生に光が差し込んだのは、
伊藤マナさんの学びを受け、
笑顔溢れる愛ある人生に気付きと癒しが
起こり変容していったからです。

私が学んできているシータヒーリングは勿論、
クリスタルボウル演奏会、
インディアンホピ族のお話し会、断食合宿や
長野のワークショップで、
共に同じ釜の飯を食べて初めて起こる家族レベルの一体感。


貴方の家族は心が通じあっていると感じますか?


私の家族は今でこそ仲良しですが、
幼少期は自分的にはとても孤独感を感じていました。
家族はみんなホワイトシープ。
自分だけブラックシープ。

母は甘えてこない私は可愛くなくて、
甘えてくる妹は可愛い。
父は性格が似ている為、
いつも反抗する私ばかり怒鳴り散らして、
自分の居場所がなかったのです。


ですが、それは私目線。
入り組んだ感情のもつれは話さないと分からないのです。

貴方はお母さんにあの時
どうして私ばかり関心がなかったの?
お父さん、
どうして私ばかり
怒鳴っては手をあげていたの?

と聞いた事はありますか?

小さな時の傷付いた記憶、話した事はありますか?


このような記憶、必ずみんなに共通し、
傷付いたまま大人になっているのは、
私がカウンセリングをしてから
ほぼ全員持っていると分かりました。


この幼少期の傷付いた記憶こそ、解放し、
家族の感情のもつれに愛と癒しを送る事が
幸せの鍵なのです。


本人は忘れてしまっている場合もありますね。
ですが、小さな貴方は心に傷を持ったまま
普通に生活しています。
見たくない過去をいちいち思い出す必要はないからです。


ところが、この忘れたいような記憶こそ、
今見ていく必要があります。
それは、見ないようにして
乗り越えていけない鍵がそこにあるからです。


そんな寂しくて悲しかった気持ちの自分、
見るのはとても嫌ですね。

ですが、ここに向き合っていく事こそが
本当の自分を知るきっかけになります。


自分を生きるとは
どんな感じか知ってほしい。


弱さと向き合って、
そんな自分を抱きしめてあげてください。

その弱さが強さに変わり、やがて輝きへと変わる。


そんな感情解放ワークショップ。

海の見える高台で、
露天風呂につかりながら、
優しい音色を放つクリスタルボウル演奏に包まれて。
新しい自分へと変化してみませんか?

この三日間を過ごす人生と
過ごさない人生は雲泥の差。

今日も明日も明後日も。
貴方の笑顔が続きますように♡´・ᴗ・`♡

愛を込めて
ta-cois
黒田貴子





伊藤マナより




今までも20年以上、
私はワークショップもリトリートもセミナーも開催してきましたが、
エネルギーワークも含めた心身一如という
体と心を統一させる動きを入れて、
さらにコンステレーション、
クリスタルボウルを入れるという…
私のワークショップは
「やっと生まれた」という感じがしています。

私がクリスタルボウルを奏で続けているのは、
地球の周波数や微生物が
元気になるからというのが
ひとつの目的だけれど、
人によっては宇宙体験をする人、
私たちは肉体を超えた存在だと気づく人も多くて。

私はそれを一番みんなに体験してほしくてやり続けています。

私たちはこの肉体の中にしかいないというのも分離意識だし、
すごく自分をちっちゃく収めているのだけれど、
ひとりひとりの存在は宇宙と同じくらい大きな存在で、
肉体を超えた存在だという自由な意識というか、
覚醒しながら拡大していく意識。
それを体験してほしいのです。



感情開放と体を動かしながら自分とつながるのと
クリスタルボウルというのがまさしく、
宇宙意識に体感してもらえるひとつの流れだと思います。


なぜ感情開放と体を動かすことが大事なのか、
感情開放を大事にしているのは、
私たちは感情を無意識にためこんでいるのと、
潜在意識のクリーニングが
ひとりだけでは開放できない領域があるからです。

クループ全体で共にやることによって
開放が促されるのです。
ひとりではできなかったところまで触れて
開放できる良さがあるということです。

また、体(ボディ)・マインド・スピリットを
統合させるためにも体を動かすことが必要です。

なぜかというと、
言語化できる領域って
すごく狭められるんですね。
言語化できないノンバーバルな領域は、
体感覚で受け取っているものが多くあります。
言語化できない情報を遺伝子レベルでもチャクラでも
オーラでも私たちは密に持っているのです。

それを体を通して表現して無意識を意識化する。

無自覚を自覚化して、
自分にとってもういらないと思いながら開放してあげる。
それが体を動かすワークの醍醐味なのです。

このワークショップの細かな内容も
言語化するのはとても難しいです(笑)

参加したみなさんが、
とても素晴らしい感想を書いて下さっているので、
一部ですがご紹介します。
こちらを読んで頂けると一番わかりやすいかと思います。


参加者の感想(一部抜粋)

Mさん
女性性を開くワークショップに参加して どんな内容なんだろう、
と楽しみ半分・とまどい半分といった気持ちで参加しました。
ボディムーブメント(ダンスに似ていますが、
「身体が動きたいように動く」ことを重要視しています)を
中心としたワークは、
言葉で理解するのとは全く別の感覚でした。
はじめは目を閉じて行うので
(もちろん他の方や周りのものににぶつからないよう、
スペースを空けておきますが)、
自分の内側に意識を向けて集中でき、
周りもそんなに気にならずに動くことができました。
自分の中に「動きたい、跳びたい」というエネルギーを感じました。
またクリスタルボウルの演奏では、
そのバイブレーションに身を任すうちに、
時間と場所の感覚が
しばらく飛んでしまうという体験を初めてしまし
た。
その心地よさに眠ってしまったようですが、
ただ起き抜けに「ここはどこ?今は何時?」
というのとは違った感覚です…至福の体験でした。
2回公開セッションがあったのですが、
他の参加者も代役に立つ
「ファミリーコンステレーション」方式で行われ、
クライアントに立った方も、
周りの皆も大きな気づきがありました。
これまでの社会通念や価値観が限界を迎え、
新たなパラダイムが必要とされている、
それを実感するような
大小さまざまな出来事が起こっています。
わば「男性性原理の社会から女性性原理の社会へ」
という流れです。
主催の伊藤マナさんは、
それを迎えるための
「意識の目覚め」を、
言語を超えたところから促しているのを、
文字通り「身をもって」感じました。
まずは自分の中の、
男性性と女性性の健全な目覚めと統合
=インナーマリッジを目指していこうと思います。
それが起こった時、
本来の輝きを持った自分自身を取り戻し、
それが現実を切り拓く力になるということを、
先の公開セッションでも見せていただきました。
日頃、頭の中が思考の言葉でいっぱいになっている私たち現代人…。
このワークショップで一度、
言語を超えた潜在意識を揺さぶってみるのはいかがでしょう?
新しい時代に必要となる体験のように感じます。

Mさん
大地に根を張ると言う感覚心が
弱くなっている(身体が)感じがした。
男性性のダンスの時は音楽が
とても嫌で体がうまく動かない気がした。
女性性のダンスは(母性)音楽は
とても楽しい幸福な気がしたが、
とても悲しい、寂しい、
感覚が出てきました。
女性の深い悲しみ、
暗黒をイメージしたシェアでは
同じことをしてもそれぞれ感じ方が
違うことを改めて知り、
女性性の痛みも
いろいろな形があることを知った。
女性性のワークでは今まで女性として、
否定されてきたと思っていたことを
思い出しながら講義を受けました。
公開セッションでは女性性役に選んでもらって、
初めて怒りが出てきました。
体の奥から熱い物がこみ上げてくる感覚は、
今まで自分が閉じ込めてきたものだったと感じました。
ダンスワークは風に当たる手や
腕の感じが気持ち悪く感じていたら
いつの間にか手で体を
包むような形で閉ざしていた。
マナさんに声をかけられるまで
気づいていないことに気づく。
少し動き出したら、
涙が止まらなくなった。
「痛い、苦しい、悲しい」が湧き上がってきて、
ずっと閉ざしてきた自分の痛みや、
周りの女性性の痛みを感じていた。
途中からは足は動くけど
上半身は動きにくかったかな!
自分を大切にしていきたいと思いました。

Kさん
三日間ありがとうございました。
あっという間でした!時間の流れがよくわからない。
無条件の愛についてYちゃんがシェアしてくれました。
それから今までどれだけ無条件の愛を与えられてくれたのか
気がつくことができました!
また何かのセミナー行きたいです!
ありがとうございました!

Yさん
女性だけだったのでより周りの目をより意識せずに
感情を出せたのが良かったです。
クリスタルボウルが大好きなので、
2回も体験出来て嬉しいです。
最終日の「嫌だワーク」が終わった後に
胸のあたりが気持ち悪くなり、
頭がボーッとしていました。
体に何か変化が起きました。
マナさん曰く今まで感じたくなかった感覚が体に出てきたと。
マナさんのファミリーコンステレーションは
2回ともとてもダイナミックで素晴らしかったです。
マナさんという人柄がワークショップを大きな愛で包んでいるので、
その安心感がありました。
た次回あったら参加してみたいです。

Aさん
からだに働きかけてからだから受けとる、
という体験が濃密な3日間でした。
自分を動かしているエネルギーがどんなものか、
頭で理解できる知識や理屈ではなく、
からだを通して分かる、腹に落ちる、
という感覚を味わうことができました。
マナさんのワークショップは
マナさん自身が体得した、
時空を越えた世界観がベースになっているので
普段狭い頭だけの世界に閉じ込められている人にとっては
新鮮な驚きと共に、
自身の存在そのもの、
本質に出逢える得難い機会となると思います。
クリスタルボールの響きに導かれ、
からだのエネルギーを全開に放出した後に
顕れてくる本質に出逢えたことは
何にもかえがたい悦楽、
至福体験でした。
「これでいいのだ」
「THIS IS ME」
この感覚がからだを通してやってきました。
本当の手放しがはじまり、
大地へと伸びる根が更に太く長く深く
力強くなった感じがしています。
健全な女性性、男性性への理解は
私を生かしている存在に身を委ねることで、
からだを通してやってくる、、。
自身の仕事、使命につながるからだへの確信、
わたしそのものへの確信を得ることができました。

Yさん
やっぱり女性性のダンスの時より
男性性のダンスの方が
周りの目を意識しないし踊りやすい。
その後のワークで父親に対しての怒りをぶつけた。
感情を出せてよかった。
このワークが終わった後、
胸のあたりが気持ち悪くなって頭がぼーっとしている。

Kさん
三日間ずっとお腹がゆるくすごいデトックス効果でした。
3日目のワークで女性性の動きをするときに小2から小5の頃、
バレーを習ってきたことを思い出しました。
あの頃は踊るのが楽しくて仕方なかった。
また関節が硬くて諦めた気がします。
あの頃を思い出せてよかった。
自分が喜んでいるようです。
ありがとうございました。


スケジュール

1日目

13時30分 受付開始

14時 ワークスタート

19時 ワーク終了、夕食

   夕食後は自由です。


2日目

6時15分〜 朝ヨガ、瞑想(自由参加です)

7時30分 朝食

9時00分 ワーク開始

12時30分 昼食

13時 ワーク

19時 夕食

   夕食後は自由です。


3日目

6時15分〜 朝ヨガ、瞑想(自由参加です)

7時30分 朝食

9時00分 ワーク

12時30分 昼食

13時30分 まとめ、シェアリング

15時解散

※夕食時の、アルコールは御遠慮ください。(夕食解散後に部屋吞みは自由です)
※大まかなスケジュールですが、時間などの変更があることをご理解ください。
※最終日の解散時刻は15時ですが、延長する場合が多々ありますので、
 公共機関をご利用の方は、
 できるだけ余裕を持って
 ご予約をすることをお勧めいたします。

合宿となりますので、
時間を最大限に生かして思い出に残る時間を過ごせるようにしたいと思います。
  
◎参加資格は20歳以上の方はどなたでも参加できます。
◎部屋は、ツインルームが基本となり、こちらで部屋割りを決めさせていただきます。
 もし、なんらかの理由で一人のお部屋をご希望の方は、


1万円〜2万円のプラスの料金となりますが、
 可能な限り対応いたしますので
 ご連絡をいただけたらと思います。

※電車でお越しの方は基本的には、蒲郡駅からホテルまでの送迎がございませんので、
 基本的にはタクシーでホテルまでお越しいただくことをご了承ください。
 (タクシー代は5000円~6000円です)
 但し、人数がまとまりましたら、蒲郡駅南口からホテルの送迎が可能ですので、
 事前にご連絡をいたします。
 バスの送迎が可能になりましたら、
 バス発車時間は蒲郡駅南口を13:00発とさせていただきますので、
 乗り遅れないようにお願いいたします。

 ちなみに名鉄東幡豆駅からはタクシー代は3000円ぐらいです。
  (東幡豆駅からのバスの送迎はありません)



開催要項

開催日時
2021年10月 1日(金) ~ 10月 3日(日)
開場 13:30
開始 14:00
場所

三河湾ヒルズ・ホテル

愛知県

西尾市東幡豆町入会山1-287

ホームページ

参加費

参加費  88,800 円

キャンセルポリシー

参加費 88800円

以上の金額に食事代、宿泊代、会場費、交通費は含まれておりません。(おおよそですが、宿泊費、食事代、会場費がおよそ30000円(税込)ぐらいですので、初日に現金でお支払いをお願いいたします。)

支払方法

ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

定員

15 名

【満員御礼】

申込受付期間

2021/2/25(木) 21:41 ~ 2021/10/ 1(金) 03:00まで

主催者

ハートクリエイション(合)

お問い合わせ先

伊藤ヒロ

お問い合わせ先電話番号

08042204932

お問い合わせ先メールアドレス

mana_brightness@yahoo.co.jp

「自分の本質と繋がっていくこと」「愛と平和の世界への道が開かれていくこと」「すべてのものと共同創造する世界」「人とあらゆる生命が共生調和する社会づくり」を目的とする
Award51
Expert_s

「自分の本質と繋がっていくこと」「愛と平和の世界への道が開かれていくこと」「すべてのものと共同創造する世界」「人とあらゆる生命が共生調和する社会づくり」を目的とする

高野山真言宗阿闍梨
人材開発トレーナー
心理カウンセラー
シータヒーリング・マスター&サイエンス認定プロコーチ
コネクションプラクティクス認定講師ラスール
レイキマスターティーチャー
ヒプノセラピスト
ボディーサイコセラピスト
脳科学インストラクター
メタシークレット認定トレーナー
NLPエグゼグティブトレーニング終了
アーユルヴェーダセラピスト
アロマハンドFABティーチャー
PADIスキューバダイビングインストラクター

伊藤マナ(真如)Heart Creation 合同会社 代表・
心と身体・魂・潜在意識の専門家
クリスタルボウル レゾナンス ラボ主宰 / 演奏者養成講座
リトリート・ワークショップ・トレーナー

企業にて商品開発・企画デザイン・アンテナショップ開発及び研修を担当。
多方面でグラフィックデザイナーとして活躍する。

その後ハワイに住みスキューバダイビングでの体験で、陸上の世界とは全く異なる非日常の世界に感動し、グアムでダイブマスターの修行を積んだ後、世界中の海を潜りながら、オーストラリアに在住中にスキューバダイビング インストラクターになる。

仕事や学びも兼ねて長中期に渡り様々な国に住み、旅も含めて訪れた国は世界25カ国。
異国での人との出会いや見聞録を広め、また広大な大自然を体験することから、生きとし生けるものすべての生命に流れるエネルギーや波動から鉱物・植物・動物・人間・地球・宇宙が創られていることを体感する。

また、流産・死産を繰り返し生命の尊さや儚さを体験、パートナーとの離婚問題から心を壊し鬱病や自殺未遂も含めて、人生どん底を何度か経験。
その嘆きや悼みから自分を取り戻すべく、インナージャーニー自己探求の旅が始まる。
バリに住んでいる時にラージャヨガに出会い現地のお坊さんの元で瞑想修行中、至高体験から悩み・苦しみ・囚われから解き放たれる体験する。

帰国後、日本ホリスティック医学協会役員・顧問の村上信行 先生(ホロス松戸クリニック院長)からのご縁で瞑想を深めるごとく阿字観 瞑想の大家、山崎泰廣 大阿闍梨より得度を受け、その後 高野山 常喜院 住職 加藤栄俊 阿闍梨に師事、密教の修行を満願し伝法灌頂を受け阿闍梨となる。

神々の信仰は本来土着の素朴な信仰であり、共同体の安寧を祈るものであった。神は神化して仏になり、仏の本地は神であり、神と仏は一体であるとの思想、神仏習合の精神を学ぶ。

その後、古神道,古武術,カタカムナ,鉱物(結晶体)などの研究家であり気功,鍼灸の治療家で天河弁財天の神宝 五十鈴の奏者である 故 原 宣之氏に師事。
心・身体・魂のつながりや音の大切さに氣づき、五十鈴の舞い手となる。
天河神社の大祭では五十鈴・たたら舞でのご神事に8年間御奉仕させていただく。

クリスタルボウルでの奉納演奏やガイヤシンフォニー7番・天河神社での撮影参加。サティシュ・クマール氏やエハン・デラヴィ氏が神社参拝の時、能舞台での五十鈴奉納舞など、神社仏閣での奉納や舞台に立ち「音を奏でる」「舞うこと」「祈りから生きること」をさらに探求し実践する。

また先住民族の聖地「祈りの旅」でホピ族・ナバホ族の居留地を訪ねたり、ラコタ族、チェロキー族、アニシナベ族の聖なる教えやシャーマニズムを通して全てのものにスピリットが宿っており、相互依存し寄与し合って、ひとつの大きな輪の中で生かされていること、自分を超えた存在や自然の叡智を体感し「今ここ」と社会の現実と無限の宇宙が繋がってること、物質至上主義社会の終焉は私たちの意識の変容に託されていることをビジョンで見る。

またアルケミークリスタルボウル奏者として地球環境や人類進化のキートーン・周波数として拡める活動にも携わり、すべての人に眠っている『本質』や『魅力』を引き出し、ひとりひとりの心の平安『ありのまま』をサポートすることや愛と平和の世界への道が開かれていくことライフワークとしている。

「今、ここ、あるがまま」をひたすら観ていくワークの数々は、それぞれが自分自身の内側に起こっていることや本来の自分という存在を良く知ると同時に、他者への感受性を養い【Awareness・気づき】は私たちの背後にあるルーツも含めて大きなスピリットへ通じる扉の鍵であることをベースに、
ビジネスと仏教・神道・スピリチュアル、コーチング、ヒーリング、心理学を融合した個人セッション、講演会、セミナーを行いながらスピリチュアルライフコンサルタントとして、多方面のクライアントに対し、個人と組織の変化をサポートしている。