Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
病態シリーズ【月経困難症・PMS】
症状別OTC薬の選び方
オンライン講座
薬を適切に選ぶために知っておきたい病態知識
このような方にオススメ
店頭で症状を訴えられても、すぐに対処方法が浮かばない。人体のしくみや病気の知識に自信がない。
期待できる効果
店頭で相談の多い症状について、そのメカニズムを理解することで、薬を適切に選ぶことができるようになります。
532111_image69
532111_body_icon11_shikyu
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Expert_s
 
 
一般社団法人 くすりと漢方のスペシャリスト協会 代表理事
仲宗根 恵
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
 
●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)


平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。
 
解熱鎮痛薬を選ぶために
知っておきたい月経困難症・PMSの病態知識

 

多かれ少なかれ、女性は生理中の不快な症状を体験したことがあると思います。

 

健康な状態では、生理痛は生じないとも言われていますが、

運動不足や食事、生活習慣の乱れ、冷えなどが要因となって、

毎月つらい生理痛に悩まされている人がいるのも事実です。

 

そもそも「生理痛」とは、生理の直前から生理2日目あたりにかけて

子宮が収縮するために起きる下腹部や腰の痛みのことを言いますが、

 

人によっては、吐き気や頭痛、めまい、下痢などを伴うこともありますし、

寝込んでしまうほど重いケースも稀にありますね。

 

このように、日常生活に支障をきたすほど強い場合を「月経困難症」と呼びます。

 

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮形態異常などの病気が背景にあり、

原因として関与しているものを器質性月経困難症といい、

子宮などに特に病因が見当たらないものを機能性月経困難症といいます。

 

店頭で相談される辛い生理痛の大半は、機能性月経困難症ですが、

毎月のことであるため、「何とかしたい」と相談されることも多いです。

 

また、生理にともなって生理前のイライラやむくみ、便秘など、

生理前に起こる心や体の不調に関する相談もあります。

 

このように、生理の前に生じ、生理が開始すると消える不快な症状が、

3ヶ月以上繰り返していて、日常生活に支障をきたしている状態を、

月経前症候群(PMS)といいます。

 

 

 

 

 

 

 

●痛みのメカニズムを簡単にいうと・・

 

末梢で刺激を受けて発した痛みの信号が、

脊髄を通る神経経路を通じて脳に伝わって、

中枢で受信されることによって痛みを感じます。

 

ですから、痛む場所・痛み方によってタイプは違っても、

痛みが発生するメカニズムは一つであるともいえます。

 

鎮痛薬が、頭痛や月経痛、歯痛などのさまざまな痛みに効果を発揮するのは、

成分がそのメカニズムに作用するからですね。

 

 




月経困難症・PMSのメカニズムと対処法
暗記から、「理解」へ
  • 1 痛みや症状を訴えられても、理解することができない
  • 2 症状ごとの解熱鎮痛成分の選び分けができない
  • 3 解熱鎮痛薬や漢方薬(商品)の違いがよくわからない


 

 

鎮痛薬をセルフで購入されるお客様も多いのですが、

鎮痛薬を飲んでも生理痛が解消されない時などに、

どの商品がいいのかと相談されることがあります。

 

「薬が効かない」という相談は多いのですが、

何かしらの病気が原因にあり生理痛そのものが重くなっているケースや、

鎮痛薬の選び方や飲むタイミングが合っていないケースなどもあります。

 

そのほか、体が冷えていたり、運動不足や睡眠不足などの生活上の不摂生があったり、

不安感や精神的不安定などがあって症状を強めている場合もありますね。

 

また、小学校高学年・中学生などの若い方々の辛い生理痛について、

保護者の方から相談を受けることも少なくありません。

 

具体的に症状を相談された場合に、

月経のメカニズムや婦人科系の疾患、PMSなどについて、

その病態を理解しておくと、適切な商品選びや情報提供ができるようになります。

 

 

 

 

 

 

●生理痛の対処法

 

鎮痛薬を使用して痛みを緩和する他に、

漢方薬やビタミン剤の提案、運動や入浴で血行を良くするなど、

生理痛の対処法は一つではありません。

 

生理前の不調(PMS)も含めると、

生理に関連した不調はさまざまで、

西洋薬(鎮痛薬)だけでは対応しきれないことも。

 

生理は小学校高学年から50歳くらいまで続くわけですから、

女性の健康のバロメーターでもあるのかもしれません。

 

閉経するまでに、生理は400回ほど訪れるそうですから、

不調を解消できるような養生法や対処法を提案することも、

市販薬の現場の大きな役割ではないでしょうか。

 

 

 

鎮痛薬を服用することへの不安や誤解

  • ◎何度も服用していると耐性ができて効かなくなる?
  • ◎連用していると癖になって止められなくなる?
  • ◎何度も飲んで胃が痛くなったことがある。
  • ◎鎮痛薬を飲むことは体に良くない。





●鎮痛薬について、ちゃんと知ってもらうことが大事

 

「鎮痛薬が効かなくなってきた」というご相談の場合、

多くは飲むタイミングが遅れていたり、

自分の体質に相性の合わない鎮痛薬を選んでいたということも考えられます。

 

薬の副作用を懸念して避けている人も多いかもしれませんが、

毎月訪れる月経ですから、原因を把握し、原因によって正しい対処法を取ることを、

売る側からお伝えできるようにしておきましょう。

 

 

 

 

 

販売時の不安を解消するには、兎にも角にも病態について深く理解するしかありません。

資格者としては、必ず押さえておかなかればならない基礎知識で、

避けては通れない部分なのですが、登録販売者試験では学ばない部分ですから、

店頭に立って初めて直面する登録販売者は多いかもしれません。

 

 

この機会に深く学びませんか?

この機会に、頭痛のメカニズムについて深く学んでみませんか?

今回は、zoomアプリを使用したオンライン講座といたします。

スマホやiPad、パソコンがあれば、自宅に居ながら受講できますので、外出自粛が要請されている今でも、効率的に学習ができます。

オンラインセミナーではリアルとほぼ同じやり取りが可能ですので、この場を借りて他社の登録販売者さんや、全国各地の方々との交流・情報交換をしませんか?

ドラッグストアやスーパーは、緊急事態宣言下にあっても営業を続けていく業種ですし、医薬品販売業で働く登録販売者は医療従事者でもありますから、こんな時こそ専門知識を身につけるチャンスではないかと思います。



zoomオンライン講座とは
  • 1 スマホ、iPad、パソコンからご参加可能です。
     (スマホ、iPadでは、事前にzoomアプリのインストールをお願い致します)
  • 2 ご自宅などWi-Fi環境のあるところなら、どこからでも参加できます。
  • 3 対面とほぼ変わらない、リアルな情報交換ができます。
  • 4 zoomについて⇒ https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/


講座でお話しする内容

1 月経痛の原因について
  ・機能性月経困難症
  ・器質性月経困難症
  ・年齢や出産経験との関係
  ・PMS(月経前症候群)とは

2 痛みのメカニズムについて
  ・プロスタグランジンによる子宮収縮
  ・冷えやうっ血との関係

3 症状別の成分や商品の選び分けについて
  ・鎮痛薬を使うタイミングとは
  ・痛みのタイプ別、適した成分
  ・漢方薬を選ぶのはどんな時か

4 鎮痛薬の副作用や販売時の注意点
  ・店頭での聞き取り、情報提供のポイント

 



●講座の流れ

講座前日に、講座で使用する資料をメールにてお送りいたします。

ご自身でプリントアウトするなどしてご利用ください。

その際に、zoom講座のURLをメール内に記載いたします。
当日、午後2時になりましたら、そのURLをクリックするだけでOKです!


2時から5時まで、途中トイレ休憩・質疑応答を含む、約3時間の講座となります。


最後に

  市販薬の専門家として、消費者に貢献できるスキルを身につけましょう!

  そして、リモートワークやオンラインが一般的なツールになりつつある現在、

  デジタルツールを使いこなすトレーニングにもなると思いますので、

  オンライン初心者の方のご参加もお待ちしております!

 

 

 

 

開催日時
2021年4月 9日(金)
開場 13:55
開始 14:00
終了 17:00
場所 Wi-Fi環境があるところならどこでも。

参加費
支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員
 15  名
満員御礼
申込受付期間2021/2/12(金) 17:38 ~ 2021/4/ 9(金) 13:55まで
主催者仲宗根 恵
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile_flower
Expert_s
代表理事

仲宗根 恵

Mission
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Senmon
医薬品登録販売者(旧薬種商) 登録販売者、OTC(一般用医薬品)

●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)


平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock