Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
PR
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
<哲学講座>老子の教えとバイロンケイティ、そして天才バカボン
バイロンケイティと天才バカボンが解説する、老子の教えと非二元
このような方にオススメ
非二元を楽しくし、知的に理解したい方
期待できる効果
老子が楽しく理解できる
瞑想や内なるワークを通して、 意識の変容をファシリテートし、真に幸福な地球人を増やす
 
 
 ファシリテーター
いがらしかおり
瞑想や内なるワークを通して、 意識の変容をファシリテートし、真に幸福な地球人を増やす
 
●バイロンケイティのワークの公認ファシリテーター
●エサレンマッサージ(2017年取得)
●トランスフォーメーションゲーム(2005年取得)
・・・・・・・・・・・・・・・・
思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念はまったくあてにあらないと思い知らされる。
「えっ!?そんなのあり?」と驚きの連続の中「人をジャッジせずに愛せよ」と言われても、どうしていいかわからない。実際に「どうしたら」ジャッジメンタルな思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。世界中の最先端なスピリチュアリティを思う存分吸収し12年後帰国。現在はオンラインで世界中の人とワークをしながら、瞑想や内なるワークによる意識の変容に力を入れている。
 

「バカボンのパパと読む老子」ドリアン助川著(角川文庫)と

「タオを生きる」(ダイアモンド社)バイロンケイティ+スティーヴンミッチエル著、ティムマクリーン+高岡よし子訳の読書会です。

できれば事前に「バカボンのパパと読む老子」を購入し、

読んでいただくとスムーズです。

「タオを生きる」は絶版になっていますので、

持っていない方はご用意いただかなくて構いません。

 

 

老子(ドリアン助川訳):道が語り得るなら、それは恒常の道ではない。

バイロンケイティ:現実(リアリティ)というものを、言葉で表現することはできません。

天才バカボン:言葉でどうだとわかるようなものは、永遠不滅のTAOではないのだ。レレレのレなのだ。

 

難解だといわれている「老子」も、バカボンのパパとケイティの手にかかれば、こんなにわかりやすい?!

皆さんのシェアもふんだんに取り入れて、TAOの世界を学んでみませんか?

さらに、バイロンケイティのワークをすることで、

非二元の体験ができます。

※ワークは時間の関係でできないことがあります。その際は、

バイロンケイティのワークお試しセッションをご利用ください。

  • こんな人に
  • 1 非二元、ノンデュアリティ、老子、バイロンケイティに興味のある方。
  • 2 老子楽しく理解したい方。
  • 3 非二元について人と楽しくシェアしてみたい方。
  • 4 自分の悩みを違う視点で見たい方。
  • 5 自然な状態とは何かに興味のある方
  •  
  • <用意するもの>
  • 「バカボンのパパと読む老子」ドリアン助川著(角川文庫)
  • 「タオを生きる」(ダイアモンド社)バイロンケイティ+スティーヴンミッチエル著、ティムマクリーン+高岡よし子訳は絶パンしているので、なくて構いません。
  •  

 

開催日時
2021年2月21日(日)
開場 9:55
開始 10:00
終了 11:30
場所 ZOOM

参加費
<哲学講座>老子の教えとバイロンケイティ、そして天才バカボン 参加費
2,000円

2500円

定員 5  名
申込受付期間2021/2/11(木) 00:00 ~ 2021/2/20(土) 00:00まで
主催者いがらしかおり
 
 
 
 
Profile
ファシリテーター

いがらしかおり

Mission
瞑想や内なるワークを通して、 意識の変容をファシリテートし、真に幸福な地球人を増やす
Senmon
バイロンケイティのワーク 瞑想 コミュニティ

●バイロンケイティのワークの公認ファシリテーター
●エサレンマッサージ(2017年取得)
●トランスフォーメーションゲーム(2005年取得)
・・・・・・・・・・・・・・・・ 思えば、新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念はまったくあてにあらないと思い知らされる。
「えっ!?そんなのあり?」と驚きの連続の中「人をジャッジせずに愛せよ」と言われても、どうしていいかわからない。実際に「どうしたら」ジャッジメンタルな思考とワークすることができるのか、それを教えてくれたのが、ザ・ワークだった。世界中の最先端なスピリチュアリティを思う存分吸収し12年後帰国。現在はオンラインで世界中の人とワークをしながら、瞑想や内なるワークによる意識の変容に力を入れている。

  kaorigarashi
B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock