Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
病態シリーズ【頭痛】
症状別OTC薬の選び方
オンライン講座
薬を適切に選ぶために知っておきたい病態知識
このような方にオススメ
店頭で症状を訴えられても、すぐに対処方法が浮かばない。人体のしくみや病気の知識に自信がない。
期待できる効果
店頭で相談の多い症状について、そのメカニズムを理解することで、薬を適切に選ぶことができるようになります。
526891_henzutsu2
526891_no-00102no02s
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Expert_s
 
 
一般社団法人 くすりと漢方のスペシャリスト協会 代表理事
仲宗根 恵
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
 
●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)


平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。
 
解熱鎮痛薬を選ぶために
知っておきたい頭痛の病態知識

 

「頭痛」は日常生活において度々起こる不調の一つです。

そのタイプはさまざまで、頭痛のタイプによって対処法は異なります。

 

お客様ご自身も、頭痛のタイプを知ってこそ、正しいケアを行うことができますから、

店頭での症状の把握や理解、情報提供はとても重要です。

 

 

 

 

 

 

頭痛は、他の病気が原因でない「一次性頭痛」と、

何らかの病気が原因で起こる「二次性頭痛」に分類されます。

 

店頭で相談の多い頭痛は一次性頭痛で、

その代表的なものは下記の3つですが、

 

●緊張性頭痛

●片頭痛

●群発頭痛

 

二日酔いによる頭痛、風邪の時の頭痛、低気圧頭痛、

乗り物酔いからくる頭痛など、

さまざまな頭痛がありますね。

 

睡眠中や日中の歯の食いしばりによって頭痛が引き起こされていたり、

歯の噛み合わせなどが影響していたり、

虫歯が原因になっていることもあったり。

 

または、鎮痛剤を連用していることが要因で、

薬剤性の頭痛を引き起こしていることもあるかもしれませんし、

 

脳腫瘍などの重い病気が隠れている可能性もあるわけですから、

頭痛のメカニズムについて、理解しておくことは、とても重要です。

 

 

●痛みのメカニズムを簡単にいうと・・

 

末梢で刺激を受けて発した痛みの信号が、

脊髄を通る神経経路を通じて脳に伝わって、

中枢で受信されることによって痛みを感じます。

 

ですから、痛む場所・痛み方によってタイプは違っても、

痛みが発生するメカニズムは一つであるともいえます。

 

鎮痛薬が、頭痛や月経痛、歯痛などのさまざまな痛みに効果を発揮するのは、

成分がそのメカニズムに作用するからですね。

 

 




頭痛のメカニズムと対処法
暗記から、「理解」へ
  • 1 痛みや症状を訴えられても、理解することができない
  • 2 症状ごとの解熱鎮痛成分の選び分けができない
  • 3 解熱鎮痛薬や漢方薬(商品)の違いがよくわからない


 

 

「頭痛」といっても、「脳」が痛むわけではなく、

頭部で痛みを感じるのは、太い血管、硬膜、頭を覆う筋肉、

脳神経などの組織が圧迫されたり、炎症を起こしたりした時で、

その際に現れた痛みが「頭痛」というわけですね。

 

 

 

 

実際には、その痛みの発生場所や状況によって、

いくつかのタイプに分類されますし、

 

神経への刺激のほかに、

片頭痛や群発頭痛などのように、

血管の炎症による頭痛もあったりします。

 

 

 

 

 

●慢性頭痛

 

日本人の3-4人に1人が慢性頭痛に悩んでいるといわれていて、

多くの人が体験している「頭痛」ですが、

頭痛に悩む人のほとんどは医療機関を受診することなく、

ドラッグストアで購入した市販の鎮痛薬を服用して対処しているというデータがあります。

 

生活に支障が出ている場合や、支障はなくても慢性的に頭痛がある場合は、

医療機関を受診していただくか、生活や食事の見直しも必要になってくるでしょう。

 

鎮痛薬は、痛みを一時的に緩和するもので、原因を解決するものではないため、

薬を販売するだけでなく、養生法や適切な対処法をお伝えすることも重要ですね。

 

 

 

鎮痛薬を服用することへの不安や誤解

  • ◎何度も服用していると耐性ができて効かなくなる?
  • ◎連用していると癖になって止められなくなる?
  • ◎慢性頭痛は体質だから治らない?
  • ◎鎮痛薬を飲むことは良くないことと感じている。





●たかが頭痛、されど頭痛

 

日本人は、痛みを我慢する国民性であるとも言われており、

頭痛がある人のうち、自分の症状や原因を把握出来ている人は、

20%にも満たないと言われています。

 

薬の副作用を懸念して避けている人も多いかもしれませんが、

頭痛を放置することの弊害もありますから、

原因を把握し、原因によって正しい対処法を取ることを、

売る側からお伝えできるようにしておきましょう。

 

 

 

 

 

販売時の不安を解消するには、兎にも角にも病態について深く理解するしかありません。

資格者としては、必ず押さえておかなかればならない基礎知識で、

避けては通れない部分なのですが、登録販売者試験では学ばない部分ですから、

店頭に立って初めて直面する登録販売者は多いかもしれません。

 

 

この機会に深く学びませんか?

この機会に、頭痛のメカニズムについて深く学んでみませんか?

今回は、zoomアプリを使用したオンライン講座といたします。

スマホやiPad、パソコンがあれば、自宅に居ながら受講できますので、外出自粛が要請されている今でも、効率的に学習ができます。

オンラインセミナーではリアルとほぼ同じやり取りが可能ですので、この場を借りて他社の登録販売者さんや、全国各地の方々との交流・情報交換をしませんか?

ドラッグストアやスーパーは、緊急事態宣言下にあっても営業を続けていく業種ですし、医薬品販売業で働く登録販売者は医療従事者でもありますから、こんな時こそ専門知識を身につけるチャンスではないかと思います。



zoomオンライン講座とは
  • 1 スマホ、iPad、パソコンからご参加可能です。
     (スマホ、iPadでは、事前にzoomアプリのインストールをお願い致します)
  • 2 ご自宅などWi-Fi環境のあるところなら、どこからでも参加できます。
  • 3 対面とほぼ変わらない、リアルな情報交換ができます。
  • 4 zoomについて⇒ https://zoomy.info/manuals/what_is_zoom/


講座でお話しする内容

1 店頭で相談の多い頭痛について
  ・緊張性頭痛
  ・片頭痛
  ・群発頭痛
  ・低気圧頭痛、二日酔いの頭痛などその他の頭痛

2 痛みのメカニズムについて
  ・神経への刺激による頭痛
  ・血管の炎症による頭痛

3 症状別の成分や商品の選び分けについて
  ・鎮痛薬を使うタイミングとは
  ・痛みのタイプ別、適した成分
  ・漢方薬を選ぶのはどんな時か

4 鎮痛薬の副作用や販売時の注意点
  ・店頭での聞き取り、情報提供のポイント

 



●講座の流れ

講座前日に、講座で使用する資料をメールにてお送りいたします。

ご自身でプリントアウトするなどしてご利用ください。

その際に、zoom講座のURLをメール内に記載いたします。
当日、午後2時になりましたら、そのURLをクリックするだけでOKです!


2時から5時まで、途中トイレ休憩・質疑応答を含む、約3時間の講座となります。


最後に

  市販薬の専門家として、消費者に貢献できるスキルを身につけましょう!

  そして、リモートワークやオンラインが一般的なツールになりつつある現在、

  デジタルツールを使いこなすトレーニングにもなると思いますので、

  オンライン初心者の方のご参加もお待ちしております!

 

 

 

 

開催日時
2021年3月25日(木)
開場 13:55
開始 14:00
終了 17:00
場所 Wi-Fi環境があるところならどこでも。

参加費
支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員
 15  名
満員御礼
申込受付期間2021/1/30(土) 16:41 ~ 2021/3/24(水) 23:00まで
主催者仲宗根 恵
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile_flower
Expert_s
代表理事

仲宗根 恵

Mission
登録販売者の育成と家庭における医薬品の正しい知識の普及に全力を尽くします
Senmon
医薬品登録販売者(旧薬種商) 登録販売者、OTC(一般用医薬品)

●医薬品登録販売者(旧薬種商)

【著作】
・現場で使える新人登録販売者便利帖(2016年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 症状から選ぶOTC医薬品(2017年)
・現場で使える新人登録販売者便利帖 成分と特徴で選ぶOTC医薬品(2019年)


平成元年に薬種商試験に合格し、その後は町の小さな薬局から大手ドラッグストアまで、さまざまな店舗で医薬品販売業に携わってきました。薬屋の家に生まれ、実務経験を含めると医薬品販売に携わった期間は約27年になります。

登録販売者制度スタート直後、合格後に挫折してしまう多くの登録販売者を現場で目の当たりにし、新人さんのスキルアップのサポートをしたいと思うようになり、2011年末に勤めていたドラッグストアを退社。

2012年1月に起業。新人登録販売者向けのマンツーマン講座、メルマガ配信、全国各地でのスキルアップ講座開催やスクールの開講など、登録販売者講師として活動中です。

これまでに、全国各地で約220回の講座を開催。

登録販売者向けの書籍3作の出版や一般の方向けのお薬の本やWebサイトの監修なども行ないながら、新人育成のほか、現在は指導者の育成にも力を入れています。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock