Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
【オンライン】まいにちおうち薬膳:長寿を願う沖縄料理
世界を旅する薬膳を楽しもう~長寿を願う沖縄料理~
このような方にオススメ
慢性疲労・元気に長生きしたい・気管支が乾燥しやすい
期待できる効果
慢性的な疲労の緩和、老化防止・乾燥の緩和
518578_dsc08285
518578_dsc08309
 
 

まいにちおうち薬膳
【世界を旅する薬膳ごはん in Japan

長寿を願う沖縄料理




今年のまいにちおうち薬膳は、おうち時間が
更に楽しくなるような時間をご用意します。


それは、キッチンで世界を味わえちゃう
その名も・・・・

”世界を旅する薬膳ごはん”

薬膳で紐解きつつ、ご当地の美味しさや
世界の美味しいものを一緒に作りましょ。

 

 

長寿を願う沖縄料理

■こんな人には絶対オススメ

☑毎日のおうちごはんを楽しみたい
☑食べたら美味しい元気になるを体感したい
☑慢性的な疲労
☑体力低下
☑白髪がきになる
☑乾燥が気になる
☑空咳や咳が気になる
☑免疫力の低下

このレシピを常備していただくと・・・
⇩⇩⇩

☑毎日のおうちごはんが楽しくなる
☑食べることが自分の元気になることを実感できる
☑慢性的な疲労の緩和
☑体力回復を促す
☑老化防止
☑乾燥改善
☑気管支の乾燥の改善
☑免疫力向上

 
そんな効能が期待できる
今月の沖縄料理は・・・・

■おつゆがたまらなく美味しい沖縄そば



■ジーマミー豆腐

 

この2品を作りながら、

今の自分の体力

について、こしらえごと.Lab
みなさまの声を交えながら

中医学や薬膳を日々の暮らしに
盛り込める目線をお伝えいたします。


 

 

ご予約受付は【オンライン】まいにちおうち薬膳開始1月25日まで♡
(ご一緒に作りたい方は、材料などの確認もありますので数日前にご予約くださいませ)

開催費:4,500円(税込)
こしらえごと.Labの皆さまはこちらの開催費は無料。

【”薬膳をとおして毎日の食と暮らしをより愛せる”習慣化するコミュニティ:こしらえごと.Lab】
https://peraichi.com/landing_pages/view/q514h

 

 
 
 
518578_dsc08279
518578_dsc08319
開催日時
2021年1月25日(月)
開始 10:00
終了 12:30
場所 ご自宅のキッチンにて、パソコンやスマホの前で楽しみましょう♡

参加費



参加費:4,500円(税込)

こしらえごと.Labの皆さまはこちらの講座は
皆さま無料で楽しめます。

【”薬膳をとおして毎日の食と暮らしをより愛せる”習慣化するコミュニティ:こしらえごと.Lab】
https://peraichi.com/landing_pages/view/q514h

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

peypal決済となります。銀行振込をご希望の方はお声掛けくださいませ

定員 50  名
申込受付期間2021/1/ 8(金) 09:54 ~ 2021/1/25(月) 10:00まで
主催者増子 友紀子
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
koshiraegoto主宰

増子 友紀子

Mission
毎日の食と暮らしをこしらえることは自分を愛していくこと
Senmon
薬膳 食育 食 子育て 健康

食べるものが自分をつくり出すことの大切さを強く実感し、出産後、子育てや母の介護に奮闘しながらも、国際薬膳師を取得。ママと子供の為の食育などでの講座、執筆、自宅で簡単に作れる季節の薬膳ご飯の講座や、薬膳レストランの監修やレシピ提供、個人やKitchHike等での料理提供などを行なっております。
=============
【資格】
・国際薬膳師
・栄養士
・野菜ソムリエ
・食育インストラクター
・雑穀マイスター
============= 【自己紹介】
栄養士免許取得後、フレンチ・イタリアン料理人歴15年以上。世田谷で、イタリアンのオーナーシェフを7年程勤めておりました。

男女関係なしの一日16時間労働の職場。
オーナーシェフとして自分の店をもってからは、シェフとして料理をメインで作り出すこと以外に経営、イベントの企画、スタッフとの関わり等運営全般をこなし、ほとんどちゃんとした睡眠がとれない日々。
ストレスを日々抱え、生活をなんとか切り抜けるために、心療内科にて薬をもらっていたほどでした。

とうとう限界から頻繁に倒れるようになり、お店を泣く泣く閉めることに。
更に、母の糖尿病を抱えた母の脳腫瘍や大腸がんが発覚。

興味で昔取得していた薬膳を日々に組み込んで過ごすうちに、薬も飲まなくなり、念願の我が子も授かることが出来ました。

食べるものが自分をつくり出すことの大切さを強く実感し、育児と介護の傍ら、食の活動を開始。
活動の中で母としてより一層、子どもの心と身体が健康に育っていく未来をささえる同じ『お母さん』が子供と共に笑顔で過ごしていけるようにしたいと、お手軽な一歩からはじめられる中医学を盛り込んだ作り置きできる『魔法の薬箱』を考案。一人でも多くのお母さんに届きますようにと願っています。

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock