Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
新月のお伊勢参り
〜祥平流・神社参拝のキホンから本質へ〜
このような方にオススメ
参拝する意味を腑に落としたい、本当の伊勢が知りたい、自分をもっと理解したい
期待できる効果
伊勢神宮が何倍も好きになる!神様のチカラの活かし方がわかる。自分が好きになる。
6406_yty1ytrjzjnim_1?1611067103
6406_yty1ytrjzjnim_2?1611067103
すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる
Professional
 
 
風プロダクション 神伝人(つたえびと) & 神繋人(つなぎびと)
いやさか 祥平 & かんなぎ絵麗
すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる
 
『ホンマルラジオ曽爾いやさか局』代表
『体感する言霊《カタカムナ》ワークショップ』代表講師
『神魂結(むすひ)オンラインサロン』代表
『曽爾村観光人力車』代表車夫

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
本名は山田祥平、東京生まれ東京育ち、麻布中学・高校卒業
京都大学文学部卒業、会社員経験4ヶ月、人力車夫歴19年
巡った神社3000以上、伊勢志摩の案内回数は600回を超える
【本当の自分を生きる喜びを伝える神伝人(つたえびと)】
神話の語りべとして全国各地で講演・ワークショップ・神社ツアーなどを精力的に展開中。
2016年より本拠地を伊勢から奈良に移し、最愛の妻との出会いをきっかけに2018年5月5日より田舎暮らしをスタート。奈良県宇陀郡曽爾(そに)村を永住の地と定め、人力車の案内や自宅に開局したインターネットラジオを通して知られざる秘境曽爾村の魅力発信につとめている。

昭和53年5月5日生まれ。東京の下町墨田区で三人兄弟の長男として生まれる。勉強はできたようだが、生きる意味がわからず悩み苦しみもがき続けた青春時代、心をひらける友人がおらず、悶々とした中学・高校時代を過ごす。卒業アルバムに写った自分の顔を見て、これではいけない!と奮起し、自分改造計画を志す。
大学時代に出会った人力車のアルバイトで人生が変わる。人の役に立てる実感を得てはじめて自分を受け入れられるようになる。そんなとき、人生で初めて付き合った女性が自殺する。
その死に向き合うことで『自分らしく生きてこその命』という結論に至る。『すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる』という自らのミッションはこのときに生まれた。
その目的に向かう手段の第一歩として、自分を好きになれるきっかけをくれた人力車をひいての日本一周の旅を遂行する。
その旅の始まりの場所が奇しくも伊勢であったことや日本中の神社を巡ったことなどにより、日本の神社にこそ、本当の自分を生きるヒントが隠されているのではないかと感じるようになり、神話を学び、その深意を紐解くことで一人一人の中に眠る神様を導き目覚めさせることを自らの天職として自覚するに至った。
 
 
 
 
伊勢から始まり伊勢に帰る日本一周の旅を経て伊勢に住まい、約8年間伊勢を案内し続けました。
数えきれないほどの伊勢案内ののち、導かれるように天照大御神のふるさとである奈良に引っ越しました。
 
それでもなお、というよりそれゆえにより一層、伊勢の案内のご依頼を個人から団体まで幅広くいただいております。
 
今では魂のふるさとを紹介するように、伊勢をご案内させていただいております。
 
 
 
 
 
 
 
 
隠された磐座など、ご案内したいところは無数にありますがまずは入り口から、ということで、
月夜宮、外宮、内宮、倭姫宮をご案内します。
ご案内する場所はメジャーですが、内容はディープです。
 
 
 
 
 
 
 
知っているようで知らない神社参りの本質、
 
そもそも、なぜ神社に参る必要があるのか
手水や祓いなど神社の作法の本当の目的
開運を超える覚醒のための道しるべ
 
神社参拝する意識が変わった、人生が変わった、とおっしゃられる方もおられます。
 
神社を参拝することは、、、神頼みではありません。
 
自分の中の神様(内なる神)と対話することで、本当の自分を生きる覚悟をするためのもの。なんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
朔日(ついたち)参りとは
 
 

ついたち参りとは、本来、新月に行われたもの。
 
 
日本には、古来からついたち参りという習慣がありました。
今でももちろんあります。
一日とはそもそもなんだったのか?
 
 
 
 
旧暦(明治以前の暦)では、一日は必ず新月でした。
なぜなら、それは、月のサイクルで動いていたから。
だから、一ヶ月のことを一ヶ月というし、新月から次の新月までのサイクルがまさに一ヶ月なのです。
旧暦では、一日に、月が立つ(始まる)。月立ち(つきたち)が訛っての"ついたち"。
旧暦の15夜は、もちろん満月を意味しています。 
 
伊勢には今でも一日詣りと15日詣りという習慣がありますが、それは、
新月と満月にお参りをしていたということなのです。
新月と満月は、宇宙から見れば、太陽と月と地球が一直線に並んでいる関係性。
惑星同士が共鳴して、想いのエネルギーが一番届き易い瞬間なのです。
その日を選んで、日本人は昔からお祀りをしてきました。
 
 
 
 
 
 
そして、明治以前は19万社あったお社(現在は8万社)に人々が集まり、祈りを届けていたのです。
日本人は知っていたのです。祈りにはチカラがあるということを。
 
日本は祈りの国でした。
日本人のDNAに深く刻まれている祈りの心。
旧暦を意識することで、思い出される日本人としての何かがあると思います。
そのきっかけとして、私は、新月に神社に参拝をするということをおススメします。
 
 
新月に伊勢で日本を感じてみませんか?
日本人の本来の感性に立ち戻ってみませんか?
 
 
 
 
 
一ヶ月の始まりは、月立ち。
 
新しい月が立ち上り、その空(くう)なる月に、僕らのご先祖たちは決意の祈りを捧げていました。
天に捧げる決意、それを意宣りといいます。
 
自分の心が最もクリアになる瞬間に
もっともクリアなエネルギーの聖地伊勢で行う、究極の祈り。
それが伊勢の新月参りです。
 
 
 
 
是非ご一緒しましょう!
 
この日を共にできる方はきっと、この日だけのご縁で終わらないと思います。
 
 
伊勢の神さまのお導き。
どんなご縁が生まれるのか、今から楽しみでなりません。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

 

 
 
 
〜詳細〜
 
 
集合 9時30分伊勢市駅
 
 
月夜宮
 
外宮
 
食事
 
倭姫宮
 
内宮
 
終了 17時頃 
 
お時間がある方はカフェへ移動して
17時半〜直会&シェアタイム
 
 
 
 
〜価格〜
 
お一人さま 12300円
 
お手数ですが、参加費は封筒にお名前を書いていただき当日現金でお渡しください。
 
 
※内宮、外宮の正式参拝をご希望の方は、御志料(参考例:2000円以上)を封筒に入れてご持参いただき各自でお支払いいただきます。(ご希望されない方でもツアーへの参加は可能です。ご遠慮なくお申し出ください)
正式参拝ご希望の方は正装で宜しくお願いします。(検索サイトなどに詳しく載っています)
また、正式参拝の希望の旨を事前にお伝えください。
 
※寄附金、飲食代や駐車料金、交通費は実費となります
 
 
 







ついたち参りは毎月新月に開催しております。
他の日に伊勢参りをご希望の場合はご相談ください。

 

6406_yty1ytrjzjnim_3?1611067103
6406_yty1ytrjzjnim_4?1611067103
開催日時
2021年3月13日(土)
開場 9:15
開始 9:30
終了 17:00
場所 伊勢市駅
伊勢市
参加費

12300円

※正式参拝ご希望の方は、ご寄付料金は別となります

定員 8  名
申込受付期間2020/12/ 3(木) 23:49 ~ 2021/3/13(土) 09:15まで
主催者いやさか 祥平 & かんなぎ絵麗
 
 
 
 
Profile
Professional

風プロダクション

神伝人(つたえびと) & 神繋人(つなぎびと)

いやさか 祥平 & かんなぎ絵麗

Mission
すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる
Senmon
いやさか 神話 人力車 曽爾村 わっしょい

『ホンマルラジオ曽爾いやさか局』代表
『体感する言霊《カタカムナ》ワークショップ』代表講師
『神魂結(むすひ)オンラインサロン』代表
『曽爾村観光人力車』代表車夫

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
本名は山田祥平、東京生まれ東京育ち、麻布中学・高校卒業
京都大学文学部卒業、会社員経験4ヶ月、人力車夫歴19年
巡った神社3000以上、伊勢志摩の案内回数は600回を超える
【本当の自分を生きる喜びを伝える神伝人(つたえびと)】
神話の語りべとして全国各地で講演・ワークショップ・神社ツアーなどを精力的に展開中。
2016年より本拠地を伊勢から奈良に移し、最愛の妻との出会いをきっかけに2018年5月5日より田舎暮らしをスタート。奈良県宇陀郡曽爾(そに)村を永住の地と定め、人力車の案内や自宅に開局したインターネットラジオを通して知られざる秘境曽爾村の魅力発信につとめている。

昭和53年5月5日生まれ。東京の下町墨田区で三人兄弟の長男として生まれる。勉強はできたようだが、生きる意味がわからず悩み苦しみもがき続けた青春時代、心をひらける友人がおらず、悶々とした中学・高校時代を過ごす。卒業アルバムに写った自分の顔を見て、これではいけない!と奮起し、自分改造計画を志す。
大学時代に出会った人力車のアルバイトで人生が変わる。人の役に立てる実感を得てはじめて自分を受け入れられるようになる。そんなとき、人生で初めて付き合った女性が自殺する。
その死に向き合うことで『自分らしく生きてこその命』という結論に至る。『すべての人が自分らしく生きられる社会をつくる』という自らのミッションはこのときに生まれた。
その目的に向かう手段の第一歩として、自分を好きになれるきっかけをくれた人力車をひいての日本一周の旅を遂行する。
その旅の始まりの場所が奇しくも伊勢であったことや日本中の神社を巡ったことなどにより、日本の神社にこそ、本当の自分を生きるヒントが隠されているのではないかと感じるようになり、神話を学び、その深意を紐解くことで一人一人の中に眠る神様を導き目覚めさせることを自らの天職として自覚するに至った。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock