Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Okada01
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
【月曜10時】
思春期の子どもに伝わる声のかけ方
科学的に裏付けられた子どもが伸び幸せになる関わり方を学ぶ
このような方にオススメ
思春期を迎えた子どもとの関わりについて知りたい方
期待できる効果
思春期でも子どもに伝わる声のかけ方を学び、実践できるようになる。
503470_img_1776 のコピー
幸せな子育てを応援します♡
 
 
 NYLB認定講師
わだ まり
幸せな子育てを応援します♡
 
NYLB認定講師
小学校英語指導者資格

こんにちは。兵庫在住のわだ まりです。
VIA-IS(強み診断ツール):愛情・親切心・好奇心・寛容さ・熱意

’04年生まれ男子、’07年生まれ女子、’09年生まれ男子と夫の5人家族。
10年の専業主婦生活ののち、英語講師の仕事を開始。
現在35名の生徒を担当。公立小学校のJTEもつとめています。

こども時代は、明るく活発、責任感が強く、好奇心旺盛。

キャビンアテンダントになる夢を叶えるため、短大の英語科へ。
オーストラリアへの短期留学を機に、CAになる夢は一転『海外留学』に。
短大卒業後、オーストラリアのメルボルンに留学し、大学に編入。2年で卒業して帰国。

大阪で就職し、遠距離だったパートナーと結婚。
その後、第1子出産を機に専業主婦に。
赤ちゃんはとても可愛いかったけど、夫の転勤先(関東)での子育ては孤独でした。
第2子を妊娠中に、地元兵庫に引越。娘を出産。2歳差で次男誕生。

ずっとこどもが大好きで、幸せな子育てをするはずでした。
なのに、いい子に育てようと、こどもに指示ばかり・・・。
長男がトラブルを起こす度、子育てに原因があるように思えて、自分を責めました。

子育ての本を読み、講演会に参加し、少しでもいい子育てをしようと必死でした。
2019年初めに松村亜里さんの講座を受講。今まで学んできたことが、科学的に説明され、ひとつに繋がりました。

講座で学んだスキルを実践する中で、私は変わりました。
大声で怒らなくなり、こどもの話を関心を持って聞くようになりました。
こどもとの関係性がよくなり、兄弟げんかもグッとへりました。

人はいつからでも変われます。
それを実感しているからこそ、変わりたい人のお手伝いがしたい。しんどい子育てをしている人に、親も子も幸せな子育てを伝えたい。
私と一緒に学びませんか。..
 
幸せを自分で作り出せる人が増える
Expert
 
 
ニューヨークライフバランス研究所 
松村亜里
幸せを自分で作り出せる人が増える
 
臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー
1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教..
 
思春期が始まる年齢は、最近では8才ぐらいといわれています。
そして、その終わりは18才とも24才ともいわれます。
実は、ものすごく長いんですよね。
わたしのこどもも、16才、13才、11才と見事に3人とも思春期まっただ中。
ポジティブ心理学を学び、実践し始めて、こどもたちの関係性はいい状態を保っているものの、やはり思春期のせいなのか、今までと同じ声かけでは、反応がなかったり、急にきつい言葉が飛んでくることがあります。
こどもの発達について学び、思春期特有のホルモンのせいだとわかっていても、やはりこどもの急な変化についていけず、親であるわたしが不安になったり、傷ついたりすることがあります。
きっと知らずにいたら、もっと翻弄されていただろうと思います。
お子さんが今、思春期の年齢のお母さん、お父さんには、この講座で思春期にもいい関係を保てる知識とスキルを学んでいただきたいです。
まだお子さんが小さいお母さん、お父さんには、いずれやってくる思春期をただ怖がるのではなく、どんな変化があるのかを学び、思春期に入る前にこどもと信頼関係を築いておきましょう。
まず知って、実践する。
共に学び、こどもの思春期にも振り回されない幸せな子育てへ一歩ふみ出しましょう。
⭐️講師のブログはこちらから。
⭐️この体験講座について書いたブログ記事は、こちらです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
NYLB体験講座 
『思春期の子どもに伝わる声のかけ方』
みなさんは、ご自分の思春期のことを覚えていますか?
きっと思春期の頃に、色々と思い悩んで過ごしたことは覚えていらっしゃるでしょう。
我が子が思春期を迎えると、自分自身もたどってきた道ではあっても、
今ひとつ、子どもの思考や態度が理解できないことがあるかもしれません。
 
思春期を過ごす子どもたちには、ある特徴があることが、様々な研究から少しづつ解明されてきました
 
ニューヨークライフバランス研究所では、最新の科学的根拠に基づいた、親子の信頼関係を強め、子どもも親も幸せになるスキルを学べる講座を開催しています。
 
 今回の講座では、なかなか意思の疎通が難しくなる思春期の子どもに伝わる声のかけ方を学びます。

1.子どもが幸せになる子育てスタイルについて知る

2.思春期の脳の特徴について知る

 3.   効果的な声のかけ方をひとつ練習してみる

講座は、少人数で理論とシェアを交えて進めます。
そして、頭で考えるだけではなく、今すぐ使えるスキルを目指して、ワークで実践して体得します。

科学的なエビデンスにもとづく子どもとの関わり方、思春期の脳の特徴について学び、思春期の子どもに伝わる声のかけ方を実践できる講座です。

 
体験講座「思春期の子どもに伝わる声のかけ方
【日時】 2020年12月21日(月)10:00 ~ 11:45   
                  ❇︎ NY時間 12月20日(日)20:00 ~ 21:45


【方法】Zoom(お申し込み完了メールにてリンクをお送りします)

【受講料】3520円、またはUS32ドル(いずれも税込)

【持ち物】
 ①PC(iPadやiPhoneも使えますが、PCがおすすめです)
 ②イヤホンとマイク(携帯についているもので可)

 ③筆記用具


【最少開講人数】3名

⭐️講座に関連するQ&Aは、こちらです。

 

開催日時
2020年12月21日(月)
開場 9:50
開始 10:00
終了 11:45
場所

参加費
子どものやる気を引き出す親の関わり方 参加費
3,520円
子どものやる気を引き出す親の関わり方 参加費
32USD

3520円(税込)

32USドル(税込)

定員
 3  名
満員御礼
申込受付期間2020/11/27(金) 21:00 ~ 2020/12/20(日) 12:00まで
主催者わだ まり
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
NYLB認定講師

わだ まり

Mission
幸せな子育てを応援します♡
Senmon
子育て 幸せ 心理学 英語

NYLB認定講師
小学校英語指導者資格

こんにちは。兵庫在住のわだ まりです。
VIA-IS(強み診断ツール):愛情・親切心・好奇心・寛容さ・熱意

’04年生まれ男子、’07年生まれ女子、’09年生まれ男子と夫の5人家族。
10年の専業主婦生活ののち、英語講師の仕事を開始。
現在35名の生徒を担当。公立小学校のJTEもつとめています。

こども時代は、明るく活発、責任感が強く、好奇心旺盛。

キャビンアテンダントになる夢を叶えるため、短大の英語科へ。
オーストラリアへの短期留学を機に、CAになる夢は一転『海外留学』に。
短大卒業後、オーストラリアのメルボルンに留学し、大学に編入。2年で卒業して帰国。

大阪で就職し、遠距離だったパートナーと結婚。
その後、第1子出産を機に専業主婦に。
赤ちゃんはとても可愛いかったけど、夫の転勤先(関東)での子育ては孤独でした。
第2子を妊娠中に、地元兵庫に引越。娘を出産。2歳差で次男誕生。

ずっとこどもが大好きで、幸せな子育てをするはずでした。
なのに、いい子に育てようと、こどもに指示ばかり・・・。
長男がトラブルを起こす度、子育てに原因があるように思えて、自分を責めました。

子育ての本を読み、講演会に参加し、少しでもいい子育てをしようと必死でした。
2019年初めに松村亜里さんの講座を受講。今まで学んできたことが、科学的に説明され、ひとつに繋がりました。

講座で学んだスキルを実践する中で、私は変わりました。
大声で怒らなくなり、こどもの話を関心を持って聞くようになりました。
こどもとの関係性がよくなり、兄弟げんかもグッとへりました。

人はいつからでも変われます。
それを実感しているからこそ、変わりたい人のお手伝いがしたい。しんどい子育てをしている人に、親も子も幸せな子育てを伝えたい。
私と一緒に学びませんか。

B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock