Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
Tzuh_vzf
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
おとなの金融教育
知識ゼロからでもできる、資産づくりの一歩の踏み出し方
このような方にオススメ
将来の不安を解消するためのお金の知識をじっくり学びたい
期待できる効果
お金に関する判断が自分でできるようになる
4945_y2mymgi3zwjln_1?1610340865
お金に振り回されず、未来を自分でデザインするためのサポート
 
 
クラシデザイン おとなの金融教育
Cras-i design
お金に振り回されず、未来を自分でデザインするためのサポート
 
ファイナンシャル・プランナー(AFP)
ワークショップデザイナー(WSD)
波柴純子(はしばじゅんこ)

もともとお金の知識がなく、自分の生活の不安がきっかけで金融機関に転職しFPの資格を取得しました。約6年間、個別相談専門部署でアドバイザーとしての経験を経たのちに独立し、講座や執筆など活動の幅を広げました。
人生100年時代は有形資産だけではなく無形資産(キャリア、心身の健康、人とのつながりなど)を高める重要性があると感じ、2018年、学びの場づくりのスキルを得るために青山学院大学社会情報学部のワークショップデザイナー育成講座を履修しました。昨今はセミナー講師だけでなく学び合う場のファシリテーターとしての活動が増えています。
 
大人にこそ、金融教育が必要です。
 

withコロナの今。

環境の変化で「先が見えない不安」が

大きくなっていませんか?

「何か」しなければいけない、でも

「何を」していいかわからない。

そんな不安を解消するためには
新しい時代に合った

新しい「選択肢」を知る必要があります。

 

でも、

ほとんどの方がお金に関しては
今までの常識や慣習をもとに判断・行動しています。
新しい手法を否定しているというよりは、ただ知らないだけ。

 
きちんと知った上で、自分に何が必要かを判断しましょう。
  • こんなお悩みはありませんか?
  •  
  • 1 普通預金や定期預金ばかりで資産を「殖やす」ことができていない。
  • 2 老後の生活資金や子どもの教育資金に「漠然とした不安」がある。
  • 3 iDeCoやNISAなどの制度、どう違うのか、自分に何が必要かわからない。
  • 4 「投資」の手数料や税金やリスクが気になり始められない。

まずは中立的な場で基本を学びましょう。
月1回の身近なテーマをもとに講座を行います。
内容はお金が苦手な人でもわかりやすいよう、専門用語を使う場合はしっかり解説します。ただ学ぶだけでなく、ワークやシェアタイムを設けているので、自分ごとに落とし込んですぐ実践できる、
一生もののマネーリテラシーが身につきます。

 

オンラインなのでお子様が小さい方でも仕事の合間に気楽に参加でき、
後半の質問タイムではご自身の気になることについても質問ができます。

 

 

今後の予定

1月13日・28日 ライフイベント表の作り方(2回とも同じ内容)
2月3日 今年の目標と予算の設定
3月3日 家計管理と貯蓄の仕組みづくり
4月   資産配分(ポートフォリオ)に組み入れた方がいいもの
5月   固定費(ローンや保険)の見直し法
6月   教育費や住宅取得費の見積もり方と準備のポイント


月額1,000円で一生ものの資産づくりの知識が学べる
オンラインコミュニティクラシデザイン総合研究所
のメンバーは、無料でご参加いただけます。
 
開催日時
2020年12月 8日(火)
開場 12:55
開始 13:00
終了 14:30
場所

参加費

参加後に、投げ銭という形でいただきます(投げ銭の方法は参加者にお知らせします)。

定員 12  名
申込受付期間2020/11/17(火) 00:00 ~ 2020/12/ 8(火) 00:00まで
主催者波柴 純子
 
 
 
 
Profile
おとなの金融教育

Cras-i design

Mission
お金に振り回されず、未来を自分でデザインするためのサポート
Senmon
無形資産 マネーリテラシー 金融教育

ファイナンシャル・プランナー(AFP)
ワークショップデザイナー(WSD)
波柴純子(はしばじゅんこ)

もともとお金の知識がなく、自分の生活の不安がきっかけで金融機関に転職しFPの資格を取得しました。約6年間、個別相談専門部署でアドバイザーとしての経験を経たのちに独立し、講座や執筆など活動の幅を広げました。
人生100年時代は有形資産だけではなく無形資産(キャリア、心身の健康、人とのつながりなど)を高める重要性があると感じ、2018年、学びの場づくりのスキルを得るために青山学院大学社会情報学部のワークショップデザイナー育成講座を履修しました。昨今はセミナー講師だけでなく学び合う場のファシリテーターとしての活動が増えています。

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock