Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
怒りの炎上はなぜ止まらないのか 仁義なき戦いの構造を学ぶ  (勉強会)
このような方にオススメ
もっと優しい世界になればいいのにと思ってる人
期待できる効果
「諸悪の根源」がどこにあるのかのヒントが手にはいる
神秘性(あの世的)と合理性(この世的)のバランス
Professional
 
 
 世界観コンサルティング
ストーリーシンボル
神秘性(あの世的)と合理性(この世的)のバランス
 
スピリチュアルに強い企画工房。あの世的ジャンルのライティングやデザイン。オラクルカード・ヒーリングツール・コンセプトワーク等の企画制作。アート的ヒーラー養成。感性や思考の活性化。

作例)日本の神仏カード。Amazon.co.jpでも好評販売中。神仏習合の世界観で作られた新しいタイプの歴史系なオラクルカードです。
https://amzn.to/2OQupzR


太陽(理性)と月(感情)、論語(共同幻想性)とソロバン(目的合理性)、相反することのおおい要素のバランスをとること、を大切に考えています。
 
 

毎日何かが炎上している世の中ですが、怒りのループはなぜ止まらないのでしょうか?

 

例えば「嫁」という言葉を使ったら批判が来たとか、マンガやアニメの絵を使ったら批判がきたとか、最近のニュースで話題になるSNS炎上の多くは、当事者でない人間にとって「理解に苦しむ」ものが増えてきました。



こうなると

「どんなに自分がいいと思うものであれ、それを大嫌いな他人はどこかにはいる。」「どんなに自分が大嫌いなものでも、それを心の底から大好きな他人はどこかにはいる」

 

という「人間いろいろ」というだけで片付けたくなります。

 

ただ、


「怒りの場外乱闘が止まらないのには、それなりの構造があるのではないか?」


「個人の問題じゃなくて、社会環境のせいの部分が結構大きいのではないか?」

 

と考えてみると、色々とスッキリしてくるものがあります。

 

永遠のバトルが生まれるのはなぜ?(例えば、萌え絵批判派とオタクカルチャー肯定派の仁義なき戦い)

 

マンガ好きな人にとっては不思議な現象ですが、世の中には「漫画的な絵」を嫌って、マンガを広報に使う団体を社会正義的な概念を使って批判するという行動をする層が一定数存在します。

 

一方で、大好きな尊いものを批判されて怒った人達は当然にマンガ批判に対して厳しい再批判を浴びせます。

 

ここで、「嫌いなものは嫌い→どんどん世の中から追放していきたい」派と「好きなものは好き→勝手に闇に追いやられてたまるものか」派との間に、仁義なき戦いが発生します。


このバトルの内実、少しだけ細かく追っていくと、だいぶ色んな謎がスッキリしてくると思います。 


では、世の中にはびこる謎の怒りの構造について、

世界の諸悪の根源はどこにあるのか、

フラットに語り合いましょう!


ご参加お待ちしています。

 

 

今回の勉強会について

【課題図書】

「許せない」がやめられない SNSで蔓延する「#怒りの快楽」依存症 (日本語) 単行本
https://amzn.to/3k7ZcWL

(本の要約や解説を1人10分程度発表することができます。発表をやりたい人は事前に教えてください。誰にどの章をやってもらうかを調整します。)

※予定していること

・本の解説と輪読
・内容についてのディスカッション

 

 

期待できること


●社会学的な目線にふれることで、普段使わない思考回路が活性化する

●「情報発信」への隠れた苦手感が減って、無意識に何かがスッキリする

●コミニュケーション不可能な時に何がおきているのかが分かる

●怒りが生まれ続ける構造がどういう土台の上にできているのかが見える

●「悪の根源はどこに?」という疑問をとく武器が増える

 

詳細


参加手順  

※申込をして決済をする

※読書会の課題図書を用意する 
「許せない」がやめられない SNSで蔓延する「#怒りの快楽」

※当日の開始時間少し前くらいにZOOMのURLが送られてくる

※クリックして参加する (今回は、顔出し推奨です。)

 

(なお、内容は全て録画予定です)

 

当日のスケジュール 

 

1.解説&ディスカッション 前半 60分

2.休憩

3.解説&ディスカッション 後半 60分

 

 

F&Q

 

●ZOOMってなんですか?→オンラインの会議システムです。参加側は無料です。スマホからでもPCからだも参加できます。はじめて使う方は事前に動くかどうか実験してみることをお勧めします。  https://zoom.us/

●事前に予習することは必要ですか?→余裕があれば課題図書を事前にパラパラと読んでおいてください。(先に一通り読んだ人は、希望者は発表タイムを作ります。)



●この勉強会の趣旨は?→硬い頭を柔らかい頭に、ふんわりした感性が強さと優雅と神秘を併せ持ったゆるふわ感性に、を目指します。


注意事項

 ・お申し込み後のキャンセルは原則として不可となり、100%のキャンセル料金が発生します。(事前にご連絡頂ければ1回まで次回の勉強会への振替は可能)

・参加者の機密性の高い情報を含むお話が出てくる可能性があるため、中で見聞きしたことを外部に漏らすことは厳禁します。


・携帯電話のメール(au,docomo,softbank)、iCouldのメールはメールが届かないことが非常に多いです。PCのメール、gmailなどを推奨します。

・講座の特質上、効果を体感するかどうかには個人差があります。

・治療中の方はお申込み頂けません。医師の治療を優先してください。

・不安のある方はお申込みをご遠慮ください。

・お申し込み後、ご連絡なく期日までに入金がなかった場合は、キャンセルとして処理されますが、同時にブラックリストに登録させていただきます(無連絡キャンセルが続くと、出入り禁止になります)

・ご質問はお申込みの前にお気軽にご相談ください。

・別の講座の特典として参加権利をお持ちの方は、お申込み時に決済をなさらないようにお願いします。

・中学卒業程度の日本語能力があることを前提に進行します。



お申込み頂いた時点で注意事項に同意いただいたものとみなします

 

 

 

 

 
 
 
開催日時
2020年11月29日(日)
開始 21:30
終了 23:45
場所  ご自宅などリラックスできるお好きな場所
 
参加費
【怒りの炎上はなぜ止まらないのか】(勉強会・セミナー 初回参加の方) 参加費
7,700円
【怒りの炎上はなぜ止まらないのか】(勉強会・セミナー 2回目以降の方) 参加費
3,300円
定員 8  名
申込受付期間2020/11/16(月) 20:06 ~ 2020/11/29(日) 22:00まで
主催者ストーリーシンボル
 
 
 
 
Profile
Professional
世界観コンサルティング

ストーリーシンボル

Mission
神秘性(あの世的)と合理性(この世的)のバランス
Senmon
思考 ライティング オラクルカード ヒーリング 神社仏閣 潜在意識

スピリチュアルに強い企画工房。あの世的ジャンルのライティングやデザイン。オラクルカード・ヒーリングツール・コンセプトワーク等の企画制作。アート的ヒーラー養成。感性や思考の活性化。

作例)日本の神仏カード。Amazon.co.jpでも好評販売中。神仏習合の世界観で作られた新しいタイプの歴史系なオラクルカードです。
https://amzn.to/2OQupzR


太陽(理性)と月(感情)、論語(共同幻想性)とソロバン(目的合理性)、相反することのおおい要素のバランスをとること、を大切に考えています。

B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock