Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
こどもを守るネットマナー本講座
我が家流スマホルール10ヶ条を作ろう
このような方にオススメ
お子さんに安心してスマホを持たせたい方
期待できる効果
ネットリテラシー意識の高いママになれます
隠された魅力を文章の力で引き出したい
Professional
 
 
 書けて話せて手話もできるオンライン講師
わたまること
隠された魅力を文章の力で引き出したい
 
1989年5月1日生まれ。東京都出身。
2017年12月生まれの長女と、2020年2月生まれの次女、二人姉妹の母。

難聴児ママ
魅力引き出しライター
子どもの発達インストラクター

●経歴
こどもが楽しむ施設に8年間勤務。
入社後1年で社内のベストスタッフ賞を受賞し、
入社後4年で、スタッフの中で1%しかいない、接客最高ランクに属する。

2017年5月に妊娠が発覚。
壮絶なつわりを経て、12月末に、長女を帝王切開で出産。
運動発達がゆっくりで、体重の増えも悪く、周りと比べては落ち込む日々。
仕事で毎日100組以上の親子を見ていた経験から、
「ママが笑顔ならきっと大丈夫!」と、がむしゃらに育児をする。

長女が2歳になる頃。
言葉が一言も出ないこと、声に反応しないことがあることから、
半ば強引に大学病院へ検査を依頼。
周囲からは「聞こえてると思う」と言われていた中、
2020年2月、長女に難聴が発覚。
その一週間後に、次女を出産。

長女の難聴が発覚したことで、
今までの私の常識が根本から覆ることになり、
「私も変わらなければ!」と一念発起。
自分自身のたくさんの経験を活かしたいと、2020年に起業し、
本格的に活動をスタート。

幼少期から培われた国語力
役者時代を経て身につけたトーク力
そして、難聴児ママになったことで手に入れた手話

この3つを活かして、人の隠された魅力を引き出すサポートをしている。

2歳差姉妹の子育てに奮闘しながら、オンラインメインで活動中。


●所持スキル
★発達凸凹アカデミー公認 子どもの発達インストラクター
★親子で楽しくハッピートイトレ講座 認定講師
★こどもを守るネットマナー講座 講師
★ZOOM使いこなし講座 認定講師
★スマホで簡単!動画編集講..
 

今すぐ我が子に伝えたい!
こどもを守るネットマナー講座

~我が家流スマホルール10ヶ条を作ろう!~

 

49.8%

これ、なんの数字だと思いますか?

実は、小学生のスマホの保有率なんです。

中学生じゃないですよ?小学生です。

小学生の携帯と聞くと、キッズ携帯のイメージが強いと思いますが、
最近はスマホがキッズ携帯の役割を担ってくれるとのことで、
小学校低学年からスマホを持たせる家庭も20%ほどあるんです!

近年スマホの低年齢化は進んでいて、キッズ携帯がなくなるのも時間の問題と言われています。

まだお子さんが小さい方は、スマホなんてまだまだ先と思っていると思いますが、
この数字には驚きですよね。

 

これが中学生になると、なんと75%まで増加。
中学生からスマホを持つ子は、入学と同時に買ってもらう子がダントツで多いそうです。

ちなみに高校生では92%まで上がり、持っていない子を探す方が難しいくらいになります。

 

 

「こどものスマホ」と聞くと、心配になるのはインターネットとの付き合い方。

特に昨今は、

ネットいじめ
SNSトラブル
デジタル誘拐

なんて言葉も聞くようになりましたよね。


スマホを持っている中学生の70〜80%がSNSを使っているという調査結果もあり、
私たちが子供の頃には考えられなかった世界が広がっています。

今を生きるこどもたちは「デジタルネイティブ世代」と呼ばれ、
生まれた時からインターネットが普及し、スマホやタブレットが当たり前の時代です。

 


ネットはよくわからないし、
私よりこどもの方が分かってるみたいだから、任せておこうかな。

 


これからの時代、その考え方はちょっと危険かもしれません。


確かにこどもの順応性はものすごく、
2歳半の私の娘も、教えてもいないのに一人でスマホを操作してYouTubeを開いています。


でも、それはあくまで操作だったり、便利な機能を覚える早さのこと。


インターネットは上手く使えば、
こどもたちの可能性を世界に広げてくれる素晴らしいツールですが、

顔が見えないという特性上、良い人ばかりじゃないことも事実です。


何をしたら危ないのか
何をしてはいけないのか

 

大人だったらなんとなくわかることも、こどもたちはわかりません。


一つ例を挙げると、

「人に写真を見せる」というのと「SNSにアップする」というのを、
イコールと思っていないこどもが一定数います。

だから「見せちゃだめだよ」と言われた写真を、SNSならいいと思ってアップしてしまい、
トラブルに発展するケースがあるんです。


ネットの世界が身近にあるからこそ、
こどもたちは被害者だけでなく、悪気なく加害者になってしまうこともあります。

 

 


私、わたまるは、
中学一年生の時に突然、自分専用のパソコンを父に渡されました。

当時だんだんと普及し始めたばかりだったパソコン。
周りにも、自分だけのパソコンを持っている子なんていませんでした。


「お前が大人になって生きていく時代には、

パソコンが使えないと生きていけない世界になる」

何かあったらお父さんがなんとかするからすぐ言いなさい」


私はこれをきっかけに一気に世界が広がり、

ネチケットと呼ばれるインターネットのマナーや、

してはいけないこと、便利に使うための方法などを、

失敗しても親が助けてくれるこどものうちに、学ぶことができました。

 

 

こどもは、一番身近な大人の真似をします。それは、年齢が上がっても同じこと。
私は、こんな貴重な体験をさせてくれた父に、今でも感謝しています。

紙に書いた方が早いと思っていた私に、ネットの楽しさも怖さも教えてくれたのは父でした。
おかげで、学生時代も、社会人になってからも、母親になってからも、
パソコン、携帯、スマホ…と時代が変わっていっても、
戸惑うことなく、時代の変化についていけています

 

怖いから、スマホはもっと大きくなってから…。


その気持ちも、分かります。
大切な我が子に、怖い目にあって欲しくないですもんね。


でも、今は就活もSNSを使う時代です。
ネットリテラシー教育も、早くからスタートするに越したことはありません。

 

この講座では、

①子供が引っかかりやすいインターネットのトラブル

②気を付けたいSNSの使い方

③我が子にスマホを持たせる前に意識して欲しいこと

④スマホルールの設定の仕方

をメインにお伝えし、

 

⑤実際にスマホルールを作ってみる

 

というところまでやっていきます。

 

ママがインターネットに苦手意識があっても、

機械に弱くても、

分かりやすくお伝えするので、大丈夫!

 

★ネットリテラシーに興味がある

★スマホやネットに苦手意識がある

★みんなが使っているからなんとなくSNSを使っている

★こどもにいつスマホを与えていいか迷っている

★SNSでのトラブルが怖い

★自分がこどもの頃とは違いすぎて、こどもにどう教えたらいいのかわからない

★こどものスマホのルールをどう決めたらいいか知りたい

★ベビー・キッズ系の教室や講座を開いていて、ママに安心して利用して貰いたい

 

一つでも当てはまった方、お申込みをお待ちしています♪

 

我が子に安心してスマホを持たせられるママになりましょう!

 

まずは講座の雰囲気や、内容のさわりだけを知りたい方はこちら

↓↓↓

こどもを守るネットマナー講座無料体験会

開催日時
2020年12月21日(月)
開場 9:50
開始 10:00
終了 12:00
場所 zoom

参加費
こどもを守るネットマナー講座 参加費
5,000円

5000円

定員 5  名
申込受付期間2020/11/ 9(月) 07:16 ~ 2020/12/21(月) 09:50まで
主催者わたまること
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
書けて話せて手話もできるオンライン講師

わたまること

Mission
隠された魅力を文章の力で引き出したい
Senmon
発達障害 ママ 障害児 育児

1989年5月1日生まれ。東京都出身。
2017年12月生まれの長女と、2020年2月生まれの次女、二人姉妹の母。

難聴児ママ
魅力引き出しライター
子どもの発達インストラクター

●経歴
こどもが楽しむ施設に8年間勤務。
入社後1年で社内のベストスタッフ賞を受賞し、
入社後4年で、スタッフの中で1%しかいない、接客最高ランクに属する。

2017年5月に妊娠が発覚。
壮絶なつわりを経て、12月末に、長女を帝王切開で出産。
運動発達がゆっくりで、体重の増えも悪く、周りと比べては落ち込む日々。
仕事で毎日100組以上の親子を見ていた経験から、
「ママが笑顔ならきっと大丈夫!」と、がむしゃらに育児をする。

長女が2歳になる頃。
言葉が一言も出ないこと、声に反応しないことがあることから、
半ば強引に大学病院へ検査を依頼。
周囲からは「聞こえてると思う」と言われていた中、
2020年2月、長女に難聴が発覚。
その一週間後に、次女を出産。

長女の難聴が発覚したことで、
今までの私の常識が根本から覆ることになり、
「私も変わらなければ!」と一念発起。
自分自身のたくさんの経験を活かしたいと、2020年に起業し、
本格的に活動をスタート。

幼少期から培われた国語力
役者時代を経て身につけたトーク力
そして、難聴児ママになったことで手に入れた手話

この3つを活かして、人の隠された魅力を引き出すサポートをしている。

2歳差姉妹の子育てに奮闘しながら、オンラインメインで活動中。


●所持スキル
★発達凸凹アカデミー公認 子どもの発達インストラクター
★親子で楽しくハッピートイトレ講座 認定講師
★こどもを守るネットマナー講座 講師
★ZOOM使いこなし講座 認定講師
★スマホで簡単!動画編集講座 認定講師
★図書館司書資格 保持

【その他】
子どものこころのコーチング初級講座 受講
家族のこころのコーチング中級講座 受講

B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock