Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
このイベントは告知のみです。オンラインでの受付はございません。
今後のイベント案内を受け取る
NYLB体験講座「子どもが伸びる!子どもの強みの見つけ方」
アンケート
科学的に裏付けられた子どもが伸び幸せになる関わり方を学んでみていかがでしたか?
このような方にオススメ
NYLB体験講座「子どもが伸びる!子どもの強みの見つけ方」を受講された方
期待できる効果
レポートを書くことで、学びを振り返り、学びが定着する機会になります。
生活時間を有効に楽しんで自分軸を大切にし自己効力感が高まるサポート
 
 
Rasix ライフコンサルタント
高野純代
生活時間を有効に楽しんで自分軸を大切にし自己効力感が高まるサポート
 
NYLB研究所認定ファシリテーター、ウインドウトリートメント、整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト、クリンネスト、栄養士、ライフオーガナイザー
幼い頃はお片付けがとても苦手でした。自己肯定感がとても低く、常に他人の目を意識して生きてきました。父は思春期に他界し、大切な居場所を失った喪失感から気力ない生活を過ごしました。転機となったのは、学生から社会人になりたての頃でした。

「自分の黄金期」は社会人時代です。
短期大学卒業後、某生命保険会社(一般職)入社。社会人野球部やアメフト部とスポーツの大会のシーズンは応援団(チアリーダー)閑散期のウインターシーズンは個人スポーツでスキー部に所属と仕事とプライベートと満喫していました。しかし、仕事へのエネルギーは収入の為と割り切れなかった自分に気付き、前から興味のあったインテリア業界へ転職の準備にと退職しました。不動産会社で派遣事務をしながら専門学校と課題提出のインテリア関係の勉強と1年間を過ごしました。専門学校卒業後、ウインドウコーディネーター、リフォームコーディネーターを経験。

仕事の取引き先の方(夫)と出会いお付き合いの後、授かり婚。専業主婦となり、子育て、家事を一人で担うも、お互いの大変さ自己主張ばかり、理解し合えずでした。夫婦関係も悪く喧嘩が絶えない家庭。子どもは怯え、顔色を見て育ち、反抗期を迎えた時に一気に爆発。そのときに子育てに家族の関係性に間違いがあったと気付きました。そこから、子育て講座を通して自分と向き合い始め、自分を大切な存在だと認められるようになりました。ポジティブ心理学を学び、紆余曲折しながらも夫婦関係や子どもと、支援的な関わり方が徐々に出来るように。気付くと笑顔でいる事が増えました。

人間関係が良好になる事は心・体とウェルビーイングな生き方へと変わり、生活空間が楽しくなり、自己表現しやすくなると実感しています。
心のお掃除から空間、家事動線までを整えると生きやすい。人は想念次第!で生き方はバラ色にも染められる!をモットーに。
家事..
 
幸せを自分で作り出せる人が増える
Expert
 
 
ニューヨークライフバランス研究所 
松村亜里
幸せを自分で作り出せる人が増える
 
臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー
1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教..
 

NYLB体験講座「子どもが伸びる!子どもの強みの見つけ方」にご参加くださりありがとうございました。

今後より良い講座にしていくために、アンケートにご協力いただけると幸いです。

また、学びを振り返りまとめることで、今後につなげていただければ嬉しいです。

開催日時
2020年10月10日(土)
開場 9:50
開始 10:00
終了 11:30
場所

参加費

無料

支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員無し(ご自由に参加いただけます。)
申込受付期間2020/10/ 4(日) 01:08 ~ 2020/10/10(土) 06:00まで
主催者高野純代
 
 
 
 
Profile
ライフコンサルタント

高野純代

Mission
生活時間を有効に楽しんで自分軸を大切にし自己効力感が高まるサポート
Senmon
思春期子育て 収納仕組み作り 掃除 思考整理 料理 

NYLB研究所認定ファシリテーター、ウインドウトリートメント、整理収納アドバイザー、住宅収納スペシャリスト、クリンネスト、栄養士、ライフオーガナイザー 幼い頃はお片付けがとても苦手でした。自己肯定感がとても低く、常に他人の目を意識して生きてきました。父は思春期に他界し、大切な居場所を失った喪失感から気力ない生活を過ごしました。転機となったのは、学生から社会人になりたての頃でした。

「自分の黄金期」は社会人時代です。
短期大学卒業後、某生命保険会社(一般職)入社。社会人野球部やアメフト部とスポーツの大会のシーズンは応援団(チアリーダー)閑散期のウインターシーズンは個人スポーツでスキー部に所属と仕事とプライベートと満喫していました。しかし、仕事へのエネルギーは収入の為と割り切れなかった自分に気付き、前から興味のあったインテリア業界へ転職の準備にと退職しました。不動産会社で派遣事務をしながら専門学校と課題提出のインテリア関係の勉強と1年間を過ごしました。専門学校卒業後、ウインドウコーディネーター、リフォームコーディネーターを経験。

仕事の取引き先の方(夫)と出会いお付き合いの後、授かり婚。専業主婦となり、子育て、家事を一人で担うも、お互いの大変さ自己主張ばかり、理解し合えずでした。夫婦関係も悪く喧嘩が絶えない家庭。子どもは怯え、顔色を見て育ち、反抗期を迎えた時に一気に爆発。そのときに子育てに家族の関係性に間違いがあったと気付きました。そこから、子育て講座を通して自分と向き合い始め、自分を大切な存在だと認められるようになりました。ポジティブ心理学を学び、紆余曲折しながらも夫婦関係や子どもと、支援的な関わり方が徐々に出来るように。気付くと笑顔でいる事が増えました。

人間関係が良好になる事は心・体とウェルビーイングな生き方へと変わり、生活空間が楽しくなり、自己表現しやすくなると実感しています。
心のお掃除から空間、家事動線までを整えると生きやすい。人は想念次第!で生き方はバラ色にも染められる!をモットーに。
家事代行サービススタッフからスタートし、整理収納と活動を広めました。今は、思考整理から始まるコンサルティング型お片付けサポートと、お掃除のクリンネストとして、やり方やサービスの活動しています。

B_facebook
B_ameba
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock