Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
26517_ndkxnmexmtezmmq1y
親も子も幸せになる「関わり方」を学んでみませんか?
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
このような方にオススメ
時代に合わせた子育てスタイルに興味がある方。パートナーや子どもと、より良い関係を築きたい方。
期待できる効果
幸せを科学的に研究する「ポジティブ心理学」。これを子育てに応用した講座です。子どもが伸び、親子で「しあわせ」になる理論とスキルを学べます。

【お知らせ】
講座の開始時間を当初の予定から変更しております。
日本時間の月曜11:30-13:15までで開催いたします。


アロハ!

ならはらあいです。

ハワイで子育てをしながら、

「しあわせを増やす」ポジティブ心理学をお伝えしています。


親も子も幸せになる、子育て講座

「世界に通用する子どもの育て方」ベーシック

11/2開講、日本の月曜11時半のコースを始めます!


「あなたの幸せが幸せな社会を創る」
ニューヨークライフバランス研究所のHPはこちら


突然ですが、皆さんは

子育てを楽しんでいますか?

 

じんわりとわき出る、

幸せの感覚を味わいながら、

子供との時間を過ごしていますか?

 

この秋、ポジティブ心理学を

子育てに応用した講座、

「世界に通用する子どもの育て方」を開講します。

 

子どもとの関係をもっとよくしたい、

自分の子育てを変えたい、と思っている方、

 

私と一緒にポジティブ心理学を学んでみませんか?


開講中のコースの様子はこちら。第一回第二回
学びながらブログでアウトプットされている方もいます!


この講座とわたし


実は、2018年に、私自身が

この講座を受講していました!

 

この講座を通じて

ポジティブ心理学を学ぶ前の私は、

 

*何事にも失敗したくない(失敗=悪)

*完璧にこなしたい(つい欠点を見る)

 

という気持ちが強く、

子育てについても、

 

*きちんと育てなきゃ(どこか他人軸)

*将来は成功させたい(目的=成功)

*全責任は私にある(子どもを信じてない)

 

というスタンスでした。汗

一見、いいお母さんに見えたかもしれませんが、

子どもの弱みが見えると腹を立てたり、

躾という名のもとにきつく当たったり、

毎日がギスギスしていたと思います。

 

自分にも厳しかったので、

何か上手くいかないことがあると

人と比べて落ち込んだり、

自分を責めてさらに凹んだり、

そういうことを、

日常的にやっていました。

 

これが、海外生活への不適応にもつながり、
どんどん病んでいきました。暗黒期...

 

そこから、学びを続けるうちに、

何が変わったか....

 

それは、シンプルに、私の心でした。

「世界に通用する子どもの育て方」は

子育て講座ですが、一番育ったのは、

私の心でした。笑

 

ポジティブ心理学の根底には

「ないものより、あるものを見る」

「弱みより、強みを見て伸ばす」

という考え方があります。

 

この考え方に触れ、

良いと言われている「スキル」を

一つ一つ試していくうちに、

少しずつ、

私の内面が変化していきました。

 

そして、気づいたら、

子育てがとっても楽しくなり、

家族への感謝の気持ちが増し、

毎日、起きた瞬間に

「あぁ、なんて幸せなんだろう」

と感じるようになりました。

 

ないものを探し、そこを埋める人生から、

あるものを見つけ、感謝する人生に。

 

失敗や欠点を恥じ、

批判する人生から、

ぜんぶ受け止めて、

「だって人間だもの(byならお)」と言える人生に。

こんなことを書くと、

スピリチュアルな内容なのかな、

と思われるかもしれません。

 

でも、学ぶ内容は全て、

最新の脳科学・心理学研究で

「こうすると、幸福度が高まる」

と証明されているものです。

 

ベーシック講座では、まず

大切な人と良い関係を築くための

非認知スキル*を扱います。

*非認知:テストの点数などでは測れないけれども、

人生を彩り、豊かにする上で大切なちから。

思いやり・粘り強さ・協調性・コミュニケーションなど

 

これは、しあわせの大前提が

大切な人との関係性にあるからです。

 

また、扱うスキルは、

「再現性が高いもの」ばかりです。

 

これは、誰もが挑戦しやすく、

結果が出やすいという意味です。

*だから、有名大学に子供を入れた、

あるスゴいお母さんの話、とかではありません。

 

2020年、コロナを皮切りに、

世の中が大きく変わっていますね。

変化はこれから、止まるどころか

さらにスピードを増してゆくでしょう。

 

皆さんも、感じていることと思います。

時代は動き、生き方が、変わっています。

 

だからこそ、

今の自分の子育てを変えたい。

大切な人と、

もっといい関係になりたい。

幸せな子育て、

幸せな生き方をしたい。

 

そんな風に感じている方がいたら、

「世界に通用する子どもの育て方」で、

ポジティブ心理学の世界を覗いてみてください。

 

毎回、ワークと振り返りの時間がありますので、

「なんとなく、本を読んで、おしまい」

という惜しいことにもなりません。

(↑子育てノウハウ本あるある)

 

仲間と一緒に学ぶことにより、

学びが深まり、

スキルとして定着しやすくなる、

そのプロセスも経験していただけます。

 

さぁ、あなたとこの秋、

「世界に通用する子どもの育て方」で

ご一緒できるのを楽しみにしています!

 

【おまけ】

ちなみに、

講座のタイトルがアグレッシブですが、

✔️早期教育で、子どもを賢く育てる!

✔️偏差値を数ヶ月でアップ!いい大学に入るコツ!

✔️これから、絶対安泰な仕事はコレ!

みたいな内容は、全く扱っていません。

これらが、「幸せ」と直結しない理由も、
講座の中では、おつたえしていきます。

 

皆様からのお申し込みを、

心からお待ちしております♪

 


【内容】
① ちょうどいい子育てスタイルの一番の特徴
② 無条件の愛が伝わる6つの方法(子どもと自分の愛の言語を見つける)
③ 自己肯定感より大切な、自己効力感(やってみようと思う力)を育む方法
④ 子どもと親の強みを活かす方法
*毎回、スキルを実践していくためのワークと、振り返りを行います。

【時間】
1時間45分x4回
 
【日時】日本時間
第一回:11月2日(月)11:30〜13:15
第二回:11月16日(月)同上
第三回:11月30日(月)同上
第四回:12月14日(月)同上
 
米国の場合、
11月1日(日)11月15日(日)
11月29日(日)12月13日(日)
ハワイは日曜16:30〜18:15
ニューヨーク21:30〜23:15
 
*参加者で調整して日時を変更する可能性もあります。
*全4回ご出席いただける方を優先しますが、
やむをえない事情で欠席される場合は、
他の講師の講座に振替出席することもできます。
*別日程での開催リクエストも受付けています。
*第1回までに第1章、2章、P124-125を
お読みください。
 
 
【テキスト】
世界に通用する子どもの育て方 各自ご用意ください。
(ハワイの方は、ならはらからも購入できます)
 
【修了証】
・レポート提出後、修了証が授与されます。
・希望者は、アドバンスコースに進むこともできます。
・本講座は、ニューヨークライフバランス研究所の認定講師・養成講座を受講するための必須講座となっています。
 

ニューヨークライフバランス研究所代表
「世界に通用する子どもの育て方」著者
松村亜里からのメッセージ

親の子育てスタイルと、子どもの幸せや達成の関係は、心理学では長く研究されてきた分野です。子育てスタイルには、厳しすぎる、甘すぎる、ちょうどいい、虐待方の4つがあり、「ちょうどいい」子育てスタイルの親元で育った子どもは、大人になった時に、幸せで、不安が低く、学力が高く、収入も高くなるということがわかっています。最近では、日本でも同じ結果が出ました。
 
ただ、「ちょうどいい」とはとても難しいものです。ベーシック講座では、大学で心理学を教え、カウンセリングや心理学の講義に20年近く関わってきた、医学博士で臨床心理士、そしてポジティブ心理学応用プラクティショナーでもあるニューヨークライフバランス研究所の松村が、膨大な研究から抽出した、良い関係性のベースとなる4つのスキルを学びます。
 
子育ては関係性がベースです。関係性がない親の言うことなど子どもには伝わらないでしょう。また、これら関係性をよくするスキルは、子育てだけでなく、部下にも、パートナーにも、生徒にも、全ての人間関係で用いることができます。
 
本を読むだけではなかなか落とし込めないこともある対人関係の非認知スキルを、一つ一つ少人数でワークを交えながら実践し、それを実生活で練習し、その結果をまた振り返ることで、4回終了した時には、大切な人の関係性がグッと変わったと言う感想を、数えきれないほどいただいています。
 
あなたの大切な人の幸せを、そしてその人とあなたの良い関係性をよくしたい方、またはすでに良くてもより良くしたい方におすすめの講座です。
 
開催日時
2020年11月 2日(月)
開始 11:30
終了 13:15
場所 Zoom
オンライン ZOOMにて
参加費

26,400円 または 240ドル (どちらも税込み)

母子家庭・父子家庭で子育て中の方や、災害で被災された方には、奨学金も用意しています。希望される方は事務局までお問い合わせください

支払方法

PayPal、銀行振込

定員
 4  名
満員御礼
申込受付期間2020/9/24(木) 11:21 ~ 2020/11/ 2(月) 23:00まで
お問い合わせ先ならはらあい
お問い合わせ先電話番号
お問い合わせ先メールアドレス808rainorshine@gmail.com
【ウェルビーイングな生き方】あなたらしさで、毎日が楽しく、もっと面白くなる!
 
 
 一緒に学ぶ⇨幸せが増える!
Ai Narahara
【ウェルビーイングな生き方】あなたらしさで、毎日が楽しく、もっと面白くなる!
 
■NYライフバランス研究所
・認定講師
・オンラインサロンAri's Academia
 コミュニティオーガナイザー

■NPO法人マザーズコーチジャパン
・認定コーチ/体験講座講師

■ハワイ発大人女子のための学びのコミュニティ
「Hale Aloha(ハレアロハ)」主宰⠀

■こんな人です■
福岡出身。大学卒業後は商社で投資や入札プロジェクトに関わっていました。商社の仕事には向いてなかったのですが、独身寮の寮長として寮生のお世話を楽しみました。人が好きで、あたたかい交流に喜びを感じるタイプです。好きなお笑い芸人はサンドウィッチマンと博多華丸大吉。⠀

【人生の転機1】
商社の仕事は規模が大きく、自分の活路を見出せずに過ごしました(議事録づくりと飲み屋手配はかなり上達)。
転機は入社4年目、投資先へ出向となり、経営・営業の現場に出たことです。
一言でいうと、「自分の考え」が問われる場でした。人生経験豊富な上司、同僚にも恵まれ、働く喜びを味わいました。

【転機2】
第2子の育休中に夫の転勤でNYに引越し、0歳2歳を連れての海外生活を開始しました。はじめてづくしで不安が大きかった頃、「コーチング」と出会い、視界が広がる経験をしました。「家庭が明るく、子育てが楽しくなる」を掲げるマザーズコーチジャパンでママが使えるコーチングの技術を学び、認定コーチとなりました。

【転機3】
2016年、夫婦の夢であったハワイ転居が叶いました。が、「まさか」が起こります。私自身がハワイに全く適応できず、不安・落ち込み・パニックで普通の生活ができなくなってしまい、母子で日本へ帰国しました(夫はハワイに残して)。1年弱の療養を経てハワイに戻ったのが2018年です。

【つまり】
人生で引越12回!国内外7箇所での子育てと、自身の不適応の経験を通じ、異文化生活の大変さや「自分をいい状態に保つこと」の大切さを痛感しました。その中で、「自分でしあわせを創り出す」というポジティブ心理学の考え方に心から共感するようになり、学びと実践を継続しています。
 
 
 
 
 
Profile
一緒に学ぶ⇨幸せが増える!

Ai Narahara

Mission
【ウェルビーイングな生き方】あなたらしさで、毎日が楽しく、もっと面白くなる!
Senmon
アメリカ ウェルビーイング 子育てコーチング コミュニティオーガナイズ

■NYライフバランス研究所
・認定講師
・オンラインサロンAri's Academia
 コミュニティオーガナイザー

■NPO法人マザーズコーチジャパン
・認定コーチ/体験講座講師

■ハワイ発大人女子のための学びのコミュニティ
「Hale Aloha(ハレアロハ)」主宰⠀
⠀ ⠀
■こんな人です■
福岡出身。大学卒業後は商社で投資や入札プロジェクトに関わっていました。商社の仕事には向いてなかったのですが、独身寮の寮長として寮生のお世話を楽しみました。人が好きで、あたたかい交流に喜びを感じるタイプです。好きなお笑い芸人はサンドウィッチマンと博多華丸大吉。⠀

【人生の転機1】
商社の仕事は規模が大きく、自分の活路を見出せずに過ごしました(議事録づくりと飲み屋手配はかなり上達)。
転機は入社4年目、投資先へ出向となり、経営・営業の現場に出たことです。
一言でいうと、「自分の考え」が問われる場でした。人生経験豊富な上司、同僚にも恵まれ、働く喜びを味わいました。

【転機2】
第2子の育休中に夫の転勤でNYに引越し、0歳2歳を連れての海外生活を開始しました。はじめてづくしで不安が大きかった頃、「コーチング」と出会い、視界が広がる経験をしました。「家庭が明るく、子育てが楽しくなる」を掲げるマザーズコーチジャパンでママが使えるコーチングの技術を学び、認定コーチとなりました。

【転機3】
2016年、夫婦の夢であったハワイ転居が叶いました。が、「まさか」が起こります。私自身がハワイに全く適応できず、不安・落ち込み・パニックで普通の生活ができなくなってしまい、母子で日本へ帰国しました(夫はハワイに残して)。1年弱の療養を経てハワイに戻ったのが2018年です。

【つまり】
人生で引越12回!国内外7箇所での子育てと、自身の不適応の経験を通じ、異文化生活の大変さや「自分をいい状態に保つこと」の大切さを痛感しました。その中で、「自分でしあわせを創り出す」というポジティブ心理学の考え方に心から共感するようになり、学びと実践を継続しています。

B_homepage
Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock