Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
【さらに増席】無料トークライブセミナー
【50歳からの身体革命】
ゴキゲンなカラダを創る方法
断捨離トレーナー3名<今本待喜子✖古澤貴子×原田千里>によるクロストークセミナー
このような方にオススメ
一生元気に、一生美しくいたい方
期待できる効果
断捨離®的発想の身体革命のコツがわかります
483246_ph_profile
483246_古澤
すべての人が希望の道を歩ける社会を創る
Trainer
Expert
 
 
株式会社ポジティブストローク研究所 断捨離®トレーナー/女性向けコンテンツプロデューサー
原田千里
すべての人が希望の道を歩ける社会を創る
 
◆やましたひでこ公認チーフ断捨離®トレーナー
◆自分リードコーチング・マスタートレーナー
◆リザストオフィシャルトレーナー
◆アンガーマネジメントトレーナー・叱り方トレーナー
◆交流分析インストラクター
◆日本産業カウンセラー協会: 産業カウンセラー
株式会社ポジティブストローク研究所 代表

社会に必要とされる人間でなければ生きていけない、と信じて夢中で働いてきた20代、30代。責任を果たすこと、期待に応えることが生きがいでした。
自分の未来に不安はありませんでした。
40代になると、自分のやる気とチームメンバーの温度差、自分が思う貢献度と評価ギャップが大きくなり、ストレスから様々な病気になり、思い通りに動けなくなりました。深い絶望から、自分を見つめなおす機会を得ました。
自分を救うために様々な心理学、自己啓発を学び、自分や人をジャッジし、傷つけてきた人生から、自分自身を信頼し、人との出会いを大切にする人生へ移行しましました。そして、なんとなく独立をイメージし始めてから10年後、2014年に独立起業しました。
この独立には、コーチングと断捨離が大きく影響しています。

目の前の不要なモノを捨てていく過程で、それまでの自分のキャリアに自信を持つ一方で、実は固執している部分があり、変化を求めながら変化を恐れる自分がいることに気づきました。病気になったことも、転換期を知らせてくれたのだと思えるようになりました。
不要なモノと一緒に、執着や不安、恐れを手放し、汚部屋からも脱出しました。

2014年、やましたひでこ公認断捨離®トレーナーになりました。
断捨離マインドで混沌とした人生から脱出した経験を活かして、「すべての人が希望の道を歩ける社会を創る」ために貢献します。
 
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Professional
 
 
古澤貴子 やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー
古澤貴子
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
 
人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が..
 

【50歳からの身体革命】


ゴキゲンなカラダを創ろう

 走る断捨離®トレーナー          今本待喜子 
 栄養学の専門家で断捨離®トレーナー    古澤貴子  
 身体革命チャレンジ中の断捨離®トレーナー 原田千里  

 





 

58歳、60歳、58歳。
同世代の3人によるクロストークです
代謝の良い日常生活へムリなくシフトする方法を伺います

カギは「引き算」「新陳代謝」「創造」
あなたの「身体革命」のヒントが見つかるかもしれません

私が太るなんてありえない・・・
身体のゴミ・ガラクタを一掃して、
代謝のよい身体になる日常生活をインストール中


原田千里

食べること大好き。お酒も大好き。
ジャンクフード、お菓子も大好き。
好き嫌いはなく、何でも美味しく食べられます。
ごはんよりパン、パスタが好き。
そして肉食派。

私は何を食べても太らない、という自信がありました。
それが、50歳を過ぎたあたりから少しずつ体重が増えました。
痩せると言われているサプリメントを飲んだり、
断食をしてみたりするものの、リバウンド。

最近の体重増加と、リモートワークが増えたことによる体力低下が
著しいと感じ、焦り始めました。
そう思い始めたちょうどそのときに、受けた健康診断の結果見て、
このままではまずい・・・。

このままでは、トドになってしまう!!しかも不健康なトド。
いや、セイウチか!?
どっちでもいいけど、どっちももイヤ!!!





そんな時にふと、思い出したのが、断捨離®トレーナー仲間の
今本さん、古澤さん、このふたり。

断捨離®していて太るなんてありえない!

開口一番、今本さんに言われた一言で、目が覚めました。
はい、身体の中に不要・不適・不快をため込んでいます。

現状認識が足りなかった。
これ以上先送りはできない。

同年代なのに健康的でスリムでかっこいい二人。
この二人からヒントをもらおう、と思ったのでした。

もしかしたら、私と同じような状況、気持ちの人もいるかもしれない。
お二人に相談し、快諾を頂き、今回の無料トークライブ開催が実現しました。私と一緒に、話を聞いてみませんか?

 


断捨離していて太るなんてありえない!


10年前は2キロの完走も不安だった
走ることは日常の一コマ。走る断捨離®トレーナー今本待喜子



 フルマラソン40回完走

ウルトラマラソン(100キロ以上)8回完走
トライアスロン(スタンダードディスタンス)10回完走
トライアスロン(ミドルディスタンス)3回完走

現在来年秋のトライアスロンロングディスタンス
(スイム4キロ、バイク190キロ、ラン42キロ)に向けてトレーニング中。

そんな今本さんも、10年前にリレーマラソンに誘われたときは、
走るなんてとんでもない、2キロを完走できる自信なんて
まったく、ない!!という状態だったのだそう。

それが今では、走る断捨離®トレーナーに。
はた目からすると、ハードでストイックなトレーニングを、
なんとも楽しそうにこなしていらっしゃる。
走ることは生活の一部。もはや人生そのもの。

10年でこんなに変わるものなのか!?


「楽しくなくちゃ、続かないでしょ?」





彼女の何が、そんなに楽しく走らせるのか?

どうしたら自然にムリなく日常生活に組み込めるの?

そして何を目指しているの?

じっくり聞かせていただこう思います。

まずは引き算。正しい知識と実践が必要
栄養学の専門家でもある断捨離®トレーナーの古澤貴子



航空会社を退職し、1990年に余命2ヵ月と宣告された末期癌の父親とともに渡米。
メキシコのゲルソン病院で、末期癌でありながら、
抗癌剤など薬に頼ることもなく、基本的に栄養療法で
寛解した父親、そして同じものを食べた自分の体調の変化に、食(栄養)の偉大
な力を知ったという。

医師とともに、分子整合医学(分子整合栄養学)、デトックス療法、食事療法、
サイモントン療法など、基本的に薬に依存しない統合医療に取り組んだこられました。

栄養学の講演活動・啓蒙活動を行いながら、約3000人の患者さんの
栄養や心理カウンセリングもしてきたという古澤貴子トレーナー。

身体によくないことを引き算するだけで、身体は変わるといいます。
正しい知識は大事ですね。

50歳以上の女性の理想的な食生活について、お聞きします。

 
 
対象者 
  • 1 一生、現役で活躍したい
  •  2 若いころの体形に戻りたい
  •  3 もうひとはな、咲かせたい
  • 4 食生活を見直したい
  •  5 生活習慣を変えたい
  •  6 愉しく運動したい・走りたい
  •  7 ダイエットに失敗したことがある
  •  8 自分を変えたい
  •  9 今本、古澤に興味がある
  • 10  まだまだ人生楽しみたい

ひとつでも当てはまることがある方は、是非、ご参加ください。

50歳未満の方もご参加いただけます。

 

483246_25ab246685b436753cabdea9c115e5d2_original
開催日時
2020年12月 8日(火)
開場 19:55
開始 20:00
終了 21:30
場所 ご自宅からご参加ください

ホームページ
参加費

無料

支払方法
Stripe_pay_solutions
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行
定員
 174  名
満員御礼
申込受付期間2020/11/15(日) 00:00 ~ 2020/12/ 8(火) 10:00まで
主催者原田千里
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert
断捨離®トレーナー/女性向けコンテンツプロデューサ..

原田千里

Trainer
リザーブストック公式認定トレーナー
Mission
すべての人が希望の道を歩ける社会を創る
Senmon
断捨離®トレーナー リザストオフィシャルトレーナー 個人起業支援 コーチング

◆やましたひでこ公認チーフ断捨離®トレーナー
◆自分リードコーチング・マスタートレーナー
◆リザストオフィシャルトレーナー
◆アンガーマネジメントトレーナー・叱り方トレーナー
◆交流分析インストラクター
◆日本産業カウンセラー協会: 産業カウンセラー
株式会社ポジティブストローク研究所 代表

社会に必要とされる人間でなければ生きていけない、と信じて夢中で働いてきた20代、30代。責任を果たすこと、期待に応えることが生きがいでした。
自分の未来に不安はありませんでした。
40代になると、自分のやる気とチームメンバーの温度差、自分が思う貢献度と評価ギャップが大きくなり、ストレスから様々な病気になり、思い通りに動けなくなりました。深い絶望から、自分を見つめなおす機会を得ました。
自分を救うために様々な心理学、自己啓発を学び、自分や人をジャッジし、傷つけてきた人生から、自分自身を信頼し、人との出会いを大切にする人生へ移行しましました。そして、なんとなく独立をイメージし始めてから10年後、2014年に独立起業しました。
この独立には、コーチングと断捨離が大きく影響しています。

目の前の不要なモノを捨てていく過程で、それまでの自分のキャリアに自信を持つ一方で、実は固執している部分があり、変化を求めながら変化を恐れる自分がいることに気づきました。病気になったことも、転換期を知らせてくれたのだと思えるようになりました。
不要なモノと一緒に、執着や不安、恐れを手放し、汚部屋からも脱出しました。

2014年、やましたひでこ公認断捨離®トレーナーになりました。
断捨離マインドで混沌とした人生から脱出した経験を活かして、「すべての人が希望の道を歩ける社会を創る」ために貢献します。

B_facebook
B_ameba
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2018 chisato harada, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock