Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
受付は終了しました
書プレゼンワークショップ
~あなたの今年を漢字一文字に書いてプレゼンしよう~
このような方にオススメ
あなたと仕事がしたい!と言われる経営者やビジネスマンになりたい人
期待できる効果
理念や志に基づいて伝えたいことを端的に伝えて、相手が行動してくれるようになる
482247_119194812_642373356469350_8368911028685474004_n
ご縁をつなぐおうえん家、日本一として生きる
Professional
 
 
ドリームシップ・カンパニー 株式会社わくわくランド代表取締役
松井 創
ご縁をつなぐおうえん家、日本一として生きる
 
「人はなぜコミュニティをつくるのか」著者
「オンラインイベントの教科書」共著
オンラインビジネスマスターコンサルティング 講師
わらしべ商人の読書術認定インストラクター
わらしべ読書 de 読書感想文トレーナー
株式会社窪田工業所様 新入社員研修 講師
三菱電機カスタマーセンターの下請け電気屋として独立したのは、若干20歳の時。

その後、ダイヤモンドメンテナンスはエアコンクリーニング専門店としてリニューアルし現在に至る。



その間、創業4年目に若気の至りか人生の目的が見えなくなり、父親に会社を任せ、仕事の上で自分探しの旅に出る。

様々な仕事を経験をした中で、営業職という職種が自分に向いているということに気づく。

そこから保険営業、ルートセールス、WEB販売促進、ベンチャー企業で営業職を徹底的に経験し、実績を出す。



36歳の時、良い商品やサービスがあっても伝える力がなくて埋れてしまうモノやヒトがいることを残念に思い、営業力向上のセミナーや研修を行うため、一念発起してドリームシップ・カンパニーを創業。



個人事業主をメインに、コミュニティ構築のコンサルティング、情報発信を無理なく習慣にするためのサポートコーチングから、2021年4月に株式会社わくわくランドを設立する。

オンラインコミュニティ「全国わくわく商店街」では、現代の楽市楽座のような市場が生まれる場所を目指すとともに、情報発信を無理なく習慣にするための正しいやり方、考え方と継続する仕組みづくり、オンラインマーケティングを伝えている。

最近関心の高いLIVE配信を実践する仕組みづくりとして、「サクっとハジメの一歩を踏み出そう」というLIVE配信番組を企画、プロデュースしている。

強み発掘、得意のコピーライティングを活かしたペライチページの制作は、成果が出ると評判。



「知ってる」「やってる」「できてる」はどれも違うステージ。

成果を上げ続けるためには、行動して実践し続けることが何よりも大事だということを伝え続けている。
 
推薦者/後援者
24626_奥村プロフィール300300
 
ボイップ 
奥村まみ子
話し声やプレゼンの「伝わる」メソッドを通じて、伝わる楽しさを多くの人に感じて欲しい
 
 
プレゼンテーションクリエーターでもあり、書家でもある
前田鎌利さんのお話は、
右脳と左脳、どちらにも働きかける内容で、納得度合いが高いと感じます。

自分の中にある大切な「念い」を伝えるために
どう伝えたらいいのか

当日は、
「ミニマム・プレゼンテーション」という書籍を題材にした
「書」とプレゼンテーションの極意についてのワークショップと対談のイベントと
いうことで、盛りだくさんの内容となっています。

デジタルで色々と作り込むこともできますが、
「手書き」することで自分が伝わる、そんな感覚もありますよね

私自身、鎌利先生の書を、習ったこともありますが、
書き順?それよりも「念い」だと、言われたりします。
確かに、書き順にとらわれていると、書の味は出てきません。

創意工夫、試行錯誤していく中で、どんどん自分の大切なものが見えてくる
そんな時間になるかな〜と思います。

ご都合つく方は是非!ご参加くださいませ

もっと上手に もっと伝わるプレゼンテーションができたら・・

経営者やビジネスパーソンにとって、プレゼンスキルは必須のものとなっています。


プレゼンテーションのスキルを高めることで、
自分のやりたいと思っていることがどんどん
実現したり、志や夢に共感共鳴してくれる
仲間の輪が拡がったり

自分の可能性を高めてくれるツールとなります。

プレゼンテーションとは、相手に自分の念いを伝え、感情を動かし、行動を促して結果を出すものである、と
一般社団法人プレゼンテーション協会の代表理事 前田鎌利氏は著書に書いておられます。

商品の良さやメリットを一生懸命に伝えたはずなのに、どうも相手には伝わっていないような気がする。
自分は口下手なのでプレゼンテーションは苦手なんです。

という方は、少なくありません。

しかし、商品について一生懸命伝えようとしている時点で、努力の方向が少しずれているのかもしれません。


今回、85年の歴史がある熊野筆で有名な「熊野町筆まつり」が新型コロナウイルスの影響を受け、中止に
なってしまったことを受けて立ち上がった「熊野町バーチャル筆まつり」のコラボ企画として、筆を使った
手書き文字や書の魅力をしり、プレゼンテーションスキルも高めることができるワークショップを開催する
ことになりました。


自分の感性とビジネススキルを両方磨きたい方にお勧めのワークショップです。
ぜひ ご参加ください。

【内容】
前田鎌利さんの著書『ミニマム・プレゼンテーション』をベースとした、「書」とプレゼンテーションの極意についてのワークショップ&筆事業組合専務 城本さんと前田さんの対談がセットになったイベントです。

自分にとっての今年をあらわす漢字一文字を書き、
その文字についてプレゼンテーションをします。

「書」を書く感性を磨き、なぜその言葉を選んだのか
「念い」を端的に伝える方法を学ぶことができます。

城本さんとの対談では、熊野筆の魅力や「書」の魅力
について語り合っていただきます。

 

 

【プロフィール】

 

「前田鎌利」

 
書家/プレゼンテーションクリエイター
1973年福井県生まれ。東京学芸大学 書道科卒業後、 独立書家として歩む。 Softbank「志高く」JAXA「こうのとり」Jリーグ「絶対突破」、TOYOTA「挑戦」、重要文化財 旧小坂邸襖 書「花鳥風月」など多数の作品を手がける一方、国宝 彦根城などでのライブパフォーマンスをはじめ海外でも幅広く活躍。
 
また未来へ日本文化を継いでいく活動として全国で書道塾「継未-TUGUMI-」を主催。700名を超える生徒へ日々書を通じた内観することの重要性を伝えている。
 
ソフトバンク在籍時の孫正義社長(現会長)の資料作成に携わった経験より、「社内プレゼンの資料作成術」「社外プレゼンの資料作成術」「最高品質の会議術」(ダイヤモンド社)等、著書は30万部を超える。年間200社以上の企業・団体などで講演、企業研修などを行う。
 
一般社団法人 プレゼンテーション協会 代表理事
一般社団法人 継未 代表理事
株式会社 固 代表取締役
情報経営イノベーション専門職大学 客員教授
サイバー大学 客員講師
 
 

「城本健司」

 
1961年広島県生まれ。広島筆産業株式会社(明治14年創業の筆の製造・販売会社) 代表取締役社長。
 
慶応大学を卒業後、米国カリフォルニア州立大学 経営大学院(MBA)修了。住友銀行(現三井住友銀行)にて、国際業務部(航空機ファイナンス担当)、情報開発部(M&A担当)、その後ニューヨークのウォール街の投資銀行にて活躍。父親の急逝にともない帰国し、140年続く実家の筆の製造・販売会社を継ぐ。
 
現在は筆の製造・販売のみならず、書道の海外への普及を目指して活動中。
 
 
熊野筆事業協同組合 常務理事、全国書道用品生産連盟 副理事長兼熊野支部長、全国書画展覧会 副理事長、広島安芸法人会 副会長、海田間税会 副会長、熊野町商工会 理事、公益財団法人広島がんセミナー 評議員等々の公職またはボランティア活動の役職も多数あり。
 
 

「ファシリテーター 松井 創」

 
「人はなぜコミュニティをつくるのか」著者
「オンラインイベントの教科書」共著
オンラインビジネスマスター講座 講師
 
良い商品やサービスがあっても伝える力がなくて埋れてしまうモノやヒトがいることを残念に思い、営業力向上のセミナーや研修を行うため、一念発起してドリームシップ・カンパニーを創業。
 
現在は個人事業主をメインに、コミュニティ構築のコンサルティング、情報発信を無理なく習慣にするためのサポートコーチングを行っている。
 
なぜコミアカデミーでは、情報発信を無理なく習慣にするための正しいやり方、考え方と継続する仕組みづくりを伝えている。
 
最近関心の高いLIVE配信を実践する仕組みづくりとして、「サクっとハジメの一歩を踏み出そう」というLIVE配信番組を企画、プロデュースしている。
 
 
 




熊野バーチャル筆まつりとは?
伝統工芸品で有名な熊野筆。85年続く広島県熊野町筆まつりが、今年はコロナの影響で中止に。9/22〜27の6日間。初のオンライン開催に挑戦します。
あの熊野筆が最大40%オフで購入できる「筆の市」や、様々な筆の文化を楽しめるオンラインイベントが開催されます。
この期間中、みんなで筆の文化を楽しんでいきましょう! #筆を楽しもう
詳細はこちらから。
https://kumanofude-v-fudematsuri.com/


※重要事項

登録していただくメールアドレスに関して hotmailと
ケータイキャリアメール(docomo softbank ezwebなど)
は届かないので PCでも受け取れるメールアドレス
例えば Gmail などでご登録していただくようにお願いします。

 

開催日時
2020年9月23日(水)
開場 17:45
開始 18:00
終了 20:00
場所 オンライン(ZOOM)

参加費

無料!!

定員 20  名 【残 3 席】
申込受付期間2020/9/15(火) 12:03 ~ 2020/9/23(水) 18:00まで
主催者松井 創
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Professional
株式会社わくわくランド代表取締役

松井 創

Mission
ご縁をつなぐおうえん家、日本一として生きる
Senmon
ライター,ファン作り,仕組み,コミュニティ,ライティング

「人はなぜコミュニティをつくるのか」著者
「オンラインイベントの教科書」共著
オンラインビジネスマスターコンサルティング 講師
わらしべ商人の読書術認定インストラクター
わらしべ読書 de 読書感想文トレーナー
株式会社窪田工業所様 新入社員研修 講師
三菱電機カスタマーセンターの下請け電気屋として独立したのは、若干20歳の時。

その後、ダイヤモンドメンテナンスはエアコンクリーニング専門店としてリニューアルし現在に至る。



その間、創業4年目に若気の至りか人生の目的が見えなくなり、父親に会社を任せ、仕事の上で自分探しの旅に出る。

様々な仕事を経験をした中で、営業職という職種が自分に向いているということに気づく。

そこから保険営業、ルートセールス、WEB販売促進、ベンチャー企業で営業職を徹底的に経験し、実績を出す。



36歳の時、良い商品やサービスがあっても伝える力がなくて埋れてしまうモノやヒトがいることを残念に思い、営業力向上のセミナーや研修を行うため、一念発起してドリームシップ・カンパニーを創業。



個人事業主をメインに、コミュニティ構築のコンサルティング、情報発信を無理なく習慣にするためのサポートコーチングから、2021年4月に株式会社わくわくランドを設立する。

オンラインコミュニティ「全国わくわく商店街」では、現代の楽市楽座のような市場が生まれる場所を目指すとともに、情報発信を無理なく習慣にするための正しいやり方、考え方と継続する仕組みづくり、オンラインマーケティングを伝えている。

最近関心の高いLIVE配信を実践する仕組みづくりとして、「サクっとハジメの一歩を踏み出そう」というLIVE配信番組を企画、プロデュースしている。

強み発掘、得意のコピーライティングを活かしたペライチページの制作は、成果が出ると評判。



「知ってる」「やってる」「できてる」はどれも違うステージ。

成果を上げ続けるためには、行動して実践し続けることが何よりも大事だということを伝え続けている。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock