Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
あるほなつき&金子聡子
「絵本トーキング」(第2部)
~『わがままナおうさま』のひみつ~
このような方にオススメ
絵本との出会い、人との出会いを楽しみたいかた
期待できる効果
あるほなつきの作品や世界観を通して様々な表現や楽しみ方を知り、一緒に楽しむ
480349_84f1edcc-60fb-48b0-8b26-07e3646639ed-e1531140964307-768x768 (1)
480349_118862126_3139492939493670_2565718097819810279_o
すべての自分にOK♪
Expert_s
 
 
ル・リアン 
金子聡子
すべての自分にOK♪
 
私が今生きているのは、これからも生きていくのは、
「すべての自分にOKを出し、穏やかな笑顔と喜びが循環する世界」

それは、誰かから与えられるものではなく、自分が創っていくもの。

自分の「心の声」を聴き 自分自身の感覚を素直に受けとめ
自分を満たし 表現していくことで
内側からあふれる幸せが周りにも広がっていきます。

私は、あなたが安心して自分自身と向き合い、表現できる場所と時間を提供します。

-----------------

25年間の教員生活の中で、学級担任、教育相談員として、子ども、保護者、幼稚園や保育園の職員、小中高の教員、地域の福祉担当者と共に教育活動に携わる。教育カウンセラー、特別支援教育士等の学びと経験から、心理学をベースとした考え方や行動についての研修会、講演会を主催。自身も学びながらアドバイスを行う。学校現場で絵本の読み聞かせの活動を続け、子どもたちに毎年300冊以上の絵本を読み、紹介してきた。
2015年3月、家族の病気により早期退職。家族の病気とかかわりながら自身をふり返っていく中で「自分のことが大嫌いだ」と思っていたことや、「がんばっていないと認められない、愛されない」という想いが強くあることを自覚し、愕然とする。
2016年1月に”幸せマニア”の本田晃一さんと出会い、「自分が大嫌い」な状態から「自分自身を好きになる」やり方を実践し続けることで、人生が音をたてて変わる。自分自身の心の声を聴き、受けとめ、受け入れ、行動し続けることで、40年以上「ねば」「べき」という世間の常識でガチガチだった心の扉を一つひとつひらいていく。その過程で、これまで子どものものだと思ってきた絵本が、大人にこそ必要なものであることに気づき、主に大人のかたに絵本を紹介する「絵本キュレーター」と名乗り、2017年3月から活動。
2021年5月..
 
 
その中の一つとして
 
  • 写真絵本作家・あるほなつきと 絵本キュレーター・金子聡子の
    トークイベント(絵本トーキング)を行います!!



『わがままナおうさま』のひみつ
 見えないモノを意識することの
大切さを伝えたい
  • 写真家の「あるほ(alfo)」と
    絵描きの「なつき(natsuki)」。
  • 2人のユニットが「あるほなつき(alfonatsuki)です。
  • 写真と絵が一体となった「写真絵本」を
    さまざま発表しており
  • その世界観と独特の表現には
    全国各地にたくさんのファンがいます。

 

  • 今回は、お2人が展開している「空気シリーズ」の第1作
    写真絵本『わがままナおうさま』がテーマです。

「見えないモノを意識することの大切さを伝えたい」

空気シリーズは、
そんな二人の想いが形になったもの。

 

 現在好評開催中の展覧会alfonatsuki過去、現在、未来展(あるほなつき展)の会場
「雪の里情報館」(山形県新庄市)

  • ブックユニオンたかはた内「ページカフェ」(山形県高畠町)をオンラインでつなぎ、

  • お互いの様子をそれぞれの会場で映し出しながら
  • ここだけのお話や制作時のエピソード、参加者からのQ&Aなどなど
    さまざまお話します。

 

絵本トーキングは
11:15~12:00までの第1部と
13:30~14:15までの第2部の2回開催。

  • それぞれの会場にいらしても
    オンラインでも参加OK!
    あなたが参加しやすい方法を選べます。

しかも参加費1000円で、
2回とも参加することができます。
 

  • また、今回ご参加のかたには
    スペシャルな特典が!
  • 2回分の動画を特別編集
    ご参加くださったかた限定で
    後日配信いたします!!
  •  
  • 「ちょっと時間帯が合わなくて…」
    「参加しようと思ったら、急に用事が…」
  • そんなときでも大丈夫。

  • イベントの楽しい雰囲気や
    興味深いお話などを
    落ち着いて、ゆっくり楽しむことができます。

 

  • 作品制作に対する作家の想いと
    話しながらその場で引き出されるライブ感を
    どうぞお楽しみください!
あるほなつき&金子聡子 絵本トーキング(第2部)
~『わがままナおうさま』のひみつ~
1 日時 
10月4日(日)13:30~14:15

2 場所
ブックユニオンたかはた(高畠町)・雪の里情報館(新庄市)・オンライン(Zoom)

3 参加費(第1部にも参加可能:後日限定動画配信あり)
◇トークイベントのみのかた:1000円
◇写真絵本『わがままナおうさま』を合わせて購入するかた(ジャバラ版か通常版のいずれかを選択)
・本の郵送を希望 2300円(本代1430円・イベント参加費870円送料込み)
・会場で本を購入 2000円(本代1430円・イベント参加費570円)

*参加者には、トークイベント2回分の編集動画を後日限定配信します。
*大人と一緒に参加する子どもは無料です。
*本の郵送をご希望の場合、9月26日(土)までお申し込みのかたには当日に間に合うように発送いたします。それ以降のお申し込みは、イベント終了後のお届けになる可能性があることをご了承ください。

4 定員
ブックユニオンたかはた(高畠町):5名
雪の里情報館(新庄市):5名
オンライン(Zoom):20名

【会場へのアクセス】
◇雪の里情報館
〒996-0086 山形県新庄市石川町4番15号

http://yukinosato.jp/?page_id=68

◇ブックユニオンたかはた
〒999-2174 山形県東置賜郡高畠町福沢459-3
https://www.its-mo.com/detail/DIDX_ZPOI-00000000000000096915/access/

ご協力をお願いします
  • 1 「雪の里情報館」及び「ブックユニオンたかはた」の会場にお越しの際は、マスクの使用及び会場入り口での手指の消毒・検温にご協力ください。また、会場内でのソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。

  • 2 あるほなつき&金子聡子「絵本トーキング」は有料イベントです。お申し込みが必要ですので、お手続きをお願い致します。⇒ 第2部お申し込みはこちら
  • 3 オンラインでのご参加のかたは、インターネットが安定して接続できる環境でのご参加をお願い致します。

    4 オンラインでの配信は、Zoomを使用いたします。

    初めてZoomをご利用のかたは
    事前の操作確認をしておくと安心です。

    <参考>
    *はじめてZoomのWeb会議に参加する人のための事前準備手順
    https://www.entre-gym.jp/report/news/zoom/

 

開催日時
2020年10月 4日(日)
開場 13:25
開始 13:30
終了 14:15
場所 ブックユニオンたかはた(高畠町)・雪の里情報館(新庄市)・オンライン(Zoom)

参加費
トークイベントのみ参加
1,000円
『わがままナおうさま』購入・郵送希望
2,300円
わがままナおうさま購入・会場受け取り
2,000円
第1部に申し込み済み
0円

◇トークイベントのみ 1000円(第1部にも参加可能)

◇写真絵本『わがままナおうさま』を合わせて購入
・本の郵送を希望のかた 2300円(本代1430円・イベント参加費870円送料込み)
・会場で本を受け取るかた 2000円(本代1430円・イベント参加費570円)

*参加者には、トークイベント2回分の編集動画を後日限定配信します

定員 30  名
申込受付期間2020/9/11(金) 14:14 ~ 2020/10/ 4(日) 11:00まで
主催者金子聡子
 
 
 
 
Profile
Expert_s

金子聡子

Mission
すべての自分にOK♪
Senmon
自己受容 絵本 

私が今生きているのは、これからも生きていくのは、
「すべての自分にOKを出し、穏やかな笑顔と喜びが循環する世界」

それは、誰かから与えられるものではなく、自分が創っていくもの。

自分の「心の声」を聴き 自分自身の感覚を素直に受けとめ
自分を満たし 表現していくことで
内側からあふれる幸せが周りにも広がっていきます。

私は、あなたが安心して自分自身と向き合い、表現できる場所と時間を提供します。

-----------------

25年間の教員生活の中で、学級担任、教育相談員として、子ども、保護者、幼稚園や保育園の職員、小中高の教員、地域の福祉担当者と共に教育活動に携わる。教育カウンセラー、特別支援教育士等の学びと経験から、心理学をベースとした考え方や行動についての研修会、講演会を主催。自身も学びながらアドバイスを行う。学校現場で絵本の読み聞かせの活動を続け、子どもたちに毎年300冊以上の絵本を読み、紹介してきた。
2015年3月、家族の病気により早期退職。家族の病気とかかわりながら自身をふり返っていく中で「自分のことが大嫌いだ」と思っていたことや、「がんばっていないと認められない、愛されない」という想いが強くあることを自覚し、愕然とする。
2016年1月に”幸せマニア”の本田晃一さんと出会い、「自分が大嫌い」な状態から「自分自身を好きになる」やり方を実践し続けることで、人生が音をたてて変わる。自分自身の心の声を聴き、受けとめ、受け入れ、行動し続けることで、40年以上「ねば」「べき」という世間の常識でガチガチだった心の扉を一つひとつひらいていく。その過程で、これまで子どものものだと思ってきた絵本が、大人にこそ必要なものであることに気づき、主に大人のかたに絵本を紹介する「絵本キュレーター」と名乗り、2017年3月から活動。
2021年5月より「心の声のコンサルタント」として、「すべての自分にOKを出し、穏やかな笑顔と喜びが循環する世界」について発信している。

B_facebook
B_ameba
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock