Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
「世界に通用する子どもの育て方」
アドバンス
科学的に裏付けられた子どもが伸び幸せになる関わり方を学ぶ
このような方にオススメ
子育てを変えたいけど、どうしていいかわからない、より子育てを楽しみたい、子どもと良い関係を築きたいと思っている方
期待できる効果
子どもが伸び、親子とも幸せになるスキルを身に付けることができます。
一人でも多くの方に笑顔を
 
 
 ニューヨークライフバランス研究所 ファシリテーター
高橋あいこ
一人でも多くの方に笑顔を
 
ニューヨークライフバランス研究所 ファシリテーター
パン講師(ABC Cooking Studio)
‘00年’06年生まれの男子二人の母。アレルギー体質で、幼少からの花粉症、出産後の咳喘息を、たとえ効かなくても薬に頼るしかない生活から、食事と生活習慣を変え、身体のゆがみをとることを意識して薬なしで抑えることに成功中。食に関すること、手を動かすこと、ゴスペルを皆と一緒に歌うことが好き。なんにでも興味をもって手を出す次男に頭をかかえていましたが、実はその好奇心はこの自分に似たんだとVIAの強みをやって最近やっと気づいた主婦。夫と息子二人の四人家族、アメリカ在住。

下の子の出産までとその成長過程においてつらい経験をへて、生命の尊さに感動し感謝しているのにも関わらず、6歳違いの子育ての中で、うれしいことも沢山だけれども、どうしても自分に余裕がなくて、イライラしてしまう、大声を出し、あとから後悔がとまらない、眠った子ども達にごめんねという日が何年も続いていました。幸い、周りの方々に支えられ、助けられて今日まで来ることができましたが、その靄がかかったような時期、自分が何をしたいかわからない、周りはみんないいお母さんで、自分はそうなりたくてもどうしてもなれない、ともがいていました。
子育て10年目に渡米し、初めての海外生活で、日々の生活もままならぬうちに子どもたちがの現地の学校へ。恐れ多くも、当時、親として子どもに教えるつもりでいた立場が逆転し、英語に、文化にどんどん慣れ親しんでいく子どもたちを頼りにする、教えられるようになると、自分というものが本当に情けなくなりました。また、兄弟には公平に同じ機会を与えたいと思っていたのですが、性格の違いによって、それが困難になっていきました。家族の中は日本語ですが、一歩外に出るとそこはアメリカ。自分の苦手をいやおうなしに見せつけられる毎日。文化の違い、人とのコミュニケーション、「できない」悩みと靄はつきませんでした。
子ども達が思春期になっ..
 
幸せを自分で作り出せる人が増える
Expert
 
 
ニューヨークライフバランス研究所 
松村亜里
幸せを自分で作り出せる人が増える
 
臨床心理士・修士(臨床心理学)、医学博士(公衆衛生学)
応用ポジティブ心理学プラックテショナー
1990年代後半、一念発起して、貯金して渡米。ニューヨークで、英語学校、短大、4年生大学で学んだあと、コロンビア大学ティーチャーズカレッジで臨床心理学の修士課程を修了。その後、ニューヨーク市立大学と、日本の国際系大学(秋田にある国際教養大学)で、カウンセリングと心理学の講義を10年以上担当。日本で臨床心理士の資格を取得。

大学のカウンセリングサービスでは、年間600件のカウンセリングに10年間従事した。多くの学生に対応する中で、心の問題を発症する前の予防と、健康の促進の大切さを実感し、働きながら、秋田大学秋田大学大学院医学系研究科博士課程へ進む(公衆衛生学)。

二人の子供を育てながら、夫はアメリカへ学位を取りにいき、ワンオペの苦しい子育てのなかで、博士課程を終了。この時の困難な経験が、現在の活動の基礎となっている。夫の仕事と学業の都合で、2012年からニューヨークへ再び移動。住み慣れたはずのニューヨークも、自分の希望ではないこと、子連れだったことで、適応にとても苦しむ。同じような親の支援をしたいと、地元で異文化子育て心理学の講座を始める。

その講座が口コミで広がり、ニューヨーク各地で講座が開催される。より幸せに生きることを科学的に研究するポジティブ心理学に興味を持ち、ニューヨークで、応用ポジティブ心理学認定コースを終了。そこで、幸せな人が増えることが一番の公衆衛生(病気の予防)だと気がつく。現在では、研究所で学んだファシリテーターがNY各地でポジティブ心理学を子育てに応用した子育てサークル「ポジティブペアレンティングサークル」(PPC)を開催し、2018年からは日本でも開催。

2016年、日本でポジティブ心理学講座のツアーを開催し350名以上の方が参加。より幸せに生きる科学を気軽に学びたいという声に応え、2017年、一般社団法人ウェルビーイング心理教..
 
 
 
「世界に通用する子どもの育て方アドバンス講座」
 
満席→増席しました!
 
ベーシック講座終了の方が受講することができます。
ベーシック講座では、
関係性の元になる4つのスキル(共感的態度、愛の言語、プロセスフォーカスとストレスマインドセット、強み)を学びましたが、
アドバンス講座ではより高度なスキルを身に付けていきます。
 
特に、自己肯定感を高める一番の近道である、自分を思いやること(セルフコンパッション)や、
日本の最近の研究では学歴や収入よりも幸せと関係していた自分で決めること(自律性)を育む方法は、なかなか学べる場所がありません。
 
最新の研究を取り入れている、ニューヨークライフバランス研究所ならではの内容になっています。
 
「問題のない関係」「問題のない人生」(−3から0)を目指すのではなく、
「幸せな関係性」「幸せで意味のある人生」(0から+3)を目指し、
自分も自分の大切な人たちもみんな幸せになる、
人間関係のスキルを学びながら、
最新の心理学「ポジティブ心理学」や、
一生役に立つ生き方の軸になるものも体得できる講座です。
 
 

 

「家族は、人間関係は、システムなんですよ」
亜里さんからこの言葉を聞いたとき、最初はピンときませんでした。
でも、関係って必ず一方通行ではありませんよね。双方のやじるし⇔があり、
一対一でなく複数の⇔ができているんです。
 
その中で、
まず、大きな変化を、ではなく、
小さな変化を起こしていきませんか?
小さな、小さな変化は、
起こしてみても、最初は思ったよりも見えないかもしれません。
(特に我が家の場合、ティーンから大人になる時期は、反応が薄いんです!!!)
でも、確実に何かが変わるから、それを必ず見つけることができます。
 
我が家は思春期真っ盛りと、大人になったばかりの二人の息子がいます。
必ずある人生の節目に、親としてどうやって関わっていけばいいのか悩んだ時期がありました。
あ、まだ、その時期は続いていて、終わっていませんが。
 
特に高校と大学受験では、喧々諤々しました。
それでも、学びがあったからこそ、
どう関わっていけばいいか、どうやってきたか、方向性が見えました。
 
それが自分だけでなくて、息子本人にも心地よい距離感であったのだと、
終わった後に息子から聞いた言葉で実感しました。
 
その時期に嬉しそうにはしてくれませんでしたけれども、
後から振り返って本当に良かったといわれました。
特に大きくなると、反応がわかりにくくなります。
反応が薄くて、不安になったことも数知れず。
でも、確実に届いていたんだと分かって、うれしくなりました。
また、子どもの成長がしっかり見られた時期でした。
良いところ、強みをさがすだけでなくて、本人に伝えていかれたのもよかったです。
そして、何より自分が楽に過ごせたこと、これは本当に大きかった。
 
つい口出ししてしまっていた自分を少し抑えて、見守る姿勢が時々はできていたこと。
そして、いろいろな事に対する感謝が増えました。
 
みなさんがこれから起こす、小さな変化は、さて、その先どうなっていくでしょうか。
 
研究所の世界のベーシックとアドバンスの講座を修了された方は沢山いらっしゃいます。
みなさん、その小さな変化を起こそうとトライされてきました。
ベーシックを学ばれた今、さらに次のステップにいかれませんか?
 
また、共に学ぶことで、
ご自身の気づきや経験が、他の方の幸せに貢献します。
他の方の気づきや経験が、ご自身の幸せにも貢献します。
 
ご一緒に学んでみたいと思われる方のご参加、お待ちしています。
 
 
【内容】
① 絆を強める「積極的建設的傾聴」
② 自己肯定感を傷つける「批判」する代わりにできること
③ 自己肯定感より大切なものを育む
④ 苦しくより楽しく学ぶしかけ
⑤ 子どもが自ら動く主体性を育む方法
⑥ 親が幸せになるために
*修了証が出ます。
 
 
【時間】
・2時間 x6回
 
【日時】
*曜日が10月から変わります
8/26(水) 9/9(水) 9/23(水)
10/6(火) 10/20(火) 11/3(火)
開催予定日は基本的にかわりませんが、
もしもの場合、皆さまの予定を合わせたうえで日程変更の可能性もあるかもしれません。
 
日本21時 アメリカ東海岸8時 西海岸5時
 
*原則として全て参加できる場合にお申し込みください。
しかし、何かの都合で参加できない日は、
同じ講師のものか、別の講師の開催するベーシックへ振替できます。
 
【テキスト】
世界に通用する子どもの育て方 各自ご用意ください
 
 
【修了証】
・レポート提出後、修了証が授与されます。
・ウェルビーイングライフサイクルも修了していると、養成講座(前期)を受講できます。
 
【受講料】
40,920円、または 370ドル (どちらも消費税込み)
※再受講は半額
※再受講の方のみ、単発参加ができます。一回参加は、6,820円、または62ドルです。
空席がある場合にのみお受けします。各講師にお尋ねください。
 
【最低開催人数 3名】
 
 
※この講座は、NYLB認定講師養成講座の受講のために必須の講座でもあります。
※NYLB講座の全体像はこちらから
※受講規約はこちら
 
 
開催日時
2020年8月26日(水)
開場 20:50
開始 21:00
終了 23:00
場所 Zoom
ZOOMにて
ホームページ
参加費

40920円 または 370ドル(いずれも税込み)

支払方法

銀行振込, Zelle, Venmo, PayPal, Check

定員 4  名 【残 1 席】
申込受付期間2020/8/16(日) 09:00 ~ 2020/8/26(水) 12:00まで
主催者高橋あいこ
 
 
 
 
Profile
ニューヨークライフバランス研究所 ファシリテーター..

高橋あいこ

Mission
一人でも多くの方に笑顔を
Senmon
ポジティブ心理学 ティーン デトックスと体調 クッキング

ニューヨークライフバランス研究所 ファシリテーター
パン講師(ABC Cooking Studio) ‘00年’06年生まれの男子二人の母。アレルギー体質で、幼少からの花粉症、出産後の咳喘息を、たとえ効かなくても薬に頼るしかない生活から、食事と生活習慣を変え、身体のゆがみをとることを意識して薬なしで抑えることに成功中。食に関すること、手を動かすこと、ゴスペルを皆と一緒に歌うことが好き。なんにでも興味をもって手を出す次男に頭をかかえていましたが、実はその好奇心はこの自分に似たんだとVIAの強みをやって最近やっと気づいた主婦。夫と息子二人の四人家族、アメリカ在住。

下の子の出産までとその成長過程においてつらい経験をへて、生命の尊さに感動し感謝しているのにも関わらず、6歳違いの子育ての中で、うれしいことも沢山だけれども、どうしても自分に余裕がなくて、イライラしてしまう、大声を出し、あとから後悔がとまらない、眠った子ども達にごめんねという日が何年も続いていました。幸い、周りの方々に支えられ、助けられて今日まで来ることができましたが、その靄がかかったような時期、自分が何をしたいかわからない、周りはみんないいお母さんで、自分はそうなりたくてもどうしてもなれない、ともがいていました。
子育て10年目に渡米し、初めての海外生活で、日々の生活もままならぬうちに子どもたちがの現地の学校へ。恐れ多くも、当時、親として子どもに教えるつもりでいた立場が逆転し、英語に、文化にどんどん慣れ親しんでいく子どもたちを頼りにする、教えられるようになると、自分というものが本当に情けなくなりました。また、兄弟には公平に同じ機会を与えたいと思っていたのですが、性格の違いによって、それが困難になっていきました。家族の中は日本語ですが、一歩外に出るとそこはアメリカ。自分の苦手をいやおうなしに見せつけられる毎日。文化の違い、人とのコミュニケーション、「できない」悩みと靄はつきませんでした。
子ども達が思春期になってから、松村亜里さん、そしてファシリテーターの講座を受講。学びと工夫で今までの子育てスタイルを変える事はいつからでも可能だということ、安心安全な繋がりの中で成長できる自分に気づくことができました。トライ&エラーを繰り返しながら、自分がほんの少しでも変わっていく事に気づけるようになると、家族の関係性が変わっていきました。自分が楽になりました。

また、長女の特性でしょうか、いつもちゃんとできないといけないという気持ちが常にありました。それが、苦手なこと、出来ないことは仕方ないこと、でも、私にだってできる事はあるんだという風に考えられるようになりました。靄の先がみえるようになりました。完璧でなくてはいけないと思うことをやめることが出来るようになって、そんな不完全な私でも、失敗ばかりの私でも、何かできる事があればいいなと思っています。

一人でも多くの方がウェルビーイングに、笑顔で過ごせますように。

今は、これからの子育て後半、大人になっていく子ども達との、夫婦としての、そして大切な方たちと、また、これから出会うであろう方たちとの、これからも築いていく進行形の関係性が楽しみです。

VIA強み:①審美眼②好奇心③愛情④スピリチュアリティ⑤親切心
好きな事:食べる事、作ること、手を動かすこと、人と話すこと。料理、お菓づくり(最近ではグルテンフリー、精白されたシュガーフリーをこころがけて)、パンづくり(アンデルセン風クルミパンが家族は大好きなのに、最近全然つくってなかった)、写真、デトックス(子供達が地獄と呼ぶ朝のグリーンジュースつくりが得意)、ゴスペル、カリグラフィ、ジュエリー作成、ネイルアート、アロマ、茶道を習い始めました、ウォーキング、ヨガ、ゴルフ、パーツ痩せエクササイズ(続かなかったとしてもひとまずとびつく)、ドライブ、読書、ミュージカルオペラ映画ドラマ鑑賞、旅行、美術館、アンティーキング。友人に着物の世界の魅了をおしえてもらった。チェロを習いたい。食品ラベルは見ないと気が済まない原材料表示オタク。最近は15分だけお掃除と、発酵食品づくりがマイブーム。
原田マハさんの本にでてくる絵画を見て周ることが夢。
グレイヘアプロジェクト19年秋より進行中。

Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by reservestock