Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
キャンセル待ちを申し込む
【大分】「魂と繋がる歌の唄い方®」
〜自分自身の存在の深みに繋がったところから歌う 自分を表現する〜
このような方にオススメ
自分の魂と繋がり、自分を表現したい 自身の中にある過去を統合したい 「在るがまま」であることを恐れなくなりたい
期待できる効果
歌を通して自分自身の深みに繋がり、そこから人の心に届く歌を唄えるようになります 自分を表現することを恐れを超えます 
466193_4-4
【運命を創造する】〜あなたの意識を存在の深みへと繋げ、「創造の力」を取り戻しすサポートをします
Expert_s
 
 
株式会社 Ayasofya タロット研究家、メンタルコーチ、舞と武の実践者
橋本 和泉(ARMERA)
【運命を創造する】〜あなたの意識を存在の深みへと繋げ、「創造の力」を取り戻しすサポートをします
 
*株式会社Ayasofya 代表取締役
*The Art of Human Alchemy>創始代表
*リコネクション®️サーティファイドプラクティショナー
*メタフローラ・プレゼンス(意識の変容8ヶ月プログラム)主宰
*舞五行 主宰 
*魂と繋がる歌の唄い方®︎ファシリテーター
*クンルン実践者 タオイスト(舞・ダンス・歌手)
*「ハトホルの書」Tom Kenyon認定サウンドヒーラー
*FESフラワーエッセンスプラクティショナー
*ブルース・モーエン「死後探索・リトリーバル」修了
タロット暦は9歳から。
「マインド」「感情」「身体」「精神」の4つのフェーズを統合して生きるプロセスを伝える団体、The Art of Human Alchemy<AHA>の創始代表を務める。
カウンセリング実績は5000人、講座受講者も1000人を超える。
タロットカードを、深層心理学、シュタイナー理論、哲学、脳科学、自然科学、量子力学などを結びつける古代人からの教えと紐解き、「占い」という手法を完全に脱ぎ捨て、
「外側」と「内側」「過去」と「未来」、「潜在意識」と「顕在意識」を反転させるための触媒として扱い、「現実創造の因を創造している時空間認識の鏡」として、クライアントの「意識」に潜在意識の立ち上げを促す。

講座のみならずあらゆるセッションにもエネルギーワーカーとして体得した量子論的手法をベースに取り入れ、あらゆるメソッドを使いながら、その人を縛る「観念」や「不必要なパターン」を崩壊させ、パターンの奥に眠っている潜在意識に存在する「創造の場」の立ち上げをサポートする。

東北での震災3:11翌々日、東京より 九州大分の大自然の中に移住。
「自然界に繋がる」ことを理念に4大エレメントと共に生活をし、農的宿泊業やリトリートも運営、身心の調和の場を提供する。
 

 

〜あなたの花を咲かせる 〜

「魂と繋がる歌の唄い方」(魂うた)ワークショップ

 

「タマウタ」ってご存知ですか?

通称そのように呼ばれるワークショップの本名は、
「魂と繋がる歌の唄い方」と呼ばれ、

本郷綜海さんが創始された、

知る人ぞ知る存在の深みに繋がるワークです。

 

これは、

歌を通して自分の深い部分につながり、

大きなプロセスを経験するとの評判になり、
全国各地にて

告知後すぐに満席となってしまうと評判の

大人気のワークでもあります。

 

発声や歌唱の指導ではありませんので、声や歌の自信の有無には関係ありません。



あなたもご自身と深く繋がり、

聴く人の心に触れる歌が歌うことができるということを

体験として知ることができます。

 

 

そして、

人生の歓びと悲しみを超えた「本当の自分」

ハートの領域を通して繋がる、

自己の大きな目覚めがあります。

 

 

 

本当の自分を自由に表現することの楽しさ、

喜びや面白さを

体感として味わってみませんか?

 

 

 

 

 

私自身がそれを初めて体験したのはもう

もう12年前、それは東京でした。

 

 

*** *** *** 

誰でも人の心に触れる歌は唄えます。


 それは誰か
 特別な人にだけできることなのではなく

 誰でもそのやり方を学ぶことができるのです。


 あなたがあなたの今ここすべてとして存在し、
 歌を通して他の人と繋がるとき、
 聴く人の心に触れずにはいられません。


 歌に込めたあなただけのユニークな物語と、
 それを超えた本当の声を聞かせてください。
 あなたの声に出会える日を心待ちにしています。

綜海さんの文章より抜粋〜」


*** *** *** 

 

 

綜海さんの魂うたのワークの告知文の言葉に、

 

「歌」が好きで
「歌」が恐くて
いたくて」
いたく無くて」

 

そんな内側の複雑な想いを抱えていた私は、
恐れの反応を内側に感じながら

だからこそこれは行かねばならない

と、
ハートをギュッと掴まれるように参加を決めました。

 

 

 

そして、


そこで経験したことはあまりにも強烈で、
というものの持つ力の深さ、
人が生きるという美しさに打ちのめされることになる訳ですが、
それは今も昨日のことのように身体に生々しく生きています。

 

 

あれほどに
生きている「私の中の私」

感じれたことがかつて有っただろうか?と。

 

様々なワークやセミナーを自身も経験し、
自分自身が開催する側にもいて、


魂うた (タマウタ)ほどに
自分自身のプロセス、
そして人々の変容の早さを目にする機会は

それまでに有りませんでした。

 

 

その深遠なワークにて
多分私は今回の人生で初めて、
 
 
「自分自身のハートに繋がって存在する」
「自分の内なるソースと繋がっている状態」
「在るがまま」
 
 
という「存在の仕方」
強烈に体感したのだと思います。
 
 
 
それから、
人生が劇的に変わり始めました。
 
それから数度、
綜海さんの「タマウタ」を体験しながら深め、
 
 
ある時

またもその感動に震えた最後のフィードバックで

「私もこれを提供出来る側になりたい!」

と口をついて出たのです。

 

自分でも驚きました。

 
 
そうして2016年、綜海さんから
「魂と繋がる歌の唄い方®️」を提供する、
ファシリテーターとしてのトレーニングを受け、
皆さんにもその体験を伝えたい想いで
開催させていただくようになりました。

 

 

 

誰もが、「自分」を生きていながら

「本当の自分」にあまりにも無意識に生きています。

 

 

 

過去「誰か」に望まれた仮面を被った時のことを忘れ、

その顔に長い時間の中で慣れ親しんだ為に

まるでそれが「わたしだ」と

思い込んでいるだけなのかもしれません。

 

 

 

「感じる」ことを恐れて

痛みを避ける為に

ハートから離れてしまったのかもしれません。

 

 

「タマウタ」

「あなたじゃないもの」が剥がれ落ちて

体感そのままにあなた自身に還っていくことを助けます。

身体の中に宿る

あなたの内側から動く生命エネルギーそのものが

あなたが歌う歌によって開かれ

あなたを導きます。

 

 

自分の歌をうたう

 

 

このことのパワフルさに自身が出逢った時に何が起こるのか、
その体験を多くの人に伝えて行くことに

私はコミットしています。

 

 

綜海さんから受け取った

私自身の魂うたの体験、

そしてそのファシリのトレーニングの経験は余りにも慈しみ深く、


今も言葉に落とし込めない程ですが、

私が受け取ったものは

まるで
内に成長し続ける

青々と繁る力強い樹木の原種の苗を内側に植えられたように、
日々日々呼吸をしている中で大きく伸びて行く枝のようです。

 

全身全霊で受け取った全てを持って、

皆さんが自分を超えていくその瞬間に

立ち会わせて頂きます。

 

 

あなたのを聴かせてください


あなたの魂に触れるその

 

上手い下手なんて関係無く、


上手い下手なんて知らなかった頃の幼きあなたと一緒に
私は手を繋いで共に歌いたい。

 

あなたがあなたへ還る道
それを助けてくれるのはあなた自身の

 

それはどのようなでもあなたへの優しい子守唄。

 

「歌を歌うというのは
 人がその人の本質に繋がるのに
 一番早いやり方ではないか
       〜 本郷綜海 〜」

 

 

私もそう確信しています。

 

 

 

基本的に発声や歌唱の指導ではありませんので、
声やの自信の有無も関係ありません。

 

あなた自身があなたと繋がること
そこから響くは、
他者と世界との繋がりを取り戻して行く大きなプロセスに導かれます。

 

 

* * * * * *前回参加頂いた方から頂いたフィードバック * * * * * *

 

一生に一度は'タマウタ'という意味がわかった。

 

自分と繋がる。人と繋がる。


ハートがどこにあるのか、

自分がここにいることも、

人がいることも

こんなに感じれるなんて思わなかった。

 

体感が凄すぎて余韻がまだまだ、、

 

ぐちゃぐちゃに泣いて、

歌って、

想いを伝えて、

沢山笑って☺︎

帰り道はワープしたと思うくらい記憶がない。

 

自分で生きると決めたあの日から

点と点が繋がるギフトを盛り沢山に頂いてる事に気付いて

何があっても大丈夫じゃん!って

絶対安心を自分に向けてる。

 

こんな自分も居たんだね!

おめでとう!!

 

自分のニーズを自分で叶えてあげよ。
自分使い切ろう。出し惜しみするのは勿体ない。

 

私は歌うのが大好きだ!

 

ほんとにほんとに素晴らしい体験をありがとうございました!

私ここに生きてる!
最高!!
もっと自分を生きる!

取り戻しました。

トライして
再構築していく!

和泉さん、また一緒に笑ってやってください!!

 

兵庫県 柴田 有紗

************

純粋に和泉さんに会いたい
その気持ちだけで参加をして

タマウタ@と呼ぶことすら
当日知ったという
私らしいプロセス

出会うべくして出会った愛の方々と
裸のままの魂に響きあう時

お化粧や身にまとう服も
関係なく溢れ出る涙と共に
すべて洗い流され
魂と繋がっていく時

生まれる瞬間というのは
こんなに愛に満ちていて
幸せな世界が待っていてくれてるなんて

怒り 哀しみ 
絶望 苦しみ 痛み
人間だからこそ味わえる感情
すべてと向き合い自身の本質
光の魂と繋がっていたことに

回帰
帰還していく

この世界は怖くない

もう私 
ありのままで充分愛されていたことに
わたしを通して体感し還っていく

いつでも
あの感覚に戻れる
わたしと一体となれる
もうだいじょうぶ
だよ。

心の奥深くでずっと待ってた
深い深い愛の世界

生まれてきた時
みんなが深い愛の眼差しで
ずっと
待ってくれていた
触れてくれていた

ただ ただ嬉しくて
温もり
うれしくて
愛に満ちあふれていて
みんながきらきら眩しくて
輝いていた


【ありのままでずっと 愛されている】

和泉さん 
 時同じく出会ってくれた愛のみなさま

本当に心いっぱい
 ありがとう。
ありがとうございます。∞♡💓♡∞ 

大分県 愛光みそらさん

************

まさかこんなに深い癒しがもたらされるとは!と、

今でも感動しています。

とっても心が歓んでいます。

参加のきっかけは、

今年3月から参加しているメタフローラというプログラムの一環だったのと、

私自身が歌を歌うので純粋にどんなことをするのか興味がありました。

選んだ曲は私が大好きなアーティスト、アン・サリーさんが歌われている「おかあさんの唄」

アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」の主題歌です。

 

よく口ずさみながら家事をしていて、馴染んでるので参加前日、これを歌おうと決めました。

 

和泉さんのリードでワークショップが進み、

私の番になりました。

歌い出してこみ上げてきたもの…

 

それは、ずーっとずーっと…

蓋をして気づこうとしなかった私の想いでした。

 

高校1年生の時、主治医から出産は諦めて欲しいと言われました。

当時、自分の未来を考えて、心の整理をつけて、私は全く平気になってました。

 

でも、実は蓋をしていて

素直な気持ちを無かった事にしていました。

 

それは「子供が出来なくて悲しい」ではないのです。

 

「私の中にも子供を産み育てたい母性、あるよ」って声でした。

その想いを無かった事にして、

「私は子供が欲しくない」だから平気!大丈夫!で生きてました。

 

本当は私にも母性あるよって

お母さんになりたい気持ちあるよって

そんな心の叫び。

 

お母さんになりたい気持ちがあるって自分の中で認めたら、

傷つくと信じていたのかな?

 

魂うたで、素直な気持ちが溢れてきて、いっぱい泣けてきました。

そして、「私もお母さんになってみたいな」って気持ち…

そのまま認めてみたら、あったかくてどんどん癒されてました。

 

自分の為に、溢れる想いのままに

歌っていたら

幸せな気持ちで満たされました。

 

まるで、長年の夢が叶ったみたい。

本当に自分がお母さんになったみたいな気持ちになりました。

あったかくて、あったかくて…

歓びに溢れてました。

 

魂うたのワークショップから既に何日も経つけれど、

深い部分のあたたかさ、

柔らかさ…

その広がりを以前より桁違いに感じています。

ぎゅーっと奥にしまい込んでいた想いが解放されて、

なんとも言えない心地良さ、清々しさを日々の中に感じています。

 

お母さんになりたいって素直な本当の想い。

高校生の私は、傷つくと思って消そうとしたんだね。。。

うん!あの時の私も、頑張った!頑張った(๑˃̵ᴗ˂̵)♡

 

そして今回、その想いを見つけてあげたら、もっと自分が好きになりました。

 

そして、歌を歌う者として、

技術も必要で大切だけど、

魂から声を出すこと、

歌うこと、

それがどれほど人の心を動かすか…体験できました。

 

自分だけでなく

一緒に参加したみんなの歌声にずっと涙ぽろぽろ、

共振の連続でしたから。。。

音楽って、歌って、いいですね!

 

こうして、振り返ってみても…

魂うた、改めてすごいです✨

和泉さん、そして共に過ごしてくれたみんな、ありがとうございます✨

 

東京都 服部麻佳さん

******************

和泉さん

先日は、魂と繋がる歌の唄い方WS、
参加させていただき、ありがとうございました。

2日経った今もまだ、自分の中でいろんなものが動いていて、
まだ消化しきれていない状態なのでうまく言葉にできるかわからないのですが、


とりあえず、思いつくままに、

自分の中で起こったことを言語化してみようと思います。


自分の中を整理するという意味でも。

 

一言でいうと、自分にとって本当に貴重で強烈な体験であったということです。


私にとっては、インナーチャイルドの癒しの体験だったのかなぁと思います。

 

大分に3日間行くと決めた時から、

自分にとっての冒険は始まっていたんだと思います。

 

魂うたのワークショップが始まった時、
あぁこの場に参加するということにまずは大きな意味があったんだな~と感じました。


よくここへ来たなと自分を愛おしく思いました。


まずはこの場に来ることが私の大きなチャレンジであり、
ここにいることでもう何かが始まっているというのを嫌というほど感じました。

 

自分の番になってみんなの前に立った時、
今までふにゃふにゃだった身体に急に力が入って一気に緊張していくのがわかりました。


大丈夫大丈夫、

ふつうに、

いつものかんじで、

自分らしく、

なにも恐れることはない・・・・


色んな言葉を自分にかけました。深呼吸もしました。

 

でもダメでした。

 

やっとの思いで歌いだしたけど、

歌っていくうちに、

どんどんここにいない感じがしました。


昔の緊張感をそのまま引きずっている感じ。

声も出ないし、

身体も動かない、

自分の身体ではない感じでそこに立って歌っていました。


ただかろうじて
和泉さんの背中の温かさ、

手の温かさを感じることで、
ここへ立っていられるような感じでした。

 

あのぬくもりは大きなサポートになっていました。


和泉さんの声は、

聞こえているような聞こえていないような。

 

色々声をかけてくださっていたと思うのですが、

何を言われていたのか、
今思い出そうとしてもあまりよく覚えていません。

 

そして、色んな感情がたくさん湧き上がってきました。


それが涙となって溢れました。


怖い、いやだ、悔しい、苛立ち、さみしい、無力感、怒り、悲しみ・・・・など、


いままでいろんな場面で抑えてきた感情や、

自分で傷つけてきた自尊心など、
たくさんのとめどなく溢れるものの中にいました。

 

なんとか落ち着こうと、また抑えようと必死になっていた中、


「抑えないで」

 

という和泉さんの声が聞こえました。

 

抑えなくていいんだ~と思いながらも、


でも抑えなきゃ歌えないという自分の声との間を行ったり来たりしていました。


その間も感情が色々押し寄せてくるし、

やっぱりもう歌えないと思いました。

 

もう無理だ、こんな状態ではとても歌えませんと思って、
「もう歌えません」という言葉が喉まででかかりました。

 

その時、
「抑えないで~抑えないでその感情(気持ち)のままそれにのせて歌うのよ~」
(歌にのせてそのままだす)


確かこんなような意味合いの言葉だったと思うのですが、
和泉さんの言葉がすーっと身体に入ってきました。

 

あぁそういうことか~それならできる~このまま歌ったらいいんだ~と

素直にそう思えました。

 

そして歌うことを再開して、

ぐちゃぐちゃになりながら必死に歌いました。

 

歌うとまたさらに色んな思いや感情がどんどん出てきて・・・

でもそれをそのままにしました。

 

あぁとりつくろわない、

ありのままとはこういうことなんだ~とふと腑に落ちました。


あとはもう呆然としている間に終わりました。

 

こんなに人前で感情を爆発させたことが今までにあっただろうか。


思考で自分をコントロールすることのできない領域にいたような気がします。

 

終わった後、

仲間で身を寄せ合ってぬくもりを感じたこと、

あれもとてもよかったです。

 

単純に落ち着きを取り戻すことができたし、
優しさに包まれたひとときで、とても癒されました。

 

ひとりではない大きなパワーを感じられ、

なおかつ放出したエネルギーが調整され、
今ここの自分にゆっくりと戻ってこられたという感じがしました。

 

終わってからいままで、
あれはいったい何だったんだろうといまでもまだ不思議な感覚です。

 

終わった後はとにかく眠くて眠くて。


帰りの電車&高速バスの中は深い眠りの中にいました。


今日もまだ眠いです。

 

その中でも徐々にはっきりと感じていることは、


あの時の感情は今ここ最近のものではなく、
幼いころや生まれてくるもっと以前のものだということです。

言いたくても言えなかったことや、我慢してきたこと、抑えてきたこと、
ぐっと堪えてきたことや、飲み込んだ言葉などが、
たくさんあったんだなあ~と感じています。


まさに魂レベルでのお話ですね。

 

頭では解決したと思っていたことや、忘れていたこと、
感じないようにしてきたことなどが残っていたんだという感覚です。


思っていたよりもさらに深いことが起こっているなと感じています。

今回は自分の押し殺してきた感情と向き合うプロセスで、
気持ちよく歌うというより、むしろ不愉快な感じでした。

しかし、それは私にとって必要なことであると強く感じています。


そして、
歌を気持ちよく唄いたいという思い自体はそんなに重要ではなかったのかもしれないと思います。

 

けれど、歌を唄うという行為を通じてしか起こりえなかったことだとも感じています。


なんとも複雑な感じなのですが

 

魂うた恐るべし!!

 

全てひとりでは起こりえなかったことだと思います。


和泉さん含め、みんながいたから味わえたことであり、
こんな機会を頂けたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これから自分の変化を自分で体験する過程に入ってくると思います。
どうなるかわかりませんが楽しみです。


どんなことも味わっていこうと思います。

また何か思い出したことやお伝えしたいことなど出てきましたら、
ご連絡させていただきますね。

長文で乱文ではありますがどうぞご容赦ください。
本当にありがとうございました。

Y.Iさん

************

タマウタ。
人前で一人で歌ったのは初めてでした。
カラオケ行っても歌わない人(3回しか行ったことないですが…)。
歌をまともに歌ったのも中学生の授業以来。
歌えなかったようです。
小さい時に、うるさい!と怒られました。
私が怒られるとお母さんがばあちゃんから嫌味を言われる。
母親が働いてて家にいないからうるさくしている。
直接じゃなくてその嫌味を私ら孫に言ってたから、大好きなお母さんの悪口をきくのが嫌だったから、静かにおとなしくしていなければならない。兄弟にもそうするよう強要していた。
亭主関白を絵にかいたような父親だったから、母親も頼るところがなくて、その母親のぐちも私が聞かされていたから、そんなお母さんを守りたかったから、私だけはちゃんとしないといけなかった。
困らせるようなことはしてはいけない。
おとなしくしていなければならない。
静かにしていなければならない。
いうことをきいていなければならない。
でないと…家族に、おかあさんに愛してもらえない。

子供の時に、子供の私を封印しました。

タマウタで、
その時の子供が、ここにいるよって出てきてくれました。

私の中のお母さんが、その時の子供の私をしっかりと抱きしめてくれました。
もう大丈夫だよって。
自由にしていいよって。
我慢しなくていいんだよって。

「翼をください」
みんなが知っている曲を
ってメールに書いてあるのを当日朝に気づいて急きょ入れた曲。

必然って怖い。けど優しい。

外に出る翼がほしかった。そして、タマウタで飛ぶことができた。

ロウで固めたもろい鳥の羽ではなく、
今度はたくさんの愛でつつまれたしっかりした私の翼。
その翼で太陽まで飛んでいく!

お日様になりたい!みんなをあったかくしたい!
私は私でいい。そのままの私でいい。

私のエネルギー、言葉を今まで代弁してきてくれた彼女。

私は生まれてきてここにいてここで生きていいんだ!
自由に感じるままにいていいんだ!
だって愛されてるから!愛しているから!
うぅ~~~~~~(T〇T) 

彼女は私。私は彼女。
まだまだ涙はとまりません…(T〇T)
和泉さん、ご一緒した皆さん・・・・ありがとう!

ひきだしてくれてありがとう!

熊本県 緒方梓さん

 

***

なんか凄いらしいと噂の「魂うた」。

歌うことだけは間違いない。

人前で、一人で歌うのはどれくらいぶりだろう。
しかし、迷いはなかった。

そして当日。
せっかく参加するんだ。「積極的に」と行動の約束をした。

いつもはみんなが次々に質問や意見を言っているのを
「凄いな、あんな風になれたらいいな」って思って見ていた私。

そして胸の鼓動が激しくて苦しいけど、
一番に手を挙げてみた。

これは私にとって快挙だ。

そして、自分に起こったこと。
何故、涙が溢れてくるのか分からない。

そして、頭が追いついていない。溢れる言葉。

小学生の私が目に浮かんだ。
夜、いつも一人で過ごしていた。

本を読んだり、テレビを見たり
自由でそして怖くて寂しい時間。

母親が好きだった。
いつもそばに居て欲しかった。
一人で寂しかった。

和泉さんが私の感情を引き出してくれる。
あの頃の私が、こっちを見て笑っている。

しっかり抱きしめてあげられた気がした。

この曲に決めた時から
この時に自分に起こることを感じていたのかもしれない。

そして、目を開けば、
周りにはみんながいて

温かくて、優しいみんなに囲まれて
幸せだと思う。

そして、みんな一人一人のいろんなプロセスに
心を揺さぶられる。涙が止まらない。

それぞれみんなが、素敵だった。愛おしかった。

和泉さん、みんなありがとう。
心より感謝です。 
            

熊本県 甲斐 麻夜さん

 

****************

和泉さんの存在は
マリアとイエス・母と父・隠神と陽神のように
両方のおおらかな愛で
受けとめ見守っては 信じて解き放つ
その安心感に呼応して
わたしたちは 子どもたちのように
天真爛漫に 喜怒哀楽できました

そのプレゼンス存在感に感謝いっぱい
魂ふるえ 共振し続けています   

三重県 松岡 禾姫一さん

 


****************************************

現在一年で一度か二度しか開催しておりません。

貴重な機会、

ぜひ見逃さないでください・:*:`・

 

皆さんの響きに響き合えることを
心から楽しみに致しております・:*:`・

 

Ayasofya-和泉 

 


【橋本和泉 プロフィール】

The Art of Human Alchemy<AHA>代表

(株)Ayasofya 代表取締役


タロット暦は9歳から。


「マインド」「感情」「身体」「精神」の4つのフェーズを
リアリティある「現実」の世界で統合して生きるプロセスを伝える団体、
The Art of Human Alchemy<AHA>の創始代表を務める。

2015年、James博士と共に国内のボイジャータロット国際認定システムを構築。

博士により、
「最高のクオリティである」と称された講座、その功績を持ち、

博士のサポートの元独立。

AHAの前進である<VTアルケミー>を立ち上げる。

自由に自らの哲学、体験的学びを盛り込み 再構築した講座が話題となり、

クオリティに拘った認定者の輩出にも信頼が厚く

「運命を自らに取り戻す」を理念に

全国の認定者とともに

新たな時代、

「人間である」存在の力を呼び覚ます為の道の歩みを

学び合い分かち合う為のコミュニティを運営する。

2019年「The Art of Human Alchemy」(略称AHA)

に名称を変更。


カウンセリング実績は延べ5000人、講座受講者も1000人を超え、
深層心理学で言われる普遍的人類のあらゆる人格の元型と、
人生に起こりうる事象すべてが表されている78枚のカードを使い、
カード自体を答えとして見る所謂「占い」という手法を脱ぎ捨て、
「占わない」「答えを与えない」という、全く新しいアプローチから、
カードを「クライアントの意識を映す鏡」として、
クライアントの「反応」を取り扱い、

クライアント自身が内側の答えを見つけ出すサポート、意識の変容を促す。

講座のみならずあらゆるセッションにも
エネルギーワーカーとして体得した量子論的手法をベースに取り入れ、
行動分析学や脳科学、生命科学、自然科学、シュタイナー理論など、
あらゆるメソッドを使いながら、
その人を縛る「観念」や「不必要なパターン」を崩壊させ、

「たった一枚のカードから涙が溢れ出す」

「たったひとつの問いかけから真実が救い出されす」

そのマジカルなセッションは信頼がある。

 

クライアントの無意識のパターンの奥に眠っている本来の力を目覚めさせ、

新たな生き方へとシフトするための再構築をサポートをする。

 

3:11東北の震災をきっかけに

翌々日、東京より 九州大分の大自然の中に移住。

「4大エレメントのある暮らし」「自然界に繋がる」ことに

本来のスピリチュアリズムを繋げる体験をサポートする為、

農村民泊やリトリートの運営も行う。

 

 

The Art of Human Alchemy<AHA>創始 代表

メタフローラ・プレゼンス(8ヶ月の変容プログラム)主宰
「魂と繋がる歌の歌い方®️」ファシリテーター
舞五行(立・歩・動・舞・踊) 主宰

魂と繋がる歌の唄い方®︎ファシリテーター

リコネクション®️サーティファイドプラクティショナー

Tom Kenyon(「ハトホルの書」著者)認定サウンドヒーラー

 
 
 
 
 
 
*** キャンセレーションポリシー ***
 
10日前〜開催4日前までのキャンセル 50%
講座3日前以降のキャンセル 100%
お申し込み頂いた時点で
キャンセル料金が発生致しますことを
ご了承下さいませ・:*:`・
 
※心療内科へ通院されていらっしゃる方はお受け出来ません。
ご了承下さい。
  
****************************** 

 

 

 

 

開催日時
2020年8月14日(金)
開場 10:00
開始 10:10
終了 18:30
場所 大分県立総合文化センター

参加費

◆事前振込 

 初参加  27000円(税込)

 

【割引価格】

 ・現在メタフローラ・プレゼンスワーク参加中の方

   ・メンタリング・フォロー参加者

 ・Ayasofya-和泉 ファシリテートによる「魂と繋がる歌の唄い方」再受講者

               割引価格¥24000(税込)

 

 
 ※創始者である本郷綜海さんは¥108000ーにて提供されているワークです
 
 
 
支払方法
ペイパル|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

事前振込  

 ◾️初参加¥27000(税込)

 

◾️メタフローラ・プレゼンスワーク現 参加者  

  メンタリング・フォローメンバー      

 「魂と繋がる歌の唄い方」再受講者   すべて 24000円(税込)  

 

 

<お振込口座>

■銀行振込:大分銀行

    支店名:臼杵支店

    普通口座:7510981 

    口座名義:カ)アヤソフイア

もしくは、

■ゆうちょ銀行 17280-01331761

口座名義:カ)アヤソフイア

 

PayPal 決済 ¥28020-(税、手数料込み)

定員
 7  名
満員御礼
申込受付期間2020/7/30(木) 21:03 ~ 2020/8/14(金) 10:20まで
主催者橋本 和泉(ARMERA)
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
Expert_s
タロット研究家、メンタルコーチ、舞と武の実践者

橋本 和泉(ARMERA)

Mission
【運命を創造する】〜あなたの意識を存在の深みへと繋げ、「創造の力」を取り戻しすサポートをします
Senmon
タロット AHA 奉納舞 タマウタ リコネクション

*株式会社Ayasofya 代表取締役
*The Art of Human Alchemy>創始代表
*リコネクション®️サーティファイドプラクティショナー
*メタフローラ・プレゼンス(意識の変容8ヶ月プログラム)主宰
*舞五行 主宰 
*魂と繋がる歌の唄い方®︎ファシリテーター
*クンルン実践者 タオイスト(舞・ダンス・歌手)
*「ハトホルの書」Tom Kenyon認定サウンドヒーラー
*FESフラワーエッセンスプラクティショナー
*ブルース・モーエン「死後探索・リトリーバル」修了 タロット暦は9歳から。
「マインド」「感情」「身体」「精神」の4つのフェーズを統合して生きるプロセスを伝える団体、The Art of Human Alchemy<AHA>の創始代表を務める。
カウンセリング実績は5000人、講座受講者も1000人を超える。
タロットカードを、深層心理学、シュタイナー理論、哲学、脳科学、自然科学、量子力学などを結びつける古代人からの教えと紐解き、「占い」という手法を完全に脱ぎ捨て、
「外側」と「内側」「過去」と「未来」、「潜在意識」と「顕在意識」を反転させるための触媒として扱い、「現実創造の因を創造している時空間認識の鏡」として、クライアントの「意識」に潜在意識の立ち上げを促す。

講座のみならずあらゆるセッションにもエネルギーワーカーとして体得した量子論的手法をベースに取り入れ、あらゆるメソッドを使いながら、その人を縛る「観念」や「不必要なパターン」を崩壊させ、パターンの奥に眠っている潜在意識に存在する「創造の場」の立ち上げをサポートする。

東北での震災3:11翌々日、東京より 九州大分の大自然の中に移住。
「自然界に繋がる」ことを理念に4大エレメントと共に生活をし、農的宿泊業やリトリートも運営、身心の調和の場を提供する。

B_facebook
B_ameba
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock