Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson_no Menu_2event Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
マニュアルに関する意見の違いを解決する変えるべき3つの事
あると便利なマニュアルは、 なぜ、作られないのか?
このような方にオススメ
経営者、新人教育担当者、マニュアル作りでお悩みの方、倉庫現場のリーダー及び責任者
期待できる効果
マニュアルを作る為のマインドセットと人材育成に活用出来るマニュアルの項目を手に入れる事ができます。
20年以上の倉庫現場経験を活かして、誤出荷がゼロ、労災ゼロの実現をサポートします。
Professional_s
 
 
アクティーズ ジャパン 現場目線による倉庫現場改善アドバイザー
吉岡 晃
20年以上の倉庫現場経験を活かして、誤出荷がゼロ、労災ゼロの実現をサポートします。
 
国際コーチ協会認定ポテンシャルコーチ
1971年、愛知県生まれ。
建築関係の専門学校を卒業後、
建築関係の会社に就職するも、仕事が合わず1年で退職。

中小企業の包装資材製造メーカーの倉庫部門へ転職。

倉庫が三棟ある職場で受け入れ作業、格納作業、出荷作業、
積み込み作業など約7年間、倉庫の仕事を行う。

トラックドライバーに荷物の積み方・組み方、フォークリフトの運転を
教えてもらいながら倉庫現場の仕事を一通り学ぶ。
また、状況に応じて2トントラックにより、名古屋市内へ配達を行う。

その後、20年以上、転職を繰り返しながら様々な倉庫の仕事を行う。
大手企業では、リクシル、豊田自動織機、ファイザー製薬の倉庫で働く。
扱ってきた水洗部品、自動車部品、医薬品、航空貨物などがある。

大手企業の倉庫で働くことで、
5Sの重要性・必要性、規則・ルールの捉え方・指導・優先度、安全対策など
実際に働かないと分からない、感じる事が出来ないことを学ぶ。

大手や中小の倉庫現場を見ることで、倉庫作業の作業効率が上がらない
根本的な問題点・課題点に気づく事で、人材育成の前に仕事教育の必要性を提唱。
 

マニュアルは、必要と分かっていても、作ることが出来ない。

マニュアルを作っても、作りっぱなし、現状に合っていない。

「見て覚える、やって覚える」と言う仕事の教え方なのでマニュアルを作ってくれない。

新人が仕事をなかなか覚えてくれない。

人材育成が思うように出来ない。

などなど、マニュアルに関する問題・課題さまざまです。

 

今の時代、

仕事は見て覚える、やって覚える、怒られて覚える、失敗して覚える、

マニュアルは無いのが当たり前から、

有って当たり前、無いと指導に無駄な時間を使ってしまう

時代に変わってきました。

 

マニュアルの必要性は感じてはいても、

マニュアルはなかなか作られないのが現状です。

 

なぜか?

それは、マニュアル作りに関して、

組織内の対立構造が関係しているのです。

 

マニュアル作りは、

経営者・新人VS現役従業員

なのです。

まさにマニュアル作成の抵抗勢力は、現役従業員なのです。

その対立構造を変えないと

マニュアル作成抗争は変える事はできません。

 

このセミナーでは、

マニュアルを作る為に変えるべき

3つの事をお伝えします。

開催日時
2020年6月22日(月)
開場 19:45
開始 20:00
終了 20:30
場所 ZOOM(URLは、後日、お知らせします)

参加費

無料

定員 10  名
申込受付期間2020/6/ 2(火) 19:05 ~ 2020/6/22(月) 19:00まで
主催者吉岡 晃
 
 
 
 
Profile
Professional_s
現場目線による倉庫現場改善アドバイザー

吉岡 晃

Mission
20年以上の倉庫現場経験を活かして、誤出荷がゼロ、労災ゼロの実現をサポートします。
Senmon
誤出荷 労災 人材教育 倉庫 物流

国際コーチ協会認定ポテンシャルコーチ
1971年、愛知県生まれ。
建築関係の専門学校を卒業後、
建築関係の会社に就職するも、仕事が合わず1年で退職。

中小企業の包装資材製造メーカーの倉庫部門へ転職。

倉庫が三棟ある職場で受け入れ作業、格納作業、出荷作業、
積み込み作業など約7年間、倉庫の仕事を行う。

トラックドライバーに荷物の積み方・組み方、フォークリフトの運転を
教えてもらいながら倉庫現場の仕事を一通り学ぶ。
また、状況に応じて2トントラックにより、名古屋市内へ配達を行う。

その後、20年以上、転職を繰り返しながら様々な倉庫の仕事を行う。
大手企業では、リクシル、豊田自動織機、ファイザー製薬の倉庫で働く。
扱ってきた水洗部品、自動車部品、医薬品、航空貨物などがある。

大手企業の倉庫で働くことで、
5Sの重要性・必要性、規則・ルールの捉え方・指導・優先度、安全対策など
実際に働かないと分からない、感じる事が出来ないことを学ぶ。

大手や中小の倉庫現場を見ることで、倉庫作業の作業効率が上がらない
根本的な問題点・課題点に気づく事で、人材育成の前に仕事教育の必要性を提唱。

  akira-417
B_facebook
B_twitter
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock