Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1menu Menu_2event_lesson Menu_3contents Menu_4shop Menu_4contact_no Menu_5conclusion
 
 
ありがとう
満員御礼
今後のイベント案内を受け取る
無料Zoomオンライン読書会
「自在力」を探求しよう!
運命を自らの手で切り拓こう
このような方にオススメ
新たな価値観で「自立・自由・自在」を目指したい人
期待できる効果
「今を自分らしく生きる」ことができる人になる
436201_dsc_0194
すべての人が命を輝かせるお手伝い
Expert
 
 
 断捨離®トレーナー
福士エリカ
すべての人が命を輝かせるお手伝い
 
♦やましたひでこ公認 断捨離®トレーナー

私の人生は、50歳で「断捨離®」に出会うまで、ずっと「仕事第一」の人生でした。20代では、さまざまな職を体験し、26歳で結婚(18年後に離婚も体験!)。30歳で念願の国際協力の仕事に出会います。

以来、20年以上、アジアやアフリカの「開発途上国」と呼ばれる国々で、国際協力コンサルタントとして、現地の人々と一緒になって各国の保健行政のマネジメント能力を高めるプロジェクトに従事しました。開発途上国での仕事はハードでしたがやりがいがありました。「仕事での達成感が自分の原動力」だと思っていました。

ところが、7年近く滞在した東アフリカのタンザニアでの3回目のプロジェクトで挫折。2013年の秋に帰国後、体調を崩し、仕事への意欲も喪失してしまいました。「私が人生に求めていたのはなんだったのか?」「これからの人生、どうやって生きていくのか?」仕事一筋に生きてきた私は、50歳で、あらためて自分に向き合いました。

断捨離®に出会ったのは、その時です。人生に行き詰まりを感じていた私は、どうにかして、自分の人生から「詰まり」を取り除きたいと思いました。その一心で、家の断捨離に打ち込むうちに、徐々にパワーを取り戻していきました。手放した物はたくさんありますが、特に手放し難かったものは、仕事の書類や本。私はそれらに、「仕事への執着」や「未来への不安」をべったり貼りつけていました。

断捨離®を実践して家の空間をケアするうちに、「これまで自分をケアすることをないがしろにしていた。家がくつろぎの空間になっていなかった」ことにも気づきました。そして、「もっと人生を楽しんでもいい」と初めて自分に許可を出せたのです。物と同時に手放していったのは、「いまの私」にとって不要な観念、価値観、思い込みです。「人生には、いろいろなステージがあっていい」..
 
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
Professional
 
 
古澤貴子 やましたひでこ公認断捨離🄬チーフトレーナー
古澤貴子
自分の命を自分で管理できるように、「身体の断捨離」を伝えます
 
人生には、何度かターニングポイントがあるものです。
JAL客室乗員部退社後、1989年末期癌の父と「ゲルソン療法(癌の食事療法)」に取り組むため渡米。このことが、栄養学や心理学にかかわるきっかけになりました。

米国滞在中、ロジャーウイリアムス博士の提唱する「分子栄養学」を学びました。
実際に食事療法で寛解してゆく父や患者さんを目の当たりにし、食(栄養素)の力を痛感。さらに博士の書籍の最後に「良い栄養とその可能性全部について、今、熱心に世界中に広めることを希望します」と記されたメッセージに突き動かされ、帰国後は、アメリカ癌コントロール協会を立ち上げ、栄養コンサルタントとして、学校を始め、全国津々浦々、栄養の大切さを伝える講演活動・啓蒙活動をかなり熱心に行いました。
同時に、約5年間約2000名の患者さんの健康相談・栄養サポートをボランティアで行わせていただきましたが、これが多くを学ぶ機会となりました。

病気の回復には様々アプローチがあります。
特に心理的なサポートは不可欠だと考えていた時に、心理療法「サイモントン療法」に出会いました。病気だけではなく、生きる質を変えたこのプログラムを日本に伝えたいと思い、熱烈アプローチをすること2年、1997年提唱者O・カールサイモントン博士(通訳として川畑のぶこさん:現在サイモントン療法協会代表)を日本に招聘することができました。

次のターニングポイントは、2002年~2013年、パートナーの医師とクリニックを開設し、デトックス療法、食事療法、サイモントン療法など、基本的に薬だけに依存しない統合医療に取り組んだことです。発達障害の治療に関わることになったのもその時からです。

その最中2010年、親友の川畑のぶこさんから「断捨離」のことを聞きました。
ただ、他人軸にどっぷり根を張って生きていた私には、この機運が..
 
これからの時代を生き抜くための「自在力」
 
いま、世の中は確実に変化しつつあります。
刷り込まれた固定観念、価値観、常識・・・
きっと、それらがショッキングなほど変化することでしょう。
 
これまで、他者の価値観に左右されて
自分らしく生きられなかった人は
「変化してよい!」
と自分に許可を出して
「いまを生きる」人になるチャンス!
 
すでにブレない自分軸を持っている人は
さらに進化した自分を求めて。
 
手に入れたときから手放す覚悟を持ち
その時々「いまを生きる」ことに
情熱を燃やせる人をめざそう!
 

どんな状況でも愉快に生きるために
「自在力」を一緒に学びましょう!

一緒に学びませんか

 

  • 1.他人の価値観に左右され、時々自分がブレてしまう方
  • 2.こころの免疫レベルが低いと感じている方

3.まだまだ、覚悟と勇気ある楽天家になれない方

4.過去にこだわり、未来に不安を抱く思考の癖がある方

5.「人生はいろいろあるけどおもしろい」と、心底思えない方

6.自分の人生に、密かに革命を起こしたいと思っている方

  • 7.「自在力」が何かよくわからないけれど、おもしろそうと思える方

ひとつでも思い当たる人。
ぜひ、オンライン読書会に参加して、あなたの中の「自在力」を発掘し、磨きをかけていきましょう。
私たちも、みなさんと一緒に学んでいきます。
 
オンライン読書会日程
 
第36回 2020年9月12日(土)午前9:00~10:00(開場8:55~)
 
2020年5月9日(土)スタート!その後、週2回、火曜日と土曜日の朝9:00~継続して開催します。
※期間途中からのご参加も大歓迎!どの単元も有意義な内容ですので、どこから参加いただいても十分に愉しんでいただけます。
※毎回1単元ずつ読み進む予定ですが進捗状況により変更することがあります。
※お申込みをされた方は、期間中、いつでも何回でも参加できます。
※お申込みフォームの返信メールにZoomのURLを掲載しますので、時間になりましたらそちらからアクセスしてください。その後はURLを時々更新し、参加者にご連絡いたします。



持ち物 など
  • やましたひでこ著「自在力」(2013年、マガジンハウス)をお持ちでなくても読書会には参加できますが、この機会にお手元に1冊、ご準備なさることをお勧めします。現在、本の入荷に若干時間を要するようです。Kindle版(電子書籍)だとすぐに入手できて便利です。
 
最後にひとこと


毎回1単元ずつ読み進めるので読了するのは9月頃になる見込みです。5ヵ月後の自分はどのように変化していたいでしょうか?

 

私たちの社会は、いま、地球規模で大きな転換期を迎えています。

 

たとえ、今後、私たちの生活が大きな変化に直面したとしても揺るがない自分がいる。大きな変化に自在に適応し、さらに進化することができる。

 

そんな願いを持つ、断捨離®チーフトレーナー 古澤貴子と断捨離®トレーナー 福士エリカが、同じ思いを持つあなたのご参加をお待ちしています。 



436201_面談01795 (4)
436201_dsc_5584 (2)
開催日時
2020年9月12日(土)
開場 8:55
開始 9:00
終了 10:00
場所 Zoom

参加費

無料

定員
 140  名
満員御礼
申込受付期間2020/5/ 5(火) 12:00 ~ 2020/9/11(金) 16:00まで
主催者福士エリカ
 
 
 
 
Profile
Expert

断捨離®トレーナー

福士エリカ

Mission
すべての人が命を輝かせるお手伝い
Senmon
断捨離トレーナー   断捨離実践サポート   断捨離講座・講演   成長・進化  ライフスタイル   福士エリカ

♦やましたひでこ公認 断捨離®トレーナー

私の人生は、50歳で「断捨離®」に出会うまで、ずっと「仕事第一」の人生でした。20代では、さまざまな職を体験し、26歳で結婚(18年後に離婚も体験!)。30歳で念願の国際協力の仕事に出会います。

以来、20年以上、アジアやアフリカの「開発途上国」と呼ばれる国々で、国際協力コンサルタントとして、現地の人々と一緒になって各国の保健行政のマネジメント能力を高めるプロジェクトに従事しました。開発途上国での仕事はハードでしたがやりがいがありました。「仕事での達成感が自分の原動力」だと思っていました。

ところが、7年近く滞在した東アフリカのタンザニアでの3回目のプロジェクトで挫折。2013年の秋に帰国後、体調を崩し、仕事への意欲も喪失してしまいました。「私が人生に求めていたのはなんだったのか?」「これからの人生、どうやって生きていくのか?」仕事一筋に生きてきた私は、50歳で、あらためて自分に向き合いました。

断捨離®に出会ったのは、その時です。人生に行き詰まりを感じていた私は、どうにかして、自分の人生から「詰まり」を取り除きたいと思いました。その一心で、家の断捨離に打ち込むうちに、徐々にパワーを取り戻していきました。手放した物はたくさんありますが、特に手放し難かったものは、仕事の書類や本。私はそれらに、「仕事への執着」や「未来への不安」をべったり貼りつけていました。

断捨離®を実践して家の空間をケアするうちに、「これまで自分をケアすることをないがしろにしていた。家がくつろぎの空間になっていなかった」ことにも気づきました。そして、「もっと人生を楽しんでもいい」と初めて自分に許可を出せたのです。物と同時に手放していったのは、「いまの私」にとって不要な観念、価値観、思い込みです。「人生には、いろいろなステージがあっていい」そう、自分に許可を出し前職を断捨離。断捨離®メソッドの開発者であるやましたひでこに直接指導を受け、2019年より、やましたひでこ公認断捨離®トレーナーとして活動を展開しています。

「断捨離®はただ捨てるにあらず。」断捨離®には、不要な物を手放すことによって空間を調え、心を調え、人生をも調えていく力があります。「いま、人生に行き詰まりを感じている人が再びパワーを取り戻し、人生を蘇らせるためのお手伝いをする。目の前の人とともに成長し、より愉快な人生を生きる!」ことを使命として、断捨離実践サポート(ご自宅訪問、Zoomオンライン)、断捨離講座などを提供しています。

B_ameba
イベントカレンダー
Copyright (c) 2010-2021 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by reservestock