Top_7
Top_5
Top_6
Logo_s
  Menu_1sesson Menu_2event Menu_3contents_no Menu_4shop_no Menu_4contact Menu_5voice
 
 
受付は終了しました
【茨木市後援】3才からの「ほめ方・しかり方」おはなし会
このような方にオススメ
年少~年長さんのママ。ほめ方・しかり方を知りたいママ。イライラ子育てを「笑顔でごきげん」な子育てに変えたいママ。
期待できる効果
具体的な「ほめ方・しかり方」がわかります。年少~年長さんの精神面での発達がわかるので、的確な対応がわかります。イライラ子育てが「ごきげん子育て」に変わります。
ママが笑顔でごきげんな子育てができる環境を作ります。人それぞれがお互いの違い(個性)を認め合う環境を作ります。
 
 
hal-hana 「わが子」育てコーディネーター
的場真由美
ママが笑顔でごきげんな子育てができる環境を作ります。人それぞれがお互いの違い(個性)を認め合う環境を作ります。
 
hal-hana 代表 的場真由美
「わが子」育てコーディネーター

一般社団法人子育てカウンセラー協会所属
ピカソプロジェクト基礎講座・認定講師
心のかたちプロジェクト・認定講師
ママスマイルプロジェクト所属

2010.12.25生まれの女の子と2011.12.15生まれの男の子(355日違い)の年子ちゃんのママ。DVから離婚を経験したシングルマザー。
「虐待するかもしれない」「わが子と離れて暮らしたほうがいいのかもしれない」と子育てに悩み、実際に児童相談所に通報された経験を持つ。

2015年、一般社団法人・子育てカウンセラー協会、マスターインストラクターを取得。
2016年、「自分と同じ思いをするママを増やしたくない!」という思いから、子育てについてのセミナーを開催し始める。
合同会社エデュケンス、ピカソプロジェクト基礎講座認定講師取得。
心のかたちプロジェクト所属。
2017年、ママスマイルプロジェクト所属。その後、主催の権利を譲渡される。
2018年、「もっとママたちの気持ちに寄り添いたい」との思いから、ごきげん子育てコーディネートを展開。
月1のペースで子育てセミナーを茨木市で開催。セミナー内容は、子どもの性格パターンと幼児期(3~5才)の発達過程を組み合わせた独自コンテンツ。幼児期の子供を持つ参加者から好評を得る。
ママの自己肯定感を上げることを最終目標として、ママスマイルプロジェクトの内容を改変。その後、ママスマイルプロジェクト主催。半年間で全8講座をやり遂げる。
開催していた子育てセミナーが茨木市からの後援を受ける。
自身が今まで学んできたものを組み合わせ、ママ向けにアレンジした独自コンテンツ「信じる子育て」を開発。ママと子どもの揺るがない信頼関係を構築することを最終目標としている。

肩書の「わが子」育てコーディネーターには「あなたとあなたのお子さんにぴったりと合う、ごきげん子育てを提供する」という意味が込められている。
 
自分らしさを活かしてイキイキ生きる選択をしましょう♪
 
 
La neko ブレインコンダクター
まつもと ゆり
自分らしさを活かしてイキイキ生きる選択をしましょう♪
 
薬剤師
NST専門療法士(栄養サポートチーム専門療法士/日本経腸栄養学会/日本臨床栄養代謝学会)
元 胚培養士(不妊治療スタッフ/エンブリオロジスト/産科婦人科学会)
薬膳・気カウンセラー(PIA予防医学協会)
四柱推命・マルセイユタロット(ピカレスク・イシス学園)
BBT大学経営学部卒
大阪府吹田市出身、茨木市在住。予防医学を志す薬剤師として12年のキャリアを持つ1児の母。茨木市後援「わたし発見」ワークショップ主催、スモールビジネスコンサルタント。デザインしたワークショップの満足度は9割を超える。
「命の無駄遣い撲滅」を理念に「それぞれの人が自分らしくイキイキ生きる」事をサポート。カウンセリング・予防医学の観点から心身共にアドバイスする。
 

茨木市後援!!

イライラ子育てがごきげん子育てになる
3才からの「ほめ方・しかり方」おはなし会

 

ほめるってどういうこと?
叱るってどう言ったらいいの?
感情的に怒りたくないな・・・

 

わが子を「ほめる」「しかる」って、意外と難しいですよね。
わかってくれているのか、いないのか、不安はいつも付きまといます。

 

このおはなし会では、少人数でざっくばらんに「ほめる」「しかる」についてお話していきます。

 

「もっといいほめ方ないかな?」
「これでいいのかな?」
と、ちょっとでも気になったら、お気軽にご参加ください。

 

その日からできる「ほめ方・しかり方」をお伝えします♪

 

【日時】2020年5月21日(木)10:30~12:00
【場所】茨木市立 男女共生センター ローズWAM 404
    (茨木市元町4-7)
【費用】¥1,000(当日、現金にてお支払いください)
【講師】「わが子」育てコーディネーター 的場真由美
【講師プロフィール】
H22、H23生まれの年子ちゃんたちのママ。
「離れて暮らしたほうがこの子のためになる」と思い悩んでいたのが、今では子育てを存分に楽しむ「わが子大好きママ」♪
ママの気持ちを大切にしながら、子どもとの信頼関係を作っていく「信じる子育て」が好評。

 

この講座は、未就学児の保育が可能です。(先着順・要予約、満1歳~)
保育を必要とされる方は、開催日の14日前までに「保育・要」とお申し込みください。

また、お子さまを連れてのご参加も可能ですので、お気軽にご参加ください。

 

開催日時
2020年5月21日(木)
開場 10:20
開始 10:30
終了 12:00
場所 茨木市立 男女共生センター ローズWAM
茨木市元町4−7
ホームページ
インターネットエクスプローラー 7(IE 7)以前のブラウザでは地図の編集はできません。 こちらからバージョンアップをおこなってください。
拡大地図
参加費

¥1,000

支払方法

当日、現金にてお支払いください。

定員 10  名
申込受付期間2020/4/ 9(木) 15:00 ~ 2020/5/20(水) 23:00まで
主催者的場真由美
こちらのイベントもオススメです
 
 
 
 
Profile
「わが子」育てコーディネーター

的場真由美

Mission
ママが笑顔でごきげんな子育てができる環境を作ります。人それぞれがお互いの違い(個性)を認め合う環境を作ります。
Senmon
信じる子育て 「わが子」育てコーディネーター セミナー講師

hal-hana 代表 的場真由美
「わが子」育てコーディネーター

一般社団法人子育てカウンセラー協会所属
ピカソプロジェクト基礎講座・認定講師
心のかたちプロジェクト・認定講師
ママスマイルプロジェクト所属

2010.12.25生まれの女の子と2011.12.15生まれの男の子(355日違い)の年子ちゃんのママ。DVから離婚を経験したシングルマザー。
「虐待するかもしれない」「わが子と離れて暮らしたほうがいいのかもしれない」と子育てに悩み、実際に児童相談所に通報された経験を持つ。

2015年、一般社団法人・子育てカウンセラー協会、マスターインストラクターを取得。
2016年、「自分と同じ思いをするママを増やしたくない!」という思いから、子育てについてのセミナーを開催し始める。
合同会社エデュケンス、ピカソプロジェクト基礎講座認定講師取得。
心のかたちプロジェクト所属。
2017年、ママスマイルプロジェクト所属。その後、主催の権利を譲渡される。
2018年、「もっとママたちの気持ちに寄り添いたい」との思いから、ごきげん子育てコーディネートを展開。
月1のペースで子育てセミナーを茨木市で開催。セミナー内容は、子どもの性格パターンと幼児期(3~5才)の発達過程を組み合わせた独自コンテンツ。幼児期の子供を持つ参加者から好評を得る。
ママの自己肯定感を上げることを最終目標として、ママスマイルプロジェクトの内容を改変。その後、ママスマイルプロジェクト主催。半年間で全8講座をやり遂げる。
開催していた子育てセミナーが茨木市からの後援を受ける。
自身が今まで学んできたものを組み合わせ、ママ向けにアレンジした独自コンテンツ「信じる子育て」を開発。ママと子どもの揺るがない信頼関係を構築することを最終目標としている。

肩書の「わが子」育てコーディネーターには「あなたとあなたのお子さんにぴったりと合う、ごきげん子育てを提供する」という意味が込められている。

B_facebook
B_homepage
特定商取引法に基づく表記
Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by reservestock